Office 365 で、新しい働き方を見つけよう。「いつどこオフィス」キャンペーン開始!!


(この記事は 2013 年 11 月 8 日に The Official Microsoft Japan Blog に投稿された記事のクロスポストです)

 

 こんにちは。業務執行役員 Officeビジネス本部長のキャロライン ゴールズです。本日から開始の “Office 365 で新しい働き方をみつけよう!「いつどこオフィス」キャンペーン” をご紹介します。Office 365 はマイクロソフトが提供するクラウドサービス。すでにたくさんのユーザーが、クラウドを効果的に活用し、フレキシブルな働き方を実践されています。

本キャンペーンでは、ユニークな働き方を実践することで効果を上げているユーザー事例、実現するうえでの苦労、楽しみなど、生の声を伝えることで、皆様それぞれにとっての新しい働き方を見つけていただくことを支援するものです。

      

1) テレワーク、リモートワークを実践している 中小企業事例 のご紹介

 企業規模を問わず、最大限にそのパワーを活用できるのがクラウドのメリット。実際、Office 365 の利用企業総数のうち9割は中堅・中小企業のお客様が占めています。地方にサテライトオフィスを設置し、多様な人材登用、地域活性化への貢献を実現している中小企業のお客様事例をご紹介します。

株式会社 ソノリテ様 … NPOに特化したオンライン募金システムの開発提供と、事務代行サービスを提供、徳島県神山町にサテライトオフィスを置き、女性を積極活用しています。 (ビデオ)

株式会社 サイファーテック様 …暗号化ソフトウェアサービスを提供。徳島県美波町にラボを置き、エンジニアが Lync で遠隔でサポートし、仕事と趣味の高いレベルでの両立を目指しています。(ビデオ)

 その他の中小企業事例は、こちらでご紹介しています。

     

2) Office 365 を使ったユニークな働き方

MSNの「いつどこオフィス」キャンペーンサイト上で、皆さんのOffice 365を利用したユニークな働き方を募集します。普段働いているオフィスだけに縛られないユニークな働き方や、他の人に共有したい自分だけのTipsを、FacebookやTwitterへ投稿ください。いいね!やRTを多く獲得するなど、ワークスタイルがユニークだと評価された方から、30名の方にヘッドセットをプレゼントします。我々も知らないような新しい働き方を発見できることを楽しみにしています。

      

3) パソナテック様とのコラボレーション

 本日、パソナテック様が提供するクラウドソーシングサービス 「Job Hub」に、マイクロソフトのエンタープライズソーシャルサービス Yammerが採用されることになりました。これによって、会員の個人事業主やコワーカーの皆様が、リモート環境においても、密接にコラボレーションできるようになります。クラウドソーシングという新しい働き方の形態にもOffice 365が貢献できることを非常にうれしく思います。

プレスリリース

      

4) Office Web Apps および Yammer に関する 機能アップデート

 皆様が、いつでも、どこでも快適に働くことができるように製品もアップデートします。ブラウザでOfficeドキュメントの閲覧、編集を行うことができる Office Web Appsでは、 “リアルタイムの共同編集機能” などが強化されてさらに快適で使いやすくなるとともに、Office 365 エンタープライズプランをご利用のすべてのお客様がYammerをご利用できるようになったことに加え、社外の人々とコラボレーションするために必要であった外部ユーザーライセンスも廃止をしました。これら製品アップデートの詳細は下記をご覧ください。

Office Web Apps

Yammer

     

 このように、Office 365 がもたらす新しいワークスタイルの可能性を感じることができるたくさんの取り組みが開始されます。是非、皆様もキャンペーンに参加いただき、「あなたらしい働き方」を共有し、新しい発見をしていただきたく思います。

Comments (0)

Skip to main content