OneNote とともに新学期を迎えよう 9/10


投稿者: OneNote チーム、投稿日: 9 月 10 日

Liz Scoble は大学生の頃、授業のノートの整理と日々のスケジュール管理 OneNote を活用していました。Liz はセントルイスにあるワシントン大学を卒業し、最近 OneNote チームに加わりました。この記事では、大学生活をより実り多いものにするために活用できる、Liz おすすめの OneNote 機能をご紹介します。

私のめまぐるしい大学生活における日々のスケジュールを管理するのは、容易なことではありませんでした。授業、課外活動、そしてそれらに関連する作業のスケジュールを順序よく組み立てるために毎日必死でした。そんなときに出会ったのが、OneNote です。OneNote を使い始めてからは、それまでよりずっと順調にスケジュールをこなせるようになり、作業効率が上がったと実感できるようになりました。それではここから、私が大学時代にお世話になった OneNote の活用方法と、よく利用した便利な機能についてご紹介していきたいと思います。

毎日の作業リスト

大学時代の私は、授業やその他の予定に常に追われている状況でした。そんな中、この状況を打開するには、その日に行わなければならない作業の詳細なリストを作るのがベストだと気づきました。私はこのリストを頻繁に確認し、修正し、更新するようにしました。黒は授業、赤は提出期限や試験日、青はミーティング、緑は個人作業というようにリストを色分けし、やるべき作業の種類を一目で区別できるようにしました。OneNote の ToDo タグ (CTRL+1 で追加できます) を使うと、完了した作業がどれかすぐに確認できるので、非常に便利でした。

Wiki リンクもとても便利な機能で、これを使うと、作業リストの項目に関連付けられたノートをすぐに確認できるようになります。ノートブックの別ページに飛ぶリンクを追加するには、ページタイトルを囲うように二重角括弧を入力 ([[作業リスト]] のように) します。これだけで、囲われた部分が自動的にリンクになり、そのページに飛べるようになります。この機能は、ノートを整理したり、作業リストの使い勝手をさらに良くするためにとても役立ちました。

ノートの検索

OneNote は、書き溜めた授業のノートをあとで利用する際にも大いに活躍しました。最も便利だった機能の1 つが、ノートの検索機能です。手書きで書かれたものまで検索することができました。たとえば、課題の提出期限やその内容をノートに記入しておけば、あとから課題の期限を簡単に検索できるようにすることができました。紙とペンでノートを取った場合は、該当する講義のノートを開き、課題について書かれた箇所を1 ページずつめくって探さなければなりません。OneNote を使用すれば、検索バーにキーワードを入力するだけで、そのキーワードが含まれるすべてのページが一瞬で表示されます。

ノートを簡単に検索できるようになったため、試験勉強も格段とスムーズに行えるようになりました。私は授業中、テストに出てきそうな概念が出てくるたび(あるいは、教授が試験のヒントを言うたび) に、ノートの余白に「Know for Exam #__」とタグを付けるようにしていました。そして試験勉強のときには、ノートの中からそのタグが付いたフレーズを検索して、その箇所を徹底的に勉強しました。これは、手書きでノートを取っていた私には最も効果的なやり方でした。また、入力操作でノートを取っている方なら、重要な概念に星のタグを付ければ、タグ検索ツールを使用してノートを検索することができます。手書きの場合と同様に簡単です。

OneNote への送信

授業のたびに大量の配付資料を受け取ることになるので、資料の整理には苦労していました。私はいつも、メールで送られてくるファイルや授業のWeb サイトにアップロードされたファイルを印刷して、紙の状態で授業に持ち込み、必要に応じてメモを取るようにしていました。容易にご想像いただけると思いますが、私のファイルフォルダーはすぐにパンパンになり、コピー代もかさみ、バッグはどんどん重さを増していきました。ノートの整理に OneNote を使うようになると一転、この問題はすぐに解決しました。OneNote の送信ツールを使って配布資料をすべて OneNote に送信し、さらにそれらを OneNote ノートブックの該当するセクションごとに分けて整理することができました。これによって、時間(および紙) を節約できるだけでなく、ノートに注釈を付けたり、膨大な配布資料の中から探しているものをすばやく検索できるようになりました。

この送信ツールは、授業中にノートを取る際にも大きな力を発揮してくれました。教授が講義に使用している PowerPoint プレゼンテーションを OneNote にアップロードすれば、そのプレゼンテーション スライド上に直接メモを書き込むことができます。別のノートにメモを取って、授業の後にプレゼンテーションと組み合わせるよりもずっと効率的です。スライドの要点から矢印を引っぱって内容を補足したり、重要な箇所に下線を引いたり、余白にメモを書き込んだりすることができたので、試験勉強がかなり楽になりました。

OneNote を持ち歩く

OneNote を気に入っているもう 1 つの理由は、どこにいてもノートにアクセスできる点です。カフェや停留所でバスを待っているときには、手元の携帯端末で OneNote を起動し、簡単に作業リストを確認することができました。また、コンピューター室で課題を行っているときには、SkyDrive にアップロードしたノートを取得することもできました。どこかにノートを置き忘れるという心配が一切いらないところが、とても気に入っています。OneNote があれば、どこに行ってもノートは私のそばにあるのです。

ご紹介した中に、使ってみたい OneNote の機能はありましたか? ぜひご意見をお聞かせください!

–Liz Scoble


 
Liz Scoble、ワシントン大学卒、OneNote チーム メンバー

——–
OneNote のダウンロード: onenote.com (英語)

OneNote の Twitter アカウント: twitter.com/msonenote

OneNote の Facebook アカウント: facebook.com/OneNote


Comments (0)

Skip to main content