知らなきゃ損する Office「プレゼンテーションをビデオに変換しよう」6/18


プレゼンテーションをビデオ ファイルに変換したいと思ったことはありませんか?

 

PowerPoint はプレゼンテーションをビデオ(mp4, wmv)として出力できます。

ビデオには音声やポインタ動作も含めることができ、注目させたいポイントをそのまま表現できます。

※録音にはマイクなどの機器が必要です

<PowerPoint 2013 画面:プレゼンテーションをストリーミングで配信したい>

 

ビデオ ファイルに変換するメリットは、YouTube などのストリーミング配信にそのまま使えること。DVD に入れて持ち運べば、Office アプリケーションがインストールされていない環境でも再生可能です。

 

ビデオ変換方法は、[ファイル] / [エクスポート] から、[ビデオの作成] をクリックします。

<PowerPoint 2013 エクスポート画面:ビデオの作成ボタンをクリック>

 

次に出力ファイルの拡張子を .mp4 と .wmv のどちらかを選びます。これだけでビデオが完成します。 

例えば、あなたがお店のオーナーの場合、このビデオの作成機能を使うと、PowePoint でお店の紹介ムービーを作ることができます。

結婚式の余興などにも PowerPoint で作ったスライドショームービーが使えます。使い慣れたツールでスライドショーを作成し、そのままビデオに変換できるから簡単ですね。

 

工夫次第で強力なツールとなる PowerPoint。あなたも新しい使い方にぜひチャレンジしてみてください。


Comments (0)

Skip to main content