Windows 8.1 更新プログラムで Windows RT タブレット用の Outlook 2013 RT を提供


(この記事は 2013 年 6 月 5 日に Office News Blog に投稿された記事の翻訳です)

投稿者: Chris Schneider、投稿日: 6 月 5 日

マイクロソフトの Windows 部門で CFO 兼 CMO を務める Tami Reller は、Computex 2013 にて、今年中に無償提供が予定されている Windows 8.1 更新プログラムの一部として、Windows RT タブレット用の Outlook 2013 RT を提供することを発表しました (英語)。これにより、既に Microsoft Surface やマイクロソフトのパートナー製の Windows RT タブレットのお持ちの皆様も、購入を検討されている皆様も、使い慣れた Outlook のツールをまもなく入手して、他のユーザーとのコミュニケーション、連絡先や予定の管理、スピーディな情報検索ができるようになります。

マイクロソフトは常にお客様の声に耳を傾けていますが、その中に、すべての Windows PC およびタブレットで Outlook を活用できるようにしてほしいというご要望がありました。事実、Morgan Stanley の調査によれば、タブレットを購入する人の 61% が、最も重視する唯一のソフトウェア機能として Microsoft Office を挙げています。今回、Word、Excel、PowerPoint、OneNote をはじめとするクラス最高レベルの機能性を誇る Office 2013 RT アプリケーションに Outlook 2013 RT が新たに追加されたことを大変喜ばしく思います。Outlook 2013 RT も他の Office 2013 RT アプリケーションとまったく同様に、タブレット ユーザーにとって快適なタッチ エクスペリエンスを備えています。

新しい Outlook にはさまざまな特長があります。たとえば、UI はこれまで以上にすっきりとしているため、ユーザーは操作に迷うことなくコンテンツに集中することができます。また、電子メールにすばやく返信できるインライン返信や、タブを手動で切り替えることなく予定表や連絡先を確認できるプレビュー機能、その他にも優れた新機能やツールを数多く備え、タッチ操作にも対応しています。そして、今回お伝えしたとおり、Outlook はまもなく Windows PC、Windows Phone、Windows タブレットのすべてのデバイスで使用できるようになります。Outlook の最新情報については、Office.com の Outlook セクションをご覧ください。

*Morgan Stanley Research、『進化するタブレット市場 (英語) (2012 5 )

Comments (0)

Skip to main content