知らなきゃ損する Office「PowerPoint にビデオを挿入」 6/3


あまり知られていませんが、PowerPoint にはスライド内にビデオの埋め込みができます。PowerPoint 2013 ではビデオ ファイルの挿入が簡単になり、取り込めるファイル形式も増えました。

 

PowerPoint 2013 でサポートされるビデオファイル形式

・   Windows Media ファイル … .asf

・   Windows ビデオ ファイル … .avi

・   MP4 Video ファイル … .mp4, .m4v, .mov

・   ムービーファイル … .mpg (.mpeg)

・   Adobe Flash メディア … .swf

・   Windows Media ビデオ ファイル … .wmv

 

ビデオの埋め込みが力を発揮するのは、活動記録をプレゼンテーションにまとめるとき。

写真だけでは伝わらない、その場の活動の様子をプレゼンテーション内で表現できます。 

たとえば、家族との大切な思い出をパワーポイントで作るお父さん。こだわりの写真と文章を入れてほぼ完成ですが、このとき娘のしゃべった言葉の面白さは写真では伝わってきません。

<PowerPoint 2013 画面:家族新聞で写真を載せる> 

 

しゃべった言葉と楽しい雰囲気をそのまま伝えるには、ビデオを載せましょう。[挿入]タブのビデオ をクリックします。「このコンピュータ上のビデオ」を選択して、ビデオファイルを選べば完了です。

※ビデオ ファイルをそのままドラッグ&ドロップするだけでも OKです。簡単ですね。

<PowerPoint 2013 画面:リボンの[挿入]タブからビデオを取り込める>

 

<PowerPoint 2013 画面:写真を動画に差し替えると、プレゼンテーション内で動画再生が可能に>

 

このように、ビデオがあれば PowerPoint にそのまま載せることができます。文章で説明するよりも、ビデオの再生がもっと心を掴むプレゼンテーションに仕上げます。自分のサークル活動やスポーツの動きを説明する資料などに、ビデオの挿入機能をお試しください。

 


Comments (0)

Skip to main content