OneNote Windows ストア アプリについてのヒントとトリック


(この記事は OneNote ブログ 2013年 5 月 6 日に投稿された記事 Tips and tricks for the OneNote Windows Store App の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

この記事は OneNote チームのプログラム マネージャーである Omeed Chandra が担当しました。

はじめに

Windows 8 を使い始めたばかりであれば、OneNote アプリのルックアンドフィールが他のバージョンの OneNote とは大きく異なっていることに気付かれたことでしょう。どうやって検索するの? メニューはどうなったの? 新しい Windows は不要なコマンドに皆さんが悩まされないように設計されていますが、最初はこの変化に戸惑われるかもしれません。どうか怖がらないでください。このブログ記事では、Windows ストアからの OneNote アプリを使用する方法についてご説明します。これらのヒントやトリックは、他のほとんどの Windows ストア アプリにも応用できます。OneNote をまだご使用でない場合は、今すぐここからダウンロードして、お試しください。無料です!

メニューとツール バーはどこへ行ったの?

従来のメニューやツール バーに代わって、OneNote Windows ストア アプリではアプリ バーと呼ばれるものを使用します。これはマウスで右クリックしたときや、画面の上または下から中心に向かって指でスワイプしたときに表示されます。たとえば OneNote では、次のように表示されます。

アプリ バーはコンテキストに依存します。つまり、開いた方法によって表示されるコマンドが変わります。たとえば、OneNote のナビゲーション ウィンドウでページを右クリックまたはクロススワイプ (詳しくは後で説明) すると、ページの削除やスタート メニューへの固定など、ページ用のコマンドが表示されます。画面の上または下から中心に向かって指でスワイプすると、別のコマンドが表示されます。

また OneNote ではアプリ バーに、リング メニューという独自の機能を付け加えています。これは他の Windows ストア アプリではほとんど見られません。リングメニューを使ってみましょう。OneNote で何か文字列を入力し、その文字列を選択して、中央にある A が描かれた丸いボタンを押します。すると次のようなメニューが表示されます。

このコンテキストでは、リング メニューには選択した文字列に適用できるオプションが表示されます。たとえば、フォントの変更、コピー、貼り付けなどです。メニューの外周部分にある紫色のボタンを押すと、さらに選択肢が表示されます。アプリ バーと同様にリング メニューもコンテキストに依存し、その開き方によって表示されるコマンドが変わります。たとえば、文字列を選択しない状態でリング メニューを開いてみてください。

楽に使える検索や共有機能

これまでは、アプリごとに操作方法が異なっていました。Microsoft Word で検索方法を覚えても、Firefox でも同じようにできるとは限りませんでした。新しい Windows ではこの問題をチャーム バーによって解決しました。この機能によって、すべての Windows ストア アプリで検索、共有、設定などの一般的な機能に共通の方法でアクセスできるようになりました。チャーム バーを開くには、マウスを画面の右下隅に移動させます。またタッチスクリーンを使用している場合は、画面の右側から中心に向かって指をスワイプさせるだけです。

チャーム バーでしばらく遊んで、その機能をすべて試してみてください。たとえば、[検索] ボタンでは、現在開いているアプリで検索を実行します。また、[共有] ボタンでは、他のアプリと情報を共有できます。たとえば OneNote では、[共有] を使用して自分のノートを友達にメールできます。アプリが印刷に対応していれば、[デバイス] ボタンの下にその機能があります (すみません、OneNote Windows ストア アプリではまだ印刷機能をサポートしていません。しかし、これが必要だというフィードバックを受けていますので、ご安心ください)。

右クリックの代わりにクロススワイプ

先にお話ししたように、マウスで何かを右クリックすると、コンテキストに沿ったコマンドが含まれたアプリ バーが起動します。しかし、タッチ デバイスではコンテキストに沿ったアプリ バーをどうやって起動したらよいでしょうか。簡単です。クロススワイプ操作を使います。OneNote で、ナビゲーション ビュー内のノートブック、セクション、またはページの名前をなぞるように左から右へスワイプしてください。これによってアプリ バーが開かれ、クロススワイプした項目に関連した機能が表示されます。他の多くの Windows ストア アプリでも同様にクロススワイプを使用できます。とても便利な操作です。

最後に

新しい OneNote Windows ストア アプリは現在のコンピューター技術に合わせて徹底的に作り直され、最新の重要な概念が多数組み込まれています。しかし以前のバージョンとは大きく変わってしまったことは否めず、そして変化というのは少し怖いことであることも私たちは理解しています。このブログ記事によって皆さんの移行が少しでも容易になることと、皆さんが OneNote や他の Windows ストア アプリを最大限に活用してくださることを願っています。

Comments (0)

Skip to main content