知らなきゃ損する Office 「Excel のブックを別々のウィンドウで表示」


これまで、Excel でたくさんの資料を開くと、1 つのウィンドウ内にたくさんのブックが表示されて、ブックの切り替えが面倒でした。

例えば家計簿を作成している時、違う作業をしたくなり住所録を開くと、住所録が最前面に表示され、家計簿が見えなくなります。重なり合うブックをいちいち整列したり、作業毎に関係のないブックを閉じていたら、効率が落ちてしまいます。


<Excel 2010:ブックの重なりが作業の妨げに>

 

インターネット上にもエクセルを別のウィンドウで開くにはどうしたらよいか? という質問がいくつか見つかります。他のアプリケーションと同じように、新しいブックを別のウィンドウで開けないことが、ユーザーのストレスになっていました。

Excel 2013 の地味だけど知っておきたい便利な変更の一つは「エクセルのブックを別々のウィンドウで表示できる」点です。別々のウィンドウで表示されることにより、複数のブックの取り扱いがとてもラクになりました。

<Excel 2013:別々のウィンドウでブック開くと、配置やコピー&ペーストも簡単!>

 

Excel 2013 をインストールして複数のファイルを開くと、当たり前のように別ウィンドウでブックが開きます。特別な設定はありません。意識せずそのまま使えるので、この変更に気が付かない人もいるかもしれません。

これからはブラウザのように、不要なブック ウィンドウは最小化して、Windows のタスクバーに隠しておけます。 

普段からマルチディスプレイをお使いの方は、左右のディスプレイに違うエクセル ファイルを開けます。作業が捗りますね。ぜひお試しください。

 

 

 

 


Comments (0)

Skip to main content