Office 365 ProPlus 管理者シリーズ: Office 365 ProPlus のライセンス認証


 Jeremy_MSFT
Jul 17 2012, 16:07 P7 | 0 Comments

 Office 365 ProPlus のライセンス認証は、企業の Office 365 テナントをプロビジョニングしたユーザーに制限されています。ユーザーは、製品をインストールした後、最初にサインインするときに、インストールのライセンス認証を行うために一度だけサインインするよう Office 365 ProPlus から求められます。

 

ライセンス認証用のサインイン画面

Office 365 サービスによってライセンス認証が処理されるため、展開作業中にプロダクト キーを入力する必要はなく、キー管理サービス (KMS) も不要です。Office 365 の管理者はライセンス認証の状態を管理して、ユーザーの追加と削除を行うことができます。ユーザーアカウントやライセンス認証状態が変更されると、アプリケーション起動時にその内容がクライアントに表示されるようになっています。アプリケーションではアカウント情報を自動的に確認し、デプロビジョニングされたユーザーに対しては、ユーザーアカウントに Office ライセンスが割り当てられていない旨を通知し、アプリケーションを終了します。

 

ユーザーに Office ライセンスが提供されていないことを知らせる通知ウィンドウ

これにより、個人所有のデバイスを職場に持ち込み、これにソフトウェアを読み込んで仕事に使用するといった、IT 業界での課題となっているコンシューマライゼーションにも対処することができます。自社開発の基幹業務アプリケーションの場合、アプリケーションで社内ファイルへのアクセスをチェックし、必要に応じた対応を行うことが可能です。一方、Office などのサード パーティ製アプリケーションの場合には、企業の個別の状況とは関係なく永続的なライセンス認証が提供されていることが多いため、ライセンスを無効にするのは容易ではありません。IT のコンシューマライゼーションが進む中、企業では原則として雇用期間中に限り、従業員にソフトウェアを貸与するという形をとっています。Office 365 を導入すれば、従業員の退職や、それに伴うサービスのデプロビジョニングによって、その従業員の個人所有デバイスに割り当てられていた Office インストールのライセンス認証を無効にすることができます。

ユーザーがインターネットにアクセスすることなくオフライン状態が続く場合、Office 365 ProPlus では、その後 30 日間はライセンス認証を有効とします。この期間を超えてデスクトップのアプリケーションが使用されずにライセンス認証が無効となった場合は、インターネットおよび Office 365 サービスに接続することで、アプリケーションのライセンス認証を再び有効にすることができます。Office 365 ProPlus はライセンス認証や認証無効化のプロセスを管理しやすく容易に行えるように構築されていますが、利用するにあたっては、サービスを中断させないためインターネットに頻繁に接続する必要があります。コンピューターをオフライン状態でしか使用しない場合、あるいは企業のファイアウォール内のみで使用する場合は、Office Professional Plus 2013 プレビューのご利用をお勧めします。

Office 365 ProPlus のライセンス認証の詳細については、TechNet の「Office 365 ProPlus プレビューのライセンスおよびライセンス認証の概要」を参照してください。

Comments (0)

Skip to main content