Excel 2013 にグラフを挿入する

Posted by Diego M. Oppenheimer9 月 27 日 これは、Office Graphis チームのプログラムマネージャー、Nick Chiang のブログ投稿です。 Scott がグラフ作成の概要に関する投稿で書いているように、ユーザーはデータに適したグラフの種類を選び出すのにいつも苦労します。使用できるグラフの種類と作業対象のデータの種類についてよく理解していないために、データを表すグラフの選択に四苦八苦するユーザーは少なくありません。そして、ついつい自分がよく知っているグラフを選んでしまいがちです。さらに悪いことに、データを正確に表せないグラフを選び、事実をねじ曲げて伝えてしまうこともあります。そこで、Excel 2013 では、データ視覚化への取り組みの一環として、グラフの作成プロセスを簡素化し、データに適した見栄えのするグラフをユーザーがすばやく簡単に作成できるようにすることに注力しました。   まず、[挿入] リボンが向上し、新しい [おすすめグラフ] ボタンが追加されました。この新しい “おすすめ” 機能により、選択したデータをベースにアルゴリズムによって生成された各種グラフの一覧が表示されます。このアルゴリズムはさまざまなデータ配置パターンを探すことで、最適なグラフの種類の一覧を見つけ出します。以前のバージョンの Excel では、この時点でグラフを挿入し、データがどのようにプロットされるかを確認する必要がありました。Excel 2013 では、対象のデータが含まれるグラフのリアルタイム プレビューが表示されます。これにより、確実に正しい判断を下すことができます。どのように出力されるかを推測する必要はありません。この機能は、新しい [グラフの挿入] ダイアログと、クイック分析機能の両方で利用できます (この機能については、後で別のブログ投稿で説明します)。ここでは、このおすすめグラフの機能と、新しい [グラフの挿入] ダイアログおよびクイック分析機能について、いくつか例を挙げながら見ていきましょう (これらの例は、この投稿の最後に添付されているファイルから入手できます)。   例1 – データについて理解する   これは、過去の冬季オリンピックの統計が含まれる非常にシンプルな表です。このデータセットを選択し、[おすすめグラフ] ボタンをクリックすると、新しい [グラフの挿入] ダイアログが表示されます。   このアルゴリズムは、データセットを見て最初の行が年を示していると判断し、最もお勧めするグラフとして折れ線グラフを提示しています (折れ線グラフは、時間経過に沿った変化を表すのに適しています)。ここには、他のグラフの種類も便利なおすすめグラフとして提示されており、同じデータが他のグラフフォームでも表示されています。   例 2 – さまざまな方法でデータをマップする   この例では、基本的な数式をプロットする値があります。今回はクイック分析機能を使ってみましょう。データを選択すると、選択内容の右下隅に新しいアイコンがポップアップ表示されるのがわかります。このアイコンをクリックすると、クイック分析機能が表示されます。  …

0

Outlook 2013 で電子メールにすばやく対応

Posted by Outlook チーム9 月 27 日 前回執筆した記事では、Outlook 2013 でメッセージ一覧の外観に変更を加えたことについてお話ししました。今回は、電子メールに対する操作を従来よりも手早く実行できるようにした点についてご紹介します。   操作効率の最適化 私たちが新しいメッセージ一覧を設計するにあたり、電子メールを「読む」作業を大半のユーザーがどのように行うかを重要視したことは、前回述べたとおりです(英語)。しかし、ユーザーは「読む」だけではありません。受信したメッセージに「対応する」という作業も同じくらい重要です。そこで私たちはデータ分析を行い、メッセージ一覧の電子メールに対してユーザーが何を実行するのかを、できるだけ詳しく調べました。 まず、圧倒的によく実行される操作は「削除」でした。すべての対応操作のうち、実に約 4 分の 3 が削除操作です。これはキーボードで行われることが多いのですが、マウスを使うユーザーはリボンのところまでマウス ポインターを動かしていました。そこで、最新版の Outlook ではメッセージ一覧内に削除ボタンを配置し、個々のメッセージにポインターを重ねてワンクリックするだけで削除ができるようにしました。削除の前にメッセージを選択する必要さえありません。   ご存じのとおり、Outlook のメッセージ一覧には以前から「フラグ」と分類ボタンが付いています。フラグを使ってメッセージにマークを付けるという操作はきわめて一般的ですが、調査の結果、分類機能は大半のユーザーにとって、むしろ邪魔になっていることがわかりました。そもそも、分類ボタンなど一度もクリックしたことがないというユーザーがほとんどだったのです。それではスペースがもったいないので、最新版では、クイッククリックの分類ボタンを取り除きました。電子メールを分類するときは、リボン、右クリック メニュー、またはクイック操作から実行できます。もちろん、適用した分類は一覧に表示されるので、分類をお使いの方もご心配には及びません。   また、前回の記事では「未読」ステータスの重要性についても触れました。大切な情報や実施項目を見落とさないために「未読」ステータスを使うユーザーが多いということが、皆さんからのフィードバックでわかったのです。最新版では、未読と開封済みをワンクリックで切り替えることができ、受信トレイ内で目立たせておきたい項目を指定しやすくなりました。意外と「この機能が欲しかった!」と思っていただけるかもしれないので、使ってみてください。   タッチ対応と 1 行表示 Windows 8 搭載機種などのタッチスクリーン デバイスで Outlook を使う場合、メッセージ一覧には、削除ボタン、フラグ、未読にするボタンが表示されません。ユーザーの操作のしかたがマウスとタッチとでは大きく違うので、私たちも、一方で便利なものが他方でも便利とは限らないという点にすぐ気がついたのです。Outlook のタッチ デバイス向け最適化については、以前の記事で少しご紹介しましたので、あわせてご覧ください。   メッセージ一覧の設計見直しにあたっては、マルチライン表示についても変更を加えました。多くのユーザーの目に留まる部分なので言及しておきますが、閲覧ウィンドウを下部に表示しているかどうかによって、メッセージ一覧の表示が、以上の説明とは少し違ってくる場合があります。記事の内容と必ずしも一致しない部分については、改良の一環ですのでご了承ください。   — Josh Meisels (Outlook プログラム マネージャー)

1

Access 2013 で外部データを活用する

Posted by Andrew Stegmaier9 月 25 日 この記事は Access チームのプログラムマネージャー、Gary Devendorf が執筆しました。添付されている動画で説明を行なっているのは、同じくプログラムマネージャーの Doug Taylor です。 Access 2013 を利用する最大のメリットは、データ中心のビジネスアプリケーションを Web 上に構築できることにあります。多くの場合、普段よく利用するデータ、たとえば顧客リスト、製品一覧表、従来の Access データベースなどは、既にローカルに存在しています。それでは、どのようにすればそれらのデータを Access Web アプリケーションに取り込めるのでしょうか。レコードを 1 つずつコピーしようとすれば、明らかにいくら時間があっても足りません。データ インポート機能が時間節約に大いに貢献できるのは、まさにこういう場面です。 ★Movie (https://www.youtube.com/watch?v=938t0ZL8ogk&feature=player_embedded)がここに入ります★ Access 2013 の Web データベースでは、さまざまなソースからデータをインポートする機能がサポートされています。ご使用の Access の Web データベースを開き、リボンの [テーブル] をクリックして、オプションをチェックしてみてください。そこでは、[既存のソースからテーブルを作成する] の下から、Excel、SQL Server、SharePoint、および Access の旧バージョンなど、さまざまなオプションを選択できることにお気付きになるでしょう。   データのインポートは、1 つのソースから別の場所にデータをコピーするだけの単純な処理ではありません。たとえば、既存の Access データベースからのインポートでは、テーブル定義、リレーションシップ、およびビューに関するデータなども取り込めまれるため、インポートされたデータをすぐにインタラクティブに活用できます。 Excel ファイルやテキスト ファイルのように、既存データのソースが構造化されていないデータの場合、Access を活用すればデータのクリーンアップと正規化が楽になります。次の図のような Excel…

0

Visio Services で図を共有する

Posted by Jennifer Cherwinka9 月 18 日   新しい Visio には、今風のアプリ外観、新しいテーマ、プロ級の図を作成する際に使用する図形、複数の作成者やレビュー担当者と共同作業を行う手段など、新しい機能が多数用意されています。また、同僚や友だちとの図の共有も一段と行いやすくなりました。共有相手が Visio を持っていなくてもかまいません。ここで Visio Services の出番です。Visio Services を使用すると、SharePoint または Office 365 を使用して、最新のデータを使って見栄えのする図を共有することができます。   発行せずに図の体裁を維持 Visio Services は Microsoft SharePoint および O365 に組み込まれており、Visio 図をすばやく簡単に利用できるようにします。ドキュメントを SharePoint とブラウザーに保存しさえすればいいのです。Visio クライアントは必要ありません。テーマ、カラー エフェクトなどの図の体裁はすべて、Visio クライアントと同じように保たれます。Visio 2010 を使ったことがある方は、特別な Web 形式 (.VDW) に発行しなければ図を表示できなかったことを思い出すでしょう。もう、その必要はありません。Visio Services は、新しいネイティブ Visio ファイル形式(.VSDX) で動くので、SharePoint に保存したドキュメントすべてが表示可能です。発行の必要はありません (なお、Visio Services では、既存の .VDW ファイルも引き続きサポートされます)。…

0

タブレットと小さな画面のデザイン

Posted by Outlook チーム9 月 17 日 Microsoft は、今後数年にわたって主流になるであろう新しいタイプのタッチデバイスでうまく動作するよう Outlook を設計しました。Outlook 2013 は、使い慣れた Outlook の操作性を保ちながら、ご利用のデバイスに対応できるよう設計されています。タブレットで Outlook を起動すると、タッチ操作が行いやすようにレイアウトが変更されていることがわかります。同様に、画面が小さいデバイスで Outlook を起動すると、画面の領域が最大限に利用され、コンテンツが強調表示されていることがわかります。   タブレット   Windows 8 のタブレットでは、ナビゲーションウィンドウとリボンが折りたたまれているので、コンテンツに対して最大限の領域が確保されます。つまり、親指でメッセージ リストをタッチして快適にスクロールすることができます。また、タブレット向けの Outlook では、タッチ モードが既定でオンになっています。これにより最適化が行われ、指で操作を行う タッチ デバイスでの Outlook の操作性がさらに向上しました。 タッチ操作バーはタッチ モードにおける最も注目すべき強化点の 1 つで、Microsoft 一押しの機能でもあります。このバーは画面右端の便利な場所に配置されているので、親指を使って、返信する、削除する、フラグを設定する、未読にするなどの一般的な操作をすばやく行うことができます。 タッチ モードでは、メール、予定表、ユーザー、およびタスク アイコンのサイズが大きく、簡単にタップしてモジュールを変更できます。各フォルダー名、リボンのボタン、およびクイックアクション ツール バー (QAT) のボタンの間は、タッチしやすいように十分なスペースが確保されています。 もちろん、タッチ デバイス向け予定表のタッチ操作の設計も忘れませんでした。”スワイプ” で日表示と週表示を、そして “ピンチ” でさまざまなビューを切り替えてみてください。自然ですばやい動きを楽しめますよ。 タッチスクリーンのノートパソコンなど互換デバイスにおける Outlook の動作は既定ではタッチ操作用に最適化されていませんが、ご心配は無用です。タッチ モードのメリットはすべて利用できます。QAT のドロップダウンをクリックし、[タッチ…

0

タッチしよう! 新しい Office 体験セミナー

次期 Office のカスタマー プレビューはもうご体験いただきましたでしょうか。 既にダウンロードいただいた方は、より楽しく、まだご体験いただいていない方は、すぐお試しいただきたくなるコンテンツをご紹介いたします。   タッチしよう! 新しい Office 体験セミナー 製品担当者より最新版 Office の新機能や開発秘話など、デモを交えてご紹介する無償セミナーのお申込みを開始しました。どこよりも早く実施される無償セミナーです。ぜひふるってご参加ください。 http://www.microsoft.com/ja-jp/office/preview/new-office/event.aspx   ページに出ているイラストの女性をご存じでしょうか? 「もう待てない、次期 Office 徹底解明」 http://www.microsoft.com/ja-jp/office/preview/new-office/ ページで、ひょっこり顔を出しているこの女性です。本無償セミナーで初登場の予定です!   New Office 3 つの特長 次期 Office の、操作性、クラウド、ソーシャル、デバイス に対応した、3 つの特長をご紹介します。 http://www.microsoft.com/ja-jp/office/preview/new-office/valueprop.aspx   1.自然に使いこなせる、シンプルな操作性。 Office が、より美しく使いやすいデザインになりました。オンラインの画像や動画を作成中のドキュメントに簡単に取り込むことができます。そして、ドキュメントの作成、参照、共有がどこからでも自由にできます。   2.自宅が、カフェが、公園が。今いる場所をオフィスに。 新しい Office は、PC、タブレット、スマートフォンなどあらゆるデバイスで使えて、必要なファイルに外出先からアクセスできます。Windows 8 と一緒に使えば、その快適な操作性をさらに実感できるでしょう。   3.つながる Office で、ひろがるシーン。 ファイルは常にクラウドに保存されるので、USB メモリを使ったり、メールで送る必要がありません。PC の紛失などのアクシデントが起きた場合でも、大切な写真や資料はクラウドにそのまま残ります。

0

Word 2013: Word 文書をオンラインでプレゼンテーション

Posted by Word チーム9 月 11 日 Word 文書をリアルタイムで誰かと一緒に作成したり、推敲したいときに、その相手がいつも自分と同じ場所にいるとは限りません。メッセージングや音声ビデオ会議ソフトウェアが普及しつつある現在、人々は複数の場所にいながらコラボレーションを行います。クラスメートと一緒に授業プロジェクトに取り組む学生や、契約書を顧客と共有したい中小企業事業主、または離れた場所にいる家族と一緒に手紙を作成したい場合など、どのような Word ユーザーにとっても、文書を簡単に共有しながら共同で作業できる機能が重要であることを私たちはよく認識しています。 そこで、私たちはシンプルで豊かな共有エクスペリエンスを提供するべく、取り組みを開始しました。つまり、出席者が文書のどの部分を閲覧していても、プレゼンターは出席者が自分の進行についてきていることを確信できるようになります。IM や音声ビデオアプリケーションなどの対話型コミュニケーションチャネルを取り入れることによって、リアルタイムのコラボレーション エクスペリエンスを体験できます。Office Presentation Service は、次期 Office のカスタマーであればどなたでも無料で利用できます。必要なのは、Microsoft アカウント と 新しい Office だけです。   Word 文書のプレゼンテーション コメントやレビュー、またはコラボレーションを行う場合には、自然で無理のない操作で作成した文書を共有できるようにしたいと考えました。その手順とは、通常どおりに作業をしながら、まず [ファイル] > [共有] > [オンライン プレゼンテーション] をクリックします。次に、[Office Presentation Service] を選択し、[オンラインプレゼンテーション] をクリックします。   出席者に会議の出席依頼を送信するには、[リンクのコピー] を選択して会議のハイパーリンクをコピーし、たとえば Skype のチャット ウィンドウなどに貼り付けて、他の人がアクセスできるようにします。または、[電子メールで送信] を選択し、ハイパーリンクを電子メールクライアントを使用して送信するか、または [IM で送信] を選択し、利用中の IM チャット クライアントを使用して送信することもできます。   準備が整ったら、[プレゼンテーションを開始する] をクリックします。招待した出席者がハイパーリンクをクリックすると、ブラウザーウィンドウが開いて、文書が表示されます。出席者のコンピューターには、Word…

0

もう二度と言わなくてよくなった 10 個のセリフ

Posted by Clint Patterson9 月 10 日 新しい Office Customer Preview をダウンロードした方は、ファイル添付の代わりにリンクを共有したり、USB ドライブからクラウドにドキュメントを移動したり、インク切れの心配がないタッチペンを使ったりすることで、仕事のやり方が画期的に変わったことでしょう。たとえば、「この PDF の内容を使えたらいいのに」というセリフはもう過去のものとなりました。新しい Office では、PDF ファイルを使い慣れた Word 文書で開くことができます。ここでは、新しい Office を使うことで過去のものとなった 10 個のセリフを集めた PowerPoint スライドショーをご紹介します。新しい Office では、他にも多くの優れたソリューションを見つけることができます。ぜひ新しい Preview をお試しいただき、どの機能が画期的だったかを @Office でお聞かせください (#OfficePreview というハッシュタグを使ってください)。新しい Office をまだダウンロードされていない方は、office.com/preview で無料でダウンロードできます。   これは、<a href=”http://office.com/webapps” target=”_blank” data-mce-href=”http://office.com/webapps”>Office Web Apps</a> の機能を利用した、<a href=”http://office.com” target=”_blank” data-mce-href=”http://office.com”>Microsoft Office</a> の埋め込み型のプレゼンテーションです。

0

Outlook 2013 の紹介

Posted by Outlook チーム9 月 10 日 こんにちは、Redmond の Outlook チームです。Outlook 2013 Preview がリリースされてから数ヶ月が経ちました。既に多くの皆さまがダウンロードして利用されています。まだお試しでない方は、ぜひここでダウンロードしてください。 私たちのブログ(英語)を最近お読みになった方は、Outlook.com という新しい Web メール サービスのリリースについてご存知かと思います。Outlook の新バージョンは、Outlook.com および Office365 で機能を最大限に発揮できるように設計されています。あっという間につながり、メール、予定表、連絡先、仕事を簡単に同期できます。また、POP や IMAP など、他の一般的なアカウントもサポートしています。Gmail アカウントを Outlook に追加してもかまいませんが、ある有名な技術系ブログ(英語)で「多くの点で Gmail より優れている (superior to Gmail in many ways)」と書かれている機能を使わないのは、もったいないでしょう。 私たちは、Outlook の新バージョンを開発するにあたり、人々の生活を本当の意味で変えるようなシナリオを調査し、ユーザーが最も必要とする機能に焦点を当てました。Outlook 2013 では、メールを削除したり、未読にしたり、フラグを設定したりするための新しい方法が用意されており、メールに優先順位を付けることが簡単になりました。また、Windows 8 タッチ デバイスで Outlook が使いやすくなりました。さらに、デザインが新しくなった予定表のインターフェイスで、楽しく予定を計画できます。 Redmond では長い間、この新バージョンを毎日進化させています。今後も、さらに多くの情報を皆さまにお伝えしていきます。ぜひ今後の記事もご覧ください。 –Josh Meisels、Outlook プログラム マネージャー

1

Office 2013 グラフ機能の概要

Posted by Diego M. Oppenheimer9 月 6 日 今回の記事の執筆者は、Excel チームで上級主幹プログラム マネージャーを務める Scott Ruble です。    Office 2013 の Excel、Word、PowerPoint、および Project には、Office DataViz チームによって開発された強力なグラフ機能が備わっています。きわめて多機能なので今回はほんの概要しか紹介できませんが、今後の記事で、具体的な活用方法や使い方の手順を詳しくお伝えしていく予定です。 Office 2007 リリースで Excel のグラフエンジンの置き換えとレンダリング レイヤーの変更が行われ、サーバー上でグラフを実行する機能が実現したときから、筆者は Excel のグラフ機能の開発に携わっています。あのリリースは、Office のデータ視覚化機能にまったく新しい方向性を導入した意欲的なものでした。以来、私は Excel のグラフに関するブログ記事を何本か書きましたが、そのたびに「あんな機能は、こんな機能はいつ実現するの?」といった類のコメントを多数いただいたものです。Office のグラフ機能を愛用してくださっている皆さんの熱意がひしひしと伝わってきて、非常にありがたく思いました。 次期 Office 製品サイクルの立ち上げにあたり、私たちはまず、数年来寄せられたあらゆる貴重なご意見を生かすためにじっくりと検討を重ねました。また、ユーザーがどういう仕事習慣を持っているのか、どんなことで切実に困っているのか、どんなニーズが満たされずにいるのかをよく知るために、いろいろなお客様のもとを訪ねました。検討の結果、私たちがたどり着いた結論はシンプルでした ― ほとんどのユーザーにとって、グラフの作成やカスタマイズはなかなか敷居が高い、たとえデータセットが単純であっても気軽にできる作業ではない、ということです。いきおい、次期 Office リリースにおいては、グラフの作成やカスタマイズという作業のハードルを大幅に下げることが目標になりました。今回はそういう経緯を踏まえつつ、Office の便利で新しいグラフ機能を紹介して行きましょう。Excel を例にとって説明しますが、ほとんどの機能は Word、PowerPoint、Project でも同じように利用できます。   おすすめグラフ ユーザーの皆さんは、「このデータを表現するのに適したグラフの種類はどれだろう?」と毎度悩んで、結局、最適かどうかはともかく馴染みのあるグラフを使っている場合が多いようです。実際、表現するデータに最適なグラフの種類を選ぶにはいくつもの要因を考える必要があるのですが、新リリースでは、その作業全体を簡単に実行する [おすすめグラフ] ボタンを [挿入] リボンの下に用意しました。おすすめグラフ機能は、選択されているデータを分析し、一連のルールに基づいて、データに適したグラフの種類を一覧表示するものです。ちなみに、この一覧に 3-D グラフが出てくることはないでしょう。3-D グラフは格好がいい反面、データを正しく読み取るのが難しいという欠点があります。もちろん 3-D…

0