Visio: 新しい Visio 2013 の現代的な図形: 組織図、ネットワーク、タイムラインなど


Posted by Ian Mikutel
8 月 13 日

 

Visio でダイアグラムを作成した後によく行われるのは、そのダイアグラムを誰かと共有すること、または、誰かに対してプレゼンテーションすることですが、いずれにしても必要になるのは、ダイアグラムの見栄えのよさです。当然、私たちにいつも寄せられるフィードバックの中にも、ダイアグラムの見た目をプロっぽくしたい、

現代風にカッコよくしたいというご意見がある程度含まれています。

組織図、タイムライン、ワークフロー、フロア プランなど、Visio を使う目的はさまざまですが、そういう情報をビジュアルに、効果的に伝達できるようにするという方向性は、すべてのユーザーの理にかなっているといえます。先日は、新しい Visio で本格的なダイアグラムを手早く作成する方法をご説明した際に、私たちが Visio に施したすべての変更点の概略を挙げ、ご要望が多かったいくつかの新機能について詳しく取り上げました。

今週は、Visio のテンプレートと図形 (以下、これらを「コンテンツ」と呼びます) に関して行ったすべての変更を簡単にご説明します。まず一言でいうなら、新しい Visio の新機能を新しいコンテンツと組み合わせることにより、ユーザーは、本格的で現代的なダイアグラムを今までにない手軽さで作成できます。

 

新しい Visio の開発方針など

私たちは、Visio 2013 の新しいコンテンツに関する設計作業に着手するにあたり、以下 3 つの目標を掲げました。

1. ビジュアル品質の高さ: 「プロ級」の現代的なデザインを備えたコンテンツにすること。また、いま見て美しいだけでなく 10 年後に見ても同じくらい美しいビジュアルを実現し、時代に左右されない Visio スタイルを確立すること。現代風のスタイルを取り入れすぎると陳腐化しやすくなるおそれがあるので、バランスの取り方が問題ですが、私たちは時代の流れに耐えることを最重要視しました。つまり、今はカッコよく見えるが 3 年後には古くなりそうなコンテンツよりも、10 年経っても良さが変わらないと考えられるコンテンツを優先的に採用しました。

2. 新鮮さ、妥当さ: センスに関しても、具体的なカタチに関しても、今のユーザーに通用する新鮮さを備えた、使う人の感覚に合ったコンテンツにすること。ユーザーが頭の中にどういうカタチを思い描いてダイアグラムを作るかを考え、たとえば、サーバーを表すステンシルは最近のネットワーク管理機器に基づいてデザインしました。スマートフォンのデザインなども 5 年前と今では主流になっている形状がまったく違うので、現在のユーザーがイメージするカタチと、私たちが提供するデザインとの間にズレがないように気をつけました。

3. テーマ、効果、クイック スタイルのサポート: 新しいテーマ、効果、クイック スタイルが、新しいコンテンツの見え方にも適用され、その結果が美しいこと。

新しい Visio では合計 15 個のテンプレートに変更を加えたほか、新しい図形も追加しました。また、新しい Visio のテーマ、クイック スタイル、効果が反映されるようにすべてのテンプレートを更新しました。以下では、今回のリリースでコンテンツ関連に施した改良点の一部をうかがい知ることができる、注目のテンプレートをいくつかご紹介します。

 

組織図

組織図は Visio で非常によく使われるダイアグラムなので、今回のリリースでも特に力を入れ、10 種類の個性的な組織図スタイルと 60 を超える図形を追加しました。

では、それらの新しい組織図スタイルはどういうもので、どのようにダイアグラム作成に役立つのでしょうか。

組織図スタイルは、新しい Visio の組織図テンプレートに備わっている、まったく新しい機能です。わずか数回のクリック操作で、簡素なデザインや凝ったデザイン、緻密な図や遊び心のある図など、驚くほど多彩なスタイルの組織図をチームや組織の性格に応じて作成できます。

また、写真の自動インポート機能により、きわめて手軽に写真を使えるようになりました。

組織図に特有の改良点の詳細については、後日掲載するブログ記事をご覧ください。現時点で 1 つだけ覚えておいていただきたいのは、スタイル ギャラリーを使うと、わずかワンクリックで、下のように組織図全体の見た目を簡単にカスタマイズできるということです。

 

基本ネットワーク図、詳細なネットワーク図

ネットワーク図のテンプレート (基本ネットワーク図、詳細なネットワーク図) はどちらも更新され、新しい図形や、Microsoft の新しいデザイン指針に基づいた外観が導入されています。

ワイヤレス アクセス ポイント、スマートフォン、ビデオフォン、VoIP フォン、タブレット、データ センターなど、きわめて豊富な図形が新たに追加され、最新のネットワーク環境を図にする際の自由度が向上しま

した。

ネットワーク図に関しては、個々の図形が表す最新の役割を反映させ、明確に示すということにも力を入れました。もちろん、ネットワーク業界の標準となっている世界共通の図案化方法は引き続き踏襲しています。

たとえば、下の図で使われている新しいサーバー図形の一部には、サーバーの働きを表す情報がいっそう視覚的にわかりやすく示されています (メール サーバー図形に示された封筒など)。サーバーなど似た種類の図形を多数含んだ複雑なダイアグラムでは、このような視覚的な違いが、読みやすさを格段に向上する効果を持つことがあります。


従来の 3D ネットワーク図形やワークフロー図形を使い続けたい皆さんも、ご心配には及びません。これらの図形は非常に多くのユーザーに親しまれ、定着しているので、廃止するわけにはいきませんでした。テンプレートカテゴリ内を探すか検索機能を使えば、ちゃんと見つかります。名前の末尾に「3D」と書かれているのが、従来どおりのテンプレートです。

 

タイムライン

タイムラインは、新しい Visio に用意された新しいテーマ、効果、クイック スタイルの機能をフル活用できるように更新されています。

右クリック メニューに新設されたオプションから、タイムラインの種類、中間のマーキング、矢印の先端をすばやく簡単に変更することができ、本格的なデザインと読みやすさを両立したタイムラインを作成できます。

組織図と同じく、タイムラインに特有の改良点の詳細については、後日掲載するブログ記事をご覧ください。

 

SharePoint 2013 ワークフロー

今回のリリースでは、SharePoint 2013 のワークフローに対応した新しいテンプレートおよび図形を用意したほか、従来の図形についてもデザインを見直して、個々の図形に付加される識別アイコンの明確さ、理解しやすさ、認識しやすさをいっそう向上しました。

また、.Net 4.0 ワークフローのサポートとあわせて、ループ、ステージ、ステップの概念を導入しました。

また、.Net 4.0 ワークフローのサポートとあわせて、ループ、ステージ、ステップの概念を導入しました。これにより、(Visio に従来からあるコンテナー機能と同じように) 一連のアクションや条件をまとめ、1 つのエンティティとして扱うことができます。

さらに、SharePoint Designer 内から Visio のビジュアルな編集インターフェイスを使って、ワークフロー パラメーターの作成、編集または追加操作を行い、そのワークフローを SharePoint サイト上に発行することも可能になりました。

SharePoint ワークフローに特有の改良点の詳細については、後日掲載するブログ記事をご覧ください。

 

UML とデータベース

UML およびデータベースのダイアグラムは拡充され、さまざまな種類のダイアグラムをサポートするテンプレートの数が合計 9 個になりました。ダイアグラムを簡潔に、手軽に作成できるだけでなく、新しい図形や書式オプションによってダイアグラムの見た目を美しく整えることができます。

ダイアログが主体となっていた従来の操作は制約が大きいので、今回のリリースから、テンプレートに基

づく操作に変更されました。

これによって、ダイアグラムの作成および編集作業を手早く、直接に描画カンバス上で進められるようになり、作成したいダイアグラムの種類に応じた柔軟な操作が可能になりました。

組織図、タイムライン、および SharePoint ワークフローと同じく、UML およびデータベースに特有の改良点の詳細については、後日掲載するブログ記事をご覧ください。

 

UML およびデータベースのダイアグラムについて、新しい Visio に用意されているダイアグラムの種類は以下のとおりです。

  • UML アクティビティ図
  • UML シーケンス図
  • UML 状態図
  • UML 静的構造図
  • UML ケース図
  • UML データベース表記法
  • IDEF1X データベース表記法
  • クローフット データベース表記法
  • チェンのデータベース表記法

 

BPMN 2.0

BPMN (ビジネス プロセス モデルおよび表記法) のテンプレートは更新され、BPMN 2.0 標準規格に基づくダイアグラムを作成できるようになりました。このテンプレートには、BPMN 準拠のダイアグラムを確実に作成するための検証ルールが内蔵されています。

もちろん、既存の BPMN 1.2 ダイアグラムを開いて更新することも引き続き可能です。

 

ワークフロー

ワークフロー ダイアグラムについても、現代的なデザインの新しいバージョンが用意されました。ネットワーク図形と同じく、その他のダイアグラムに新しい図形を追加することもできます。

従来の 3D ネットワーク図形やワークフロー図形を使い続けたい皆さんも、ご心配には及びません。これらの図形は非常に多くのユーザーに親しまれ、定着しているので、廃止するわけには行きませんでし

た。

テンプレートカテゴリ内を探すか検索機能を使えば、ちゃんと見つかります。名前の末尾に「3D」と書かれているのが、従来どおりのテンプレートです。

 

基本図

基本図テンプレートは、汎用的なダイアグラムや、他のダイアグラムの中で使うダイアグラムの作成を始めるときに役立ちます。基本図もやはり更新され、魅力的な図形や便利な図形が追加されています。

基本図に用意された各種の新しい図形を使うと、情報を説明するための付加的な図を手早く作成して他のダイアグラム内に追加することができます。

新しく追加された図形は、装飾用図形、矢印、グラフと数学の図形などさまざまです。

 

まとめ

私たちとしては、皆さんに新しい Visio で現代的なダイアグラムの作成を始めていただくのが楽しみでなりません。今回のリリースに含まれている Visio コンテンツは、いろいろな新しいテーマ、効果、クイック スタイルとの組み合わせができることと相まって、今までにないほど充実したものになりました。

現代的なダイアグラムの作成に着手し、Visio の新しいコンテンツの使い心地を体験していただくには、単に Visio を起動して目的のテンプレートを検索またはブラウズしてください。

実際にお使いになった後は、ぜひ、新しくなったテンプレートや図形の中でどれが一番よかったかを下のコメント欄でお知らせください。

Comments (0)

Skip to main content