図の美しさを最大限に引き出す

Posted by Publisher チーム9 月 6 日 今回の記事は、新しい Publisher の図編集ツール改良責任者である、プログラム マネージャーの Alyshia Olsen が執筆しました。 Publisher は、ニュースレター、写真アルバム、パンフレットなどさまざまな種類の文書作成に使われています。美しい画像を取り入れた本格的な文書を簡単に作成できるよう、新しい Publisher には、わずか数回のクリック操作でこの作業を実行する機能があります。 ライブ プレビュー 図の明るさ、コントラスト、色調を調整するには、用意されているプリセット スタイルを選ぶだけです。図を挿入してから、リボンの [図ツール 書式] タブをクリックし、図への適用結果をプレビューで確認しながらプリセットを選択してください。[修正] および [色の変更] の選択肢にマウス ポインターをかざすだけで、それを文書に反映したライブ プレビューが表示されます。 色の変更 私たちが最初に追加した図調整機能は、希望するカラー パレットに基づいて図の色彩を変える (たとえば白黒やセピア、または、文書全体に合わせて何か特定の色調に統一する) 機能です。 [色の変更] ギャラリーは [図ツール] タブにあります。このタブには、文書に使う図を調整するために必要なあらゆるツールが揃っています。 以下は、色の変更で写真に効果を付けた例です。ここに示した白黒やセピアはもちろん、どんな色もカラーピッカーから選ぶことができます。 修正 その次には、暗すぎる写真や白が強すぎる写真、美しさを引き立てるためにちょっとした効果を加えたい写真などを調整する機能を作成しました。[図ツール] タブの [修正] ギャラリーには、さまざまな明るさやコントラストのプリセットが用意されており、手早く調整操作ができます。また、より細かい調整ができる高度なツールも用意されています。 修正効果の例を下に示します。このように、白っぽい写真は明るさを抑えてコントラストを強くすると見やすくなり、暗い写真は、より明るくしてコントラストを下げると見やすくなります。お使いの写真にいろいろな効果を適用してみて、実際の文書の中で最も効果的に見えるように調整してください。 図形に合わせてトリミング 図のカスタマイズ作業を進めやすいように、[図形に合わせてトリミング] コマンドは、今までよりも簡単にアクセスできる [図ツール 書式] タブの [トリミング] ドロップダウン内に移動しました。  …

0

Office: Word 2013 のコメントと変更履歴

Posted by Word チーム8 月 28 日 今回の記事は、Word チームのプログラム マネージャーで、コメントおよび変更履歴機能の責任者である Jonathan Bailor が執筆しました。 既出の Word 2013 概要紹介記事 (執筆者: Tristan) で述べられていたとおり、今回のバージョンでは、既存のユーザー エクスペリエンスや利用シナリオを洗練させることを最も重視し、「新機能の追加」はむしろ二の次としました。そして、改良の対象となった具体的な利用シナリオの 1 つが、文書レビュー作業です。   シンプルな変更履歴/コメント ― Word 2013 の新しい既定ビュー レビュー作業の対象文書を開いているときの画面は、従来バージョンでは、たとえば以下のような表示になります。 また、以下のように表示される場合もあるでしょう。 変更履歴の記録やコメントは、文書のレビュー作業にたいへん役立つ機能であることは確かですが、もう少し柔軟に表示方法を設定できたほうがよいと私たちは考えました。上の例のように表示された変更履歴やコメントには、ユーザーの役に立つ情報が表示されているかといえば、答えは「YES」です。また、その情報を (上の例のように) すべて一度に表示して確認したい場合があるかといえば、やはり「YES」でしょう。しかし、そうでない場合 (たとえば、文書を読むとき) にもっと適した他の表示方法も用意すべきだと考えたわけです。 そこで、上と同じ文書を Word 2013 で開いた場合、たとえば以下のように表示するようにしました。   これは、新しい [シンプルな変更履歴/コメント] ビューです。文書がすっきりと表示され、変更履歴やコメントの該当箇所が明確に示され、また、変更履歴やコメントの内容を必要に応じて簡単に確認できるようになっています。変更履歴を表示するには、テキストの左側に示されている赤いバーをクリックします。また、コメントをクリックするか、コメントにマウスポインターを重ねて静止させると、そのコメントの内容全体を読むことができます。 Word の従来バージョンと同じように変更履歴やコメントをすべて表示するには、[すべての変更履歴/コメント] ビューに切り替えます。 タブレットを持ってソファに腰かけ、単に文書を読みたいとき (つまり、変更履歴やコメントを気にしたくない場合) は、閲覧モードに切り替えれば、余分なことに気を取られず文書そのものに集中することができます。新しい各種の変更履歴ビューモードでは、確認したい変更履歴やコメントだけが、確認したいときにだけ表示されます。 以上のように、変更履歴とコメントについては (従来バージョンの強力な機能はそのままに) シンプルな表示ができるようになりました。なお、前出の Word 2013…

2

Word: 新しい Word で表を操作する

Posted by Word チーム8 月 30 日 この記事の執筆者は、Word の表の機能を担当しているプログラム マネージャー Caitlin Ashley-Rollman です。 小さなことが大切です。 Word の今回のリリースでは、毎日行う作業を単純にすることで、皆さまの生活を少しだけ楽にしたいという願いがありました。多くの文書で表は重要な役割を担うため、表の機能を改善することは大事だと考えました。そこで、新しい Word では、表の機能を向上させることで、基本的な表を簡単に作成したり書式設定できるようにすることに注力しました。   行と列の追加 ユーザーが表で行う最も一般的な操作を調査したところ、行や列を追加する操作がトップでした。 そこで私たちは、表の右側に、既存の 2 つの列または行の間に挿入コントロールが表示されるようにしました。このコントロールが表示されたらそれをクリックするだけで、新しい列または行がその場所に挿入されます。 複数の行や列を挿入する場合は、挿入する数を選択して、選択範囲の隅にある挿入コントロールをクリックします。とても簡単です。   書式設定の機能拡張 表を扱う上で重要なのは、新しいコンテンツを追加するだけでなく、表を思いどおりの外観にすることです。 新しい表のスタイル 表の書式設定は、その文書が本格的な外観になるかどうかに非常に大きく影響するときがあります。そこで、表のスタイルギャラリーの構成を変え、デザインを選びやすくしました。リストの表示に向いているもの、データを格子状に並べるときに向いているものなど、最適な表のスタイルを簡単に選ぶことができます。また、表のスタイルそのものを改良しました。たとえば、テキスト内で表を目立たせたくないときのために白黒の基本的なスタイルをいくつか追加しました。 わかりやすい書式設定 表のスタイルは、表の書式設定の基本となりますが、それぞれの文書の内容に特有のものではないため、少し調整したい場合もあるでしょう。たとえば、1 つのセルだけ輪郭を描きたいときや、1 つの表の中でいくつかのセクションを作成したいときなどがあります。ユーザーのフィードバックを検討した結果、現在の方法はややこしく、手順が必要以上に複雑に見えることがわかりました。私たちはこのことを念頭に 3 つの新機能を構築し、より迅速に、簡単に、そして自然に操作できるように改善しました。   罫線の書式設定  まず、「罫線の書式設定」という新しいツールを作成しました。これは、表の中の特定の罫線に簡単に書式設定を適用するために設計されたものです。書式を選び、罫線の書式設定を有効にした状態で、目的の罫線をクリックします。また、マウスでクリックしてからドラッグして、線全体に書式を適用することもできます。    従来の表ツールを使用していたユーザーでも抵抗なく書式を適用できるように、新しいセルを作成しないこと以外は、これまでと基本的に同じやり方です。   罫線のギャラリー  次に、表の新しいスタイル向けに設計された罫線のギャラリーを用意しました。このギャラリーでは、1 回のクリックですべて選べるように、罫線の幅、色、サイズを組み合わせています。表のスタイルと同じように、テーマを変えると、色もそれに合わせて変わります。    罫線を選ぶと、罫線の書式設定ツールが自動的に有効になり、すぐに書式を適用できます。  このギャラリーの便利なところは、Word の現在のセッションで適用したすべての罫線が、最近使用した罫線として表示されることです。特に、数種類の罫線のスタイルを繰り返し適用したいときに好都合です。   罫線サンプル集 このリリースで私が一番気に入っている機能は、罫線サンプル集です (罫線スタイルのギャラリーの最下部にあります)。私はこれを、表の罫線のアイドロッパー ツールだと考えています。ツールを有効にし、サンプルにしたい表の罫線をクリックするだけで操作が完了します。このツールは罫線の書式を認識し、罫線の書式設定ツールに自動的に切り替えることで、他の場所に適用できるようにします。 最後に…

0

新しい Office の TIPS 100 本公開!

10 月 19 日より Office 2010 から 次期 Office へのアップグレード プログラム※が開始され、更に次期 Office への期待が高まっています。 ※ 次期 Office 無償アップグレード プログラムhttp://www.office.com/offer 今 Office 2010 を購入し、対象期間中にライセンス認証を行うと、新しい Office が無償で提供されるプログラムです。   マルチデバイス、クラウド、ソーシャルといった IT を取り巻く環境の急速な変化に対応した新しい Office。タッチ操作、ペン入力、マウス、キーボード、ほとんどのデバイスに対応できるシンプルで直感的なデザイン、SkyDrive と連携してどこからでも大事なファイルにアクセスできるオンライン ストレージ、Facebook 等ソーシャル連携機能の強化など、次期 Office は次世代に向けた改革がたくさん詰まっています。これらに裏打ちされた最強の TIPS 100 本が公開されました。豊富に用意された TIPS は、それぞれの操作方法手順を、ステップごとに解説しています。更にムービーもご覧いただけますので、新しい Office を簡単にご活用いただけます!   Office 活用 TIPShttp://www.microsoft.com/ja-jp/office/2013/TIPS/default.aspx    最新版 Office は、カスタマー プレビューをダウンロードしてご利用ください。Office カスタマー プレビューはこちらからご入手いただけます。http://www.microsoft.com/ja-jp/office/Preview/default.aspx   活用 TIPS…

0

Access 2013 Web Apps を SharePoint リストに接続する

Posted by Andrew Stegmaier8 月 30 日 この記事の執筆者は、Access チームのプログラムマネージャーである Lois Wang です。 Access 2013 Web Apps は、データをまとめて保存しておくスペースとして便利です。人、イベント、製品、その他何をトラッキングする場合でも、Access アプリでデータを保存しておけば情報を整理しやすくなり、他のユーザーとの共同作業が容易になります。 しかし、情報が既にどこか他の場所に保存されている場合もあります。そのような外部のデータを Access にインポートすることもできますが、その情報は他の人やプロセスによって管理されている可能性もあります。その場合、Access で最新の情報を見るには、その情報が更新されていることを確認しなければなりません。単純にデータにリンクすることができれば、もっと便利です。 Access 2013 では、それが可能です。Access 2013 で作成した Web アプリから SharePoint リストに接続し、リアルタイムのデータを表示できます。このように、アプリがトラッキングしている情報に、外部のデータソースを簡単に追加したり組み合わせたりすることができます。 ここで 1 つのシナリオを想定しましょう。小規模事業を営んでいる Ryan という男性が、パーティ企画会社を管理したいと考えています。Ryan と 5 人の従業員は、情報の共有のために Office 365 を使っています。経理担当者は、事業に関わるすべてのサプライヤーを SharePoint リストで管理しています。Ryan は、自分が企画を担当しているパーティを管理するために、Access 2013 Web App を構築しました。彼はサプライヤー情報をアプリに取り込みたいと考えていますが、アプリを経理担当者のリストと手動で同期させるのは面倒だと考えています。どのようにすればよいでしょうか。 Access デザイナーで Access 2013 Web App…

0

v.1.2 がリリースされました。Office ではなく、新しい Office Blog Phone アプリです

Posted by Emily Warn8 月 29 日 Office Blog の最新の記事を見逃さないようにするには、先日更新された Windows Phone 用の Office Blog Phone アプリをダウンロードしてください。このアプリでは、私たちが公開した記事のタイトルが自動的に表示されます。 次期バージョンの Office のカスタマー プレビューのリリースと同時に、新しいブログが 4 つ追加されました。この機会に Blog アプリの更新をお勧めします。   追加されたブログは次のとおりです。 Office Next – 新しい Office を構築中のエンジニアによって執筆された記事です。新しい Office の改善点、デザイン、データやフィードバックについて書いています。 Office ニュース – Microsoft Office 関連のアナウンスを載せています。今後数ヶ月、Microsoft Office に関するニュースを共有するための場所です。 Visio & Project – この 2 つのブログでは、新しい Visio と Project について、また現在のバージョンの使い方について学ぶことができます。 Office…

0

Office for Windows RT

    数か月前、モルガン スタンレー リサーチが将来のタブレット市場に関する研究を行いました。 その中で、 タブレットの購入を検討している人のうち、61パーセントが、購入を検討するうえで、Microsoft Office が最も重要なソフトウェアであると考えているということがわかりました。結局人々は、遊びだけでなく、仕事も満足にできるデバイスを求めているのです。従来、タブレットは、読書をしたり、音楽を聴いたり、映画を見たり、子供たちを楽しませるために最適なデバイスという位置づけでしたが、仕事をしたり、途中まで作成したドキュメントを仕上げるといったようなみなさんのニーズに応えるものではありませんでした。しかし、この度、全ての Windows RT デバイスに、Office 2013 RT のプレビュー版を搭載することになり、それが実現できるようになったのです。もちろん追加料金は必要ありません。   今回の発表は、これまでで一番エキサイティングな発表となりました。 Office 2013 RT は、Word、Excel、 PowerPoint、 OneNote を含む Office を搭載し、タッチ操作や、長時間バッテリー駆動など、タブレットに最適化されています。次期 Office と Windows RT はシームレスに連携しており、機能、携帯性、生産性、そしてひとつのデバイスで遊びも仕事もできるようになっています。    Windows RT を購入したお客様は、数日で、自動的に、Office 2013 RT の最新ビルドを使用することができます。それにはWi-Fi接続が必須となりますが、Windows Update から手動でダウンロードすることも可能です。   日本では、10 月26 日以降順次 Windows RT デバイスが発売されていきますので、いち早く次期Office と Windows の親和性をご体感ください。   Oliver Roll, Office Team 関連Blog:  WindowsRT…

0

クイック実行 (Click to Run, C2R)

Posted by Gray Knowlton8 月 27 日 エディターズ ノート:Paul Barr は、クイック実行担当の Lead Program Manager であり、この重要な技術についてお話しするために Office Next に参加しました。先にこのブログでクイック実行のさまざまな面の概要を説明しましたが、今日はこれらをより詳しく説明します。 皆さんが新しくなった Office カスタマー プレビューを既にダウンロード済みであれば、以前のバージョンの Office とはインストール エクスペリエンスが少し異なっていたことに気付かれたと思います。この記事では、私たちがクライアントへの配布機能の開発を重視する理由、私たちが行ったこと、その方法、それがユーザーの皆さんの新しい Office とのやり取りにおいてどのような意味を持つかについてお話ししたいと思います。   ソフトウェアの特性の変化 この 5 年間で、ユーザーがソフトウェアに期待するものが劇的に変化しました。さまざまな Web ベースのアプリケーションやサービス、および最新のデバイスで動作する新たなアプリケーションモデルの登場により、ユーザーが期待するソフトウェアとのやり取りの方式が変化しました。携帯電話への新しいアプリの導入は、手早く実行できて面倒がありません。これと同様のことが、インターネットブラウザーからさまざまな Web アプリケーションにアクセスする場合にも当てはまります。 私たちは、ユーザーが選んだハードウェアの独自の機能を引き出すよう開発された Office アプリケーションには、(デスクトップ PC、ノートブックコンピューター、タブレット、モバイル デバイスを問わず) 非常に大きな価値があると信じています。新しい Office における クイック実行 の目標は、新しい Office アプリケーションを探し出し、インストールし、使用することを、可能な限り迅速かつ容易に、そして安全に行えるようにすることです。   Office のインストールの大まかな歴史 Office は 90 年代初めに登場し、以来大きな発展を遂げてきました。この間、私たちはメディア技術とインストール技術の両方で大きな変化を目にしてきました。かつて…

0

Word 2013: Word 文書へのビデオの追加

Posted by Word チーム8 月 23 日 今日は、Word チームで Word 文書への Web ビデオの追加を担当する Seth Fox による記事をお届けします。 ビデオは、読み手を惹き付けたり、ストーリーを語ったり、感情を喚起させたり、効果的にコミュニケーションするためのすばらしい手段です。ビデオは Web 上のいたるところにあり (ニュース記事、ブログ、Web サイトなど)、デジタルで送信するドキュメントを強化するにはうってつけです。新しい Word では、文書に Web ビデオを直接挿入する機能が追加されました。これにより、言葉とビデオを組み合わせた表現豊かでインタラクティブな文書を作成できます。 この機能の設計段階で、Word チームにはいくつかの主要な目標がありました。 ユーザーがさまざまなソースからオンライン ビデオを簡単に検索して挿入できるようにする。 ビデオの移動、サイズ変更、および配置を簡単に行えるようにする。 ビデオを Word 内から直接再生できるようにし、コンテキストを切り替えなくても済むようにする。   Word からビデオを簡単に検索して挿入 Word チームでは、ユーザーがさまざまなソースのオンラインビデオを Word 内から簡単に検索して挿入できるようにしたいと考えました。ユーザーは、Bing を使用してビデオを検索したり (オンライン画像を挿入するときと同じです)、YouTube などの特定のビデオ プロバイダーを追加してビデオを検索および挿入することができます。 これにより、目的のビデオをすばやく検索して挿入し、文書作成にすぐに戻ることができます (コンテンツをオンラインで気軽に検索するつもりが Facebook を 2 時間閲覧することになったり、猫のビデオをひたすらクリックし続けることになったとしても、ユーザーがいるところはあくまでも Word 文書です)。ビデオを検索すると、それぞれの結果がサムネイル プレビューによって表示されます。サムネイルを選択するか、サムネイルの上にマウスのポインターを移動すると、ビデオのタイトル、プロバイダー (YouTube、Dailymotion など)、および長さが表示されます。サムネイルの右下にあるアイコンをクリックすると、ビデオがプレビューされるので、そのビデオが目的のビデオであることを挿入前に確認できます。既にビデオをオンラインで見つけている場合は、そのビデオの埋め込みコード…

0

Office: Excel 2013 のデータ モデルとリレーションシップ

Posted by Diego M. Oppenheimer8 月 23 日   このブログ投稿は、Excel チームのプログラムマネージャーである Diego Oppenheimer がお届けします。   本日、このブログ記事を書かせていただくことをたいへん嬉しく思います。Excel でデータ分析を簡単に行うための別の方法について説明できるだけでなく、新しいデータ モデル機能とリレーションシップ機能についても紹介できるからです。これらの機能は、Excel でデータ分析を行う方 法を永遠に変えることになるでしょう。 ピボットテーブルの凄さと便利さをご存じない方は、こちらの記事 (ピボットテーブルレポートとピボットグラフ レポートの概要) またはこちらのトレーニング (ピボットテーブル I: Excel 2007 でピボットテーブルレポートを使ってみる) をご覧ください。これらの記事の中には少々古いものもありますが、原則と機能は変わっていません。 では、早速始めましょう。   家を探す 昨年の今ごろ、妻と私は、シアトルに家を買うことを検討していました。米国で最悪の交通渋滞に悩まされることは覚悟しました。そこで、Excel 名人と称する人たちと同様に、自分たちのパラメーターに合ったデータのテーブルを含むスプレッドシートを作成しました。これらのデータは、Zillow.com や Redfin.com などの多数の不動産サイトで簡単に見つかりました。ですが、こうしたサイトのうち、情報に基づいて意思決定できるだけの関連データをすべて含んでいるところは 1 つもありませんでした。このような場合は、データモデルを使用すると、複数のソースからのデータを組み合わせて、より複雑な分析を行うことができます。 最初の状態は次に示すとおりです。このワークブックはダウンロードすることも可能です。   初めてのデータモデル 上記のファイルを開くと、大量のデータが含まれたテーブルがあることがわかります。まず、データを簡単に選別できるよう、ピボットテーブルを作成します。[挿入] タブでピボットテーブルを選択すると、次のダイアログボックスが表示されます。 [ピボットテーブルの作成] ダイアログボックスには、[このデータをデータ モデルに追加する] という新しいオプションがあります。このデータモデルというのは、いったい何でしょうか。 「データ モデルは、Excel でデータを統合するための新しい方法です。モデルを利用することで、複数のテーブルからデータを取得するピボットテーブルやその他のレポートを作成できます。テーブル間にリレーションシップが定義され、各行をどのように関連付けるかが決められるため、データにはまとまりがあります。」続きを読む… つまり、新しいデータ モデルにより、多数の異なるソースからのデータをデータ ソース間の…

1