Project Online: クラウド上で Office 365 と一緒に使える Project


7 月 25 日 Posted by Heather OCull

チーム内で同時進行しているプロジェクトの動向をすべて把握することに苦心しておられませんか? チーム メンバー全員が常に適切な優先順位に従って仕事を進められる体制を整えたいとお考えですか? 大規模なポートフォリオで多数のプロジェクトを切り盛りする必要があり、体系的に管理監督の目を行き届かせる方法を模索していませんか? あるいは、プロジェクト マネージャーの職務を効率よくこなすために、常に最新版の Project Professional を使いたいとお考えですか?

そんな皆さんに、23 日に発表された Project Online をお勧めします (「新しい Microsoft Project」もご覧ください)。このサービスには以下のような特長があります。

新しい SharePoint新しくなった SharePoint との強力な連携機能により、SharePoint の明快な操作性、広く普及しているソーシャル ネットワーク、わかりやすいタスク管理機能を、すべてのチーム サイトでフル活用できます。各メンバーは、自分に関係する SharePoint および Outlook タスクをまとめて一覧できます。

Project Web App (PWA) – Project Online には、Web ベースのプロジェクトおよびポートフォリオ管理 (PPM) ソリューションである PWA が含まれています。PWA は、業務目標に応じた適切なプロジェクトを選定し、チームの作業負荷を調整し、プロジェクトに費やされた時間を追跡管理し、強力なビジネスインテリジェンス ツールを利用してデータの意味を読み解くために役立ちます。

Project Pro for Office 365 – いつでもどこでも、アプリケーションストリーミングで Project Professional をすぐに利用できます。

しかも、Project Online は Office 365 サービス ファミリーの主要な構成要素の 1 つに位置づけられているので、他の Office 365 サービスと同じ一流の信頼性、スケーラビリティ、可用性が確保されています。この期待の新サービスを利用することで得られるメリットのベスト 10 をご紹介しましょう。

1. オンライン PPM: ポートフォリオ管理、リソース管理、時間管理、BI など、充実した PPM 機能のすべてをクラウド上で利用できます。Project Online には、多数のサイトからのアクセスに対応するセキュリティおよびスケーラビリティと、エンタープライズ用途に適した高い信頼性が備わっています。

2. スムーズな運用開始: SharePoint Online を基礎として構築され、Office 365 との連携をあらかじめ想定した Project Online は、親しみやすい使用感でメンバーが積極的に関与しやすく、活用が促進されやすいように設計されています。直観的に使えるインターフェイスと視覚的なヒントは、PPM を初めて運用するユーザーにも、いっそう高度な使い方を追求したいユーザーにも役立ちます。

3. アクションをすばやく実行: さまざまな場所から、さまざまなデバイスを使ってアクセスし、常に最新の状況を把握できます。前回 Project Online を終了したところから、すぐに作業の続きを開始できます。

4. ガバナンスと管理体制を強化: ビジネス戦略に合致した最適のプロジェクト ポートフォリオを定義および選定できます。アイデアを検討し、さまざまな要求が持つ戦略的な意味を比較しつつ、整合性を確保して合理的にプロジェクトを実施していく判断を効果的に行うことができます。提案の承認プロセスでは、SharePoint Designer から Visio を使ってワークフローを簡単に作成できます。


    プロジェクト ワークフローの状況

5. リソースを効果的に管理: チームが平常時の作業を進めているときも、臨時対応プロジェクトに取り組んでいるときも、活動状況がよくわかります。あらゆる要求を考慮しつつ、リソースの稼働状況を正確に把握して配分を調整し、戦略に沿った客観的な意志決定ができます。

6. 日常的なコラボレーションを充実: 文書の共有、メンバーやサイトの状況確認、作業内容の追跡管理ができます。SharePoint Online と Project Online のソーシャル機能を組み合わせれば、活発な議論や情報共有が促進され、作業がはかどります。


    リソース管理

7. コミュニケーションを円滑に: 急なスケジュール変更の告知、潜在的な懸案事項への対処などを、リアルタイムの情報発信やインスタント メッセージを使ってプロジェクト上から実行できます。また、プロジェクト サイトのタイムライン上には期日や成果物がビジュアル表示されるので、メンバー全員が一目で情報を確認および整理できます。

8. データに基づく意志決定: PWA では、ダッシュボードの概要、充実したレポート、プロジェクト タイムライン、およびプロジェクト計画の全容を確認でき、多数のプロジェクトやプログラムを管理するのに役立ちます。セルフサービス アクセス機能により、各ユーザーが手早く自分でデータを集約してさまざまな角度から検討し、リスク要因を理解することや、長期計画と短期的な作業ニーズのバランスを調整することができます。

    ポートフォリオ分析

9. IT 管理を強化: SharePoint Online と統合された管理インターフェイスによって IT 管理作業がシンプルになり、セットアップやリソース追加、アクセス許可設定の変更などを簡単に実行できます。また、Project Online では IT と業務体制の管理が分離されるので、プロジェクト管理部門 (PMO) やスポンサーが、業務に特化した PPM を独立的に運用できるようになります。

10. 迅速なイノベーション: 新たに発生した課題へのすばやい対処、大きなビジネス チャンスを逃がさない柔軟なリアクション、見えにくいプロセスに費やされる時間の節約が可能になります。Project Online では、実際の業務に特化したニーズを満たすアプリを SharePoint ストアから入手して利用できます。


    Project Online 用アプリケーション

 

次のステップ

Project Online プレビューをご試用のうえ、コメントやフィードバックをぜひお寄せください。

Comments (0)

Skip to main content