Ignite で発表された 9 月の Office 365 最新情報: インテリジェンス、セキュリティ、共同作業

(この記事は 2016 年 9 月 26 日に Office Blogs に投稿された記事 Office 365 news in September at Ignite—intelligence, security and collaboration の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office チームのコーポレート バイス プレジデントを務める Kirk Koenigsbauer の記事をご紹介します。 このたび、ジョージア州アトランタで開催された Microsoft Ignite カンファレンス (英語) にて、IT プロフェッショナルによる企業内のデジタル変革推進を支援する Office 365 全体の更新を発表 (英語) しました。従業員の生産性を高め、組織をより安全に保護するための新しいインテリジェント クラウド サービスを披露できたことをたいへん嬉しく思います。この記事では、今回の重要な発表内容を紹介していきます。Word、Excel、PowerPoint などの Office アプリ用の新サービスのほか、Office 365 全体にわたる新しいセキュリティ機能、リッチなコミュニケーション機能、共同作業機能の強化などについてご説明します。 新たなインテリジェント サービスで Office アプリがもっと便利に 7 月に発表 (英語) したイノベーションをベースとして、時間の節約や成果物の品質向上に役立つクラウド…


Microsoft Bookings で年中無休の予約対応が可能に

(この記事は 2016 年 7 月 20 日に Office Blogs に投稿された記事 Bring in business 24/7 with Microsoft Bookings の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) ビジネス オーナーの皆様は、顧客の予約対応に多くの時間を割いているのではないでしょうか。メールのやり取り、なかなかつながらない電話、担当者への通知などに振り回されていると、ビジネスを拡大するという大事な仕事に集中できません。今回は、ビジネス オーナー、担当者、顧客のための、より簡単かつ効率的に予約ができる Office 365 の新たなサービス、Microsoft Bookings をご紹介します。 顧客が直接オンラインで予約可能 Bookings では、電話やメールで応対できないときでも、独自に設けられた Web ページを利用して、顧客が自身で予約を入れることができます。Web ページの使い方は簡単です。まず希望するサービスを選択し、担当者の予定から予約可能な日時を選択し、連絡先情報を入力すれば予約が完了します。 この Web ページは、大画面とモバイル デバイスのどちらでも見やすいデザインになっています。顧客宛のメール、自社の Web サイトや Facebook ページに予約ページへのリンクを簡単に作成できます。 好みのデバイスから予約を入れることができます。 確認とリマインダーで予約忘れを防止 予約の無断キャンセルが起こると、時間とコストが無駄になってしまいます。予約忘れを防ぐために、Bookings では予約完了直後に顧客に確認メールを送信します。また、すぐに顧客のカレンダーに予定を追加するオプション機能も使用できます。しかし、それでも十分でないこともあります。そこで、顧客が予約を再確認できるよう、Bookings では、予約の日時より一定期間前にリマインダー メールを送信するように設定できます。 顧客は簡単に予約の変更やキャンセルが可能 予約の変更やキャンセルが必要なときもあります。Bookings なら、セルフサービスで顧客が簡単に予約を変更したりキャンセルしたりできます。確認メールまたはカレンダー内の予約のリンクをクリックすると予約ページに移動するので、そこで別の日時を設定するか、予約をキャンセルします。直前のキャンセルを禁止することも可能で、管理者は、どの程度前までに通知する必要があるかを設定できます (1 時間や 1 週間など)。 予約の変更やキャンセルも簡単に行えます。 どこにいても予約と顧客情報の管理が可能…


SharePoint Online、OneDrive for Business、Exchange Online の新たな利用状況レポート

(この記事は 2016 年 9 月 13 日に Office Blogs に投稿された記事 New usage reports for SharePoint Online, OneDrive for Business and Exchange Online の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今年 3 月、利用アクティビティ ダッシュボードのロールアウト (英語) について発表が行われましたが、マイクロソフトでは、その後もお客様により良いレポート機能を提供できるよう、さらなる取り組みを続けてまいりました。その結果、利用状況をまとめた従来のレポートの多くが新しい管理センターに移行されています。そして今回は、SharePoint Online、OneDrive for Business、Exchange Online の利用状況がわかる新たなレポートが提供されることになりました。このレポートを利用すれば、社内のエンド ユーザーが Office 365 をどのように業務に取り入れ、利用しているかを、より詳細に把握することができます。 以下に、SharePoint Online、OneDrive for Business、Exchange Online の新たなレポートについてご説明します。 SharePoint Online アクティビティ レポート 新しい SharePoint アクティビティ レポートでは、社内ユーザーが SharePoint Online チーム…


Office 365 グループにゲスト アクセス機能を導入

(この記事は 2016 年 9 月 8 日に Office Blogs に投稿された記事 Introducing guest access for Office 365 Groups の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 業務を進めるうえでは、往々にしてお客様やパートナー、サプライヤーや社外コンサルタントとの緊密な連携が求められるため、それを可能にする共同作業用のツールが必要となります。このたび、Office 365 グループでは、新たなゲスト アクセス機能が利用できるようになりました。Office 365 グループは、Office 365 を用いるチームに単一の ID を提供するグループ メンバーシップ サービスです。今回の新しいゲスト アクセス機能を利用すると、社外のユーザーを Office 365 グループに追加することができます。 ゲスト アクセス機能は段階的に提供されます。今回は、グループ所有者が Outlook on the web でゲストをグループに追加できるようになりました。グループに追加されたゲストには「ようこそ」メールが送信され、SharePoint Online のグループ ファイルにアクセスしたり、グループ宛のメール メッセージや予定表の招待状を受信したり、Web 上の Office や Outlook グループ モバイル アプリケーションでグループにアクセスできるようになります。また、クラウドベースの添付ファイルにも自動的にアクセスできます。ゲストはいつでもグループを脱退でき、あらゆるメンバーがグループ内でのゲストの参加状況を Outlook でひとめで把握できます。 ゲスト…


SharePoint Online チーム サイトに新機能登場 – Office 365 グループとの統合など

(この記事は 2016 年 8 月 31 日に Office Blogs に投稿された記事 New capabilities in SharePoint Online team sites including integration with Office 365 Groups の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 2016 年 5 月、マイクロソフトは SharePoint の未来を描く新しいビジョンを発表しました。そしてこのたび、Office 365 グループとの統合をさらに進めるなど、Office 365 の SharePoint Online チーム サイトに機能強化が実施されたことを発表しました。これらの機能は、Office 365 先行リリース プログラムに参加されているお客様に向けて来週からロールアウトが開始されます。 新しくなった SharePoint Online チーム サイトのホーム ページでは、サイト アクティビティや重要なドキュメントがすばやく確認でき、Office 365 グループ、そのメンバー、関連付けられている Office 365 アプリにすぐにアクセスできます。 チーム サイトの発行ページと新しい…


OneNote Class Notebook、OneNote Staff Notebook の提供地域が 150 以上の国と地域に拡大

(この記事は 2016 年 8 月 24 日に Office Blogs に投稿された記事 OneNote Class and Staff Notebooks are now available in over 150 countries の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) そろそろ新学期が近づき、世界各地で新しいことを始める季節になりました。この機会に OneNote Class Notebook と OneNote Staff Notebook について改めてご紹介しようと思います。OneNote Class Notebook アプリの最初のバージョンは 2014 年夏からプレビューが実施され、2014 年 10 月 (英語) に一般提供が開始されました。それ以来、数十万人の教員の方々が Office 365 でこのアプリを使用し、数百万人の学生の皆様がノートブックを作成しています。また、先日は 2016/2017 年度に向けた大規模な更新 (英語) を行い、それから 1 週間で作成されたクラス ノートブックの数は、なんと 2014/2015 年度全体で作成されたクラス ノートブックの数を超えました。そして、マイクロソフトでは世界中の教育機関や教員の皆様からのご要望にお応えして、OneNote…


新しいセキュリティ分析サービス: Office 365 のリスクの検出と修正

(この記事は 2016 年 8 月 3 日に Securing Office 365 に投稿された記事 New Security Analytics Service: Finding and Fixing Risk in Office 365 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) このたび、Office 365 Secure Score (英語) という新しいセキュリティ分析サービスのプレビュー版が公開されました。Secure Score は、Office 365 のデータに対するリスクを軽減するために既に実施している対策と、そのリスクをさらに軽減するために今後実施できる対策を示すセキュリティ分析ツールです。Secure Score (安全性スコア) はセキュリティの信用スコアと捉えることができます。Secure Score を開発するうえでのアプローチは非常にシンプルでした。まず、Office 365 のデータに対するリスクを軽減するためにお客様が実行できるすべてのセキュリティ構成やセキュリティ対策の一覧を作成しました (合計で約 77 の項目を特定しました)。次に、一覧に含まれる各コントロールが特定のリスクを軽減する程度を評価し、その結果に応じてポイントを付与しました。ポイントが高いほど、そのリスクに対してコントロールが効果的であることを表します。最後に、お客様がご利用のサービスで、推奨されるコントロールがどの程度採用されているかを測定し、ポイントを合計して 1 つのスコアとして提示しました。 クラウドにおけるすべてのセキュリティ構成やセキュリティ対策オプションをシンプルな分析フレームワークに一本化してコンテキスト化することと、段階的なアクションを簡単に実行し、時間をかけてスコアを向上できるようにすることが有用であるという考えに基づいて、Secure Score は開発されました。マイクロソフトは、分析結果の重要度 (高、中、低) に応じて分類するモデルを構築するのではなく、事前にリスクを評価し、時間の経過と共に段階的に変更を実施して、最終的に効果の高いリスク軽減計画を策定できるようにしたいと考えたのです。 Office 365 Secure Score はプレビュー版の機能であるため、問題が発生する可能性があります。また、すべてのコントロールが測定されるわけではありません。問題が発生した場合は、Office…


Office ProPlus の今月の更新プログラムのサイズを確認する方法

(この記事は 2016 年 8 月 16 日に Office Blogs に投稿された記事 How big was this month’s Office ProPlus update? の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) Office 365 の更新プログラムは、ネットワーク帯域幅を特に配慮して設計されています。マシンが最新の状態であれば常にバイナリ差分圧縮が適用されるほか、Office に組み込まれたスロットルにより、すべてのマシンの更新が時間をずらして実行されます。それでも、場合によっては IT 管理者が月次更新プログラムのサイズを詳細に監視する必要があります。その場合、次の方法で Office ProPlus の更新プログラムのサイズを確認できます。 手順 1. 次のページから、Windows Sysinternals コレクションの Process Monitor をダウンロードします。 https://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/bb896645.aspx 手順 2. Process Monitor を起動するとフィルターのメニューが自動で読み込まれます。読み込まれない場合は、[Filter] > [Filter] の順にクリックしてフィルターのメニューを表示します。ここで、次の Event Class を除外します。 Registry File System Process さらに、「OfficeClicktoRun.exe」の Process Name…


Intune のモバイル アプリケーション管理機能を Yammer に追加

(この記事は 2016 年 8 月 11 日に Office Blogs に投稿された記事 Yammer adds mobile application management capabilities through Intune の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 現在、個人所有のモバイル デバイスに仕事用のアプリをインストールして使用しているユーザーが増えています。こうした傾向は、小売、製造、医療、航空、コンサルティングといった業界で 1 日中ほとんどデスクに向かうことのない「デスクレス ワーカー」について特に顕著です。Yammer をお使いの企業では、従業員の皆様が Yammer モバイル アプリを使って購買客に対応したり、顧客フィードバックを同僚と共有 (英語) したりしています。また、移動中や社外で仕事をする際にも Yammer にアクセスする場合があります。 このように個人所有のモバイル デバイスの業務利用が進むことにより、企業データのセキュリティ確保を担う IT 部門は新たな課題を抱えることになります。特に懸念されるのは、意図しないデータの漏えいです。 今回、iOS および Android 向け Yammer アプリが更新されました。これにより、IT 管理者の皆様は、Microsoft Intune (英語) のモバイル アプリケーション管理 (MAM) 機能を使って企業データを保護できるようになります。Intune (英語) を活用することにより、従業員が個人所有のモバイル デバイスから企業のアプリ、データ、リソースにアクセスできる一方で、企業はクラウドから提供されるモバイル デバイス管理、モバイル アプリケーション管理、PC 管理機能を利用して企業データを保護することができます。詳細については、Intune…


学年、学校の垣根を越えた共同作業: 生徒が科学の先生に

(この記事は 2016 年 8 月 9 日に Office Blogs に投稿された記事 Cross-classroom collaboration—student scientists as teachers の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、ワシントン州ベルビューにあるインターナショナル スクールで理科を担当し、Microsoft Innovative Educator Expert を務める Cheryl McClure 氏の寄稿記事をご紹介します。 今日の教育現場では共同作業が特に重視されており、授業では生徒どうしの意見交換や共同作業を促しています。私はテクノロジを活用し、他の学年や他校とも共同作業を行ってはどうかと考えました。私たちの学区で Office 365 を導入していることと、当校では年度の初めに学区から各生徒にノート PC が支給され、常にテクノロジを利用できる環境にあることで、こうした共同作業を非常に容易に行うことができました。他校とのコミュニケーションには Skype (英語) を使用し、OneNote Class Notebook でノートを取り、動画を作成し、プレゼンテーション ツールとして Sway や PowerPoint Mix を使用するほか、ファイル共有プラットフォームとして Docs.com を使用しました。 私が担当する中学の理科の授業で、生徒が化学の導入単元を他校の小学 1 年生に教えることになりました。「物質の状態」の授業を行うことになった 7 年生 (中学 2 年生) は、「分子が何なのかを 1…