“Windows Server 2003 を使用されているお客様にとって今が移行の時です”

     サーバープラットフォームビジネス本部長の佐藤です。   2003 年 6 月に発売した Windows Server 2003 のサポート終了が、あと約 5 ヶ月後に迫ってまいりました。当社でもキャンペーンや、全国各地での移行セミナーを展開するなど、安心安全な環境へ移行していただけるような取り組みを展開しています。   今般、この Windows Server 2003 のサポート終了について公開された、マイクロソフト本社でクラウドアンドエンタープライズマーケティング担当コーポレートバイスプレジデントの沼本 健によるブログの翻訳を以下のとおりご紹介します。 —–       Posted February 3, 2015 by  沼本 健 クラウドアンドエンタープライズマーケティング担当コーポレートバイスプレジデント マイクロソフトが Windows Server 2003 をリリースしてからもう 12 年が経っているとは信じがたいことです。2003 年を振り返ってみると、Windows Server 2003 は、Trustworthy Computing Initiative の発表後に提供された最初のサーバーオペレーティングシステムであり、サーバーロールという考え方を導入しました。当時利用可能になりはじめた新規ハードウェアを活用し、最小推奨プロセッサ速度は 550 MHz であり、32 ビット版によって最大 4GB の RAM がサポートされました。市場の評価は高く、当時としてはマイクロソフトのサーバービジネス史上最も普及した企業向け製品となりました。パートナーとしてマイクロソフトと Windows Server 2003…


最新の" Internet Explorer "をご利用ください

    執行役 専務 マーケティング&オペレーションズ担当の平野 拓也です。米国時間 8 月 7 日に IE Blog(英語)において、Internet Explorer に関する重要なお知らせがありました。以下にその日本語訳をご紹介します。  —   最新の Internet Explorer をご利用ください  5 月にお知らせしたとおり、マイクロソフトは、より安全なブラウザーを提供し、ユーザーが常に最新バージョンの Internet Explorer を使えるよう支援するために継続的な投資を行なっています。本日は、お使いのオペレーティング システム向けの最新の Internet Explorer への移行計画に有用な移行リソース、アップグレードの指針、サポート タイムラインの詳細といった重要な情報をお知らせします。  マイクロソフトは、モバイルファースト、クラウドファーストの世界においてユーザーがより多くのことを達成できるようにするための革新的で変革を促すサービスを提供しており、Internet Explorer はこのビジョンの中核にあります。今日のデジタルな世界では、数十億人の人々が、仕事と生活の両面で、クラウドサービス ベースのアプリケーションが稼働するインターネット接続デバイスを活用しています。最新の Web サイトやサービスにいつでも、どこでも、どのデバイスを使っても接続でき、高速で安全な体験を得るために、モダンなブラウザーの稼働が未だかつてないほど重要になっています。   開発者とユーザーにとっての利点  ユーザーが最新の Web ブラウザーを使うことは、開発者に利益をもたらします。古いブラウザーはモダンな Web 標準をサポートしないことがあるため、ブラウザーの分断化が Web サイトの開発者にとっての問題になっています。また、ユーザーがモダンなブラウザーを使っていれば、Web アプリの開発者も作業を効率化でき、より良い製品とロードマップを構築できます。アップグレードを行なうことは開発者の方々全体の利益につながります。  ユーザーも、オンラインのリスクを減少しつつ、仕事と生活の両面で最新の体験を提供できるモダンなブラウザーから利益を得られます。マイクロソフトの最新のモダン ブラウザーである Internet Explorer 11 は以下のような多くの利点を提供します。 セキュリティの向上 – モダンな Web…


It’s time. クラウド OS 時代への変革

   米国マイクロソフト本社 サーバー&ツール マーケティング グループの沼本 健と申します。先日は、「Microsoft Conference 2013」参加のために、約1年ぶりに日本に伺って、お客様やパートナーの皆様と直接お話できる機会を持ち、大変エキサイティングな時間を過ごすことができました。  このたびの訪日では、当社が掲げる「クラウドOS」というビジョンに基づいた製品およびサービス開発に関する様々な活動を行いました。ここでは、クラウドOSビジョンに基づき提供される製品とサービスが、お客様のビジネスに提供する価値についてお伝えしたいと思います。   IT メガトレンドが革命的変化をもたらす  2015年までに、インターネットに接続されたスマート デバイスの数は、世界人口の2倍にも達するとの試算もあります。これらスマート デバイス上のアプリケーションにサービスを提供するためのデータも大量ですが、それ以上にそれぞれのアプリケーションが生み出すデータ量は膨大になります。沢山のデバイス × 沢山のアプリケーション = 膨大なデジタル データ、すなわちビッグデータが生み出され、昨今、このビッグデータからビジネスに有用な洞察を導き出すためのソリューションが必要とされています。そして、これらアプリケーションおよびビッグデータを支えるために、安価で、弾力性が高く、スケーラブルでセキュアなプラットフォームの必要性が高まり、クラウドが注目を集めています。  また、これらのIT メガトレンドは相乗的に効果を発揮するため、結果としてもたらされる変化は極めて深くそして大きいものとなります。このような地殻変動的な変化に対応するためには、戦略的なパートナーと中長期的に深い関係を構築することが成功のための必要条件です。このメガトレンドに対して、マイクロソフトのクラウドOSビジョンは、ポイントソリューションではなく、幅広い製品とサービスのポートフォリオで包括的に応えていく当社のアプローチを表現しているものです。これが、マイクロソフトを皆様の中長期的なITの戦略パートナーとして選んでいただけるため重要な要素になっていくと考えています。   Why マイクロソフト:クラウド OS  業界の多くの選択肢の中で、マイクロソフトだけが提供できる価値は以下の3つに集約されます。   エンタープライズ グレードのプラットフォーム  マイクロソフトは企業のお客様が現在のオンプレミスで求められる多くの要件(セキュリティ、コンプライアンス、課金方式等のビジネスモデル、サポートなど)にクラウドでも応えられるように多くの投資をしています。また、マイクロソフトでは200を超えるインターネットスケールの自社サービスを自ら運用し、エンタープライズの幅広い要件に応えられるだけの汎用性の高い機能とスケーラビリティを自社の環境で実証しています (例: Windows Azureのストレージサービスでは既に10兆以上のオブジェクトが保存されています!!)。Windows Azureのコンピューティング リソースは、すでに2000年当時インターネット上にあったサーバー全ての総計より大きなものになっており、自社サービスの成長とお客様からの利用により、6-9か月毎にその規模を2倍にするスピードで成長しています。これにより、遥かに大きなスケールメリットを実現し、低価格でスケーラブルなサービスという形でお客様に価値を提供できます。この点は、オンプレミス中心の伝統的なITベンダーとの大きな違いになります。さらに、自社のクラウド サービスの運用で培った経験やノウハウといった知的財産を、お客様に提供するソフトウェア製品に還元しています。厳しい実環境で鍛えられた、堅牢でセキュアなテクノロジーをお客様やパートナー様が御自身のIT環境を構築する上でご利用いただけるようしているのです。この点は、クラウドサービス専業ベンダーとの大きな違いになります。   ハイブリッドクラウド  マイクロソフトは、中長期的にお客様は異なる3つのクラウドを有機的に連携させて使い続けるものと考えています。ここで言う3つのクラウドというのは、お客様が自ら構築と運用をする「プライベート クラウド」、マイクロソフトが運営するWindows AzureやOffice 365といった「パブリック クラウド」、そしてマイクロソフトが提供する製品や技術を使ってパートナー様がサービスを提供する「サービス プロバイダー クラウド」です。お客様はシステムの多種多様な要件に対応するために、この3つのクラウドを有機的かつシームレスに利用したいと考えています。  マイクロソフトはこの3つのクラウドに対して一貫したプラットフォームを提供している唯一のベンダーだと自負しています。仮想マシンイメージの3つのクラウド間でのシームレスな利用、単一のID/パスワードで異なるクラウドへのシングルサインオン、単一の管理コンソールで異なるクラウドを一元的に管理、サーバー/ストレージ/ネットワークに共通の仮想化技術を利用など、一貫したプラットフォームを提供することで、お客様は異なる3つのクラウドを有機的かつフレキシブルに連携して利用することができます。   ユーザー中心のアプローチ  前述のハイブリッドクラウドのアプローチはまた、ユーザー中心のアプローチをも可能にしています。既に多くのお客様は、オンプレミスのIT環境において、マイクロソフトの技術に多大な投資をされています。これらの投資は単にソフトウェアのライセンス料だけではなく、ノウハウやアプリケーションといった形で、お客様の大変重要な資産になっています。Fortune 1000の93%のお客様がActive Directoryを導入されておりますし、46%という利用シェアを誇るSQL Serverは世界で最も利用されているデータベースであります。さらにOfficeは世界人口の7分の1の人々に利用されています。ハイブリッドなアプローチにより、このような既存資産をクラウド時代でも有効活用していただけるようにするのが、他社にはできないマイクロソフトだけのアプローチです。   パートナー…


Windows 8.1 RTM 版、Visual Studio 2013 RC 版、Windows Server 2012 R2 RTM 版の提供について

    皆さん、こんにちは。Windows 8.1 RTM版、Visual Studio 2013 RC版、Windows Server 2012 R2 RTM版の提供について、Steve Guggenheimer’s Blog(英語)で発表がありましたので、その日本語訳をご紹介します。      本日からWindows 8.1 RTM版、Visual Studio 2013 RC版、Windows Server 2012 R2 RTM版がダウンロード可能になりました  マイクロソフトは、本日、Windows 8.1、Windows 8.1 Pro、Windows Server 2012 R2 のRTM 版の提供範囲を拡大し、MSDNとTechNetサブスクリプションを通じて、開発者とITプロフェッショナルのコミュニティへの提供を開始します。Windows 8.1 RTM版のEnterpriseエディションは、MSDNとTechNetを通じて今月の後半に企業向けに提供されます。加えて、本日より Visual Studio 2013 Release Candidate(RC版)の提供を開始します(ダウンロードはこちら)。  開発パートナー様が新しいWindows 8.1アプリを開発し、ITプロフェッショナルの方がWindows 8.1の展開を準備している中で、これらの方々に対してWindows 8.1とWindows Server 2012 R2 のRTM 版をリリースしないという当初の方針が、大きな課題になっているというご意見を頂きました。当社はこの意見を尊重し、パートナーシップを重要視して、このフィードバックに基づいた変更を行ないました。当社は、出荷スケジュールをより迅速なサイクルに向けて再調整し、エコシステムの中の多様なお客様のために、初期リリースを最適な形でサポートすべく尽力しています。  お客様に最高の開発ツールを提供するという点では、Visual Studio 2013 RC 版により、開発チームが今日のデバイスとサービスを活用した魅力的なアプリを開発、提供、管理できるようにします。Visual Studio…


全社員データサイエンティスト化を実現するマイクロソフトのビッグデータ戦略

    皆さん、こんにちは。サーバープラットフォームビジネス本部の梅田です。今回は、最近注目を集めている「ビッグデータ」について、マイクロソフトがどう考え、どのようなソリューションをお客様にご提供しているかをご紹介したいと思います。      ビッグデータとは  「ビッグデータ」とは、一般的に下記の 3 つの V で語られ定義されていることが多いのですが、 1) Volume (容量): 大量のデータ 2) Velocity (頻度/スピード): データの発生から、判断するまでの間隔の短縮 3) Variety (種類/多様性): たくさんの情報ソース(発生源) 今までの情報システムでは扱ってこなかった膨大なデータの総称と言えます。ソーシャルメディアや、様々なセンサーから集められるデータなど、今までは入手すらできなかったデータや、POS(販売時点情報管理)の明細など、今までは捨ててしまっていたデータを、捨てずに活用できるようにしたものもビッグデータになります。      ビッグデータが注目される背景  このようなデータをビジネスに活かすことで、競合他社に対する競争優位性を確立したり、業務効率を向上させて無駄なコストを削減できるなどの様々な可能性があることが、注目されている理由です。ビッグデータの議論の背景には、アプライアンス(特定用途向けに作られた専用機器)によるデータベースの高速化技術の発達や、Hadoop のような比較的安価に大量のデータを扱うことができる技術の登場があることは紛れもない事実ですが、そのために、企業の情報システム部門において、ビッグデータの対応のために、これらの技術を導入することを目的にするような議論が多くなされているように見えます。      ビッグデータをビジネスに活かすために  しかし、我々マイクロソフトはこの議論に疑問を持っています。それは、大量データを高速に処理できる機器を用意したとしても、それを活用できる人 (社員) がいなければ意味が無い (宝の持ち腐れ) と考えるからです。日本マイクロソフトが株式会社アイ・ティ・アールと共同で実施した調査 (※) でも、データ活用ツールを導入している企業の 51% が、データ活用の課題として「利用者のスキル不足」を挙げており、機器などのインフラの整備だけでなく、実際に利用するユーザーのスキルも必要な要素であることが浮き彫りになりました。    そうした利用者個々のスキル向上が難しく時間がかかるためでしょうか、市場ではデータ活用のスペシャリストである「データ サイエンティスト」と呼ばれる人材を雇ったり育成したりすることが、ビッグデータ活用に必要な条件であるという論調も生まれています。しかし、マイクロソフトでは、データ サイエンティストの雇用や育成は、ビッグデータ活用の課題解決にはなかなかつながらないと考えています。 ※2012 年 12 月に実施。データ活用ツールを利用している、従業員数 500 名以上の国内企業の従業員 500 名を対象とした調査      全社員データサイエンティスト化を推進する理由  データ サイエンティストは統計解析のプロかもしれませんが、それぞれのビジネスにもっとも深い洞察力を持った人間であるか?という点には疑問があるからです。データ サイエンティストがビジネスを深く理解するのが先か、ビジネスに最も造詣の深い人間 (現場社員)…