Surface Pro 3 をクリエイターの皆様に!

           みなさん、こんにちは。一般のお客様向けSurfaceビジネスの責任者を務める三野です。  今回は、クリエイティビティツールとしてのSurfaceについてご紹介したいと思います。  11月8日、アドビ システムズ 株式会社様(以下アドビ システムズ)によるクリエイター向けの一大イベント、「CREATE NOW “Best of MAX”」が開催されました。基調講演において、Adobe Systemsとマイクロソフト コーポレーションの協業や、Surface Pro 3向けの新機能についての紹介があり、その後のブレイクアウトセッションでは、Panasonicの2020年東京オリンピック広告用イラスト等を手掛けられているイラストレーターのHama-House様によるSurface Pro 3とAdobe Illustrator CCのセッションを実施、セッションの中でもデモマシンとしてSurface Pro 3が使用されました。  これは、Adobe Systems最大のクリエイター向けイベント「Adobe MAX」基調講演(現地時間10月6日、米国ロサンゼルスで開催)において、Surface Pro 3をはじめとするWindowsタブレットに最適化されたAdobe Creative Cloudの新機能を発表したことを受けたものです。イベントでは、マイクロソフト コーポレーションCEO サティア ナデラがゲスト登壇、Adobe Systems CEO シャンタヌ ナラヤンCEOと数々の新機能と両社のコラボレーションが目指すビジョンを紹介し、多くのクリエイターが利用しているAdobe Photoshop、Illustratorといったクリエイティブ ツールをフルに活用するクリエイター層の皆様にも、WindowsやWindowsデバイスを使っていただける環境が整い、また今後両社が協力して充実させていくとのメッセージを伝えました。 [View:https://youtu.be/tR5JPw4HiTY:0:0] https://youtu.be/tR5JPw4HiTY     さて、こうしたグローバルの動きを受けて開催された「CREATE NOW “Best of MAX”」では、当日会場内に日本マイクロソフトもブースを出展し、イベントに参加したクリエイターの皆様にSurface Pro 3とAdobe Creative Cloudの最新版を活用した新しいクリエイティブ ワークスタイルをいち早く体験いただきました。  当日は、当社ブースの隣に出展されたインテル株式会社様と連携したシナリオをご紹介するなど、ちょっとした工夫を加えました。  当社のブースでは、オフィスや家の外にデバイスを持ち出して、ノマド ワーカーのように好きな場所で自在に仕事をするクリエイターのシナリオを、インテル株式会社様のブースでは、オフィスや自宅に戻って、ハイスペックなデスクトップPCやSurface Pro…


Windows XP サポート終了に関する通知およびデータ移行ツールの提供

        皆さん、こんにちは。Windows 本部の藤本です。  米国時間 4 月 8 日(日本時間 4 月 9 日)の Windows XP サポート終了まで残すところ約1か月となりましたが、当社では様々な告知活動や移行支援に取り組んでいます。3 月 3 日、報道関係の皆様向けに、まだ最新環境に移行いただいていないお客様への告知および移行をサポートする取り組みを発表させていただきました。今回、日本独自の取り組みとして、Windows XP 搭載 PC から、最新の Windows 8.1 と Office 2013 を搭載した PC へ乗り換えた方を対象に、データ移行方法や初期設定に関してわかるまで何でも相談いただくいただくことができる無償の「Office 搭載パソコン乗り換えサポート窓口」を期間限定で開設させていただくとともに、グローバルでの取り組みも開始いたします。  今回は、グローバルの取り組みについてご紹介した本社ブログの翻訳を以下のとおりご紹介いたします。 —    一般のお客様より、最新 PC へ移行するにあたって、データの移行が一番の懸念である、との声を多数いただいています。こうしたお客様の懸念を少しでも払拭するため、データ移行ツールをお持ちでないお客様向けに Laplink Software, Inc. および AOSテクノロジーズ株式会社とのパートナーシップにより、期間限定で Windows XP 専用 「ファイナルパソコンデータ引越し eXPress 」を無償ダウンロード提供します。このツールを使用することで、お使いの Windows XP PC から Windows 8 または Windows…


Windows XP、Office 2003 のサポート終了まで、12 月 30 日であと 100 日を迎えます。早めの移行をオススメします。

        皆さん、こんにちは。  今年の12月30日に、Windows XPおよびOffice 2003のサポート終了まであと100日を迎えます。今年の4月から、当社でもこの「サポート終了」について幅広くお伝えしてきたことから、様々なご質問をいただくようになりました。今回は、こうした疑問やご質問にQ&A形式でお答えして、サポート終了とその対応についてご紹介したいと思います。   Q. 「サポート終了」とはどういう事ですか?どんな「サポート」があるのですか。 A. マイクロソフトでは、自社製品に対して、仕様変更やセキュリティ上の弱点に対策する更新プログラムの提供などのサポートを提供しています。さらに、お客様の製品買い替えや、企業における導入計画の立案、予算確保などがしやすいように、サポート期間を明確にしています。 サポート期間は、5年のメインストリームサポート(仕様変更、新機能のリクエストやセキュリティ更新プログラムの提供)および5年のエクステンデッドサポート(延長サポート:セキュリティ更新プログラムの提供)の合計10年間のサポート期間を基本としています。 「サポート終了」とは、予め定めた上記の「サポート期間」が終了し、当社からの「セキュリティ更新プログラムの提供」などのサポートが終了することを指しています。   ※オンライン セルフヘルプ サポート:マイクロソフトが提供するオンラインから入手できる情報、および、Microsoft Update から入手できるセキュリティ更新プログラムが利用出来る期間です。最短で10年となっています。 Windows製品のサポート期間については、以下サイトを参照下さい。  Windows 製品のサポート ライフサイクル について   Q. Windows XPのサポート期間終了とはどういう事ですか。 A. 2014年4月9日(日本時間)のサポート期間終了に伴い、Windows XP向けのセキュリティ更新プログラムや有償サポート、技術情報のアップデートなどの提供が終了します。Windows XPの脆弱性が発見された場合でもセキュリティ対策などのサポートは行われない点にご留意下さい。     Q. サポート終了後はWindows XP搭載パソコンは使えないという事でしょうか。 A. いいえ。サポート終了は、当社がお客様のWindows XP搭載パソコンの利用を禁止するものではありません。ただし、当社からのセキュリティ更新プログラムの提供が終了するため、ハッカーなど悪意のある攻撃に対して、非常に脆弱な状況に置かれる事が予想されます。   Q. Windows XPが発売されたのは2001年。サポート期間はすでに終了しているのでは無いですか?延長されたのでしょうか。 A. Windows製品のサポート期間はメインストリームサポート5年とエクステンデッドサポート5年の合計10年間が基本となりますが、メインストリームサポート期間については、お客様が不利益にならないように、①基本の5年か、②次の製品が発売されてから2年、のどちらか長い方を適用する、という事になっています。Windows XPの場合は、セキュリティ機能を強化するため、OSの核(カーネル)から作り直した次の製品であるWindows Vistaのリリースが2007年1月になったことから、②が適用され、2009年1月にメインストリームサポートが終了することとなりました。その後のエクステンデッドサポートは5年のまま変更がありませんので、合計約12.5年のサポート期間となりました。   Q.まだ多くのWindows XPのユーザーがいるようですが、何故サポートを終了するのですか。 A. Windows XPは10年以上前に発売されたものです。それ以降、インターネット接続とワイヤレス通信がどこにいても可能になりました。Windows XPが発売された2001年当時5,000万人だったインターネットユーザー数は2013年には27億人にまで増加し、大企業だけでなく個人などもハッカーの攻撃対象になり、攻撃自体の手口も高度化しています。 2001年に発売されたWindows…


年末年始 Windows タブレットを買うとお得な三大キャンペーンがはじまります。

        皆さん、こんにちは。  Windows 8.1 の提供が開始されて 1 カ月が経とうしていますが、Windows を搭載した魅力的なパソコンやタブレットが各メーカーから発表され、この年末に向けて様々な Windows タブレットをお買い求めいただけるようになっています。  “Windows タブレット”という言葉になじみのない方も多いと思いますが、Windows タブレットとは、タッチ操作によるタブレットとしても使え、キーボードやマウスを使っておなじみのデスクトップ画面で Excel、Word、PowerPoint などのアプリも使える、1 台 2 役の薄型軽量 Windows 搭載デバイスとお考えいただければと思います。画面サイズも 8 インチから大きな画面のタイプまで、多くの選択肢から選ぶことができます。  さらに Windows タブレットでは、カジュアルなゲームから本格的に楽しめる大作タイトルまで豊富なラインアップの Xbox Games をはじめ、仕事にも遊びにも使える Windows ストア アプリ、Xbox Video による映画や TV ドラマなど、オンラインストアからお好みのアプリやビデオをお求めいただくこともできます。プリペイド式のカード、Windows ストア ギフトカードを利用すれば、クレジットカードの情報を登録することなく、アプリやビデオを簡単に購入できます。    こちらの Web サイトの右上の検索ボックスから 公開中のWindows ストア アプリを検索できます。    今までのタブレットでは物足りない方、タブレットとノートパソコンの 2 台持ちは避けたい方、そしてタブレットもパソコンも両方欲しいと思っている方に、Windows タブレットがおすすめです。    本日より、以下に紹介させていただく 3 つのお得なキャンペーンも開始しますので、是非この年末年始に Windows…


初チャレンジ、PowerPoint で制作した新しい TV CM が明日から公開!

       皆さん、こんにちは。  当社では、今年の 4 月より、Windows 8 & 新しい Office の魅力を紹介する 2 つのテレビ番組への協賛をしています。  今回、テレビ朝日さんの「You May Dream」(毎週土曜 よる 23:06~23:12)のオリジナル CM がリニューアルとなり、Office 製品の 1 つのアプリケーションで、ビジネスシーンにおけるプレゼンテーションソフトウェアとして非常に多くの方々に活用いただいている「Microsoft PowerPoint」を使って CM を制作しました。社内では、「PowerPointで TV CM を制作するということは世界初なのでは?」とちょっとした噂になっています。  実際に PowerPoint で制作した CM の完成版をみてみると、普通の TV CM と間違えるほどのクオリティなのです。PowerPoint を使って CM を作成することにはこんなメリットがあります。 画面の切り替えやアニメーション効果、動画の再生など、最新の PowerPoint の機能を活用した動きのある CM が作成できます。 画像やビデオの編集、音楽の追加も簡単にできるので、PowerPoint だけで完成度の高い CM を作成することができます。 PowerPoint ファイルを SkyDrive などオンラインストレージに保存して共有すれば、その場にいない人とも、素早く共同作業をすることができます。       また今回の CM の制作をきっかけに、Office…


テレビ番組への協賛を通して Windows 8 & 新しいOffice の魅力を紹介

   皆さん、こんにちは。  昨年 10 月に Windows 8 が発売され、本年の 2 月に新しい Office が発売となり、また両製品を搭載した素晴らしい PC やタブレットデバイス、対応アプリ、サービスがパートナー様より続々と発表されています。最新の Windows 8 や Office、およびその搭載 PC・タブレット、アプリ、サービスの特徴や魅力を幅広く一般コンシューマーの方々に知っていただくために、2 つのテレビ番組に協賛します。2 番組共に、明日 4 月 20 日(土)から放送開始となります。  TBS さんの番組「マイク Family Show」(毎週土曜 よる23:24~23:30)が「Windows 8」、テレビ朝日さんの番組「YOU MAY DREAM」(毎週土曜 よる23:06~23:12)が「新しい Office」の協賛なのですが、一社提供でオリジナル CM が放映されます。   (1)  TBS「マイク Family Show」 日々の生活の中のちょっとしたトラブルや困りごとを、最新のデバイスとサービスがサポートする。そんな「マイク Family Show」の番組の方向性に共感し、番組の本編の後に、毎回その内容に沿ったインフォマーシャルを放映予定です。 Windows 8 搭載の最新 PC とアプリが日々の暮らしをサポートする、そんな姿を描いていきます。 毎回登場の最新 PC のラインアップも注目してください。 番組名:マイク Family Show 放送予定日:2013…


Outlook.com について – 10 億のメールボックスを支える最新のメールサービス

    最近、Windows® 8 と Windows Phone に向けたクラウドサービスの刷新についてお話ししました。そして、Windows 8 向け新アプリ 、 SkyDrive® のアップデート、そして、新しい Office Preview を支援するクラウドサービスについて紹介しました。加えて、マイクロソフトは、個人向けメールの世界をデータセンターからユーザー体験に至るまで刷新するというミッションにも熱心に取り組んでいます。本日、その目標達成の一環として、新たに今後の 10 億のメールボックスを支えるよう設計された最新のメールサービスである Outlook.com のプレビューの提供を開始します。 ウェブメールは 1996 年に HoTMaiL によって最初に実現されました。当時、勤務先や ISP から完全に独立した個人向けのメールアドレスを、生涯にわたって維持できることは斬新なアイデアでした。その 8 年後、Google は、1GB の容量と受信トレイ検索を提供する Gmail を提供開始しました。その後、Gmail、そして、Hotmail® などの他のウェブメールサービスが機能を追加し続け、受信トレイの容量不足の不満は過去のものになっている一方で、ウェブメールの世界では過去 8 年間に根本的な変化はあまり起きていません。同時に、受信トレイがソーシャルサービスの更新情報やニュースレターで一杯になり 、人々がメールのアドレス帳ではなくソーシャルネットワークで個人的なつながりを維持していく傾向が強まる中で、メールの有効性は減少してきました。これらの要因により、今日のウェブメールに限定されないより良いソリューションを求める声が高まってきました。 今が変革の時  [View:https://www.youtube.com/watch?v=uDI6Itn7soQ]   マイクロソフトは、今こそがメールを刷新する時だと考えており、本日、Outlook.com のプレビューを提供開始しました。マイクロソフトは、大胆なステップを取り、過去の考え方から離れてまったく新しいサービスを一から構築する必要があることを認識しています。メール閲覧、予定表管理、他人とのつながりのために世界で最も広く使われているアプリケーションである(PC そして Mac 用の)Outlook® デスクトップアプリケーションを通じた Outlook の世界は既に広く知られています。勤務先の Exchange Server に接続された Outlook Web App を使ったことがある人も多いでしょう。これらのデスクトップアプリケーションそして企業向けサービスという形態に加えて、今、マイクロソフトは Outlook の機能を個人向けメールサービス…


最新ソフトウェアへの移行をご検討ください。Windows XP と Office 2003 のサポート終了まであと 2 年となりました。

 日本マイクロソフトで Windows®ビジネスを担当している、Windows 本部の藤本です。いつもWindows 製品をご愛用いただきありがとうございます。   さて、マイクロソフト本社の運営する「Windows for Your Business」ブログ(英語)でも投稿がありました通り、2014 年 4 月 8 日(米国時間)に予定されている Windows XP、および Microsoft Office 2003 の延長サポート終了まで、あと 2 年となりましたことを、あらためて日本のお客様にもお知らせします。特に企業・団体などでこれらの製品をお使いの皆様には、この機会に最新の Windows 7 と Office 2010 への移行をご検討いただけますようお願い申し上げます。   2001 年に発売された Windows XP は、ちょうど日本でのブロードバンド普及期に登場したこともあり、大変多くのユーザー様にご愛顧いただいたソフトウェアでした。振り返ると私自身、Windows XP が発売された当時は、自宅からはダイヤルアップ回線でインターネットにアクセスしていたことを思い出します。あれから 10 年。ICT の進歩により、クラウドサービスやモバイルデバイスを駆使したワークスタイルが普及する一方、企業側にはデータの保護や、コンプライアンス、万全なセキュリティがより一層厳しく求められるようになっています。従業員にとっての使い勝手と、企業にとっての管理のしやすさ。最新の Windows と Office は、これらのニーズの両立を最優先に設計されています。   Windows 7 は発売以降、全世界で 5 億 3500 万ライセンス以上が出荷されています。日本国内でもテレビ朝日様、三井住友銀行様など、多くのお客様がすでに Windows 7 への移行を開始しており、BitLocker暗号化、Direct Access などの機能を活用することで、生産性の向上と、高いレベルのセキュリティ、そしてコストダウンを両立されています。  また以下リンクのとおり、すでに多くの当社パートナー企業様より、Windows 7、Office…


未来のプロダクティビティの世界

  皆さん、こんにちは。Officeビジネス本部の Roan Kang(ロアン カン)です。  待ちに待ったお花見シーズンが到来し、私も例外にもれず、先週同僚や友人と花見に出かけました。満開の桜の下に座り楽しい時間を過ごしていると、友人の一人の電話が急に鳴りました。取引先からの緊急の連絡だったようで、彼女は書類を確認次第すぐに連絡すると相手に答えると、オフィスにも戻らず、Windows® Phone上でExcel®ファイルを開き編集したのち、クラウド上へ保存しました。彼女に尋ねると、にっこり笑ってWindows PhoneやOfficeのクラウド製品のおかげでいつでもどこでも好きなように仕事ができると自慢気に答えました。  このような例をはじめ、Microsoft® Office 2010やOffice 365といった製品に対して、お客様やパートナー様から高い評価を頂いています。(Office 2010は全世界で毎秒一本のペースで販売されています) 昨年の東日本大震災以降、お客様の多くがBCPやリモートワーク、節電、リスク管理、セキュアデータバックアップなどの観点からOffice 365などのクラウドソリューションへ興味を示しており、Office 365は昨年6月の正式サービス開始後のわずか5ヶ月間で前製品に比べ10倍のスピードで顧客数が伸びています。  ここで素晴らしい事例を一つ紹介します。豊かな自然環境と観光資源に恵まれ、県内全域に光ファイバー網が敷設されるなど先進的な ICT 環境を有する一方、65 歳以上の高齢者が半数以上を占めるいわゆる「限界集落」が全集落の 35% 以上を占めている徳島県では、ICTを活用した庁内業務や遠隔地間コミュニケーションのためOffice 365 のMicrosoft Lync® Onlineを活用、クラウド型のビデオ会議サービスで拠点間を結ぶことで複数拠点での職員の移動に費やされる時間やコストを年間約160時間、約650,000円削減しています。さらに県内の限界集落再生のための首都圏企業のサテライトオフィス誘致でも成果を上げており、Lync Onlineが首都圏本社とサテライト オフィスを結ぶ役割を担っています。(事例詳細)  このような素晴らしい事例に触れるのは、まさに毎朝仕事への意欲が増す瞬間です。私たちはまだ、テクノロジによってもたらされる人々の仕事や生活におけるプロダクティビティの変化の途中にいます。マイクロソフトが研究・開発分野において注力している「ナチュラル ユーザーインターフェース(NUI)」では、Future Productivity Visionビデオにもあるように、人々があらゆるシーンで音声やジェスチャーでデバイスを操作し、さらに自由に効率よくコラボレーションやコミュニケーションを図っています。 これらの世界は遠い夢ではありません。本日、マイクロソフトテクノロジーを基盤としたITソリューションのデモ、ソリューション体験ができる「マイクロソフト テクノロジー センター(MTC)」を、品川本社オフィスへ統合し、新たに開設、運営開始しました。最新のデバイスやデモ環境による、ビジネスプロダクティビティ、フレキシブルワークスタイルといったシナリオを提供しています。   


マンデーメモ: 第二四半期決算発表、過去最高の売上を達成!

   皆さん、こんにちは。  マイクロソフトの会計年度は 7 月開始、6 月終了ということで、ちょうど 2012 年度上期が 12 月で終了し、今月から下期となりました。毎年のことですが、当社にとっての1 月は、新年を迎えると同時に、下期の始まりでもあり、かなりの時間をかけて上期のレビューを徹底的に行い、下期の重点活動や改善項目などを確認する時期となります。ちょうど現在、社内ではその半期のレビュープロセスの真っ最中で、国・地域別、事業部門別、各部門別にレビュー会議などが、本社幹部も交えて行われているところです。  そして、米国時間の 1 月 19 日(日本時間 1 月 20 日)には、第二四半期(2011 年 10 月―12 月)の決算発表がありました。(日本語の参考抄訳資料はこちら)  本社 CFO による第二四半期決算発表会見の資料も Metro デザインです!     第二四半期は、法人向け事業における需要と一般コンシューマー向け事業におけるホリデーシーズンでの販売が推進力となって、過去最高の売上と一株当たりの利益を達成しました。 2012 年度第二四半期の売上が 208 億 9,000 万ドルとなり、これは前年同期比で 5% の伸びです。 営業利益、純利益、ならびに一株あたり希薄化後利益は、それぞれ 79 億 9,000 万ドル、66 億 2,000 万ドル、ならびに 0.78 ドルで、前年同期は、それぞれ 81 億 7,000 万ドル、66 億 3,000…