マンデーメモ: 日本マイクロソフト 1 周年!この 1 年で「変化」した広報活動

   皆さん、こんにちは。  「日本マイクロソフト株式会社」への社名変更、品川への本社オフィス移転から、明日で 1 年を迎えます。新生「日本マイクロソフト」として様々な企業活動を展開し、皆様からのご支援により非常に充実した年であったと共に、「変化」の多かった 1 年だと感じています。今回は、広報担当者として、社名変更・新本社オフィス開設からこの 1 年で「変化」した広報活動( TOP5 )について紹介します。 「日本マイクロソフト」として記事が掲載されるようになりました。 以前の社名「マイクロソフト株式会社」は、「米マイクロソフト日本法人」という表現で掲載されるケースが多く、間違いではないのですが、米国本社の出先に過ぎないような印象をぬぐえなかった点を非常に残念に感じていました。折に触れお伝えしているとおり、当社は「日本に根差し、日本で信頼される会社」を目指していますので、「日本マイクロソフト」として社名が掲載されるようになったことを大変喜ばしく感じています。     オフィスや社員食堂の PR という新しい活動が生まれました。 オフィス環境において最新のテクノロジをどのように活用しているのか、社員の多様な働き方、また本社移転と共に開設した社員食堂を紹介いただく機会が増えました。現在では、広報活動全体の中でも非常に頻度の高い活動の一つとなっています。タレントさんによる撮影や取材、自治体の PR キャラクターの来社や学生の方々の会社訪問など、幅広い活動を日々実施しています。      当社商品の体験や最新デモをご覧に入れる機会が増えました。 品川本社オフィスでは、お客様フロアである 30F・31F において、様々な商品の展示・体験コーナーや、デモスペースを用意しています。当社に足を運んでいただいた皆様にとって、実際に当社の商品を体験いただく機会が増えたのではと思います。移転前は、PC のプレゼン資料やビデオでご紹介していましたが、よりリアルに体験いただけることが可能になりました。       在宅勤務による広報対応が可能になりました。 全社的に多様な働き方を推進する一環として、当社製品、テクノロジである Microsoft® Lync® などユニファイドコミュニケーション(UC)のソリューションを活用した「在宅勤務」「リモートワーク」の機会が増えています。広報担当者も在宅勤務を行っており、問い合わせのお電話なども、実は「自宅から」対応している機会も増えています。広報部門内や社内での会議もLyncを活用した会議が一般化しています。これは、PC から Lync を活用することで、デスクの固定電話を無くし、離れた場所にいても音声通話を含む全てのコミュニケーションを可能にし、会議もできるような環境を構築しているために実現できたことです。http://www.microsoft.com/ja-jp/mscorp/msjapan/default.aspx     本社オフィスでの PR イベントの機会が増えました。 品川本社オフィスの開設に向けて重視した要素として、「会議室」や外部のお客様をオフィスに招いて様々な活動ができる環境の充実がありました。当社の広報活動においても、メディアの皆様向けの会見や新製品発表会、説明会などを、本社オフィスを活用して実施する機会が大幅に増えました。         このように、この 1 年で広報活動を行う環境にもいろいろと「変化」がありました。今後も「日本マイクロソフト」の広報部門として、皆様にお役に立つ情報発信を心掛けていきたいと思います。      


マンデーメモ: 第二四半期決算発表、過去最高の売上を達成!

   皆さん、こんにちは。  マイクロソフトの会計年度は 7 月開始、6 月終了ということで、ちょうど 2012 年度上期が 12 月で終了し、今月から下期となりました。毎年のことですが、当社にとっての1 月は、新年を迎えると同時に、下期の始まりでもあり、かなりの時間をかけて上期のレビューを徹底的に行い、下期の重点活動や改善項目などを確認する時期となります。ちょうど現在、社内ではその半期のレビュープロセスの真っ最中で、国・地域別、事業部門別、各部門別にレビュー会議などが、本社幹部も交えて行われているところです。  そして、米国時間の 1 月 19 日(日本時間 1 月 20 日)には、第二四半期(2011 年 10 月―12 月)の決算発表がありました。(日本語の参考抄訳資料はこちら)  本社 CFO による第二四半期決算発表会見の資料も Metro デザインです!     第二四半期は、法人向け事業における需要と一般コンシューマー向け事業におけるホリデーシーズンでの販売が推進力となって、過去最高の売上と一株当たりの利益を達成しました。 2012 年度第二四半期の売上が 208 億 9,000 万ドルとなり、これは前年同期比で 5% の伸びです。 営業利益、純利益、ならびに一株あたり希薄化後利益は、それぞれ 79 億 9,000 万ドル、66 億 2,000 万ドル、ならびに 0.78 ドルで、前年同期は、それぞれ 81 億 7,000 万ドル、66 億 3,000…


マンデーメモ:2012年 CES 始まりました! スティーブバルマーCEOキーノートハイライトを紹介します

   皆さん、こんにちは。  米国時間の 1 月 9 日の夜、今年も CES の前夜祭として当社の CEO スティーブバルマーがキーノートを行いました。冒頭では、CES の主催者より、これまでのマイクロソフトの CES への貢献に関して感謝のコメントをいただきました。マイクロソフトでは 15 年間にわたってこの CES でキーノートを担当してきました。ビルゲイツが 11 回、スティーブバルマーが 4 回です。今回のキーノートのオープンニングでも流れた、過去のキーノートの歴史を紹介するビデオはこちらでご覧になれます。  今回のバルマーのキーノートの内容は、フルトランスクリプト(英語)とビデオギャラリーでもご覧になれますが、本ブログで その概要をご紹介します。  今年のキーノートは少しやり方を変え、サプライズ司会者として、Ryan Seacrest が登場し、バルマーにインタビューしていく形式で進行し、デモの担当者はその途中で登壇し、コメントや意見を述べました。  バルマーは、マイクロソフトのコンシューマー向け製品の強力なラインアップについて、そして、コンシューマーにとって便利で使いやすいテクノロジの統合に向けて当社が行なっている取り組みについて話ました。たとえば、Xbox 360®上で Bing®の音声サーチを使ってテレビの人気スポーツ番組を探したり(文字通り、Xbox 360 が探してくれます)、Kinect™を搭載した双方向のテレビ体験により、ただ番組を見るだけではなくエルモの世界に飛び込むことで、子どもたちのセサミストリートでの体験を魔法のように実現させます。  当社は多くのビジネスをパートナーと共に行なっています。そして、今日(米国時間 1 月 9 日)は一日中多くのニュースがありました。まず、水曜日(米国時間 1 月 11 日)には米国の T-Mobile のお客様が Nokia としては米国最初の Windows® Phone 実機である Lumia 710 を購入できるようになります。また、Nokia Lumia 900 そして HTC…


マンデーメモ: 2011 年を振り返って(日本版)-広報担当が選ぶ重要ニュース

   皆さん、こんにちは。本年最後のブログ執筆となります。1年間大変お世話になりました。  先週は、「2011年を振り返って(グローバル版)」をお届けしましたが、今回は、その日本版として「広報担当が選ぶ2011年日本マイクロソフト重要ニュース」をお届けします。  2011年は当社にとって大変重要な変革の年となりました。2月に日本法人設立25周年を迎え、社名を「日本マイクロソフト株式会社」に変更、同時に本社も新たに品川を拠点とし、新本社オフィスを開設しました。その約1か月後に、東日本大震災が発生し、微力ながら全社挙げて、被災地の復旧・復興に向けた支援活動を展開させていただいています。ビジネスの面でも「クラウド」をベースとした様々な新たなパートナーシップの展開、さらにはコンシューマー事業を強化するための新体制の確立など大きな変化のあった年でした。 1月~6月:こちらのブログで2011年上期(当社会計年度の2011年度下期)の重要ニュースを紹介しています。ぜひご覧ください。今回は、7月~12月までの2011年下期(当社会計年度では2012年度上期)の重要ニュースをお届けします。   7月 代表執行役社長 樋口 泰行による2012年度の経営方針記者会見を開催2012年度の注力分野として、「デバイス/コンシューマー」「クラウド」「ソリューション」を3本 柱と位置付けました。   国内映画産業の活性化を目指して、株式会社ムビチケと日本マイクロソフトが提携  KDDI様・富士通東芝モバイルコミュニケーションズ様と共同で、「Windows(R) Phone IS12T」 の発売について発表 8月  Windows Phone IS12T発売!:発売店頭イベントを量販店様が実施  ヨドバシカメラマルチメディアAkiba       ビックカメラ有楽町店 9月   ダイワボウ情報システムと日本マイクロソフトが Windows(R) スレート PC の拡販で協業DIS野上社長と弊社社長樋口での共同記者会見を実施  東京ゲームショウ 2011に出展:こちらのムービーをご覧ください。多くの方にブースに来場いただき、Xbox360ならびにKinect対応の様々な最新ゲームタイトルを  試遊、体験いただきました。     The Microsoft Conference 2011を開催、最新技術やソリューションを紹介( こちらWebサイトで2012年1月31日までバーチャルカンファレンス実施中で、映像や資料が見ることができます。) 10月 三井住友海上火災保険様がWindows(R) 7 搭載スレート PC を利用した契約手続きを開始  Kinectスポーツ:シーズン2を発売(10月26日) 当社品川本社オフィスにて発売記念プレスイベント開催 11月 年末商戦に向けて、「かぞくがいちばん。」キャンペーンを開始  (2012年1月まで展開中です)   東日本大震災の被災地 東北三県における就労支援プロジェクト「東北UPプロジェクト」を発表過去2年間展開してきた「若者UP」プロジェクトの経験を生かし、新たに2012年1月より東日本大震災の被災地である東北三県(岩手、宮城、福島)で活動を開始します。 12月 Kinect: ディズニーランド・アドベンチャーズ発売(12月8日)  日産自動車様と次世代ディーラーマネジメントシステムに関する覚書を締結両社でMicrosoft Dynamics CRMをベースとした次世代ディーラーマネジメントシステムを構築し、Windows Azure…


マンデーメモ:2011年を振り返って(グローバル版)

   皆さん、こんにちは。2011 年もあと 10 日あまりとなりました。この時期になると毎年恒例で「今年を振り返って」ということを紹介しますが、今回は米国本社の広報責任者が行った”“Microsoft year in review”をもとに、マイクロソフトの 2011 年をグローバルの観点で振り返り、写真で紹介します。すべてのトピックは 2012 年にも継続されていくもので、次世代の製品・サービスとして大変期待しているものが多く含まれます。 ■ Windows 8(コードネーム) 1 月の CES において次期 Windows®(コードネーム:Windows 8)の x86 と System on Chip(SOC) アーキテクチャのサポートを発表、Windows 8 に関してはその後 9 月の BUILT で開発者向けに Developer Preview Version を提供、12 月には Windows Store の構想発表  ■ Nokia との Windows Phone 関連で提携 2 月に Nokia CEO のスティーブンエロップと共同会見を行い、両社の Windows Phone での連携、モバイル分野でのエコシステムの構築に関して発表。11 月から世界各地域で Windows…


マンデーメモ:Xbox 360 Kinect 体験イベントを続々開催!ぜひこの新しいゲーム体験を存分にお楽しみください

   皆さん、こんにちは。    2010 年 11 月 20 日に、日本で Xbox 360® の新しいゲームシステム Kinect™ を発売し、ちょうど 1 年が経ちました。今までも何度か本ブログでも紹介している通り、全世界でも非常に好評を得ており大ヒット、Kinect センサーは、発売後 60 日間で 800 万台の販売を記録し、コンシューマーデバイスのギネス記録も作りました。あらためて、Kinect の魅了を紹介します。 まるで SF 映画のように、自分のジェスチャーで操作をする、ゲームをプレイするためのコントローラーは “自分自身”となります。センサーの前に立つだけで、Kinect はプレイヤーの体の動きやジェスチャー、音声を認識して反応しますので誰もが直感的にゲームを楽しむことができます。 “みんなで一緒に遊ぶ” 新しい楽しさを提供します。プレイヤーは、ただセンサーの前に一緒に並ぶだけです。1 人でプレイ中も、もう1人がセンサーの前に立てば、瞬時に2人プレイで遊べます。カラダを使って一緒にプレイする楽しさは、”遊び”のひとときをとても豊かなものにします。 Kinect センサーが自分のポーズを感知するので、自分がしているポーズとまったく同じポーズをゲームキャラクターがします。パンチをすればゲーム内のキャラクターもパンチ、キックをすればキック、ジャンプをすればジャンプをします。”今までになかった新しいゲーム体験”を楽しめます。  こちらのムービーを観ていただくことで、子どもから大人まで、ご家族で、友人同士で、みんなで一緒に遊び、楽しめるという、Kinect のより具体的な魅力を感じていただけると思います。  日本マイクロソフトでは、これらの Kinect の魅力を少しでも多くの方々に体験していただくために、KINECT 体験キャラバンを継続的に展開しています。    ちょうどこの週末の 11 月 19 日(土)、20 日(日)から、12 月 8 日 (木) に発売予定の『Kinect: ディズニーランド・アドベンチャーズ』の一般体験イベント「Xbox 360 Kinect 体験イベント@IKSPIARI」 を…


マンデーメモ: ビル ゲイツがナチュラル ユーザーインターフェースを語る!

   皆さん、こんにちは。  マイクロソフトが創業以来、投資を続けている技術研究の一つにユーザーインターフェース(UI)があります。現在市場に出ている製品における主流は、グラフィカル ユーザーインターフェース(GUI)ですが、次世代のUIとして研究・開発分野において最も注力しているのが、「ナチュラル ユーザーインターフェース(NUI)」です。先日紹介した、Future Productivity Vision ビデオの中でも、人々の生活や仕事の生活の中で、より自然な形(まさにナチュラル)で、NUI をふんだんに使い、たとえば音声やジェスチャーでデバイスを操作し、データのやり取り、情報へのアクセス、コミュニケーションシーンが出てきます。  つい先日、マイクロソフトの創設者で会長のビルゲイツが、久しぶりに彼自身のブログに NUI についてポストし、最近の講演の中でも NUI が人々にもたらす将来について語っています。(共に英語です) ゲイツの NUI に関するブログ:The Power of the Natural User Interface ゲイツのワシントン大学での講演:Bill Talks About the Future The Opportunity Ahead from The Gates Notes on Vimeo.    NUI について、「It is the most advanced example of a wave of new advances that are enabling people…


マンデーメモ:未来の生活シーンを描いた Future Productivity Vision ビデオを公開!

   先週、マイクロソフトは、Microsoft Office DivisionのPresidentであるKurt DelBeneにより、未来の生活シーンを描いた「Productivity Future Vision」のビデオを公開しました。 [View:https://www.youtube.com/watch?v=a6cNdhOKwi0]    マイクロソフトでは、2009年にFuture Productivity Visioビデオの第一弾を公開しています。このビデオは、「Office 2019 Video」として10年後の世界を描いたものでした。そして2年が経過した今回、第二弾のビデオを公開しました。  このビデオは、5~10年後の仕事や家庭における未来の生活シーンを描いたコンセプトビデオで、マイクロソフトや業界で現在注力しているナチュラルユーザーインターフェース(NUI)、どこでもディスプレイ化、デバイス連携、モバイル・ソーシャルプラットフォーム、クラウドコンピューティングなどのリアルなテクノロジをベースとしたものです。  6分強のビデオの中では、Ayla、Qin、Shannonという3人の主人公が出てきて、テクノロジがふんだんに活用された3人の生活シーンが紹介されています。                           Ayla Qin Shannon  Aylaはワーキンマザーで、ビジネスで南アフリカのヨハネスブルグに出張中です。Qinは香港にいるビジネスマンで、ShannonはAylaの娘で家にいます。異なる場所にいる彼らが、仕事の仲間として家族としてリアルタイムでつながり、様々なタイプのNUIによって情報をやり取りし、いろいろなものがディスプレイとなり、多様なタイプのデバイスが出てきて、それらが連動してコミュニケーションがされていくシーンが続々と出てきます。マイクロソフトではこのVideoの中で描かれているシーンを、 office.com/vision において少しずつ解説(英語です)していきます。ぜひご覧になっていただければと思います。  日本においても今後本ビデオを色々な機会にご紹介していきたいと考えています。  


マンデーメモ: マイクロソフトが「働きがいのあるグローバル企業」で世界No.1に!

   皆さん、こんにちは。  米国時間2011年10月27日(日本では10月28日)に、米国サンフランシスコに本部を置く、Great Place to Work® Institute から 「働きがいのあるグローバル企業」世界ランキング(World’s Best Multinational Workplaces List)が発表され、マイクロソフトは見事、世界ランキング 第1位に輝きました!!     Great Place to Work Institute は、世界40カ国以上で、「働きがいのある会社(Great Place to Work:GPTW) 」を世界共通の基準で調査分析し、一定の基準に達した会社を各国ごとにベストカンパニーとして発表しています。今回のランキングは、各国での調査結果を元に、グローバルで展開している多国籍企業の中での世界ランキングベスト25社が選出されています。日本でも2007年から調査がされており、日本マイクロソフトでは初年度から毎年調査に参加し、2007年3位、2008年1位、2009年3位、2010年4位、2011年3位と、5年連続でベスト5に入っています。  このGPTWサーベイの特徴としては、企業が回答する部分以外に、その企業の社員自身がその働く環境や働きがいについて直接回答する部分に重きが置かれています。ですから、よりその企業で働く社員自身の声が反映されたランキングだと言えます。 米国では、ニューヨーク証券取引所(NYSE)において発表イベントが開催されました。当社からは、米国本社のChief People Officer(最高人材活用責任者)のリサ ブランメルが参加し、表彰を受けました。  (中央が弊社のリサ、両サイドはGreat Place to Work Instituteの幹部)  リサ自身が今回の受賞についてBlogをポスト(英語)しています。マイクロソフトに20年以上在籍し、社員約10万人のグローバルカンパニーの人事の総責任者による「思い」がメッセージされています。Innovationの追及、社員に根付いているCorporate Social Responsibilityの精神など、「働きがいのある企業」としてのいくつかの例を紹介しています。  その1つとして、この11月でちょうど発売から10周年を迎えるXbox®について触れています。10年前にはPCゲームのビジネスしかなかったマイクロソフトですが、Xboxのビジネスを通して素晴らしいタレントが育ち、Xboxはエンターテイメント分野で最も価値のあるプラットフォームに成長しています。そしてコントローラーを持たずしてゲームをプレイできるKinect™というイノベーションを実現しました。  日本法人においても、様々な人事制度の充実、ITを駆使しての多様な働き方の推進、働きやすい職場環境の整備、企業市民活動の推進などを通して、社長・役員・社員が一丸となって、より「働きがいのある企業」になることを追求し続けています。今年2月に社名を「日本マイクロソフト」に変更し、同時に品川本社オフィスを開設し、「より日本に根差し、信頼される企業」を目指しています。社員にとって「働きがいのある企業」であることが、お客様やパートナー様、社会からの信頼の向上を目指すうえでも大変重要な要素になると思います。    当社の仕事をする環境や、社員の働き方、社員による仕事術を紹介したビデオ(当社社員による実際の映像です)を公開しています。少しでもご参考になればと思います。  最後に、私自身も社員の一人として、入社以来ずっとマイクロソフトが「働きがいのある企業」だな、と思い続けています。この思いがより強くなるように、今後も努力していきたいと思います。  


マンデーメモ: Kinect で、おウチでスポーツ、ダンスを楽しもう!

   皆さん、こんにちは。    昨年の11月に発売以来、全世界で既に1000万台以上売れている、Xbox 360® Kinect™ センサー。年末に向けて、家族で、友達同士で楽しんでいただける、Kinect対応の様々なゲームタイトルが発売となります。発売スケジュールは、こちらをご覧ください。  Kinectは、まるでSF 映画のように、自分のジェスチャーで操作をする、プレイするためのコントローラーが “自分自身”となります。センサーの前に立つだけで、Kinect はプレイヤーの体の動きやジェスチャー、音声を認識して反応しますので誰もが直感的にゲームを楽しむことができます。”みんなで一緒に遊ぶ” 新しい楽しさを提供するのが Kinect の大きな特徴です。プレイヤーは、ただセンサーの前に一緒に並ぶだけ。1人でプレイ中も、もう1人がセンサーの前に立てば、瞬時に2人プレイで遊べます。カラダを使って一緒にプレイする楽しさは、”遊び”のひとときをとても豊かなものにします。Kinect センサーが自分のポーズを感知するので、自分がしているポーズとまったく同じポーズをゲームキャラクターがします。パンチをすればゲーム内のキャラクターもパンチ、キックをすればキック、ジャンプをすればジャンプ。”今までになかった新しいゲーム体験”ができます。  9月に開催された東京ゲームショウでも、当社のブースでは非常に多くの人に体験いただきました。実際の体験ムービーをぜひご覧ください。  今週10月27日(木)に、「Kinectスポーツ:シーズン2」(希望小売価格:5,880円)と「Dance Central2」(希望小売価格:5,880円)という2つのタイトルが発売となります。    Kinect スポーツ: シーズン 2   家族みんなで、友達同士で家にいながら、カラダをまるごと使ってスポーツできる 『Kinect スポーツ』 がパワーアップして登場です。『Kinect スポーツ:シーズン 2』 は、みんなが知っている野球やゴルフなど6種目のスポーツを、全身で、声で、だれでも簡単に、本当にスポーツをしているように楽しむことができます。また、Xbox LIVE® に接続すればオンラインの友だちとだって「チャレンジ プレイ」で記録を競い合うこともできます。    Dance Central 2  2011年6月より発売をしている Kinect 専用ダンスゲーム 『Dance Central™』 の続編がバージョンアップして登場です。『Dance Central 2』ではプラクティスモードが更に充実し、また複数のプレイヤーが同時に踊ることができるマルチプレイシステムではパフォーマンス (実践) モードで友だちとチームプレイを楽しんだり、ダンスバトルモードで同時にダンスを競い合ったりすることも可能です。そして、Lady Gagaの「Born This Way」、O-Zoneの「Dragostea Din Tei」、 Bananaramaの「Venus」、日本語の楽曲であるEXILEの「I Wish For…