「Kinect for Windows v2 センサー」オープンベータ版が 7 月 15 日から提供開始!

           皆さん、こんにちは。   Kinect for Windows が 2012 年に発売されてから 2 年半が経ち、日本において幅広い業界での事例が広がってきました。今回は、その Kinect for Windows の新しいセンサーに関してのご紹介をさせていただきますが、その前にまずは Kinect とは何か?日本でどのような使われ方をしているのか?ということをご紹介させていただきます。  Kinect は、マイクロソフトが開発した、人の動きや声などの自然なしぐさをとらえるシステムです。Kinect は 2010 年に、「コントローラーを必要としない、まったく新しいゲームシステム」として家庭用ゲーム機 Xbox 360 用に発売され、2012 年に、Windows パソコンで動作する Kinect for Windows が登場しました。Kinect for Windows は身振り手振りや音声などで直感的にコンピューターを操作することが可能なことから、エンターテイメント、製造業、医療やヘルスケア、教育、教材関連、広告、小売など、多くの産業での活用が展開されてきました。2012 年 2 月の発売以降、日本マイクロソフトで把握しているだけでも 220 件を超える事例が日本で展開されていて、導入事例は世界中で日本がトップクラスとなっています。   代表的な事例をいくつかご紹介します。 「手術室向け非接触型画像操作システム Opect(オペクト)」 Kinect を活用し、手術中の画像確認の手間を解消し、手術の効率化を実現した非接触型の画像閲覧システムです。執刀医の手の動きによって画面上の参照画像の表示や切り替えが可能となり、執刀医が患者のそばを離れることなく参照したい画像をすぐに確認し、施術することができます。   http://www.nichiigakkan.co.jp/service/medical/category/hospital/opect.html   三井ホーム Kinect 活用操作システム Kinect を住宅業界で初めて導入し、手振りや音声でテレビや照明、カーテンまたお風呂湯沸しなどの操作を可能にする実証実験を行っています。音声は言葉を自由に登録でき、好きな言葉で操作できます。また Web ネットワークにも対応し、親世帯住宅と子世帯住宅が別々に離れていても、Web…


マンデーメモ: 第二四半期決算発表、過去最高の売上を達成!

   皆さん、こんにちは。  マイクロソフトの会計年度は 7 月開始、6 月終了ということで、ちょうど 2012 年度上期が 12 月で終了し、今月から下期となりました。毎年のことですが、当社にとっての1 月は、新年を迎えると同時に、下期の始まりでもあり、かなりの時間をかけて上期のレビューを徹底的に行い、下期の重点活動や改善項目などを確認する時期となります。ちょうど現在、社内ではその半期のレビュープロセスの真っ最中で、国・地域別、事業部門別、各部門別にレビュー会議などが、本社幹部も交えて行われているところです。  そして、米国時間の 1 月 19 日(日本時間 1 月 20 日)には、第二四半期(2011 年 10 月―12 月)の決算発表がありました。(日本語の参考抄訳資料はこちら)  本社 CFO による第二四半期決算発表会見の資料も Metro デザインです!     第二四半期は、法人向け事業における需要と一般コンシューマー向け事業におけるホリデーシーズンでの販売が推進力となって、過去最高の売上と一株当たりの利益を達成しました。 2012 年度第二四半期の売上が 208 億 9,000 万ドルとなり、これは前年同期比で 5% の伸びです。 営業利益、純利益、ならびに一株あたり希薄化後利益は、それぞれ 79 億 9,000 万ドル、66 億 2,000 万ドル、ならびに 0.78 ドルで、前年同期は、それぞれ 81 億 7,000 万ドル、66 億 3,000…


マンデーメモ:Xbox 360 Kinect 体験イベントを続々開催!ぜひこの新しいゲーム体験を存分にお楽しみください

   皆さん、こんにちは。    2010 年 11 月 20 日に、日本で Xbox 360® の新しいゲームシステム Kinect™ を発売し、ちょうど 1 年が経ちました。今までも何度か本ブログでも紹介している通り、全世界でも非常に好評を得ており大ヒット、Kinect センサーは、発売後 60 日間で 800 万台の販売を記録し、コンシューマーデバイスのギネス記録も作りました。あらためて、Kinect の魅了を紹介します。 まるで SF 映画のように、自分のジェスチャーで操作をする、ゲームをプレイするためのコントローラーは “自分自身”となります。センサーの前に立つだけで、Kinect はプレイヤーの体の動きやジェスチャー、音声を認識して反応しますので誰もが直感的にゲームを楽しむことができます。 “みんなで一緒に遊ぶ” 新しい楽しさを提供します。プレイヤーは、ただセンサーの前に一緒に並ぶだけです。1 人でプレイ中も、もう1人がセンサーの前に立てば、瞬時に2人プレイで遊べます。カラダを使って一緒にプレイする楽しさは、”遊び”のひとときをとても豊かなものにします。 Kinect センサーが自分のポーズを感知するので、自分がしているポーズとまったく同じポーズをゲームキャラクターがします。パンチをすればゲーム内のキャラクターもパンチ、キックをすればキック、ジャンプをすればジャンプをします。”今までになかった新しいゲーム体験”を楽しめます。  こちらのムービーを観ていただくことで、子どもから大人まで、ご家族で、友人同士で、みんなで一緒に遊び、楽しめるという、Kinect のより具体的な魅力を感じていただけると思います。  日本マイクロソフトでは、これらの Kinect の魅力を少しでも多くの方々に体験していただくために、KINECT 体験キャラバンを継続的に展開しています。    ちょうどこの週末の 11 月 19 日(土)、20 日(日)から、12 月 8 日 (木) に発売予定の『Kinect: ディズニーランド・アドベンチャーズ』の一般体験イベント「Xbox 360 Kinect 体験イベント@IKSPIARI」 を…


Happy 10th Birthday Xbox !

   皆さん、こんにちは。  2001年11月15日(米国時間)に北米で初代 Xbox®が発売されてから10周年となります。当時私自身も日本での発売を数か月後に控え(日本では2002年2月22日発売)、ワクワクしながら北米の発売を見ていたのを思い出します。というのも私がマイクロソフトに入社した少し後の2000年3月に北米のゲーム開発者向けカンファレンスで「マイクロソフトがゲーム事業にXboxで参入する」ことを発表し、その発表イベントを日本でも同時に行いました。入社間もない私でしたが、そのイベントの司会を務めさせていただき、今では懐かしいXboxの商品化前のモックを公開したのを覚えています。  また、今から10年前は、2001年9月11日に同時多発テロがニューヨークで発生し、米国および全世界が混乱しているタイミングでした。2001年10月にビルゲイツが来日、開催中だった東京ゲームショウ(会場:千葉幕張)に成田空港から都内に移動中に飛び入り参加し、熱心なゲームファンの中で、北米の発売を1か月後に控えたXboxを紹介したのを覚えています。  マイクロソフトでは、テロによる深い悲しみに包まれていたニューヨークにおいて、元気を届けたいという意味合いも込めて、タイムズスクウエアのトイザラスでXboxの発売イベントを実施しました。ゲイツがタイムズスクエアでXboxをプレイしたり、最初のお客様に商品を手渡すシーンに興奮しました。また、発売前11月初旬にロサンゼルスのユニバーサルスタジオで48時間ノンストップゲームプレイというイベントも開催し、話題になったことを覚えています。  発売当時は、1週間で10万台の販売という発売後の販売数としては最も多く販売されたゲーム機の記録を作り、11月15日から2001年末までに150万台を販売するという記録も作りました。  それから10年、Xbox LIVE®の開始、2005年11月のXbox 360®の発売、そして昨年2010年11月の Xbox 360 Kinect™の発売と世界中でヒットを続けています。Xbox LIVEはすでに全世界で3500万人の会員数、Xbox 360用のKinectセンサーは発売60日間で800万台販売するというコンシューマーデバイスのギネス記録も作りました。本当に世界中の多くのファン、ユーザーのみなさんに育てられて、10周年を迎えています。  北米での発売10周年を写真集でお楽しみください。なお、来年2月の日本での10周年時にはまたいろいろな情報を発信したいと思います。  2000年当時のXboxチーム、Xboxのコンセプトプロトタイプを囲んで(2000年9月20日)  Xbox、記念すべき最初の購入者(2001年11月15日) 2001年11月、48時間ノンストップでゲーム大会を開催(2001年11月2日) Xbox発売直前、タイムズスクエアにて(2001年11月14日) Xbox、発売当初のポスター(2001年11月15日) 記録を作った「ヘイロー」の発売(2001年12月4日) Xbox LIVE、サービス開始!(2002年1月1日) Xbox 360、発売イベント(2005年11月21日) フェイスプレートでカスタマイズされたXbox 360(初期型)(2006年1月1日) 2010年のE3にて、「Kinect Adventures」を初公開(2010年6月14日) Kinect for Xbox 360発売日、タイムズスクエアに長蛇の列(2010年11月4日) 発売記念イベントでは数千人が集まり、Kinectがタイムズスクエアを占拠(2010年11月4日)  


マンデーメモ: ビル ゲイツがナチュラル ユーザーインターフェースを語る!

   皆さん、こんにちは。  マイクロソフトが創業以来、投資を続けている技術研究の一つにユーザーインターフェース(UI)があります。現在市場に出ている製品における主流は、グラフィカル ユーザーインターフェース(GUI)ですが、次世代のUIとして研究・開発分野において最も注力しているのが、「ナチュラル ユーザーインターフェース(NUI)」です。先日紹介した、Future Productivity Vision ビデオの中でも、人々の生活や仕事の生活の中で、より自然な形(まさにナチュラル)で、NUI をふんだんに使い、たとえば音声やジェスチャーでデバイスを操作し、データのやり取り、情報へのアクセス、コミュニケーションシーンが出てきます。  つい先日、マイクロソフトの創設者で会長のビルゲイツが、久しぶりに彼自身のブログに NUI についてポストし、最近の講演の中でも NUI が人々にもたらす将来について語っています。(共に英語です) ゲイツの NUI に関するブログ:The Power of the Natural User Interface ゲイツのワシントン大学での講演:Bill Talks About the Future The Opportunity Ahead from The Gates Notes on Vimeo.    NUI について、「It is the most advanced example of a wave of new advances that are enabling people…


マンデーメモ: Kinect で、おウチでスポーツ、ダンスを楽しもう!

   皆さん、こんにちは。    昨年の11月に発売以来、全世界で既に1000万台以上売れている、Xbox 360® Kinect™ センサー。年末に向けて、家族で、友達同士で楽しんでいただける、Kinect対応の様々なゲームタイトルが発売となります。発売スケジュールは、こちらをご覧ください。  Kinectは、まるでSF 映画のように、自分のジェスチャーで操作をする、プレイするためのコントローラーが “自分自身”となります。センサーの前に立つだけで、Kinect はプレイヤーの体の動きやジェスチャー、音声を認識して反応しますので誰もが直感的にゲームを楽しむことができます。”みんなで一緒に遊ぶ” 新しい楽しさを提供するのが Kinect の大きな特徴です。プレイヤーは、ただセンサーの前に一緒に並ぶだけ。1人でプレイ中も、もう1人がセンサーの前に立てば、瞬時に2人プレイで遊べます。カラダを使って一緒にプレイする楽しさは、”遊び”のひとときをとても豊かなものにします。Kinect センサーが自分のポーズを感知するので、自分がしているポーズとまったく同じポーズをゲームキャラクターがします。パンチをすればゲーム内のキャラクターもパンチ、キックをすればキック、ジャンプをすればジャンプ。”今までになかった新しいゲーム体験”ができます。  9月に開催された東京ゲームショウでも、当社のブースでは非常に多くの人に体験いただきました。実際の体験ムービーをぜひご覧ください。  今週10月27日(木)に、「Kinectスポーツ:シーズン2」(希望小売価格:5,880円)と「Dance Central2」(希望小売価格:5,880円)という2つのタイトルが発売となります。    Kinect スポーツ: シーズン 2   家族みんなで、友達同士で家にいながら、カラダをまるごと使ってスポーツできる 『Kinect スポーツ』 がパワーアップして登場です。『Kinect スポーツ:シーズン 2』 は、みんなが知っている野球やゴルフなど6種目のスポーツを、全身で、声で、だれでも簡単に、本当にスポーツをしているように楽しむことができます。また、Xbox LIVE® に接続すればオンラインの友だちとだって「チャレンジ プレイ」で記録を競い合うこともできます。    Dance Central 2  2011年6月より発売をしている Kinect 専用ダンスゲーム 『Dance Central™』 の続編がバージョンアップして登場です。『Dance Central 2』ではプラクティスモードが更に充実し、また複数のプレイヤーが同時に踊ることができるマルチプレイシステムではパフォーマンス (実践) モードで友だちとチームプレイを楽しんだり、ダンスバトルモードで同時にダンスを競い合ったりすることも可能です。そして、Lady Gagaの「Born This Way」、O-Zoneの「Dragostea Din Tei」、 Bananaramaの「Venus」、日本語の楽曲であるEXILEの「I Wish For…


年頭からイベント続き:Consumer Electronic Showと新オフィスへの移転

ホーム&エンターテイメント事業を担当している泉水です。 さて少し時間がたってしまいましたが、年初から米国ラスベガスで開かれたConsumer Electronic Show(CES)に参加してきましたので、少し紹介させていただきます。ショーの開幕前夜には例年通り弊社スティーブバルマーCEOによるキーノートスピーチが行われましたが、今年のトピックスは昨年秋に発売したKinect™ for Xbox 360®とWindows® Phone 7、そして当日発表したWindows OSの対応プラットフォームの拡大です。中でもKinectについては、11月に発売して以来、年末までに全世界で800万台を販売したと発表しました。これは他のゲーム機器と比較しても非常に速いペースで、Kinectの新しい体験が既に多くの方に楽しまれていることを示しています。日本ではまだまだ広い層への普及には至っていませんが、このような世界的なヒットの波が必ず日本にも届くと信じています。 キーノートスピーチを行うバルマーCEO アバターによる会議 そして、Windows OSが今後様々なプラットフォームに対応していくというニュースは参加者に驚きと称賛をもって受け取られ、将来のPCの多様化、小型化に一段と拍車をかける可能性を示唆しています。当日のステージ上では、既にWindows 7が稼働している様々なデバイスのプロトタイプが紹介され、中には5cm四方程度のマザーボードでWindowsが稼働するものもありました。 デバイスを紹介するバルマーCEO  また、マイクロソフトのマルチタッチデバイスであるSurface®(サーフェス)の次期バージョンも披露され、その形状やインターフェースは今後多くのアプリケーションが生み出されることを予感させます。 Surface(サーフェス)の次期バージョン  Windows Phone 7は、その機能や操作性の良さは定評となっていて、ブースでも大人気でした。日本での発売に向けていろいろな議論を開始していますので、ぜひご期待ください。 会場の様子 CES全体的には、すでに多くの報道もありましたが、3D TVやネットTVを初めとしたネット家電、スレートPC、スマートフォンが話題の中心となっていました。会場を見た印象としては、やはりSumsungやLGといった韓国勢が目立っており、台湾や中国勢の台頭も著しく、日本のメーカーにとって厳しい競争環境が伺い知れると同時に、今後の巻き返しに期待がかかる内容でした。私自身は、年初からCESに参加し、大変エキサイティングな体験をさせてもらいました。 さて、もう1つの大きなイベントが1月末にありました。このブログでも既に社長の樋口はじめ、何度も紹介している通り、弊社は2月1日より品川駅港南口にある新しいオフィスに本社を移転しました。私の担当部門は他部門に先駆けて第一陣として移転をし、1月24日から新オフィスでの営業を開始し、すでに1週間が過ぎました。移転前の私のいた代田橋オフィスは、京王線代田橋駅近くにあり、非常にのどかな環境で仕事をしていました。ですから、都心への移転に若干のとまどいはあるものの、新しい環境での業務に社員一同、気を新たにして臨んでいます。実はこの新オフィス、様々なところに工夫が施してあり、ICTを駆使した新しい働き方を提案する造りになっています。また、消費エネルギーの節約にも配慮されており、これからのオフィス環境のあり方の一つとして参考にしていただけると思います。お客様をお迎えするフロアも当社の製品やサービスを体験していただけるように色々工夫していますので、機会がありましたらぜひ一度見学していただければ幸いです。 新オフィス 30階にあるカスタマーエリア  そして、弊社は2月1日から社名も日本マイクロソフト株式会社と変更し、より日本の社会、業界に根付いた活動を通して皆様のお役にたっていきたいと考えておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。


Kinect for Xbox 360、いよいよ明日発売。インタラクティブ エンターテイメントの新しい時代が幕を開ける

ホーム&エンターテイメント事業を担当している泉水です。 明日(11月20日)は、いよいよ KinectTM for XBOX 360®の発売日です。Kinectは、弊社の家庭用ゲーム機Xbox 360用の新しいデバイスで、ユーザーの体の動きや音声を認識してゲームやゲーム機の機能を操作するシステムです。まさに「カラダまるごとコントローラー」。映画「ブレードランナー」や「マイノリティ・リポート」のような世界を実現する画期的なデバイスです。 少し大袈裟かもしれませんが、私はこのKinectによって人とコンピューターのインターフェースに新たな時代が幕開けすると考えています。コンピューターへの入力は、その長い歴史を経た今でも当初からのキーボードが中心であり、マウスやタッチパッド等のポインティングデバイスが加わった程度です。同様に、コンピューターの用途を特化させたゲーム機もそのコントローラーの形状は基本的に変わっていません。最近でこそタッチパネルやコントローラーそのものの動きでも操作できるようになりましたが、特定の意味が割り当てられたキーやボタンを押して入力を行う方式は変わっていないのです。 一方、Kinectは、ゲーム内のキャラクターを動かすには自分で同じ動きをする、画面を右に動かすときは手を左から右へ動かす、と言うように、より直観的な操作を可能にします。また、音声によるコマンドを認識するため、センサーに語りかけるだけでゲーム機を操作することができます。これまではどのキーやボタンにどの文字や機能が割り当てられているかをユーザーが理解する必要がありましたが、これからはコンピューターがユーザーのより自然な入力を理解するようになるのです。Kinectはその第一歩であり、その応用の可能性の広がりを考えるととてもワクワクします。 さて、そのKinectですが、まずはテレビゲームという「遊び」の世界を広げます。従来、家庭用ゲーム機の操作は、ボタンを押す、スティックを傾ける、画面を触る、コントローラーを動かす等、指や手の動きに限られることが多く、ゲームごとに決められた操作方法を覚える必要がありました。また、ユーザーは画面に表示された世界の中で起こる出来事に対して手元の操作で反応するため、あまり体を動かさずにプレイしていました。しかし、Kinectのゲームはユーザーの直観的な反応でプレイでき、体を動かしたり、声を出したりすることでテレビゲームをより本来の「遊び」に近い感覚にします。誰もが簡単に楽しめるだけでなく、周りで見ている人も一緒に楽しめる空間をつくるのです。 私自身、開発段階から何度もKinectのゲームを体験しましたが、たとえばダンスゲームやスポーツゲームをやるとこれだけで十分な運動になります。最近メタボ気味かな?と思うような方にも対策としてはいいのではと思います。もちろん、女性も楽しめる本格的なフィットネスゲームもあります。家族みんなでできるクイズゲームだと、本当に家族の笑いの絶えない時間を過ごせます。また、オンラインのXbox Live上でZune®ビデオを見ると、声と手の動きで操作して、まったく新しい映画鑑賞を体感できます。 未来を予感させるデバイス、Kinectを皆さんもぜひ試してみてください。Kinect for Xbox 360はこちらの販売店で体験することができます。最後に、Kinectの発売を記念して、弊社の役員紹介ページにそれぞれのアバターを掲載していますので、そちらも覘いてみてください。 2010年9月「TOKYO GAME SHOW 2010」にて