今こそ技術で世界を目指そう! ~世界最大の学生向け IT コンテスト「Imagine Cup」、日本予選大会の応募受付開始~

       マイクロソフトが主催する学生向けの IT コンテスト「Imagine Cup」が、今年もいよいよ始まります。7 月下旬に米国シアトルで開催される予定の世界大会に先立ち、その日本代表を選出する日本予選大会を 4 月 11 日(土)に開催します。本日より 3 月 19 日(木)まで、作品の応募を受け付けています。参加資格、応募方法などの詳細は、こちらのサイトをご確認ください。   Imagine Cup は、マイクロソフト創設者、現・テクノロジアドバイザーのビル ゲイツの発案で 2003 年に始まった世界最大の学生向けの IT コンテストです。これまでに、190 を超える国から、延べ 165 万人以上の学生が参加しています。昨年の世界大会には、全世界から 16,892 人、 7,491 作品の応募があり、各国、各地域の予選を勝ち抜いた 34 チームが世界大会に臨みました。  昨年大会でワールドグランプリに輝いたのは、オーストラリア代表チームによる「Eyenaemia」     下まぶたの裏側にある結膜の写真を携帯電話で撮影することで、結膜の分析と貧血の検査、リスクがわかるという、画期的なソリューションです。検査機器が満足に揃えられない医療地域の問題を解決できる可能性が、マイクロソフト CEO のサティア ナデラをはじめとした審査員から高く評価されました。賞金 $50,000 (約 600 万円)のほかに、副賞として、ビル ゲイツからのメンタリングの機会が与えられました。   昨年の日本代表は鳥羽商船高等専門学校のチーム「かぞくぐるみ」。ぬいぐるみをインタフェースにした遠隔コミュニケーションシステムでイノベーション部門に出場しました。惜しくも入賞は逃しましたが、日本の技術力と発想のユニークさで、世界を驚かせてくれました。     マイクロソフトでは、学生のみなさんに開発ツールを無償で提供する DreamSpark や、数々の教育機関でのプログラミング授業、Hour of Code への参画などの取り組みを通じて、若者たちのプログラミングスキル習得を支援しています。中でも Imagine Cup は、その技術レベルの高さや歴史の長さ、規模においても、他に類を見ないイベントだと自負しています。世界大会の期間中には、マイクロソフト本社見学ツアーや、他国の代表チームとの交流(もちろん、英語です!)や、シアトルのダウンタウン散策、パーティなど、様々なアクティビティも用意されています。IT…


プログラミングを学び、教えるキャンペーン週間 “Hour of Code” ~子どもたちが“コードを書く” スキルを身に着けるための支援プログラム「Microsoft Imagine」を発表~

   皆さん、こんにちは。技術と開発を担当している加治佐です。   コンピューターサイエンス教育の振興を目指す米国の非営利団体、Code.org による「プログラミングを学び、教えるキャンペーン週間 ”Hour of Code” 」が、米国時間の 12 月 8 日から 14 日まで、全世界で開催中です。“Hour of Code” とは、世界中の子どもたちに「コードを書く(プログラミングをする)」体験を提供する活動で、180 以上の国から 1 億人以上が参加、米国のオバマ大統領を筆頭に、多くの著名人や IT 企業がこの活動に賛同しています。CEO のサティア ナデラや、創業者 兼 テクノロジアドバイザーのビル ゲイツをはじめ、マイクロソフトも、この ”Hour of Code” を応援しています。   Hour of Code 公式ウェブサイト:http://hourofcode.com/us/ja  [View:https://www.youtube.com/watch?v=nKIu9yen5nc:0:0]Code.org メッセージビデオ:https://www.youtube.com/watch?v=nKIu9yen5nc  [View:https://www.youtube.com/watch?v=rH7AjDMz_dc:0:0]Hour of Code メッセージビデオ:https://www.youtube.com/watch?v=rH7AjDMz_dc    もちろん、われわれ日本マイクロソフトも、”Hour of Code” に沿った取り組みを実施しています。  12 月 6 日(土)には、さっそく、マイクロソフト ディベロップメントでプログラムマネージャを務める鵜飼 佑が、母校の青山学院 初等部で、プログラミングの初歩を教えました。  …


Windows 8 タブレットの可能性を多くの先生方に実感していただくため、教育機関のお客様を対象とした「Surface RT」導入検証プログラムを開始

        みなさん、こんにちは。日本マイクロソフトで、教育機関のお客様を担当している中川と申します。  先ごろ、佐賀県教育委員会様より、平成 26 年度に県立高校全校で導入する学習者用端末の機種として、Windows 8 Pro 搭載タブレットを選定いただいたとのお知らせをいただきました。 ◆佐賀県庁ホームページ:  平成 26 年度に佐賀県立高校全校で導入する学習者用端末の機種を Windows 8 に決定しました (http://www.pref.saga.lg.jp/web/kurashi/_1018/ik-ict/_70800/_72744.html)  Windows 8 の持つ価値をご評価いただけたことを大変光栄に思うと同時に、将来を担う世代の教育を ICT で支援するという責任に、身の引き締まる思いです。実際に県立高校での導入が始まるのは来年度からとなりますが、パートナーの皆様とも連携をより強化し、全国初となるこの佐賀県様の取り組みをしっかりとサポートしていきたいと考えています。  昨今、タブレット デバイスの導入を検討している教育機関のお客様がますます増えています。そこで、当社ではこの度、Windows 8 から新しくラインナップされた Windows RT(ARM ベースのタブレット/PC で実行するために設計されたオペレーティング システム)をご評価、ご検討いただくことを目的に、教育機関のお客様を対象とした『Surface RT 導入検証プログラム』を 7 月 10 日より 8 月 30 日までの期間限定で実施します。対象となる製品と価格は以下の通りです。 Surface RT (32 GB) : 19,800 円 (税込) Surface RT (32 GB) タッチキーボードカバー付き : 24,980 円…


Imagine Cup 世界大会にみる、「日本の競争力と教育の果たす役割」とは。

        みなさん、こんにちは。日本マイクロソフトで、教育機関のお客様を担当している中川と申します。  7/6-10 にオーストラリア シドニーで、今年で 10 年目となるマイクロソフト主催の学生向け IT 技術コンテスト「Imagine Cup 2012 世界大会」が開催されました。私も同行してきましたので、その模様をレポートします。  この Imagine Cup を「学生向け IT 技術コンテスト」と言ってしまうと、最先端の IT 技術をどれだけ活用しているかを競う技術だけのコンテストのような印象を持たれてしまうかもしれませんが、実際はそうではありません。Imagine Cup は、「IT 技術を使って今日の世界の問題を解決したい、そして、世界に変化を起こしたいという情熱、想像力、技術力を持った学生を応援する」世界規模のコンテストです。そのため、過去の Imagine Cup 出場経験者中には、自らの情熱と想像力を具現化し、起業した方々もたくさんいますし、昨年ソフトウェアデザイン部門で優勝したアイルランドチームのメンバーも既に起業しています。世界大会では参加チームそれぞれが、自分たちが開発したソフトウェアなどを審査員に対してプレゼンテーションしていくのですが、審査員には、投資家が入っていることもあり、発表者に対して事業化を見据えた厳しい質問を出していきます。また、優勝者は、ダボス会議に招待されたり、ビル & メリンダ ゲイツ財団などから資金援助を受けたりする機会もあるため、起業の大きなチャンスとなる大会といっても過言ではありません。     <ダボス会議でのビルゲイツと Imagine Cup Grants Winners> そんなこの Imagine Cup 世界大会に、35 万人を超える予選参加者から選出された、75 ヶ国 350 人の学生がチームを組んで、アイデアと技術力を振り絞って参加しました。日本からは、オンライン予選や日本大会を勝ち抜いた合計 3 チームが世界大会に参加しました。そして、結果は、ゲームデザイン部門の 2 チームが世界 Top 5 と Top 10。ソフトウェアデザイン部門は、堂々の世界 2 位という好成績を残しました。日本代表チームにとっては、いずれも過去最高の成績です。世界の舞台で日本チームが活き活きと活躍する姿に感動しました。…


マンデーメモ:興奮!イマジンカップ 2011 世界大会に参加してきました

  皆さん、こんにちは。先日、CTO加治佐のブログでも紹介したイマジンカップについて、今回マンデーメモでも紹介します。 マイクロソフトは、2003年より学生向け技術コンテストとしてイマジンカップを開催しています。2005年の第3回イマジンカップ世界大会は、日本の横浜市で開催されました。そして9回目を迎えた今年は、米国ニューヨーク市で開催されました。私も最終日だけですが初めて参加してきたので、イマジンカップのツアーにプレスの方々と同行した広報担当者からのレポートと合わせて、イベントについて紹介をします。 今年は、2001年9月11日の同時多発テロ発生から10年目に当たります。そして、その2001年はマイクロソフトにとっては会社の歴史的にも非常に重要な製品であるWindows® XP(2001年10月25日)と Xbox®同年11月14日)を発売した年です。そしてその両製品共に、同時多発テロ発生から間もない時期ではありましたが、発売イベントをニューヨークのタイムズスクウエアで開催しました。Windows XPの発売イベントにはビルゲイツと共に当時のジュリアーニ市長が登場し、世界の平和に向けてのメッセージを発信したことを覚えています。今回のイマジンカップの会場は、2001年にそのWindows XPの発売イベントを行ったMarriott Marquis Hotelで開催されました。そして、会場ホテル目の前にはXboxの発売イベントを行ったトイザらスがありました。私自身も2001年当時を思い出し、両会場を訪問し、大変感慨深い出張となりました。 前置きが長くなりましたが、イマジンカップの紹介です。イマジンカップは、環境、医療、教育など、世界の課題をITで解決することを目指しており、学生であれば誰でも参加ができます。イマジンカップ がスタートした2003年には、わずか2000名が参加していましたが、この数年で飛躍的に参加者が伸びて、今年は35万名、183か国の学生が参加しました。 7月8日(金)~13日(水)まで開催されたイマジンカップ 2011世界大会では、「ソフトウェアデザイン」「組み込み開発」「ゲームデザイン」など、9部門の各予選を勝ち残った128プロジェクト、約400名の学生が世界各国から集まり、自分たちのアイディアを競いあいました。 今年のイマジンカップのロゴはクラウドを意識! 今回、初めてイマジンカップで基調講演をしたCEOのスティーブ バルマーは、世界大会に参加した学生に対して、発想力と、その発想力を拡げていく熱意や粘り強さが重要であるということを伝えていました。これは、バルマー自身がマイクロソフトの経営者としても大切にしていることで、社員にも伝えているメッセージです。これから次世代を担う学生に対する期待の高さを物語っていたと思います。 CEOのバルマーがイマジンカップで登壇すると会場はスタンディングオベーションで拍手が鳴りやまず 今年のプロジェクトの傾向を見ると、クラウド、モバイルデバイス、ナチュナルユーザーインタフェースなどがキーワードになっています。プロジェクトの中で、Windows AzureTMを活用したプロジェクトが全体の32%、Windows Phone 7を活用したプロジェクトが全体の47%を占めています。さらに、Kinectを活用したプロジェクトもあり、既存の知識にとらわれない、学生ならではの自由で斬新な発想のプロジェクトが多かったです。特に印象深かったのは、ソフトウェアデザイン部門で、KinectTMを活用したリハビリシステムを開発したルーマニアチームや、センサーを活用した障碍者支援用機器を開発したヨルダンチームでした。アイディアはもとより、アイディアを商用化できる現実性などを含めて、世界の課題をITで解決できることを真剣に考えている学生のパッションが伝わってくるものでした。 2回戦進出チームの発表の様子。各チームが国旗を持って、まるでサッカーのワールドカップのような盛り上がり イマジンカップに参加する学生の出身地は、インターネットやPCなどのITインフラ環境やITの利活用状況はさまざまです。イマジンカップは、世界の課題をITで解決できる良いアイディアさえあれば、先進国や新興国が対等に勝つチャンスがあることが特長です。世界大会で表彰された国は、米国、フランス、などといったIT先進国もありましたが、ルーマニア、ポーランド、スロベニア、チェコなどの東欧諸国や中国、韓国、台湾、タイ、フィリピンなどのアジア諸国も入賞し、健闘をしていました。残念ながら、日本から参加した2チームは初戦で敗退してしまいました。バルマーの伝えていたメッセージの発想力、パッションや粘り強さをより持てるようになることが、世界と対等に戦うためには重要ではないかと感じました。 表彰されるだけが、イマジンカップではありません。世界の課題をITで解決できること例として、昨年のイマジンカップに参加をしたチェコ共和国のGINAというプロジェクトをやっていたチームが、今年のイマジンカップの表彰式で紹介されました。GINAは、Geographical INformation Assistant、つまり地図情報支援プログラムを意味しています。このプログラムは、携帯電話とBingTMを活用することで、緊急時の救援チームの救援活動の連携をしやすくするもので、昨年のイマジンカップで表彰されることはありませんでしたが、NPOのHand for Help Europeの協力により、チェコの救援隊がハイチや東日本大震災で救援活動を行う際にGINAを活用したそうです。 このように、ITによって世の中に役に立つプロジェクトがイマジンカップの学生からもっと出てくることを期期待しています。 イマジンカップは、全世界の学生が参加する機会なので、参加した学生が開催国の文化や商習慣を理解したり、各国の学生が交流する機会の”Cultural Day”が毎年必ず設けられています。 ”Cultural Day”は、第3回目の日本大会よりスタートし、当時は横浜の三溪園を貸し切り、参加した各国の学生が日本文化を体験できる機会を設けました。今回は、アメリカの歴史を象徴するエリス島とリバティー島でアメリカの歴史を体験する機会を設けました。エリス島は、1954年までの約60年間に、移民した人々が、米国に最初に上陸した場所で、移民博物館があります。また、リバティー島は、自由の女神があります。イマジンカップに参加した学生は、ニューヨーク市の協力により、両島を貸し切って、アメリカの歴史を体験するのみならず、各国の学生と交流しながら、エリス島から見えるニューヨークの夜景を楽しみました。 なお、最終日の表彰セレモニーでは、ニューヨーク市のブルームバーグ市長も参加し、学生たちに熱いメッセージメッセージを送り、そして来年の開催地が、オーストラリアのシドニーに決定したことも発表されました。表彰セレモニーを見ながら、来年こそ、日本チームがより良い成績を残せるように、引き続き日本マイクロソフトとしての支援活動にも工夫をしていければと感じました。 ブルームバーグ市長がイマジンカップの表彰式に登場 イマジンカップに参加した日本チームが成田で解団式を実施。参加した学生、引率の先生、サポーターの皆さんの充実の笑顔! イマジンカップの様子に関する映像は、こちらをご覧ください。イマジンカップ世界大会関連の情報は、英語になりますが、こちらをご覧ください。また、イマジンカップの日本チームに関するFacebookは、こちらをご覧ください。  


若者がITで未来を変える – イマジンカップ世界大会

みなさん、こんにちは、技術と開発を担当している加治佐です。 学生のITコンテストであるイマジンカップ世界大会が、7月8日から1週間にわたりニューヨークで開催されました。環境、医療、教育などの世界的課題をソフトウェアで解決するプロジェクトを競い、各国の予選を通過した70カ国400人の学生が参加し、日本からも2チームが参加しました。 私自身は、4年前から日本の国内予選に審査員などとして参加をしてきていましたが、今回、初めてイマジンカップ世界大会に参加しました。 オープニングセレモニーでは、弊社CEOのスティーブ・バルマーが基調講演を行いましたが、その中で、以下のスライドが印象的でした。発想力と熱意が重要であるのに加えて、”Be Tenacious”(粘り強くやれ)というのが重要であると、学生に語りました。バルマーは、ここ数年、マイクロソフトの社員に対して “Long Term Tenacity”(長期にわたる粘り強さ)が重要だと伝えており、イマジンカップ世界大会に集まった未来を変える学生に対する彼自身の大きな期待を伝えました。   厳しい日本大会の選考を勝ち抜いた日本の2チームは、イマジンカップ世界大会に向けて、英語でのプレゼンテーションに苦しんでいたようですが、最後10日ぐらいの追い込みの努力と成長はすさまじいものでした。イマジンカップ世界大会では、2ラウンド勝ち進むと決勝ラウンドに進出できます。日本チームの1次ラウンドでのプレゼンテーションは、ベストを出し素晴らしいものでした。しかしながら、世界の壁は厚く、残念ながら2チームともに、1次ラウンドを突破することができませんでした。 上位に残ったチームに目を向けてみると、優れた発想力、高い熱意、粘り強さを感じさせるプロジェクトが多く見受けられましたが、これら3点では到達できないレベルの本格的なプロジェクトも多く、印象的でした。マイクロソフト製品の発では、アルファ版、ベータ版、リリース候補版、最終リリース版というマイルストーンを経て、開発プロジェクトを行いますが、上位チームの多くが、本格的な製品開発モデルを実行しながら、実使用を行うベータ版での十分なフィードバックを得て、フィードバックを最終的なプロジェクトに反映しています。しかも、チームによっては、この一連の開発サイクルを2回、3回と回した、Version 2や3となるプロジェクトを持ってくることでレベルを相当高いものにしていました。 毎年、レベルの向上が著しいイマジンカップですが、今後もこのような傾向が続くかについては、転換点にあるような気がします。今回も多くのプロジェクトが、新しい技術であるWindows Azure™やWindows Phone 7、KINECT™などを活用しましたが、これらを更に飛躍させるにはHTML5やJavaScriptをはじめとした最新のWebの技術の活用が不可欠です。今後は、クラウドや様々端末やデバイスの技術を活用し、Web 技術を積極的に取り入れて、プロトタイピングをしながらフィードバックを迅速に取り込みながら完成度を高めるという発想力を活かした短いサイクルでの開発プロジェクトが上位に食い込む傾向が出てくると思います。 イマジンカップに出場する多くの若者は、子供の頃からITを生まれた時からITを使いこなす「デジタルネイティブ」の世代ですが、最新の技術を積極的に活用しながら、これまでにない発想でイノベーションを起こします。将来にわたる新しい世代によるイノベーションが楽しみです。   写真:イマジンカップ 2011 各部門の優勝チーム


教育でのICT利活用を通して日本の発展に貢献したい!

はじめまして。2010年7月に文教ソリューション本部長に就任しましたミシュラ マニッシュです。 私の名前を見て「出身はどこだろう?」と思われた方もいらっしゃると思います。私は、インド出身の日本人で約4年前に日本に帰化しました。日本国籍を取得した際に、私は、日本の発展に貢献していきたいと心に決めました。今、マイクロソフトにおいて、日本の教育分野の発展に向けたお手伝いをさせていただいています。私は社会にとって有益であり、更なる発展に貢献できるとても大切な分野に携わることを光栄に感じています。 私がこれから文教分野において学んでいかなければならない事はたくさんあります。 私は、部門のミッションとして、「日本の学生と教育者の限りない可能性を引き出す」を掲げており、日々の仕事の中で、ミッションを実現していくことを楽しみに感じています。ミッションは、別の言い方をすると、学生や教育者の生産性の向上に向けた目的を理解すること、具体的には大学の抱えるさまざまな課題、教育分野での有効なテクノロジーの使い方、いつでもどこでも学習できる環境の推進、教職員のICTスキルの向上など様々な取り組みがあります。 私が思うに、生産性を向上していくには、教育機関にマイクロソフト製品を販売するだけではなく、教育機関の現状や課題をよく理解して、より良い教育環境を整える為の手段として製品を提供する事が重要だと思います。また、学校や大学などの教育機関は、良い人材を育てる基盤であって、国の経済の成長にも関与してくる存在だと信じています。 教育機関の抱える課題を、ICTの利活用により、最善の方法で解決する事に貢献していくことで、国の生産性や経済の発展に直接的な影響力を持っているのではないかと考えています。 多くの国の学生達は、学ぶ過程においてICTを有効に活用しています。情報をリサーチする際に、本の代わりにネットでの検索、PowerPointを使ってのプレゼンテーションの制作、Wordによるレポート作成、友人や教師へのメールなど活用範囲は広がっています。 ICTを使用した教育について、大変面白い事例をご紹介しましょう。 今年の9月にシンガポールへ出張した際に、ある先生とお話をする機会がありました。その先生は、インスタントメッセンジャーを利用して、いつでも生徒がオンラインで質問ができるニュートンのアバターを制作しました。生徒は、物理の課題に関する質問を教師に直接する代わりに、このニュートンのアバターのチャットを通じて質問を投げかけるようになりました。アバターに寄せられた質問は、「なぜ、リンゴは地面に落ちるのか?」といったものから「あなたの好きな食べ物は何ですか?」といったものまで様々でした。このアバターが登場してから、その学校の物理のテスト結果が昨年に比べて6ポイントも向上したそうで、生徒はこのアバターニュートンから学ぶという経験を楽しんでいます。 アバターが回答できないような質問があった場合には、物理の教師によってデーターベースがアップデートされます。これは、ITを使った教育の素晴らしいケースであると思います。将来このシンガポールの学校から優秀な物理学者が誕生することも想像できますね。 さて、IMDワールドコンペティティブイヤーブック2010において、日本はトップ20から脱落して現在27位となっています。シンガポールは1位、中国は18位、韓国は23位です。この競争の中で、日本は危機的な状況にあるといわなければなりません。過去20年間、景気は停滞しているにも関わらず、私たち日本は、韓国や中国に比べて経済的な緊急対策も、教育分野での改革も十分ではなかったのではないかと思います。 私はあえて「私たち」と呼びます。これは単に政府だけの責任でもないと思うからです。日本の小学校、中学校、高校の児童生徒に注目した場合、平均でたった16%の子どもしか自分用のPCを持っていません。韓国では約40%の生徒が自分のPCを持っています。親が子供たちにPCを与えない理由として、子供が有害なサイトへアクセスすることに対する心配やセキュリティへの不安があげられると思います。しかし、それを考慮したとしても、学校だけでPCを使用している生徒に比べて自宅でもPCを活用している生徒の方がITをより効果的に学習に取り込んでいる傾向があります。 マイクロソフトは全ての子供たちが、最高の教育を受ける権利があると考えます。 しかし、教育改革へのチャレンジは一つの組織だけで解決できるような問題ではありません。公的な機関や民間が協力し合うことが、今一番重要だと受け止めています。インターネットセキュリティー対策として、弊社はハードウェアとソフトウェアパートナー企業様と協力して、小中高生に特化して作られたStudent PCを提供する予定でいます。Student PCは、特別なセキュリティ機能を搭載していますので、保護者がご心配される有害サイトや広告からお子さんを守ります。次回のブログにて、Student PCについてもっと詳しくお知らせしたいと思います。 私の初めてのブログをお楽しみいただけたでしょうか?今後も、本ブログを通して、文教ソリューション本部の企業市民活動などについても紹介していきたいと思います。