日本マイクロソフト 教育分野における方針と新施策を発表

日本マイクロソフトは、マイクロソフトの企業ミッション「地球上のすべての人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする」のもと、日本における目指す企業像として「革新的で、安心して使っていただけるインテリジェントテクノロジを通して、日本の社会変革に貢献する」を掲げています。そして、この企業像に少しでも近づくべく、日本の社会変革の一助となるような取り組みをお客様、パートナー様と進めています。


AI を活用して障碍を持つ人々を支援

Posted by:ブラッド スミス (Brad Smith) マイクロソフトは、テクノロジの進化こそが、社会が直面する重要課題を解決するための強力な支援であると考えています。これが、マイクロソフトが昨年、気象、水資源、農業、生物多様性などの地球が直面する課題の解決に、人工知能(AI)を活用させるための総合的プログラム AI for Earth を発表した理由です。本日、シアトルで開催された 開発者会議Microsoft Buildにおいて、マイクロソフトはこのモデルを拡張した AI for Accessibility を発表しました。


AI とインテリジェントエッジが推進する未来の社会

[2018年5月8日] Posted by:フランク ショー (Frank X. Shaw) 世界はコンピューターであり、膨大なデータに満ちています。2020 年までに平均的な人は日々 1.5 ギガバイト、スマートホームは日々 50 ギガバイト、そしてスマートシティはなんと 日々250 ペタバイトのデータを生成するようになるでしょう。開発者にとって、このデータは膨大な機会を提供します。開発者は大きな力を得るとともに、責任を負うことにもなります。


AI には信頼が必要:AI の開発と活用にあたって重視すべき 6 つの倫理的要件を発表

[ブログ投稿日:2018年4月17日] ラルフ ハウプター (Ralph Haupter) Microsoft Asia プレジデント (本記事は LinkedIn に投稿されたものです) 人工知能 (AI) の技術開発は加速しており、ヘルスケア、教育、気候変動への対策、穀物生産など、人間のあらゆる営みにおいて大きな進化を遂げています。AI を人間の創造性と組み合わせることで、個人の可能性は最大化され、すばらしい成果を達成できるようになります。


AI 人材の育成に向け 4 月よりディープラーニングハンズオンセミナーを全国 5 都市で展開

2020 年までに 1 万人の AI エンジニアを育成 株式会社キカガク(本社:東京都豊島区、代表取締役 社長:吉崎 亮介、以下「キカガク」)と日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長:平野拓也、 以下「日本マイクロソフト」)は、2018年4月1日より、AIの企業導入に必要な知識とスキルを3日間で習得できる「ディープラーニングハンズオンセミナー」を全国5都市(東京・名古屋・大阪・札幌・福岡)で開催します。


2018 年は AI の年

[ブログ投稿日:2018年1月3日] Posted by:マイクロソフト アジア プレジデント ラルフ ハウプター (本ポストはハウプターのLinkedIn:https://www.linkedin.com/pulse/welcome-2018-year-ai-ralph-haupter/へ掲載されたものです) 過去の歴史からを振り返ると、真の意味での革新的な変化は、一つのテクノロジのブレークスルーによってではなく、複数の補完しあう要素が同時に発生することによって生じるものだと言えます。


Future Computed:AI とその社会における役割

[ブログ更新日:2018年1月17日] ブラッドスミス (Brad Smith)  プレジデント兼最高法務責任者 ハリー シャム (Harry Shum)  Microsoft AI and Research Group 担当 エグゼクティブバイスプレジデント マイクロソフトは新しい電子書籍「Future Computed:AIとその社会における役割」(“The Future Computed: Artificial Intelligence and its role in society”)を公表しました。私たちが前書きを担当し、私たちのチームが執筆に協力しています。


Microsoft Pix が 2 つの新機能を追加:パノラマ風景撮影と動画コミック変換

[2017年12月21日] マイクロソフトは、AIを活用した写真・動画編集アプリ Microsoft Pix for iOSに 2 つの新機能を追加しました。 一つ目は、広大な風景であっても、その全体を写真に収められるようにする機能 Photosynthです。Photosynth を使って、上下左右前後と風景の様々な場所を自由に撮影し、ひとつの写真としてまとめることができます。撮り残しがあっても、最初に戻って撮り直すこともできます。


インテリジェントなツールを求める人々に応える AI

[ブログ投稿日:2017年12月13日] Posted by:アリソン リン (Allison Linn)   インターネットの初期の時代を思い返してみましょう。おそらく、ウェブサイト、住所、電話番号などの特定の情報を見つけるために、あたかも電話帳のように検索エンジンを使っていたのでないでしょうか?


AI カメラアプリ Microsoft Pix がホワイトボードの撮影機能を向上

Posted by: ジョン ローチ (John Roach) Microsoft Pix は、iPhone を使って簡単に家族や友人の写真を美しく撮影できるように、当初から人工知能を活用してきました。そして、今回のアップデートで、ドキュメント、ホワイトボード、名刺などのより優れた写真を撮ることができるようになりました。カメラアプリの用途として、人や場所以外の写真も撮ることを考えれば、当然のアップデートとも言えます。