Merry Christmas!この年末年始は Windows デバイスで楽しもう!

  皆さんこんにちは。  日本マイクロソフトでコンシューマー向けの事業を担当している香山です。  本日はクリスマス イブですが、このクリスマスや年末年始のお休みを楽しみにされている方もたくさんいらっしゃることと思います。1年の中でもとくにわくわくする時期ですね。  ところで、皆さんは Windows デバイスに対して、どのようなイメージを持たれているでしょうか? ビジネスパーソンは仕事で、学生の皆さんは勉強でWindows PCを使っている、Office を毎日使っているという方々が多く、やはりWindowsといえば、ビジネス用のデバイス、といったイメージが強いのではないでしょうか。  この冬、そういったイメージを覆すかのように、様々な生活シーンの中で使うのに最適な、小型で軽量な8インチのタブレットから、ハイスペックな大画面のタブレットやPCまで多種多様なデバイスが発売され、さらには最新の Windows 8.1 搭載デバイスを使って、プライベートでも楽しんでいただけるコンテンツやサービスが充実してきています。    今回はそうした Windows デバイスとアプリなどを活用した、年末年始の過ごし方をご紹介します。  まずご紹介したいのが、ゲームデバイスとしての Windows です。スクウェア・エニックス様の二大タイトル「ドラゴンクエストX」と「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」が、Windows 8.1 に正式対応するとともに、「ドラゴンクエストX 推奨パソコン」および「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア推奨パソコン」として、各種Windows デバイスが選定されています。こうしたオンライン RPG を、タブレットや 2 in 1、デスクトップなど、ご自分のライフスタイルに合ったフォームファクターから選択いただき、楽しんでいただけるのは Windows デバイスならではの利点です。この他にも、「Halo: Spartan Assault」をはじめとする本格的なアクションシューティング、「出たな!!ツインビー」や「パックマン チャンピオンシップ エディションDX」等のカジュアルゲームなど、Windowsストア アプリも幅広いラインナップで充実してきており、Windows デバイスでゲームをプレイいただく環境が整っています。是非この冬は Windows デバイスでゲームを心ゆくまでお楽しみください。    また、クリスマスシーズン恒例となった「サンタ追跡サイト」もご家族で楽しんでいただけるコンテンツの一つです。この Web サイトは、タッチ操作に最適化されていて、Internet Explorer 11 のような最新のブラウザーを搭載したタッチ対応の PC/タブレットをお持ちの方は、直感的でより臨場感のある体験を楽しめます。タッチ操作で簡単にサンタの村を探検したり、ゲームを遊んだり、北アメリカ航空宇宙防衛司令部 (通称 “NORAD”)のサンタ追跡オペレーションセンターに Skype で電話したりできます。本日16時にNORADが追跡のスタンバイを開始、20時頃にサンタが出発するようです。  …


"Surface 表参道ショールーム" いよいよオープン!

             皆さんこんにちは。 本日 12 月 5 日、いよいよマイクロソフト製タブレット Surface のショールーム「Surface 表参道ショールーム」が、表参道ヒルズ 1F にオープンしました。本ショールームは、2014 年 1 月末までの期間限定で、表参道ヒルズの路面店として、アクティブなライフスタイルを持つ若者や女性などに Surface を体験いただき、Surface ブランドを広く認知していただくため、オープンしたものです。  オープン日となる本日、来日中のマイクロソフト コーポレーション COO のケビン ターナー、および日本マイクロソフト株式会社 代表執行役 社長の樋口 泰行によるオープニングセレモニーを報道関係者の方向けに開催しました。以下はその様子です。          本ショールームでは、9 台の Surface 2、2 台の Surface Pro 2 の合計 11 台のデバイスを展示しています。来店したお客様には、ご自分で Surface を試していただけるだけでなく、常駐のスタッフがキックスタンドやカラフルで着脱できるキーボードなど、他のタブレットにはない Surface の特長をご紹介します。さらに、プライベートをイメージしたソファー席と、ビジネスシーンを想定したデスク席を設置しており、ソファー席では Skype やエンターテイメント コンテンツの楽しみ方を、デスク席ではペンや充実したアクセサリを活用したビジネス利用をそれぞれ体験いただける、進化したタブレットによるライフスタイル提案型のショールームとなっています。販売店とは違った環境でぜひゆっくりと Surface を体験してください。   【Surface 表参道ショールーム 情報】 場  所:表参道ヒルズ メインビルディング 1F (東京都渋谷区神宮前4-12-10)…


年末年始 Windows タブレットを買うとお得な三大キャンペーンがはじまります。

        皆さん、こんにちは。  Windows 8.1 の提供が開始されて 1 カ月が経とうしていますが、Windows を搭載した魅力的なパソコンやタブレットが各メーカーから発表され、この年末に向けて様々な Windows タブレットをお買い求めいただけるようになっています。  “Windows タブレット”という言葉になじみのない方も多いと思いますが、Windows タブレットとは、タッチ操作によるタブレットとしても使え、キーボードやマウスを使っておなじみのデスクトップ画面で Excel、Word、PowerPoint などのアプリも使える、1 台 2 役の薄型軽量 Windows 搭載デバイスとお考えいただければと思います。画面サイズも 8 インチから大きな画面のタイプまで、多くの選択肢から選ぶことができます。  さらに Windows タブレットでは、カジュアルなゲームから本格的に楽しめる大作タイトルまで豊富なラインアップの Xbox Games をはじめ、仕事にも遊びにも使える Windows ストア アプリ、Xbox Video による映画や TV ドラマなど、オンラインストアからお好みのアプリやビデオをお求めいただくこともできます。プリペイド式のカード、Windows ストア ギフトカードを利用すれば、クレジットカードの情報を登録することなく、アプリやビデオを簡単に購入できます。    こちらの Web サイトの右上の検索ボックスから 公開中のWindows ストア アプリを検索できます。    今までのタブレットでは物足りない方、タブレットとノートパソコンの 2 台持ちは避けたい方、そしてタブレットもパソコンも両方欲しいと思っている方に、Windows タブレットがおすすめです。    本日より、以下に紹介させていただく 3 つのお得なキャンペーンも開始しますので、是非この年末年始に Windows…


Windows 8 Consumer Preview について

現地時間 2 月 29 日、バルセロナにおいて発表された Windows 8 Consumer Preview に関するより詳細な情報については、Windows blog の こちら のポストを参照下さい。なお、以下は該当ポストの日本語訳です。 ◇ Windows 8 Consumer Preview について つい先ほどバルセロナで発表がありましたとおり、本日 Windows 8 Consumer Preview がリリースされました。関心をお持ちの方はどなたでもダウンロードして試していただくことができます。このリリースには、ここ何か月もの精力的な作業が注ぎ込まれており、まだやるべきことは多いものの、新しいオペレーティング システムの進化を最新のプレビューとしてお見せできることを嬉しく思っています。私は Windows チームに所属しているライターです。この Windows Experience Blogでは、これから何週間かにわたって、Windows 8 に盛り込まれる要素、新しいオペレーティング システムの使い方のヒント、新しい Windows のプレビュー版で実現されるエンターテインメントや作業の新しい形などについての記事を投稿していきたいと思います。 刷新された Windows Windows 8 では Windows のエクスペリエンス全体が刷新されています。Windows 8 は、タッチ対応のタブレット、ノート PC、デスクトップ PC、オールインワン マシンなどを含め、さまざまなデバイスで動作するよう設計されています。Windows 8 は、すべてのアプリケーションやファイル、そして関心のある情報に瞬時にアクセスできるように設計されており、ナビゲーションにかかる時間を減らし、本当にやりたいことにより多くの時間を割くことができるようになっています。複数の Windows 8 PC 間を簡単に移動して、自分のファイルや設定にほぼどこからでもアクセスすることができます。優先的な入力方法としてタッチ操作に正式に対応すると共に、マウスとキーボードについても高速で滑らかなナビゲーションを実現しています。そして Windows…


マンデーメモ:2012年 CES 始まりました! スティーブバルマーCEOキーノートハイライトを紹介します

   皆さん、こんにちは。  米国時間の 1 月 9 日の夜、今年も CES の前夜祭として当社の CEO スティーブバルマーがキーノートを行いました。冒頭では、CES の主催者より、これまでのマイクロソフトの CES への貢献に関して感謝のコメントをいただきました。マイクロソフトでは 15 年間にわたってこの CES でキーノートを担当してきました。ビルゲイツが 11 回、スティーブバルマーが 4 回です。今回のキーノートのオープンニングでも流れた、過去のキーノートの歴史を紹介するビデオはこちらでご覧になれます。  今回のバルマーのキーノートの内容は、フルトランスクリプト(英語)とビデオギャラリーでもご覧になれますが、本ブログで その概要をご紹介します。  今年のキーノートは少しやり方を変え、サプライズ司会者として、Ryan Seacrest が登場し、バルマーにインタビューしていく形式で進行し、デモの担当者はその途中で登壇し、コメントや意見を述べました。  バルマーは、マイクロソフトのコンシューマー向け製品の強力なラインアップについて、そして、コンシューマーにとって便利で使いやすいテクノロジの統合に向けて当社が行なっている取り組みについて話ました。たとえば、Xbox 360®上で Bing®の音声サーチを使ってテレビの人気スポーツ番組を探したり(文字通り、Xbox 360 が探してくれます)、Kinect™を搭載した双方向のテレビ体験により、ただ番組を見るだけではなくエルモの世界に飛び込むことで、子どもたちのセサミストリートでの体験を魔法のように実現させます。  当社は多くのビジネスをパートナーと共に行なっています。そして、今日(米国時間 1 月 9 日)は一日中多くのニュースがありました。まず、水曜日(米国時間 1 月 11 日)には米国の T-Mobile のお客様が Nokia としては米国最初の Windows® Phone 実機である Lumia 710 を購入できるようになります。また、Nokia Lumia 900 そして HTC…


益々充実の Microsoft Office 2010、これからは OneNote が面白い!

 皆さん、こんにちは。オフィスプレインストール事業統括本部の宗像です。  昨年の 6 月に発売を開始した Microsoft® Office 2010 のコンシューマー向け出荷が 1,000 万本を超えました。これも皆様の製品への普段のご愛顧のお陰と心より感謝しております。  益々パワーアップしている Office 2010 ですが、今回は、今はやりのクラウドサービスを、個人や仲間で使い倒せるソフト OneNote®  をご紹介しましょう。Office 製品は広くご利用いただいていますが、OneNote の便利さを知っていただくにはまだまだこれからだと実感しています(ちなみに、OneNote のアイコンはこちらです)。          OneNote は、店頭で販売されている Office 2010 の Home and Business 搭載パソコンに予め入っている他、パッケージ版の Home and Business でも入手可能です。今お使いの PC で、「スタートメニュー」をクリック→「すべてのプログラム」をクリック→「Microsoft Office」をクリック後、以下の画面のとおり表示されていれば、OneNote をすぐ利用できます。             OneNote は、一言でいうと「万能デジタルノート」ですが、手書き文字、テキスト、ファイル、音楽・音声、写真、動画、Web の切り抜き、何でも簡単に貼り付けられるノートを想像してください。何冊もノートが作れて、ノートの中にはいくつかセクションができ、さらにセクションの中で何ページでも自由にページが増やせます。自分でまとめたいように、自由に情報をまとめておくことができます。OneNote の代表的な機能については、こちらにビデオで紹介していますので、是非ご覧下さい。  さらに、もう一つ。OneNote では、ソフトを使う時に必要な「保存する」という操作も必要ありません。書いたり貼り付けたりした内容は、設定しておけば、そのまま自動で、クラウド上の SkyDrive®  に保存されます(もちろん自分のディスクへの保存も可能です)。SkyDrive は、25GB の大容量が無料で使えるオンライン ストレージです。写真やドキュメントをオンラインで保存し、相手を選んで共有し、Web ブラウザーからアクセスすることができます。(実際の利用イメージ)              OneNote の強力な検索機能を活用し、検索したいキーワードを入れれば、テキストだけでなく、画像の中の文字も見つけてきてくれるので、整理が苦手でも OneNote があれば助かります。そして何よりも、SkyDrive に保存された…


いよいよ年末商戦!今年の目玉商品と新しいチャレンジ

   今年も年末商戦の季節になってきました。この時期になると登場するリテールビジネス事業担当の五十嵐です。今回もこの年末の目玉商品とこれから始まる新しいチャレンジについて紹介したいと思います。  まずはこの年末から始まる新しい広告キャンペーン  についてご案内します。これはGlobalで始める新たな取り組みで、今までのような製品ごとの広告キャンペーンではなく、Windows® 7を中心としてスマートフォンやXbox 360®を組み合わせてファミリーで楽しむシナリオに沿って大々的に展開するものです。これによってWindows 7によって広がるデジタルライフを訴求していきます。 また、店頭における新たなチャレンジとして商戦ごとのキャンペーンと連動したシナリオをPCフロアでしっかりと展開し新たな購入体験をお客様に提供したいと思っています。PCフロアにおいて様々なデバイスやクラウドサービスもシナリオに合わせて展示し接客が行えるようパートナー様と協業しながら準備を進めていますので、ご期待ください。  この年末商戦においてはWindows 7のキャンペーンに合わせて、パートナー様とWindows XP_PC買い替え促進施策を展開し、一人でも多くのお客様にWindows 7の体験をお届けしたいと思います。 さて、最後にこの年末の目玉新製品をいくつかご紹介します。  ご好評いただいているOffice 2010では11月11日にブルートラックマウスが同梱された「Office 2010 ボーナス パック」が1万本限定で発売されます。毎回好評のマウス付のお得パックで今年も店頭を盛り上げます。     そしてゲームでは、12月8日にいよいよ待望のXbox 360 Kinect™ 専用ゲームソフト 「Kinect:ディズニーランド・アドベンチャーズ」が発売します。   © Disney; © Disney / Pixar.  「Kinect スター・ウォーズ」と合わせて、年末商戦に向けてKinectを大きく盛り上げるべく大規模なプロモーション活動を行っていきます。 マウス製品では11月25日に人気のアーク タッチ マウスに2種類の限定色が発売になります。「White Mosaic」と「Red Quilt」の非常におしゃれな2色が限定で登場します。    まだまだこれ以外でもたくさん店頭を盛り上げる新商品やキャンペーンがたくさんあります。ぜひ店頭に足を運んでみて下さい。   


「楽しもう! Officeライフ」マイクロソフト オフィスのテンプレートで春の新生活を応援します

皆さん、こんにちは。マイクロソフトプレインストール事業統括本部の宗像淳(むなかたじゅん)です。 私たちの部署としては12月以来2度目のブログ投稿となります。 そろそろ市場には春モデルのパソコンが登場していますが、今回は「マイクロソフトオフィス」を使って皆さんの春の新生活を応援する「テンプレート春コレクション」の紹介をさせていただきます。 「テンプレート」ってご存知ですか? テンプレートとは、あらかじめデザインや文章が入ってレイアウトされた“ひな型”のことです。オフィスのテンプレートといえば、Word、Excel®、PowerPoint®、OneNote®などをより簡単に使っていただくためのひな型のことになります。写真や文章を簡単な操作で差し替えれば、オリジナルなものにカスタマイズできます。手間をかけずに、美しく簡単に仕上げることができる!それが今回提供させていただいているオフィステンプレートです。150種類ほどを公開していて、すべて無料でダウンロードできます。テンプレートを使ってまずは短時間にプロっぽい仕上がりを楽しんでください。  いろんなシーンを考えたテンプレートが盛りだくさんです。 「ステキ主婦になっちゃった!」「ぼくだって使いこなせるよ。」「キャンパスライフも、就活も、完ぺき!」「できるビジネスマンを目指そう!」こんなテーマだったり、はがき、レター、アルバム、カレンダー、シール・ラベル、ワッペン・Tシャツ、チラシ・POP、賞状・新聞、表・グラフ、履歴書・自己PR、子供学習・遊び、メモ・送付書、各種ノート、といった目的別のテンプレートだったり、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、キッズ、学生も社会人も、誰もが今すぐ使えるテンプレートを揃えました。 皆さん、マイクロソフトオフィスを使って、デザイナー感覚でチラシづくりなんてどうですか?情報収集、分析に大活躍の OneNote のテンプレートなら就活中の学生さんにもうってつけだし、多忙を極めるビジネスマンのよきパートナーにも。そんな便利なテンプレートはここからダウンロードできます。使い方のムービーや各種ヒントも満載なオフィス応援サイトです。 ところで、OneNote 2010 ってご存知ですか? Office Home&Business 2010 搭載のPCにインストールされているソフトですが、これがすごく便利なのです!必要な情報を簡単に1冊に集約できる、自由自在のデジタルノートとでも言えば良いでしょうか。 テキストメモ、音声メモ、ホームページの切り抜きメモなど、テキストも画像も音声も、さまざまな情報を思いつくままに一つにまとめて保存することができます。動画だって貼り付けることができます。貯めた情報は後からいつでも検索可能。ノートの中身や画像のなかの文字まで検索できてしまいます。簡単な計算なら式をワンノートに書くだけで答えをだしてくれます。もちろん複雑な数学の式を表現することも簡単! ホームページのコピーは OneNote が自動でURLも記録してくれます。友達や趣味の仲間とひとつのワンノートを共有することもできます。それに「保存」というボタンがありません、情報を貼りつけるだけで勝手に保存してくれます。 学生が講義のノートを作れば今までのノートは何だったのか?と思うでしょうし、ビジネスマンが情報の管理をすれば効率アップは間違いなしです。インターネットで調べた料理の情報を取り込んで自分なりのお料理レシピ集をつくったり、旅行の計画を練るときはいろんな旅行会社の情報を取り込んで比較検討したり、こんなことも朝飯前です。とっても簡単ですので、ぜひ一度使ってみてください。     OneNote はこんな↓↓イメージです。 


PCを活用したさらなるデジタルライフスタイルの推進に向けて

皆さん、こんにちは!!コンシューマー&オンライン事業担当の堂山です。 皆さんは日々 PC、携帯電話をどのようにお使いになっているでしょうか?分身のように、毎日必ず傍らにないと困ってしまう程大切なものになっているのではないかと思います。私達は Windows(R) 7、Windows Phone、MSN(R)、Windows Live(R)、Hotmail(R)、Bing(TM) といったコンシューマー向けの製品、サービスを、一人でも多くの方々に楽しく、そして生活に役立てていただけるように、マーケティングを中心に活動しています。まずは、コンシューマーの皆様の日常の生活、ライフスタイルを、デジタルを使うことによって、どのように豊かに出来るのか、楽しく出来るのか、効率良く出来るのか、を考え、いろいろなシナリオや活用方法を提案しています。最近ではスマートフォンやスレート型のデバイス等で、タッチユーザーインターフェースが多くなってきています。タッチは、Windows 7 の標準機能としてPCに搭載され、店頭でタッチスクリーン対応のディスプレイをご覧になった方も多いかと思います。こういった新しい機能を使った新しいPC活用の提案も私達のミッションです。 活動の一例を上げますと、100社以上の加盟会員会社を持つ「ウインドウズ デジタル ライフスタイル コンソーシアム」(WDLC)と共に、消費者視点でのPC活用シナリオの開発、共同マーケティングを行っています。現在は、「パソコンも地デジ力」のキャンペーンを、ネット上とリアル店舗の両方で展開しています。「パソコンも地デジ力」キャンペーンは、この秋冬の PCメーカー様の新商品ラインアップとも連動し、非常に盛り上がってきています。同時に2011年7月の地上波停波に向け、政府関係団体の応援も受けて、一層力を入れて行きます。皆様も地デジ対応テレビへの買い替えの際には、ぜひ地デジ対応PCも検討してはいかがでしょうか?きっと今までになかったテレビ視聴のスタイルが見つかるかもしれません。 そのほかにも今後のコンシューマー向け Windows の展開としては、1)携帯電話ショップ経由でのPC販売促進、2)キッズ向けPCマーケットの開拓・推進というものがあります。携帯電話ショップではスマートフォンの普及に伴い、単なる携帯電話の販売窓口から、PCを含めた情報機器と通信の双方の窓口へと変わりつつあるかと思っています。モバイル向けのPCを、携帯電話ショップの広範囲なカバーエリアで提供いただき、コンシューマーとの接点を作ることが出来ないかと考えています。また、日本では小学生・中学生・高校生におけるPC普及率が、お隣の韓国やアメリカと比較すると、まだまだ高いとは言えません。将来グローバルで活躍する子ども達にとって、教育課程の重要な時期からPCに触れ、使い、生活の一部にしていくことは国の教育力をあげるために欠かせないと信じています。こちらも大きく力を入れていこうと考えています。 私達はいつも「ものづくり」の原点である「コンシューマー意識・動向」(Consumer Insights)を知りつくすことに全力をあげています。今回はPCの話題を中心にお話ししましたが、今後は皆様へ様々な製品、サービスを通した、楽しいデジタル ライフスタイルを、このブログを通してご提案していこうと考えています。ぜひ楽しみにしてください。