マイクロソフトの広告ソリューション Windows 8/8.1 対応の Ads in Apps について

       皆さん、こんにちは。   アドバタイジング & オンライン統括本部の姜希仙(カン ヒーサン)です。  私たちの事業部は、マイクロソフトが運営している個性的で先進的なデジタル メディアを中心に、最先端のテクノロジやクリエイティビティを駆使した広告ソリューションを提供しています。このソリューションは、あらゆるユーザー層へのアプローチを可能にし、今までにない広告エクスペリエンスと高い認知効果、高いブランディング効果を実現しています。  最近では、Windows 8 / 8.1 に対応した Ads in Apps(アズ イン アップス)という新しい広告商品も提供し、PC に限らず、タブレットなどマルチデバイスへの広告配信が可能となりました。さまざまなシーンで、さまざまな人に、いつでも、どこでも、伝えたいメッセージをしっかりと伝えることができます。  今日は、そのような私たちの広告ソリューションの中から、この Windows 8 Ads in Apps の実例をご紹介したいと思います。  Windows 8 Ads in Apps は、Windows 8 のアプリ内で展開する、まったく新しい広告商品です。アプリならではのユーザーエクスペリエンスで非常にスムーズに動画の閲覧や画像の遷移を楽しむことができ、Windows 8 のユーザーインターフェイスの豊かな表現力にマッチした多彩なクリエイティブ表現が可能です。アプリ内でシームレスに見られる動画や画像は、ユーザーの意識を他にそらすことなく広告コンテンツへ引き込み、フルスクリーンによる広告展開が可能なため、高い認知効果とブランディング訴求を可能にします。ユーザーフレンドリーなデジタル広告の革新的なプラットフォームです。  今回ご紹介するのは、日本航空株式会社様による「先得」キャンペーンと、トヨタ自動車株式会社様の「PRIUS PHV」キャンペーンの事例です。  日本航空株式会社様は、Windows 8 Ads in Apps と、Web 上で展開するリッチメディア広告を組み合わせ、デバイスをまたいで幅広いユーザーにリーチできるブランド体験型広告を実現されました。   ■ 日本航空株式会社様 【先得】キャンペーン事例 <Windows 8 Ads in Apps Carousel Ad (カルーセル…


カンヌ国際広告祭へ参加:テクノロジとクリエイティブの融合

   皆さん、アドバタイジング&オンライン統括本部(A&O)の原です。    南仏コートダジュールのカンヌと言ったら皆さんはどんなことを想像されるでしょうか?真っ青な地中海と燦々と輝く太陽、ビーチパラソルと白い砂浜、ワインに新鮮な魚介料理、そして映画スターが豪華に集うカンヌ映画祭。どれも当たっています。ただ意外に知られていないのが、この地で行われる世界の広告業界最大のイベント、カンヌ国際広告祭です。規模的に言えばカンヌ映画祭をも凌駕しており、今年も10,000人以上の広告業界に携わるプロフェッショナルが参加し、大変な盛り上がりを見せました。イベント会期中のホテルはほぼ満杯、レストランも予約で一杯、そして、深夜まで各社主催のパーティがビーチ沿いの特設会場で繰り広げられます。マイクロソフトもMicrosoft Beach Clubをビーチ沿いに設営し、準備万端でお客様をお迎えしました。  カンヌ国際広告祭は1954年6月開始以降、今年で58回目となります。広告賞を15種類の各分野(Film/Press/Outdoor/Radio/Direct/Cyber etc.)に分け、それぞれグランプリが世界中から選抜された審査員によって決定されます。1998年インターネットを対象としたCyber部門が創設されて以来、マイクロソフトはこの”Cyber Lions Award”のスポンサーを11年間連続して務め、インターネット広告のクリエーティビティの成長に貢献してきました。    今回私はこのカンヌ国際広告祭に日本からお客様をお連れしました。2回目の参加でしたが、今年もマイクロソフトが主催する各種ビジネスカンファレンスや本社幹部とお客様とのインテラクティブなセッション、最先端の技術や新規サービスのアイディアに触れて頂くエクスペリエンスセンター、Award授賞式への出席等、盛りだくさんの内容(勿論美味しいワインと地中海料理も)でお客様も大変満足されて帰国されました。Media person of the yearにはTwitterの共同創業者、Jack Dorseyが選ばれるなど、ソーシャル系のパワーは今年も健在です。特別賞はナイキの”Just Do It”キャンペーンの企画で有名なクリエーティブエージェンシー、Weiden + Kennedyの共同創業者 Dan Weidenでした。そして今年のトリは元米国大統領のビル クリントンによるNGOによるChange the worldという内容の素晴らしいスピーチでした。  公式セミナーの2日目はマイクロソフトChief Marketing Officer、Chris Caposselaが登壇し、Device Love: Where technology and creativity converge というタイトルでWindows® 8をはじめとした各デジタルキャンペーンなどについて熱く語りました。個人的に印象に残ったセミナーはCoca Cola CMのJoseph Tripodiによるもので、4つのCore strategy(Share the value/Engage the market/Become cultural leader/Create a network advantage)の下、各種具体的なマーケティングキャンペーンについて触れConsumers own the brand、Coca Cola engage…


テクノロジーで広告が変わる ~日本最大のデジタル広告のイベントad:tech(アドテック)東京へ参加

  皆さん、こんにちは、日本マイクロソフトでデジタル広告事業を担当しているアドバタイジング&オンライン統括本部(A&O:社内では全世界共通でこう呼びます)の原です。    日ごろなじみがない方も多いと思いますが、我々A&Oは当社の2012年度(7月開始)に誕生した新組織で、ポータルサイトであるMSN®のディスプレー広告の販売やBing®による検索事業によって収益を生み出しているマイクロソフトの中でもユニークな事業を展開しています。コンシューマーインターネット事業(コンテンツ・コミュニケーション・コラボレーションサービス)においてグローバルなリーダーとなることが至上命題ですが、そのマネタイゼーションのエンジンとして現在デジタル広告は大変重要なミッションを背負っています。この分野を更にスピード感を持って伸ばし、深めていくことを目指し、社長樋口へのダイレクトレポートとなる戦略的組織です。デジタル広告の業界は、グローバル規模での強大な競合がひしめく大変競争の厳しいい、動きの早い業界ですが、最先端テクノロジーと質の高いクリエーティブを融合させることで、マイクロソフトならではのソリューションを提供し、新しいデジタルマーケティングの世界を築くべく、部門社員一同日夜奮闘しています。 さて、10月27日・28日の2日間、日本最大のテクノロジーxアドバタイジングのイベントである ad:tech 東京が開催されています。今年は1万人以上の広告業界のキーマンが一堂に会し、様々なテーマについて熱い議論が繰り広げられます。当社はad:techの日本での初めての開催であった2009年からダイアモンドスポンサーとして開催母体であるDMGと共に当イベントの育成に手を貸してきました。今年はリアルタイムに広告枠が買える次世代型広告マーケットプレースである、アドエクスチェンジや伸長著しいソーシャル広告、デバイスの多様化が急速に進む中でスマートフォン向け広告ソリューション等が旬のトピックです。当社も電通グループと戦略的に提携し、Windows AzureTM Platformを利用したソーシャルマーケティングのサービス「SocioBridge」を発表し、クラウドをどうデジタルマーケティングで活用するのかというテーマに一石を投じます。また先日発表のあったSkypeの統合により、より広いコンシューマーにリーチできることになり、新しい広告ソリューションの可能性が広がることと期待しています。スマートフォン向けのリッチ広告やコマース特化型のソーシャルサービスといった最先端の各種ソリューションも現在鋭意開発、準備中ですのでご期待下さい。デジタルマーケティングの明日を皆さんと共に築いていくこと大変楽しみにしています。  マイクロソフト ブース Microsoft Innovation Lounge sociobridgeデモコーナー 熱心に情報収集される参加者の方々 Windows® Phone セッション