お客様を支援する:マイクロソフト決算の背後にあるイノベーションストーリー


[ブログ投稿日:2018年7月19日]

ジャドソン アルソフ (Judson Althoff)
Worldwide Commercial Business
エグゼクティブバイスプレジデント

イラストレーション:エリ ノイゲボーレン (Eli Neugeboren)

マイクロソフトの第 4 四半期の決算報告では、すべてのセグメントにおいて、企業向けクラウドテクノロジがお客様のイノベーションを推進し、2 桁の収益の成長を達成できました。最近では、GEPGANBAMarks & SpencerStarbucksInMobiBayerTelefonica といった企業が、クラウドと AI(人工知能)を活用して、従業員と顧客にいかに素晴らしい体験を提供しているかを公開しました。様々な業種とソリューション分野における新たな事例の一部を以下でご紹介します。

今週、マイクロソフトは、ウォルマート優先的なクラウドプロバイダーとなり、小売業におけるデジタルトランスフォーメーションを推進する戦略的パートナーとなることを発表しました。5 年間にわたる契約により、ウォルマートは、同社のブランドファミリーを通じた標準化推進のために、Microsoft Azure や Microsoft 365 といったマイクロソフトのクラウドソリューションを全社で活用することを選択しました。クラウド、AI、IoT の広範なソリューションを活用することで、同社は、顧客の利便性を飛躍的に高め、従業員がベストを尽くせるよう支援するというミッションをさらに推進します。

マイクロソフトは、Campbell Soup Company が Microsoft Azure を採用したことを発表しました。長きにわたり愛されているスープとスナックのメーカーである同社は、グローバルなハイブリッドクラウドソリューションを活用してITのトランスフォーメーションを推進する計画です。Campbell は、自社の常時稼働する IT の柔軟性、俊敏性、信頼性を強化し、従業員にカスタム化された情報と洞察へのリアルタイムアクセスを提供し、複雑なサプライチェーンの最適化を行うために Azure を選択しました。

また、今週開催された Microsoft Inspire において、Carlsberg の代表に登壇いただき、同社の現行のデジタルトランスフォーメーションを紹介いただいたことを大変うれしく思っています。Carlsberg Group は、171 年にわたり、より良い今日と明日を目指してビール醸造を行ってきました。現在、この著名なビールメーカーグループは、Azure 上で AI と IoT を活用し、ビール醸造により多くの科学的知見を適用し、製品開発を加速し、品質を向上するための “Beer Fingerprinting Project” を展開しています。

Inspire のステージで、マイクロソフト CEO のサティア ナデラ (Satya Nadella) は、Walt Disney World Resort のテクノロジと自然保護担当チームがマイクロソフトと協力し、ムラサキツバメと呼ばれる鳥向けの「世界最小のスマートフォーム」を開発していることを紹介しました。ムラサキツバメは、毎年、南米と北米を移動して雛を育てるユニークな鳥ですが、その数は減少しています。Disney の Animal Kingdom に巣箱を設置し、コンピュータービジョンとモデル開発に Azure IoT Edge を活用することで重要なイベントを認識できるようになりました。また、Disney の科学者たちは、施設を訪れる若い世代の自然保護主義者たちを触発できるようになり、ムラサキツバメの繁殖についてこれまでにないレベルの知見を得ることができました。さらに、来場者向けに新たな体験を提供し、ムラサキツバメの良い両親になるためにどうすべきかをタブレット上で学べる拡張現実ゲームも開発しました。

Azure Sphere の最初のお客様の事例を見ると Azure IoT が勢いを増していることがわかります。Sub-Zero & Wolf は、70 年以上にわたり、食品の保存と調理の分野で数多くのイノベーションを行ってきました。食洗機の新ブランド Cove により次のイノベーションの展開を狙う中で、同社は繋がった製品によりパーソナライズされた体験を提供する機会を追求し始めました。機器の使用期間全体で安全性を確保することが最優先事項であるため、同社は、将来の製品のあらゆる階層における総合的な安全性管理を行えるソリューションとして Azure Sphere を活用する計画です。

今日のワークプレースソリューションの領域でも、企業のお客様における勢いが継続していることがわかります。Eli Lilly の約 4 万人の従業員のミッションは、人々がより長く、健康的で、活動的な生活を送れるよう支援するための医薬を作り出すことです。同社が新薬の発見と開発に、科学者と他部門間、グローバルな医師のネットワーク、医療研究者、そして、ヘルスケア組織のコラボレイティブなアプローチを採用したのはこれが理由です。同社は、数 100 箇所の拠点と組織の研究者を結び付け、ワークフォースを真に支援するために Microsoft 365 を採用しました。

Windows 10 と Surface のビジネス全般において、お客様は適切なデバイスの活用によりワークプレースを活性化しています。メルボルンに拠点を置く土木建設鉄道の大手企業である John Holland は、 LTE を備えた 1,200 台の Surface Pro を採用し、広範囲に存在する建設現場の労働者を支援しています。携帯電話網と Wi-Fi を活用することで、Surface デバイスは、労働者をシームレスに結び付け、設計図や文書などの重要な情報現場に提供できます。同社は、Microsoft 365 E5 のお客様でもあり、Surface Hub と Surface Book 2 デバイスを展開しています。マイクロソフトのワークプレースソリューションによる標準化を行うことで、John Holland は従業員の体験を向上し、顧客に高水準のサービスを提供できるようになりました。

第 3 のクラウドである Dynamics 365 への投資が拡大する中で、マイクロソフトは様々な業種のお客様への価値提供を継続しています。グローバルな石油ガス産業向けのテクノロジ、機器、サービスの大手プロバイダーである NOV (National Oilwell Varco) はワールドワイドのセールスとフィールドサービスのネットワーク向けに Dynamics 365 を展開しています。これにより、NOV は、ビジネスプロセスを合理化し、フィールドサービスにモバイルファーストアプローチを採用することで、生産性を最適化し、ダウンタイムを最小化することができました。NOV はその顧客にカスタマイズされた最上級の体験を提供するために最先端のテクノロジに投資しています。

あらゆる業種において、企業はデジタルビジネスを拡大しています。ここで挙げた各社は、顧客体験を変革し、従業員の創造性とコラボレーションを支援し、業務を革新し、新製品を市場に投入するために、マイクロソフトのソリューションを選択した先進的事例の一部に過ぎません。

---

本ページのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。正式な社内承認や各社との契約締結が必要な場合は、それまでは確定されるものではありません。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。


Skip to main content