三菱UFJフィナンシャル・グループ主催「MUFG Digital アクセラレータ (*1)」 第 3 期に ICT PARTNER として参画


[2018年4月5日]

Posted by: 綱田 和功
日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員 金融サービス営業統括本部長

日本マイクロソフト株式会社は、 2018年2月14日に発表した グローバルスタートアップ支援の新プログラム 「Microsoft for Startups」(*2) における重要な活動の一環として、三菱UFJフィナンシャル・グループが主催する 「MUFG Digital アクセラレータ (*1)」 に第3期に ICT PARTNER として参画します。

日本マイクロソフトは、まだ世の中にはない革新的な技術、サービス、事業を創造するコンセプトに賛同し、2015年にスタートされた 「MUFG Digital アクセラレータ」 1期目からICT PARTNERとして協賛しています。これまで、日本マイクロソフトは計7社のスタートアップに支援を実施しました。現在、マイクロソフトの提供するクラウド技術が評価され、本ビジネス展開では5社でMicrosoft Azureを活用されています。今回3期目の協賛にあたり、グローバルスケールでの支援プログラム 「Microsoft for Startups」 をベースにした新たな支援を予定しています。

今後も日本マイクロソフトでは、日本経済の活性化ならびに、グローバルで存在感を放つ日本発の新たなサービスの創造に向けてあらゆる企業を強力に支援してまいります。

「MUFG Digital アクセラレータ」 では、これまで幾つもの新たなサービスや事業が生み出されており、今後も日本マイクロソフトは 「MUFG Digital アクセラレータ」 を通じ、スタートアップと活動することで、日本経済の活性化ならびに、グローバルで存在感を放つ新たなサービスの創造を支援します。

*1 「MUFG Digital アクセラレータ」について
ICTの進展は、従来の金融サービスを大きく変え始めています。三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)では、こうした環境の変化に応じてフィンテック(金融ビジネスモデル+技術)やその他の先端技術をいち早く活用し、オープンイノベーションによる革新的な金融サービスの創造に取り組んできました。 MUFG Digitalアクセラレータは、MUFGが2015年に設立した邦銀初のスタートアップアクセラレータ・プログラムです。本プログラムでは、MUFGグループの総力をあげて、事業プランのブラッシュアップ、プロトタイプの構築支援、事業プランの方向性に合わせたパートナー選定、アライアンスなど、事業化に向けたステップを全面的に支援し、新たな事業の立上げに向けて共に取り組んでまいります。

「MUFG Digital アクセラレータ」公式Webサイト
https://innovation.mufg.jp/accelerator/

*2  グローバルスタートアップ支援の新プログラム 「Microsoft for Startups」 について
従来「Microsoft BizSpark」で提供していた、スタートアップへの開発環境、技術支援、ビジネス・マーケティング支援を一段階上のレベルへと進化させました。国内だけでなくグローバルスケールでの販売支援、エンタープライズのお客様へのご紹介や国内外のスタートアップエコシステムへのネットワーク支援を強化致します。特に販売支援については競合のクラウドサービスプロバイダのスタートアップ支援プログラムとは一線を画す内容です。マイクロソフトは今後2年間、これらの販売支援、技術支援、エコシステムのコラボレーションを促す新しいコミュニティスペースなどに$500 million (約500億円)をコミットしています。

 

---

本ページのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。正式な社内承認や各社との契約締結が必要な場合は、それまでは確定されるものではありません。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。


Skip to main content