金融サービス業界がデジタルトランスフォーメーションに Microsoft Cloud を活用


Posted by: トニ タウンズウィットリー(Toni Townes-Whitley)

金融サービスの組織は重要な変革の局面にあります。俊敏な破壊的変革者、複雑な規制、デジタルネイティブの顧客などによる市場からの厳しい圧力に直面し、業界におけるテクノロジの変革が不可欠になっています。そして、それが競合優位性に結びつく可能性もますます高くなっています。この新時代に向けた変化を先導する企業は、新しい働き方文化を育成し、顧客体験を変革し、業務を最適化し、商品のイノベーションを推進しています。そして、未来のデジタル世界でのリーダーを目指す取り組みにおいて、マイクロソフトのクラウド、AI、ブロックチェーンのテクノロジを活用しています。Bank of America、三井住友銀行、TD Bank、Credito Agricola は、この世界全域で起きているデジタル トランスフォーメーションに乗り出した組織の例です。

来週開催される、金融サービス業界向けの世界屈指のイベントである Sibos において、変革を推進するビジネスリーダーの皆様、マイクロソフトの同僚と共に私も講演します。ここでは、マイクロソフトのお客様とパートナーが活用しようとしているシナリオとソリューションをご紹介します。

新たな働き方文化の育成

デジタル文化の育成はパラダイムシフトであり、金融機関も対応せざるを得ません。このような文化のシフトを迅速に開始するために、あらゆるワークスタイルを効率化できるワークプレースの設計が必要です。すなわち、体験の向上のためにデジタルなインテリジェンスを活用でき、創造性を最大化でき、組織、人々、情報のセキュリティを維持しながらモバイル対応を実現できるワークプレースです。最新のツールを使用することで、第一線のワーカーからバックオフィスに至るまであらゆる従業員が最善の仕事をできるようになります。

Bank of America 様は、 20 万人以上の従業員の一部に向け、最新のクラウドベースのプロダクティビティとコラボレーションのツールとして Microsoft Office 365を採用し、お客様に今まで以上に優れたサービスを提供できるようにするためのデジタル文化を作り出しています。

State Bank of India は、200 年の歴史を持つ金融機関であり、23,423 箇所の営業拠点から国内の最遠隔地も含めて 5 億件以上の顧客口座を扱っています。同行は、その 263,000 人の従業員に向けて最新のワークプレースを提供するためにマイクロソフトと協業し、ワークフォース間のコミュニケーションとコラボレーションを強化するために Office 365 を採用しました。同行は、マイクロソフトが高水準のセキュリティ、コンプライアンス、規制準拠を維持しつつ、従業員に対して最善のプロダクティビティ体験を提供していると考えています。

Emirates NBD 様は、デジタルトランスフォーメーションの取り組みにおいて Office 365 と Surface Hub を選択し、従業員に向けてよりクリエイティブでコラボレーティブな職場を作り出しています。

顧客体験の変革

顧客体験は大きく変化し、今後もテクノロジの変化に合わせて変化し続けていきます。金融サービス企業にとっての重要課題は、あらゆる局面において自然で、カスタマイズされ、楽しさをもたらすやり方で顧客とつながっていくことです。革新的企業は顧客データを活用して、重要な洞察を獲得し、市場で成功していくための体験を作り出していくでしょう。

TD Bank 様は長きにわたり優れた顧客サービスで知られており、高く評価されている対面型体験と同等の体験を自宅、外出先など顧客がどこにいてもデジタルで提供することを目指しています。1,200万人以上のデジタル対応した顧客、そして、テクノロジの進化と共に高まる期待により、同行はあらゆるタッチポイントで高品質のサービスを提供するために、Microsoft Azure とデータプラットフォームサービスを活用しています。

三井住友銀行様は、従業員の業務効率化とワークスタイル変革を実現し、デジタル トランスフォーメーションを推進するために、マイクロソフトのパブリッククラウドを採用されました。AzureやOffice 365を活用したセキュアで生産性の高いオフィス環境の構築に加えて、The Microsoft Cognitive Toolkitを活用した対話型自動応答システムの導入や、邦銀として初となるMyAnalyticsの採用など、AIを積極的に活用したワークスタイル変革にも取り組んでいます。

業務の最適化

業務アプリケーションなどの機能をクラウドに移行していくことはデジタル トランスフォーメーションの取り組みにおける重要なステップです。これにより、金融機関は多大な経費削減を達成し、より革新的で付加価値が大きいサービスへの再投資が可能になります。また、業界の破壊的変革者に対抗できるだけの俊敏性も獲得できます。

UBS 様 はリスク管理のプラットフォームとして Azure を採用しました。リスク管理には、日々数百万件の計算をオンデマンドで行うための膨大な計算能力を提供するテクノロジが必要です。その結果、計算時間を 100 パーセント高速化し、インフラのコストを 40 パーセント削減し、数分間でほぼ無限の規模拡大が可能になりました。これは、同行が資本をより有効に活用でき、従業員が顧客のためにより迅速に正確な意思決定を行えるようになったことを意味します。

Société Générale様 は、Azure のハイパフォーマンスコンピューティング機能を使用して、重要なフロントオフィス機能である信用評価調整 (CVA) のイントラデイ計算を行っています。これにより、コスト効果が高く、ほぼ無限のオンデマンドコンピューティング能力が実現されました。

商品イノベーションの推進

商品そしてビジネスモデルのイノベーションにより、組織はデータを戦略的資産として活用し、事後判断から事前予測へとシフトし、手作業を自動化し、顧客にパーソナリゼーションを提供することで、差別化を達成し、新たな市場機会の獲得が可能になります。

Crédito Agricola 様は、オープンな銀行業務が金融サービス業界の将来の標準になると考えています。同行のオープンな銀行業務を目指すデジタル戦略では Microsoft Cloud を活用して、規制準拠を維持しつつ、顧客を満足させるシームレスでスムーズな対話を提供しています。同行は、API 管理ゲートウェイ、セキュリティとアイデンティティ、そして、アナリティクスなどのオープンな銀行業務機能を提供するために Azure を活用しています。そして、コアの銀行サービスを他の金融サービスの組織にも拡張する計画です。

金融サービス業界における企業のクラウドへの戦略的移行で最も重要になるのは、セキュリティ、プライバシー、そして、規制への準拠です。マイクロソフトは、金融サービス業界のお客様の信頼を勝ち取ることにコミットしています。主要市場の規制当局と協力し、マイクロソフトのサービス、関連する統制機能、そして、お客様の規制準拠を実現するアプローチに関する情報を共有しています。また、世界中の大手銀行と保険会社から継続的に情報を入手し、規制準拠のための製品やサービスの改善を続けています。これらはすべてクラウドテクノロジに対するお客様からの信頼を築くために行っているものです。

多くの野心的なデジタル世界のリーダーの皆様と共にデジタル トランスフォーメーションの取り組みを推進していけることは驚きであると共に光栄なことでもあります。トロントにお越しであればブース番号 C46 に是非お越しください。また、プレスサイトの情報もご参照ください。10 月 17 日(火)には、Innotribe の “Creating Space for Innovation”(イノベーションのスペース創出)で私が講演します。また、10 月 19 日(木)には、マイクロソフト CEO のサティアナデラが最終セッションを行います。サティアのセッションの内容はこちらからライブストリーミングされます。

ーーー

本ページのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。正式な社内承認や各社との契約締結が必要な場合は、それまでは確定されるものではありません。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。

Skip to main content