日本マイクロソフト、若手層の人材育成に向けた取り組みを強化


Posted by:  執行役員 人事本部長 杉田 勝好

マイクロソフトの企業ミッションは、「地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする」です。このミッションの達成に向けて、日本マイクロソフトでは、テクノロジーやビジネス面でのトランスフォーメーションを加速するとともに、社内カルチャーの整備や人材育成を強化しています。

特に、当社が最も注力している「お客様のデジタル・トランスフォーメーション推進」の原動力となる人材の採用は不可欠です。

新卒採用者向け給与改定

当社では、従来から新卒採用を重要な人材戦略の一つと位置づけ、積極的かつ継続的に新卒採用を行ってきました。今後もさらに積極的な新卒採用を実施し、採用数も増加拡大する予定です。

優秀な新卒の皆さんにマイクロソフトの魅力をさらに感じていただくために、新卒初任給の大幅な増額を決定しました。

具体的には 2017 年 4 月入社の新卒初任給を学卒基本年俸 570 万円(月例給与 475,000 円)、院卒基本年俸 590 万円(月例給与 493,000 円)に改訂しました。

さらに、2018 年 4 月入社の新卒初任給を学卒基本年俸 590 万円(月例給与 493,000 円)、院卒基本年俸 610 万円(月例給与 509,000 円)に改訂します。

また、入社時より高度なプログラミング能力と高い英語能力が求められる開発職(マイクロソフトディベロップメント株式会社)の新卒初任給も、2018 年 4 月入社より基本年俸 730 万円(月例給与 608,000 円)に改訂します。

日本マイクロソフトでは、新卒採用で入社をされる全ての方を将来のマイクロソフトのビジネスを担う幹部候補であると考えています。新卒採用に加え、海外の経営大学院出身者を中心にMBA取得人材の採用にも力を入れており、学んだ知識をすぐにビジネスに活かせる環境を提供しています。

ベストな人材を見つけるために、人事部門に加えて、社員全員がリクルーターの役割を担っており、ビジネスニーズに合わせた採用力の強化を行っています。会社全体でトランフォーメーションを加速していく中で、新しいマイクロソフトのカルチャーを一緒に創っていきたい方に出会えることを大変楽しみにしています。

若手層に向けた大規模な育成投資を加速

マイクロソフトでは新卒で入社して2年間、全世界の社員に対してグローバル共通の教育プログラム:MACH(Microsoft Academy of College Hire)を提供しています。
MACH プログラムの中には、一例として、初年度にアジア太平洋地域全体の新卒全員が集う 1 週間の APAC 研修や、2 年目にはグローバル全体の同期 1,000 人以上が米国本社に集う2-3 週間のグローバル研修などがあり、グローバルで活躍できる人材育成に取り組んでいます。

本年より、MACH プログラム終了後の入社3年目の社員に、一人ひとりの今後のキャリアについて日本の経営執行チーム全員で話し合う場を設け、本人の成長意欲とビジネスニーズの両面から一緒にキャリア開発について考えていく仕組みを構築しました。経営幹部全員で MACH の人材育成にコミットすることで、将来を担う若い世代の活躍の場を広げていきます。

日本におけるインターンシップを拡大

これまで開発職(マイクロソフトディベロップメント株式会社勤務)向けにのみ実施していた有給長期インターンシップを、2017 年より営業職・技術職にも拡大します。
学生の夏季休暇中の2か月間(2017年8月から9月末までが対象期間)に実施し、当社内の法人向け営業部門、カスタマーサービス部門、マーケティング部門などで勤務頂き、月給 350,000 円(週 5 日勤務の場合)を支給します。

期間中には、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」などの技術スキルも身に付けていただくためのトーレーニングなども予定しており、今後IT業界で即戦力としてご活躍いただけるスキル・知識を身につけることを主眼にしています。

また、日本マイクロソフトでは「働き方改革推進会社」として、様々な最先端のテクノロジーを活用したフレキシブルな働き方を実践し、働き甲斐のある職場環境の構築に取り組んでいます。インターンシップに参加した学生には、最先端の働き方も体感いただけます。

短期のインターンシップではなく、しっかりと職場に入っていただき、社員と同様の仕事をしてこそ、昨今の変革の激しいビジネス環境を乗り越えていくことができる力が身につくと信じています。

これらの取り組みにより、これまで以上に多くの優秀な方々に、マイクロソフトを「成長の機会」として選択していただけることを期待しています。

以上

すべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。正式な社内承認や各社との契約締結が必要な場合は、それまでは確定されるものではありません。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。

Skip to main content