あらゆる組織のビジネスプロセスをビジネスの優位性に


沼本 健
マイクロソフト クラウド+@エンタープライズ担当コーポ-レートバイスプレジデント

 

当ブログは2016年7月6日に米国で発表されたブログの抄訳をベースにしています

本日、マイクロソフトは、Microsoft Dynamics 365 と Microsoft AppSource の発表により、新しく、モダンな企業向けインテリジェントビジネスアプリをお客様にお届けする最初のステップを踏み出します。

シンプルで直感的なアプリとサービスにより、テクノロジは私たち個人の生活を変革し、生活を向上する上で有用な支援を行ってくれています。

対照的に、多くの場合、ビジネスプロセスの推進のために使用されるアプリやサービスの使用、試行、展開は困難を極めます。視認性の向上、ワークフローの自動化、そして予測分析などのために追加料金が発生することもありました。

私たちマイクロソフトは、あらゆる企業に向けた、より良い世界をデザインします。見込み客の管理、現場サービスの自動化、売上の増大、業務の改善などをクラウドから提供されるモダンでモバイル対応のエンタープライズ向けのインテリジェントビジネスアプリで支援する世界です。そしてこのアプリは、私たちがタクシーを拾ったり、ホテルを予約したり、音楽を聞いたり、健康管理を行ったりするために使っている消費者向けアプリと変わらない使いやすさを提供します。

ビジネスプロセスへの新しいアプローチでお客様の変革を支援

今秋に提供開始されるMicrosoft Dynamics 365は、マイクロソフトの提供する既存の CRM と ERP クラウドソリューションをひとつのクラウドサービスに統合し、財務、現場サービス、セールス、業務管理、マーケティング、プロジェクトサービスの自動化、そして顧客サービスといった特定ビジネス機能の管理のための新しい目的別のアプリを提供します。

Dynamics 365 アプリは容易に、そして、個別に展開可能なように設計されています。これは、まず小さく始めて必要なだけの機能分の料金を支払えることを意味します。それに加え、各アプリはシームレスな連携を行うため、ビジネスの要件に応じて容易に機能を追加することができます。機能群の中には組み込み型の分析、予測インテリジェンス、ワークフロー最適化などが含まれており、これらはいずれもシンプルで使いやすく、オフライン機能も備えたモバイルな体験を通じて提供されます。

顧客のビジネス目標達成を支援するための予測的な洞察、規範的助言、行動指針を提供するPower BI と Cortana Intelligence は自然に統合されます。

  • 一例として 、 Cortana Intelligence は、セールス担当者に顧客が次にどの商品やサービスを必要とするかを予測できるよう支援するクロスセルの分析を実現します。Dynamics 365 for Field Service 内の IoT データにアクセスすることで、現場サービス担当者は資産モニタリングと異常検知を結び付けて、障害が起こる前に対策を取り、顧客サービスにおいてとくに費用のかかる問題を回避できるようにもなります。

Dynamics 365 と Office 365 との綿密な統合により、ビジネスアプリの構造化されたワークフローが、連携性と生産性を非構造的な作業と結び付けられます。

  • たとえば、セールス担当者がメールを受信し、Office内で財務とセールスアプリから得た情報に基づいて正しい価格と値引き等を適用し作成した見積書を返信し、適切なアプリに記録することができます。担当者はこれらのすべての作業をOutlookの外に出ることなく行うことができます。

共通のデータモデルと拡張可能なビジネスアプリケーションプラットフォームによるリアルタイムでの適応とイノベーション

Dynamics 365 アプリは Office 365 と共用される共通データモデルを使用し、データ管理、そして、アプリとビジネスプロセス間の統合をシンプルにします。

  • 技術力のある顧客やアナリスト(「市民開発者」、 “citizen developers” とも呼ばれます)に対しては、PowerApps、 Power BI、 Microsoft Flow、そしてプロの開発者に対しては Azure プラットフォームサービスを加えた、新しいアプリを構築し、既存アプリを拡張・変更するための一貫したビジネスプラットフォームを提供します。
  • マイクロソフトおよびパートナーのアプリケーションやサービス、そしてカスタム API やオンプレミスシステムとの統合を可能にする仲介コネクターが提供されます。

新しいアプリと、より良い仕事の方法を見つける場所

マイクロソフトおよびパートナー企業が提供する業務系 SaaS アプリを検索し、テストできるビジネスユーザー向けサービスの Microsoft AppSource も発表されました。立ち上げ時点の AppSourceには200以上のビジネスSaaSアプリ、アドイン、コンテンツパックが提供されます。以下のような AppSource だけで提供される特定業界アプリも含まれます。

  • AFS™ “Retail Execution” – CPG 組織向けの両端のソリューションであり、BIとアナリティクスのあらゆる機能に加え、現場、訪問管理、マーチャンダイジング、販売管理、資産管理を備え、現場でのお客様支援を手助けします。
  • AvePoint “Citizen Services” –行政機関の問題報告、対応、解決プロセスを自動化でき、職員は問題を早期に解決し、サービスを向上できるようになります。
  • Veripark “Next Best Action” –金融機関は、適切な提案を正しいタイミング、正しいチャネルで行うことにより、最上級の顧客中心型体験を提供し、顧客の生涯価値を最大化できます。

ビジネスユーザーのデジタル変革の加速を支援

Dynamics 365 と AppSource により、お客様はイノベーションを推進、コラボレーションを強化し、最終的にはインテリジェントビジネスアプリのパワーによってより多くのことを達成できるようになります。ビジネスアプリの開発責任者らによる洞察、そして提供するアプリケーションプラットフォームの革新性についての追加情報は、こちら (https://blogs.microsoft.com/firehose/?p=281092) をご参照ください。Dynamics 365 についての追加情報はこちら (https://www.microsoft.com/en-us/dynamics/dynamics-365) を、AppSource に関する追加情報はこちら (http://appsource.microsoft.com/) をご参照ください。パートナーの皆様は、こちら (http://appsource.microsoft.com/partners) をご参照ください。また、来週開催されるMicrosoft’s Worldwide Partner Conference でも追加情報が提供されます。

 

Skip to main content