IoT デバイス向け Windows 本格始動 ~「Windows 10 IoT」で実現する IoT ソリューションを紹介~


Posted by: 菖蒲谷 雄
日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員 IoTデバイス本部 本部長

皆さん、こんにちは。日本マイクロソフトでIoT(Internet of Things、モノのインターネット)デバイス向けWindowsの日本におけるセールスを担当している菖蒲谷です。皆さんはPC以外にも身の回りにある身近な機器にWindowsが搭載されているのをご存知でしょうか?スーパーのPOS端末や銀行のATM、コンビニのKIOSKに街中のデジタルサイネージなど、これらの多くはWindowsで動いています。こうした組込み機器に特化したオペレーティングシステムは、これまで「Windows Embedded」として親しまれてきましたが、Windows 10 の提供とともに、とくにIoTで使用されるデバイスを意識して「Windows 10 IoT」として開発されました。

11月17日(火)~20日(金)に、マイクロソフト米国本社からIoTデバイス本部セールス&マーケティングのゼネラルマネージャーであるロドニー クラークと、同じくIoTテクニカルセールスのゼネラルマネージャーであるカール コーケンが来日してWindows 10 IoT記者説明会と、IoT Technology 2015における招待講演や展示を行いましたので、その模様を簡単にご紹介したいと思います。

記者説明会ではロドニーとカールから Windows 10 IoTの製品概要について説明しました。Windows 10 IoTは、大きく分けて3つのエディションがあります。POS、ATM、医療機器などPC様のハイエンドな組込み機器に対しては、Windows 10 IoT Enterprise、ハンドヘルドのようなモバイル端末向けにWindows 10 IoT Mobile Enterprise、そしてメモリ256MBという小さなフットプリントで動作する今までWindowsがカバーしてこなかった領域のデバイスに搭載できるWindows 10 IoT Coreです。このWindows 10 IoT Coreは、開発者やメーカー向けには無償で提供しており、デバイス設計者にはおなじみのRaspberry Pi 2にも対応しているので、簡単にお試しいただくことができます。

(Windows 10 IoT 3つのエディション)

(Windows 10 IoT エディションの比較)

Windows 10 IoTの主な特徴は3つあります。One Windows Platform、セキュリティ、接続性です。

One Window Platform
大きなデバイスから小さなボードまで、One Platformを提供することによりAPIも共通となるので、開発工数がぐっと減少します。

セキュリティ
Windows 10 が持っているMicrosoft PassportBit LockerDevice Guardといった機能に加えIoT向けOSが持つ書き込み防止フィルターなど、各種ロックダウン機能の提供により、エンタープライズレベルのセキュリティを備えています。

接続性
従来からWindowsが得意とする様々な周辺機器との接続性は継承しつつ、IoTに不可欠なMicrosoft Azureとの親和性やAllJoynの対応など、Windows 10 でますます強化されています。

さらに、フロントからバックエンドまで一貫したセキュリティを保ち、開発環境の統一による工数削減及び期間短縮の利点をご提供するため、マイクロソフトでは、Windows + Azure IoTをお客様にご提案しています。Azure IoT Suiteは、よくあるIoTのシナリオに合わせて機能を組み合わせているため、デバイスをつなげることですぐにIoTを始めることができます。そのデバイスを新プログラムであるAzure Certifiedに登録しておけば、認定デバイスとしてIoTプロジェクトのご紹介など、マイクロソフトより様々な特典を受けることができます。

また、会場にはWindows 10 IoTを搭載した、パートナー各社のIoTソリューションを展示して、報道関係者に体験いただきました。Windows 10 IoT Enterprise を搭載した産業用PCからWindows 10 IoT Coreを搭載したゲートウェイによる様々な業界向けのIoTまで、たくさんのソリューションをご紹介したのですが、中でも注目を集めたのは、データを取得するために製造された産業用ドローンです。IoT時代には、現在は存在していないデバイスからもデータが取得され、ビジネスを活性化させたり、人々の暮らしに役立ったりすると言われています。インターネットが普及する前には想像もつかなかったSNSやオンラインショッピングビジネスのように、IoTにおけるドローンの活用も新しいビジネスを予感させます。


(記者説明会の様子)


(記者説明会会場に展示したドローン)

IoT Technology 2015では、これらのデモを組込み業界のお客様にご紹介しました。弊社ブースでは、22社の展示パートナーにご協力いただき、マイクロソフトブースを盛り上げていただきました。ご協力いただいたパートナー企業と展示ソリューションは以下の通りです。

展示ご協力パートナー様(敬称略)

※上記は代表的な展示物をご紹介しています。
※展示物の中には参考出展も含まれます。

各ソリューションをご紹介するミニシアターセッションも行われ、多くの方が足を止めて興味深く聞いていらっしゃいました。


(マイクロソフトブースのミニシアターセッション)


(パートナー様によるIoTソリューションの数々)

2日目に開催されたロドニーとカールの招待講演では、デバイス製造企業の皆様に対して、IoTビジネスの可能性に始まり、Windows 10 IoTのご紹介、IoTにおいてマイクロソフトがパートナーにどのような価値をもたらすかを講演しました。

  
(ロドニー クラーク)             (カール コーケン)

「モノ」から取得したデータを蓄積、管理、分析してビジネスインテリジェンスを生み出すのが、マイクロソフトの提唱するIoTです。それを実現するには、複数のパートナー企業の協力が必要なケースが多くあります。デバイスからクラウドまで、IoTを構成する技術要素をEnd to Endで提供する唯一の会社であるマイクロソフトだからこそ、それぞれの専門知識を持ったパートナーをご紹介できます。それにより、パートナー各社のビジネスの変革をお手伝いできるというわけです。


(マイクロソフトのIoTエコシステム)

今回の活動を通じて、IoTに必要な技術要素、今すべきことは何か、可能性に満ちたIoTを具現化するヒントをご提案しました。IoTの導入支援を検討されている方は、日本マイクロソフトまでお気軽にご相談いただければと思います(お問い合わせ:kkoedadmin@microsoft.com)。

[参考情報]
ビジネス向けのWindows 10 IoT
Windows デベロッパーセンター for IoT
IoTキットハンズオントレーニング
Windows Embedded(英語)

Comments (0)

Skip to main content