Windows Server 2003 のサポートを本日 7 月 15 日(日本時間)に終了させていただきます


 

 皆さん、こんにちは、サーバープラットフォームビジネス本部の佐藤です。

 以前よりお伝えさせていただいておりましたとおり、Windows Server 2003 のサポートを、本日 2015 年 7 月 15 日 16:00(日本時間)に終了させていただきます。本当に長い間ご愛顧いただきありがとうございました。
※なお、Windows Server 2003 および Remote Desktop Services のライセンス認証は継続させていただきます。

 Windows Server 2003 は、2003 年 5 月の発売以来、12 年 2 ヵ月にわたりサポートを提供させていただきましたが、7 月 15 日をもって、セキュリティ更新プログラムの提供をはじめとするすべてのサポートを終了させていただきます。マイクロソフトでは、Windows Server 2008 を発売した 2008 年 4 月より、折に触れて Windows Server 2003 のサポート終了時期と移行の重要性についてお知らせしてきました。しかしながら、お客様のご事情により、7 月 15 日以降も新しい環境へ移行できない皆様もいらっしゃることも認識しています。その場合、速やかに既に提供されているセキュリティ更新プログラムを全て適用いただき、セキュリティ上の脅威を軽減する手段を取っていただきますようお願いいたします。そして、できるだけ早い段階で新しい環境へ移行する計画を立てていただくことを強く推奨いたします。

 弊社では、2014 年 1 月より「まったなし、Windows Server 2003 移行キャンペーン」として、Windows Server 2003 から最新のサーバー OS である Windows Server 2012 R2 への移行や、Microsoft Azure をはじめとしたクラウドサービスの活用などを促進し、サポート終了時に Windows Server 2003 の稼働台数を 5 万台までに削減することを目標とした活動を展開してきました。この活動では、サポート終了後のセキュリティリスク、移行方法、および最新の Windows Server 2012 R2 や Microsoft Azure、Office 365 などのクラウドサービスをご利用いただくメリットを、経済産業省様、商工会議所様、セキュリティ対策の専門機関様および弊社パートナー各社様などとの協力のもと、約 1 年半にわたり訴求してきました。その結果、Windows Server 2003 の稼働台数を 2013 年末の 36 万台稼働から、サポート終了時点で約 6 万台まで削減できる見込みです。

 目標値とのギャップについては、マイナンバー制度導入を見据えるなど、システムの移行を今年度中に実施されるお客様が多いためと考えており、本年末までにはより多くのお客様が移行されると見込んでいます。実際のところ、6 月に入ってから Windows Server 2012 R2 の出荷本数が急伸しており、こうした動きを反映したものと考えています。

 繰り返しになりますが、サポート終了にともなうセキュリティ更新プログラムの提供終了により、マルウェア、標的型攻撃、情報漏洩などのリスクが高まることから、できるだけ早い段階で最新の Windows Server 2012 R2 への移行やクラウドサービスを活用いただけるようご検討をお願いいたします。なお、お客様の円滑な移行を支援するため、電話での「Windows Server 2003 移行相談窓口」、「Windows Server 2003 移行ポータル」などの Web サイトを通じた情報発信および弊社パートナー様を通じた支援は継続いたしますので、是非ご活用下さい。

 

—————————————————————————————–
■ 『Windows Server 2003 移行相談窓口』
フリーダイヤル: 0120-39-8185   
受付時間: 9:00 ~ 17:30 (月~金 弊社指定休業日を除く)

■『Windows Server 2003 移行ポータル』
 http://www.microsoft.com/click/services/Redirect2.ashx?CR_CC=200643665

—————————————————————————————–

 

Comments (0)

Skip to main content