OneDrive の無料ディスク容量を 15GB へ増加します


      

 Windows 本部の藤本です。この度、オンラインストレージサービスの OneDrive について、無料ディスク容量を増加することを発表しました。OneDrive は、最新の Windows 8.1 では OS に統合され、意識すること無く、クラウドへファイルを保存できるようになっている他、Office 製品からも気軽に使用することができます。PC で作成したファイルは、クラウド上のストレージと同期され、OneDrive を使用している他の PC やデバイスでも最新の状態に同期されます。ネットへの接続環境があれば、いつでもどこでも最新のファイルへアクセスすることができます。OneDrive は、Windows だけでなく、Windows Phone、iPhone、iPad、Android スマートフォン/タブレットや Mac OS など、幅広い環境で利用いただくことが出来ます。以下は本日の発表内容の日本語訳です。

 

 写真や動画、ドキュメント等、様々なファイルを、OneDrive を使って簡単に 1 か所に保存できます。ユーザーの皆さんが利用するコンテンツの量が急速に増えているため、すべてのファイルを 1 か所に保存するには、十分なディスク容量が必要になりますし、単なる「ファイル ストレージ」ではユーザーの皆さんに満足いただくのが難しくなっています。市場は変化し、他の人と共有したり、共同で作業したりといった「ファイル ストレージ」としての機能は、必要最小限の条件にすぎなくなっています。そこでマイクロソフトでは、Office との連携のほか、お気に入りの写真の共有や、プロジェクトのドキュメントの共同編集など、全てが揃ったエクスペリエンスを OneDrive で提供したいと考えました。これらの点を考慮して、今回、OneDrive の以下の機能を強化します。

      

  1. OneDrive の無料ストレージ容量を 15GB に増加 (現在 7GBで提供中)
    当社の調査によると、4 人中 3 人が、PC に保存しているデータの容量は 15GB 未満でした。しかし、他にも色々なデバイスにデータを保存されていますので、写真や動画、ドキュメントの全てに、利用中のデバイスからアクセスできるよう、最初から無料で 15GB を提供することにしました。
           

  2. 追加のディスク容量の価格を、約 70% 引き下げます
    さらに多くのディスク容量が必要な場合は、追加で購入することもできます。新価格は、100GB の場合、月額 190 円(現行価格:月額 799 円)、200GB の場合は月額 380 円(同:1,199 円)です。

 

 これらの変更は今後 1 か月以内に適用される予定です。すでに容量を購入いただいているユーザーの方は、手続きなどは必要ありません。また、新価格には自動的に移行します。

 写真、動画、ドキュメント。すべてを1か所に保存できる OneDrive。初めての方は、ぜひ http://onedrive.com/ でお試し下さい。

 

Omar Shahine
Group Program Manager, OneDrive.com

 

Comments (0)