Windows 8.1 Update : WSUS での公開と展開タイミングの延長について


      

 皆さん、こんにちは。

 Windows 8.1 Updateの企業向けの提供等について、米国時間4月16日にWindows Blog(英語)で発表がありました。以下にその日本語訳をご紹介します。

---

Windows 8.1 Update : WSUSでの公開と展開タイミングの延長について

 Windows Server Update Services 3.0 SP 2 (WSUS 3.2)の接続性の問題に対する解決策を本日提供したことで、Windows 8.1 Update(および Windows Server 2012 R2 UpdateとWindows Embedded 8.1 Industry Update)をWindows Server Update Services (WSUS)で公開しました。

 これにより、WSUS、Windows Intune、あるいは、System Center Configuration Managerを使用している組織では、Windows 8.1を搭載したコンピューターやサーバーへのアップデートの展開が容易になります。このアップデートを既にインストールしているコンピューターやサーバー上ではWindows Updateが再インストールを促しますが、この場合はアップデートの中の問題修正に関する部分だけがインストールされることになります。既にダウンロードやインストールした部分が二重にダウンロードされたり、インストールされたりすることはありません。詳細情報についてはKB2959977、および、WSUSチームのブログを参照してください。

 これらの最近の製品アップデート リリースに合わせて、最新のソフトウェアによる最適なパフォーマンスを提供しつつ、お客様のプライバシーとセキュリティをより確実に保護するために、Windows 8.1(および Windows Server 2012 R2とWindows Embedded 8.1 Industry)を稼働するデバイスに対するサービス提供に新しいアプローチを採用しました。

 先述のとおり、Windows 8.1 Update(および ServerとEmbeddedに対する同様のアップデート)は、機能改善をお客様により迅速に提供していくというマイクロソフトのコミットメントの表れです。これらのアップデートは、お客様からのフィードバック、そして、お客様の変化するニーズに対応してイノベーションを提供していく必要性を、今まで以上に反映したものになっています。

 今後のすべてアップデートは、セキュリティ関連であるか否かに関わらず、今回のアップデートを前提としたものになります。そのため、既存のWindows 8.1(および Windows Server 2012 R2とWindows Embedded 8.1 Industry)を使用しているお客様は、将来の製品機能強化とセキュリティアップデートを使用する前提として今回のアップデートをインストールしておく必要があります。

 アップデートの状況をモニタリングする中で、マイクロソフトは、エンタープライズのお客様への提供方法の新たなアプローチについて積極的に議論し、お客様のアップデートの展開に対するフィードバックに耳を傾けてきました。その結果として、エンタープライズのお客様がこのアップデートを展開するタイムラインを30日から120日へと延長しました。WSUS、Windows Intune、あるいは、System Center Configuration Managerを使用してアップデートを管理しているすべてのお客様は、将来のアップデートを受け取るために8月12日までに今回の新アップデートを適用する必要があります。インストールの延期を選択したお客様には、120日間の期間中に個別のセキュリティアップデートが公開されます。

 一般のお客様にとっては、Windows 8.1 Updateは、Windows 8.1デバイスを最新状態に維持するために必須のアップデートです。5月13日以降にWindows Update から新しいアップデートを受け取るためには、今回のアップデートのインストールが必須です。消費者のお客様の大多数は、自動更新を有効にしており、今回のアップデートは5月13日より前にバックグラウンドでインストールされることになるため、特に気にする必要はありません。デバイスのアップデートをマニュアルで管理しており、5月13日より前にWindows 8.1 Updateをインストールしていないお客様は、Windows Update上でWindows 8.1 Update をインストールするというオプションしか表示されなくなります。Windows 8.1 Updateをインストールするまでは他の新アップデートは表示されません。従量制課金のネットワークを使用しているお客様もWindows 8.1 Updateをインストールするまでは同様の状況になります。

*2014/5/13 追加:

米国時間5月12日にWindows Experience Blog(英語)において、一般のお客様向けのWindows 8.1 Updateのインストール期限を30日間延長し、米国時間 6月10日までとすることが発表されました。これにより、6月10日までにWindows 8.1 Updateを適用していないデバイスでは、6月10日以降に配信される更新プログラムが適用できなくなります。一般のお客様の大多数は、自動更新を有効にしており、今回のアップデートは6月10日より前にバックグラウンドでインストールされるため、特に気にする必要はありません。


 

Comments (0)

Skip to main content