教育機関でのWindowsタブレットとアプリの活用


       

 皆さん、こんにちは。日本マイクロソフトで教育機関のお客様を担当している中川です。

 4 月中旬となり、ほとんどの学校で新年度の授業が始まっていることと思います。新しい教科書、新しいノートを使い始めたり、クラス替えなどで新しい仲間が増えたといった方もいるかもしれません。色々と身の回りが新しくなり、ワクワクする 4 月ですが、この 4 月は日本マイクロソフトにとってもエポック メイキングなことがありました。

 佐賀県では、毎日の勉強で使う学習用として県立高校全校で、Windows 8 のタブレット PC が採用されました。この 4 月の約 6,800 名の新入生全員が Windows 8 のタブレット PC を持って通学しています。電子辞書アプリや Microsoft Office など、学習に必要な基礎アプリとセキュリティソフトがプリインストールされた状態で配布されており、今後さらに、学校毎に数学や歴史などの学習者用デジタル教科書や教材アプリも提供され、授業や家庭学習で活用される予定です。

  

 

  また、京都の立命館小学校では、昨年 11 月に約 240 名の 4、5 年生全員に Surface を配布し、引き続き新年度に入ってからも、タイピングアプリでタッチタイピングの練習をしたり、算数アプリを使って速く計算できるように繰り返し学習したりするなど、小学生のうちから社会に出ることを見据えた準備をされています。

  

 

 そうした中で、弊社のパートナー企業各社より、就学前から社会人まで利用頂ける、教育関連の様々なアプリがリリースされています。その中から 8 点をご紹介します。


東京書籍株式会社
国語総合(古典編)
for school

東京書籍株式会社
中学生用学習アプリ
NEW HORIZON 1-
リスニング

東京書籍株式会社
スクールパレット

イースト株式会社
山川一問一答
世界史B
用語問題集

株式会社学研教育出版
スーパー・アンカー
和英辞典 第2版

株式会社ベネッセ
コーポレーション
英語ではや打ち!
タイピングゴースト

株式会社アルク
英単語 PowerWords
2000レベル

株式会社電通
とんでけおふとん

 

  そのほかの教育関連アプリは下記をご覧ください。

 

   「よりわかりやすく」、「より楽しく」、今後も日本マイクロソフトは、パートナー企業と連携して、皆さまの学びをお手伝いしていきます。

 

Comments (0)

Skip to main content