本日4月9日(日本時間)に、Windows XP / Office 2003 のサポートを終了させていただきます。


 

 皆さん、こんにちは。

 以前よりお伝えしてきたとおり、2014年4月9日(日本時間)に、Windows XPおよびOffice 2003のサポートを終了させていただきます。本日、両製品向けに最終となるセキュリティ更新プログラムが提供されていますので、両製品をお使いの場合は、速やかに適用いただくようお願いいたします。

 4月9日以降も何らかの理由でWindows XPから移行できないお客様もいらっしゃると思います。そうした場合は、セキュリティ上の脅威を軽減するため、最低限以下の対策をお願いいたします。

  1. 本日提供されたものを含め、すべてのセキュリティ更新プログラムを適用下さい。
  2. セキュリティ製品も最新の状態にして下さい。定義ファイルの延長サービスのご利用もご検討ください。
  3. PCを利用される場合はインターネットに接続しないようにお願いします。
  4. USBなど、外部記憶媒体の利用はできるだけ控えて下さい。

 

 

 上記の対策をとっていただいても、根本的な解決ではありません。

 Windows XPは、Windows 8の21倍マルウェアの感染率が高いという当社の調査結果もありますので、出来るだけ早く最新環境への移行計画を検討下さい。

 

 

 個人の方向けには、最新PCへの移行について、データの移行や設定、最新WindowsやOfficeの操作方法まで、分かるまで説明させていただく相談窓口(フリーダイヤル:0120-256-790、5/31まで)、法人の方、特に中小企業のお客様向けに、移行に関するご相談の窓口(フリーダイヤル:0120-023-999、6/30まで)をご用意していますので、是非ご利用下さい。

 

 

 Windows製品のサポート期間は、2001年の発売以降、合計約12.5年にわたりました。2007年1月に発表して以降、折に触れ、お客様や報道関係の皆様向けに、サポート終了の事実と最新環境への移行を呼びかけてきました。

 Windows XPが発売された2001年当時から、ITを取り巻く環境は大きく変化し、インターネットへの常時接続やワイヤレス接続も一般的になるとともに、悪意を持ったユーザーも増え、攻撃の手口も巧妙になっています。

 高度化かつ悪質化する攻撃手法に対応するだけでなく、PCで生活を楽しく、あるいは生産性の高い業務を遂行するためにも、最新のセキュリティ対策を備え、多層的にOSを守るテクノロジを備えた最新OSを利用いただきたいと考えています。

 

 本日より、キーボードとマウスの操作性を向上するなど、お客様のフィードバックに基づいた改善と改良を施した最新のWindows 8.1 Updateの配信も開始しています。この機会に、Windows XPをお使いのお客様も、Windows 8.1 搭載PCへの移行を検討下さい。

 

ご参考:Windows 8.1 Update と Windows RT 8.1 Update の新機能
    http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-8/whats-new

 

以上

Comments (0)