OneDrive の提供を全世界で開始:マイクロソフトプラットフォーム、iOS や Android デバイスで利用可能な無償クラウドサービス


      

 皆さん、こんにちは。

  Windows 本部の藤本です。先日名称変更についてアナウンスした OneDrive について、全世界で提供が開始されました。本社ブログの翻訳を以下のとおりご紹介いたします。是非新しくなった OneDrive をお試し下さい。

 

 本日から、OneDrive の提供を全世界で開始いたします。SkyDrive をご利用のお客様は、www.OneDrive.com にログインするだけで、データもそのまま引き続きご利用いただけます。

 OneDrive は写真、動画、ドキュメントなどすべてのファイルが 1 か所に保存でき、いつものデバイスで使える便利なサービスですので、初めての方もぜひお試しください。

 

[View:https://www.youtube.com/watch?v=bw1ciTl5YK4&feature=youtu.be:0:0]
 
 

 初めて OneDrive という新しい名称を公開したとき、この名称がいかに私たちの将来のビジョンをよく表現しているかをお話しました。いつも利用しているデバイスで、大事なファイルにいかに簡単にアクセスできるようにするかが、私たちのゴールです。

 これまでのクラウド サービスは、使いこなすのが意外に難しく、ファイルが結局あちらこちらに散在してしまっている状況でした。直近で実施した調査によると、「クラウド サービス」を知っているユーザーのうち 77% の方が、特にバックアップをしていないデバイスにファイルを保存しているということがわかったのです。

 私たちはそれを変えたいと思っています。

 それに取り組むべく、今回は名称変更だけでなく、新機能をいくつか提供することにしました。例えば、写真と同じぐらい簡単に動画を共有、視聴したり、Android のカメラ ロールのバックアップ、また、Office Web apps のリアルタイムの共同編集機能などです。また、既に無料で使える 7 GB のほか、OneDrive を友達に紹介し使い始めていただくたびに、紹介された方に 500 MB のストレージ(最大で 5 GB)を差し上げます。更に、カメラのバックアップ機能を使っていただくだけで、無料で 3 GB 差し上げます。大切な写真をなくしてほしくないですからね。また、購入した容量は、年間だけでなく、月ごとにも支払えるようになります。

 もちろん、これまでの OneDrive の機能も健在です。

      

人気デバイス、プラットフォームで使える

 OneDrive は、最新の Windows、Windows Phone、Office、Xbox と連携しています。ファイルの既定の保存先にできるので、ローカルにあるのかクラウドにあるのかを気にする必要はありません。iPhone、Android のスマートフォン、iPad、Android タブレット、Windows デバイス、さらには Mac でも、OneDrive を使えます。

写真と動画を保存、共有、視聴できる

 ファイルをどこに、どのようなファイル形式で保存するかを気にする必要はありません。そのままご利用いただけます。保存した写真などは、Windows 8.1 のスタート画面や Xbox スライドショーにも表示されるため、デバイスがよりパーソナライズできますし、写真や動画を Facebook やメールに、ワンクリックで共有できます。Xbox のゲームプレーを保存、共有することだって簡単です。

ドキュメントを共有するのに最適

 OneDrive は Office にビルトインされ、ファイルの既定の保存先になっているので、作成中のドキュメントを別のデバイスで編集し続けるのも簡単です。Office Web Apps では、Word、Excel、PowerPoint のドキュメントを友人や家族、同僚と同時に編集でき、リアルタイムで変更状況がわかります。ファイルは常に最新の状態に保たれます。

ビジネスにも使える

 OneDrive for Business では、従業員がファイルの保存、同期、共有機能を安全に行えます。企業が必要としているコンテンツマネジメント、コンプライアンス、アドミンコントロール機能も備えています。詳しくは3月に開催される SharePoint Conference にてご紹介する予定です。

     

 OneDrive の公開を記念して、本日のどこかのタイミングで、最初の 10 万人に + 100 GB (1年間有効)を差し上げます。10 ペタバイト、つまり全人類が写真を 1 枚ずつ保存できる計算です。10 万人の 1 人になりたい方は、@OneDrive をウォッチしていてくださいね。

 皆様のフィードバックをお待ちしております。使い方などの詳細は www.OneDrive.com をご覧ください。

      

*2013 年 12 月 19~31 日に Harris Poll が実施したオンライン調査の結果。クラウドストレージを耳にしたことがある 18歳以上のユーザー 801 人が回答。

 

   

Comments (0)