Outlook.com : Gmail からの乗り換えを簡単に


 こんにちは。

 日頃より弊社製品ならびにサービスをご利用いただきありがとうございます。今回ご紹介する Outlook.com の新機能は、米国の Outlook.com 開発チームとの共同プロジェクトの中で、日本の Windows サービス開発チームが中心となり設計・開発した新機能です。チームの砂川直人が、Outlook Blog でこの新機能についてポストしていますので、その抄訳をご紹介したいと思います。ぜひご利用ください!

 

 Windows サービス開発統括部の砂川です。本日より、簡単に Gmail のアカウントを Outlook.com にインポートできるツールの提供を開始します。数週間をかけて段階的にリリースしていく予定ですので、全世界のお客様が利用いただけるようになるまで少々時間がかかります。今日アクセスしてみて、まだ提供されていない方は、後日再度お試し下さい。

 

古いメールサービスへのフラストレーション

 Outlook.com は、開始当初から、SNS との連携によってより身近で、最新のタッチデバイスでも快適に利用いただけるサービスを目指しました。シンプルなインターフェースや操作性、「一括処理」をはじめとしたメールの整理整頓に便利な機能で「速くて使える」メールサービスになっており、お客様からも非常に良い評価をいただいています。

 一方で、現在自分が使っているメールサービスに不満を抱いている人もいます。Ipsos という調査会社が行った最近の調査によると、4 人に 1 人が、もっと簡単であればメールサービスを乗り換えたいと考えているというデータがあります。同調査から、メールの作業を広告に邪魔されないこと(70%)、迷惑メールフィルターがより高度であること(69%)、簡単で分かりやすいユーザーインターフェースであること(67%)、スキャンしたメールの中身を元に広告が出ないこと(58%)* 等が、ユーザーにとって特に大事なポイントであることが分かりました。Outlook.com では、サービスの改良にあたって、それらを特に意識しており、現在利用中のメールサービスを考え直したい方に、是非おすすめしたいと考えています。

 

簡単に乗り換え

 現在のメールサービスにいくら不満があったとしても、別のメールサービスに乗り換えるのは大変な作業です。そこで、Outlook.com では、ユーザーの代わりにこの大変な作業の大部分を行う新しいツールを用意しました。Gmail アカウントを Outlook.com アカウントにつなげるだけの数ステップのみです (技術的には OAuth というプロトコルを使います)。Gmail 上にあるメールを Outlook.com の受信トレイにインポートするだけでなく、Gmail の連絡先を Outlook.com で表示することができます。メールの未読・既読状態を含む受信トレイの構造はそのまま保持されます。また、ご使用のGmailアドレスを送信専用アドレスに設定しますので、Outlook.com でも「差出人」として @gmail.com のアドレスを指定してメールの送信が可能です。

 

手順

 概要は以下の通りです。詳細は、サポートのサイトをご覧ください。

 

 まず、Outlook.com にここからサインインします。オプションを変更しない場合は、そのまま [開始] をクリックします。

(スクリーンショットは英語版)

 

 

Gmail にログインし、ツールへのアクセスを許可すると、Gmail のアカウントからメールのコピーが始まり、Outlook.com に戻ります。

 

Gmail の受信トレイ上のメールは Outlook.com にコピーされます。なお、Gmail アカウントに対しての変更は一切行いません。インポートが始まると、メールの自動転送の設定手順についてのメールが送信されます。こちらを設定することにより、今後 Gmail で受信したメールをすべて Outlook.com に転送できるようになります。

 

以上で終了です。

バックグラウンドでメールのインポートが行われ、完了次第、報告のメールが届きます。なお、インポートの最中はログアウトをしても問題ありません。

戻りたい場合はいつでも Gmail に戻ることもできますが、きっと Outlook.com を気に入っていただけると思いますので、ぜひお試しください!

 

 

 *2013 / 11/5-13にIpsos Public Affairs によって行われた調査に基づきます

Comments (0)

Skip to main content