「Office 365 非営利団体プログラム」でワークスタイル革新をすすめ、NPO 団体の運営・活動をより効果的に!


 

 

 こんにちは。業務執行役員 社長室長兼シチズンシップリードの牧野 益巳です。今回は、10 月 1 日から正式にスタートした「Office 365 非営利団体プログラム」をご紹介します。

 日本マイクロソフトは、企業市民活動に積極的に取り組んでおり、以前より NPO 支援に力を注いできました。NPO 支援の取り組みは、2000 年に実施した「リユースPC 寄贈プログラム」から始まり、2003 年には NPO 基盤強化を本格的にスタート、2006 年には NPO の皆様と、ビル ゲイツも参加して「NPO Day」を初開催し、その後も全国で NPO の IT による経営力強化を提唱してきました。2009 年からは、効率的な業務の推進を促進していただけるよう、Techsoup を通じたソフトウェア寄贈プログラムを立ち上げ、NPO の皆様に安価に提供しています。直近では、2012 年から日本マイクロソフト社員による NPO 支援(プロボノ活動)を開始し、社員が日々の業務を通じて培ったスキルやノウハウを NPO の基盤強化に役立てていただくべく取り組んでいます。

 今回提供開始した「Office 365 非営利団体向けプログラム」は、認定非営利活動法人 日本NPOセンターが運営する「テックスープ・ジャパン( https://www.techsoupjapan.org/ )」と連携して、当社のクラウド型グループウェア 『Office 365』 を NPO 団体に無償あるいは安価に提供するものです。

 当社ではかねてより、よりよい職場づくりのために、先進的な働き方の実践に取り組んでいます。ワークスタイルの変革にあたってキーとなるのは、組織運営の工夫に加えて、クラウドやデバイスの活用です。自社の持つテクノロジと、社内で得られた経験を活用すれば、NPO の皆さまの働き方の変革をご支援できるのではないかと考え、9 月 30 日には、「“Office 365 非営利団体向けプログラム”開始記念イベント ~NPOの新しいワークスタイル・ダイアログ~」を開催し、約 70 名の NPO の皆様と、Office 365 を活用した新しい働き方を検討しました。

 ワークスタイルの変革には、「制度」「価値観・企業文化」「IT(クラウド)の活用」の 3 つの要素があると考えています。この 3 つの要素で、当社として特に NPO 団体の皆さまを強力に支援できるのは、IT (クラウド)の活用の部分です。たとえば、昨年岩手県と実施した地域活性化協働プログラムの成果報告の際には、岩手県庁と日本マイクロソフトの品川本社を Web 会議でつなぎ、岩手県の達増知事と弊社代表執行役 社長の樋口が 450 キロの距離を超えて、1 年間の活動の成果を互いに確認しあう会談を行いました。これを実現したのが Office 365 でした。このように、Office 365 を活用することで、インターネットにつながれば、どこにいても、ベストのタイミングでコミュニケーションできます。

 イベントを共同開催いただいた日本NPOセンターの土屋一歩氏からは、Office 365 を使用した感想として、「Microsoft Lync による通話やオンライン ミーティングはもちろん、内容の録音録画ができる機能は便利だと思いました。また Microsoft Exchange によるメールやスケジュール調整、スマートフォンおよびタブレット端末での利用、Microsoft SharePoint によるファイル共有なども便利でした」との感想をいただきました。

 実際に Office 365 を活用いただいている NPO の皆様にも、それぞれの事例を紹介いただきました。NPOフュージョン長池の代表である富永一夫氏から、「ある日、指定管理をされている長池公園の木にミツバチの大群がいて騒ぎになったのですが、ミツバチの専門家と Lync をつないで写真を見せると、1~2 日でいなくなるので心配無いと聞き、適切に対処できました。今後、管理する公園が増える可能性もあり、Lync を含む Office 365 のデータ共有機能を生かした“情報の物々交換”に期待しています」とお話しいただきました。

 また特定非営利活動法人@リアスNPOサポートセンター 代表理事の鹿野順一氏からは、「以前はメールやスケジュールなど、個別にツールを使っていました。そのためツール同士の連携が困難で、同じ作業の繰り返しが手間でした。Office 365 により、ツールの連携や情報共有の問題を解決できます。さらに個人・団体・企業の情報管理が必要なので、Microsoft Dynamics CRM も含め、Office 365 に移行中です」とお話しいただきました。

 当社オフィス見学を挟んで開催された第二部では、日本NPOセンターの三本裕子氏をファシリテーターとして、「Office 365 と NPO の新しい働き方」をテーマにグループディスカッションが行われました。ディスカッションで発表された新しい働き方の実現を、今後も Office 365 をはじめとするマイクロソフトのソリューションで支援していきたいと思っています。

 残念ながら今回のイベントに参加いただけなかった NPO 団体の方で、Office 365 非営利団体向けプログラムにご興味のある方は、日本マイクロソフトの企業市民活動ウェブサイト( http://www.microsoft.com/ja-jp/citizenship/default.aspx )をご覧ください。今回、ご参加いただいた NPO 団体の皆さま、本当にありがとうございました。今後とも日本マイクロソフトの企業市民活動をよろしくお願いします。

 

Comments (0)

Skip to main content