Bing のブランド デザインが新しくなりました!


      
 皆さん、こんにちは。

 検索エンジン Bing の新しいブランドデザインについて、本社にてブログが公開されました。以下は、その日本語訳です。Bing は、本年 10 月 18 日に提供を開始する Windows 8.1 でも非常に重要になってきますので、是非ご一読下さい。

 


 

      

 2013 年 9 月 17 日 (米国時間) 、検索エンジン Bing のブランド デザインが新しくなりました。

 

      

 今回採用された、新しいデザインの開発の背景について、Bing の使命、アイデンティティにまで遡って紹介したいと思います。なお、特設の Web サイトもご用意しましたのでこちらも是非ご覧ください。

      

Bing の使命

 検索がもたらす価値とは何か? Bing はこの問題に真剣に取り組みました。無数の情報にインデックスを付けて探しだしやすくことはとても重要なことですが、数多くのリンクをただリストにするだけでは「魔法」は生まれません。「魔法」は、無数の情報の中から必要なものをお届けし、その情報を使ってみなさんが行動を起こして目的としていることが成し遂げられるよう、みなさんに力を与えることから生まれます。つまり、今、みなさんが必要としている事柄は何かを明確にし、その事柄についての洞察を含んだ情報をお届けすることによって生まれるのです。必要としている答えを探したり、地図で最短ルートを調べたり、あるいは Xbox で楽しむ最新のリリースを見つけたりなど、Bing は、みなさんが必要とすることを、必要とする方法でご提供します。Bing は、その開発当初から、検索を通じてみなさんに目的を成し遂げる力を与えることをその使命と考え、進化を遂げてきています。

 私たちは、探している答えを見つける唯一の方法として、「検索ボックスに入力する」という作業に何故こんなにこだわる必要があるのか考えました。当たり前のことですが、みなさんは「ボックス」の中で暮らしているわけではありません。では、なぜ「ボックス」の中で検索しなければならないのでしょうか? みなさんが必要としているであろう情報をお届けしたらどうでしょうか? みなさんが毎日使われる製品に検索を組み込んで、みなさんが検索することを考えるより前に、必要としている情報をお届けしたらどうでしょうか? 「単に検索する」という考え方をやめて、「行動につながる洞察を発見する」にシフトしてみてはいかがでしょうか?

 私たちは、知識によって人々に力を与えることを使命と考えています。事実をただリストアップするだけで満足するのではなく、みなさんに洞察をお届けすることを使命と考えて製品開発を行い、また、みなさんが毎日使われる製品に検索を組み込むことで、最高のエクスペリエンスをお届けします。Bing があるから、Xbox で音声検索ができ、Office 文書に画像と詳細な地図を取り込むことができるのです。また、Bing があるから、Windows Phone で外国語をすぐに翻訳したり、ニュース、株価、スポーツ、天気、フード、ヘルスケアに関するアプリを自分のスタイルに合わせてパーソナライズすることができるのです。

 検索の考え方をこのように改革した私たちは、今後も「検索がもたらす価値」に着目して進化を重ねていきます。

     

進化したアイデンティティ

 新しいビジュアル アイデンティティは、一夜にして生まれるものではありません。Bing のブランドの新しいデザイン開発に対して私たちは多くの時間を費やし、Bing がみなさんにお届けする価値、エクスペリエンスを的確に表現するとともに、Microsoft の他の製品ファミリーのデザインとビジュアル的に協調させる道を探ってきました。製品にアイデンティティを表現し、製品とともに成長するデザインに仕上げるために、製品、グラフィック、ユーザー エクスペリエンスのデザイナーたちと議論に議論を重ねてきました。

 Windows 8 向けのアプリを開発したり、Windows Phone や Xbox に検索を組み込んでいることなどから、Bing が、従来の検索ページという枠を越えて進化していることに私たちは気づきました。Bing のデザインの刷新は、単に新しいロゴを開発するといったことを遥かに超えるものだったのです。そこで私たちは、製品のロードマップと整合性のとれたブランド ビジョンを再設計しました。プロジェクトチームの1人1人から意見を聞き、また、私たちに非常に好意的な人たちのみならず、そうでない人たちからも貴重な意見を聞きました。その人たちの心の中で何がBingを際立たせているのか、どうすれば満足度の高いより良い製品を開発し続けることができるのかなど、この過程を通じて私たちは非常に多くのことを学びました。それが、Microsoft の製品ファミリーのメンバーとしての Bing がお届けする価値を最もよく反映した、新しいビジュアル アイデンティティを作りだすための方法でした。

     

新しいロゴの開発

 このように Bing の使命とアイデンティティをしっかり確立してから、ロゴのデザインの再検討に入りました。今までの Bing のロゴの何が正しく機能していなかったのかをしっかり分析し、また、新しい Microsoft のアイデンティティもよく観察した上で、モーション、フォント、カラー、サイズ、フォームを何百通りも検討しました。その取り組みの 1 つの例として、中国向けにローカライズしたモックの製品と広告、架空の屋外広告を作り、何がうまく機能しているかなどの検証も行いました。こうした多くの地道な作業や分析を経て、Bing の新しいロゴは、このようにシンプルかつ現実的で、また、直接的なデザインとしました。

ワードマークは、Microsoft のコーポレート フォントである Segoe をカスタマイズしたものです。今までの Bing のロゴの伝統を引き継ぎ、また、押しつけがましさが感じられないよう、「b」は小文字 のままにしました。「g」は、下の部分をわずかに変更し、上向きのカーブを親しみやすい雰囲気が出るよう緩やかにしてあります。「b」の最上部の切り口の角度は、Microsoft のロゴにある「t」の切り口の角度をそのまま左右反転にさせています。「i」と「n」のカーニング ペアは、Windows のワードマークにある「i」と「n」とまったく同じです。「b」を様式化したシンボルは、動き、方向、エネルギーの感覚を呼び起こすものにしてあります。また、カラーは、従来のBing のロゴにあったオレンジ色のドット (「i」の点の部分) にちなんでその色合いを残すとともに、Microsoft のコーポレート ロゴのカラー パレットを取り入れることで、Microsoft のフラッグ ロゴのインスピレーションを受けています。

 Microsoft のデザインは、原則として、グリッド状のレイアウトに基づいています。スイス スタイル、または国際様式と呼ばれることが多いこのグリッド レイアウト システムは、地図の座標をそのルーツとし、デザインにバランスのとれた一貫性のあるアプローチをもたらします。新しい Bing のロゴをシンプルなグリッドに重ね合わせてみると、一瞬にしてレイアウトに揃い、一貫性のある角度、視線、バランスを保っているので、すべての Microsoft 製品のロゴと並べてもしっくり馴染みます。

     

新しい検索ページ

 Bing の中核をなすものは検索ページで、私たちはそのデザインに改良を加えるとともに、検索スピードとマルチ スクリーンでの利用への最適化も進めています。私たちは、今後数週間かけて、新しいアイデンティティに合わせて、タッチ デバイスに最適化された最新のユーザー インターフェイス、よりすぐれた検索結果にアップデートしていきます。

      

ランドの構成要素

 ブランドを構築するものはロゴだけではありません。Bing はすでに何年にもわたり、鮮やかで美しい背景画像により検索ページの単調さを解消してきました。Bing は、その提供開始の当初より、1日も欠かすことなく、bing.com ホームページ の背景画像を毎日更新してきました。この躍動的で綺麗な背景画像は、Bing のビジュアル的な個性の中核をなすもので、これからも毎日更新を続けていきます。みなさんはこれからも毎日変わる Bing の鮮やかな背景画像をWeb で、スマートフォンで、また Xbox で目にすることができ、また、その背景画像をデスクトップにダウンロードすることもできます。

 タイポグラフィーは、Microsoft のアイデンティティとの一貫性、および、読みやすさと明瞭さの点より、Segoe を基本としています。私たちがお届けするすべての製品、マーケティングおよびコミュニケーションにおいて、現代的でありながら時代を超えたSegoe が今後も使用されます。

 世の中は沢山の色であふれています – 白無地の背景だけではありません。新しい Bing のブランド アイデンティティでは、10 の際立つ色調を中心とした Microsoft のコア カラー パレットを採用しています。Microsoft のコア カラー パレットは、デジタル表示でも印刷物でも非常にインパクトがあります。

 Bing では、主にオレンジと黄色、および、パレットの暖色に重点を置いています。私たちが最も大切にするカラーは Orange 124 で、明瞭、自信、温かさを連想させるこの基本パレットを選択しました。カラーに対してはっきりとした意識を持ち、活気のあるコーポレート カラー パレットを利用することにより、私たちは、新しい方法で自己表現を行う自由を失うことなく、アイデンティティを明確にすることができるのです。

 カラー、写真、タイポグラフィーに加え、これからのコミュニケーションに使用していく数々のグラフィック要素、および、モーション グラフィック要素も開発しました。新しい Bing のシンボルのすべての角度を無限に伸ばし、深みとエネルギーを加えるために、段階的なカラーと透明度を追加することによって、このシンボルのインスピレーションを活かしました。私たちはこれを「サーチライト グラフィック」と呼んでいます。Bing のシンボルを、光とインスピレーションのプリズムとしてデザインしているからです。エネルギーと躍動感にあふれるビジュアル デバイス、また、私たちの製品を結びつける絆をビジュアルに表現したいと思い、このデザインを採用しました。

 

    

未来のためのシステム

 新しい Bing のアイデンティティは、新しいロゴとカラー パレットにとどまるものではありません。私たちの使命と製品との親和性を維持しつつ、Bing を戦略的、かつ、視覚的に進化させることを可能にするブランド アーキテクチャのシステムなのです。Bing は、単に Web 上で青いリンクをたどってデータを提供するのではなく、みなさんの意思決定をサポートする明確な洞察を提供します。Bing はもう Web ページ上のただの検索エンジンではありません。Bing は、みなさんが毎日使うすべての製品と検索をつなぎ、みなさんに洞察力をもたらすお手伝いをするブランドです。

 みなさんが必要としていることは、単なる情報の検索ではなく、情報に基づいて行動を起こし、そして最終的に目的を成し遂げることだと思います。今こそがまさに、「検索する」から「行動につながる洞察を発見する」にシフトする時です。そして、それを可能にするのが Bing なのです。

 新しいブランド デザインとともに、これからも進化し続ける Bing をよろしくお願いします。

    

Comments (0)

Skip to main content