Windows 8.1 First Look!


 

 

 皆さん、こんにちは。

 先日、このブログでもお伝えした「Windows 8.1」について、ユーザーからのフィードバックを受けて、Windowsを継続的に改善した結果に関する最新情報を、米国本社にて Windows Blog(英語)で公開しました。以下はその日本語翻訳となります。

 今後、米国時間6月26日より開催される開発者向けカンファレンスである BUILDで の Preview版公開に向けて、COMPUTEX、TechEdなどのイベントなどでも随時情報を更新していく予定ですので、引き続きご注目下さい。

   
Windows 8.1 によるWindows 8 のビジョンの継続的な推進

 Windows 7 の発売以前から、当社は Windows 7の次のバージョンでは何を実現すればよいだろうと思い描いていました。そして PC 業界は、モバイル化の加速により著しい変革が起こるだろうと確信していました。その確信は、Windows 8 で行った次世代の進化に向けた改良に強く表れています。当社は、マウスやキーボードでの操作と同じように、タッチによる操作においても最高の操作性が実現される世界、そして、高度なモバイル機能を持ち合わせ、外出先でも常にネットワークにつながっている革新的なデバイスが浸透した世界のために Windows 8 を開発しました。Windows 8 は仕事とプライベートの境界線が曖昧となっている現実を踏まえて開発されました。

 当社が、コンピューティングに対する新しい挑戦を始めてから、まだ7か月あまりしか経っていませんが、新しいデバイスや強力なアプリが増えてきていることや、OSやアプリの主要な機能拡張について、多くの反応をいただいています。当社は、ユーザーがどのように製品を利用しているかを学び、多くのフィードバックを受けてきました。そして、製品やアプリに対して数百のアップデートを提供してきましたが、この取り組みはまだ始まったばかりであり、Windows 8の可能性は、限りなく大きなものだと考えています。

 Windows 8.1 は、次世代のPC、タブレット、様々な産業用のデバイスを提供し、そしてコンシューマーと法人双方のユーザーが一様に求め、進化を期待するエクスペリエンスを提供するために、Windows 8 によるビジョンをさらに推し進めます。より改善されたWindows 8.1 は、ユーザーからのフィードバックに応えるだけでなく、新機能、タッチ エスクペリエンスやモバイルコンピューティングの可能性を進展させる機能性が追加されています。Windows 8.1 では、パーソナライズ、検索、標準搭載アプリ、Windows ストアの体験、そしてクラウドとの連携などにおいて、改善と機能拡張を行っています。 また、Windows 8.1 は、ビジネス利用における管理やセキュリティのような領域にも注力しており、来週開催される TechEd North Americaにおいてさらなる情報を提供する予定です。本日、Windows 8.1 の“ファーストルック”と幾つかの改善点、機能拡張や変更に関して情報を提供できることを嬉しく思います。

パーソナライズ:
Windows 8.1 では、好みに合わせてカスタマイズしより多くのことができるようになります。これまで、Windows 8 を使っている方の中には、ロック画面に家族の写真を利用している方が見受けらました。Windows 8.1 では、PCに保存された、あるいはSkyDriveにアップロードしたお気に入りの写真を、ロック画面上でスライドショーで見せることができます。

また、PCにログインしなくても、ロックスクリーンから搭載カメラで写真を撮ることができます。

また、Windows 8.1 では、スタート画面の色や背景を動きのあるものも含めて、豊富な選択肢の中から選ぶことができます。

   

さらに、統一感や親しみやすさが感じられるデスクトップの背景をスタート画面の背景として選ぶことができます。Windows 8.1 のスタート画面では、大きなタイルや小さなタイルを含め、さまざまなサイズのタイルを配置できます。グループに名前を付けたり、タイルを整理することも簡単になりました。同時に複数のアプリを選んで、サイズを変えたり、アンインストールしたり、整理することもできます。また、これまでスタート画面でタイルをうっかり移動してしまうこともありましたが、Windows 8.1では、タイルを押した状態で(または右クリックで)移動するようになります。

画面の下部から上部にスワイプすれば、すべてのアプリを見ることができ、名前、インストール日、使用頻度、カテゴリーでフィルターすることができます。また、スタート画面を自分好みにカスタマイズすることができます。Windowsストアから新しいアプリをインストールした際、スタート画面に配置する必要はありません。そのかわり、画面下部に表示されるすべてのアプリの中に’new’と印がついて表示され、スタート画面に表示させたいアプリだけをピン留めすることができます。

検索:
Windows 8.1では、検索チャームからBingによる広範囲な検索を行うことができます。検索したい内容に対してベストな検索結果を提供するために、多くのコンテンツ ソース(Web、アプリ、ファイル、SkyDrive、実行できるアクション)を集約し、リッチで読みやすい表示を提供します。これにより、Web や Windows を使って素早く簡単にやりたい事ができるための方法が大きく変わるだろうと考えています。まさにコマンドライン検索のモダンなバージョンと言えます。

クイック アクションには、曲やビデオの再生などやりたいと思うアクションが含まれており、ローカルファイル、アプリや設定に関わる検索結果には、左にスクロールすることにより、同じ便利なビューから簡単にアクセスすることができます。

アプリと Windows ストア:
Windows 8.1では、すべての標準搭載アプリがアップデートされます。 たとえば、「フォト」には、新しく編集機能が追加され、フォトアプリで写真を閲覧する時や、メールアプリ、SkyDrive アプリ、カメラ アプリ などで写真を開く際、素早く簡単に写真を編集できます。そして「ミュージック」アプリは、より簡単に自分の音楽コレクションが聞けるよう完全に再設計されました。 更なるWindows 8.1での標準搭載アプリのアップデートや、いくつかの全く新しいアプリについて、今後このブログでご紹介していきます。

た、Windows 8.1 では複数のアプリを同時に使うための改良を行います。

 

Windows 8.1では、スナップで可変的で継続的なサイズ変更が可能となります。これにより、同時に複数のアプリを同じ画面で使う方法を提供します。

二つのアプリをスナップした状態では自由に好きなサイズで画面を共有でき、また複数のモニターを使っている場合、それぞれの画面で最大 4 つまで同時にアプリを表示することができます。 一つの画面でスタート画面を表示しながら、複数のWindows ストア アプリを別のモニターで利用し続けることができます。これにより、より簡単にマルチタスクが実現できます。

そしてWindows 8.1では、同じアプリを複数 スナップして同時に使うことができます。たとえば、Internet Explorer を二つ同時に使うことが可能になります。

Windows 8.1の改良された Windows ストア では、人気トップ(無料)、新着アプリ、そして おすすめアプリ の詳細なリストなど、これまでより多くの情報をホームページ上で提供できるようデザインされています。

また各アプリのページでは、より詳細な情報が掲載されるとともに、関連するアプリも紹介されます。 各カテゴリーでは、 お持ちのアプリや、アカウント情報と連携するものなど、その他のアプリコマンドと共に掲載されます。アプリに更新があった場合、バックグラウンド処理で自動的にインストールされます。もちろんこれまで通りストア経由でも可能です。そして自分が欲しいアプリは、画面右上の検索から簡単に探すことができます。

クラウド連携:
Windows 8.1 では、SkyDriveに直接ファイルをセーブすることができるので、いつでもファイルにアクセスすることができます。

 

新しい SkyDrive アプリは、デバイス上もしくはクラウド上のファイルにアクセスすることができ、オフラインの状況でもファイルにアクセスすることができます。

た、Microsoft アカウント(デフォルトの設定では Outlook.com を利用)で Windows 8.1 のデバイスにサインインした場合、パーソナライズしているPC 設定やアプリの設定が同期されるため、デバイスを切り替えや、新しいデバイスをセットアップする際の設定が容易になります。

PC設定:
Windows 8.1 の 新しい PC 設定を使うことで、デスクトップのコントロールパネルにアクセスすることなく、デバイスのすべての設定にアクセスすることができます。たとえば、ディスプレイの解像度の変更、電源オプションを設定、PC の仕様やモデルを確認、プロダクトキーの変更、Windows Update の実行をはじめ、ドメインへの参加などの設定をすべて行うことができます。さらに SkyDrive の管理も可能になり、残りの容量がどのぐらい残っているか (どのぐらい追加でストレージを購入すれば良いか) 把握することができます。

Internet Explorer:
あらゆるデバイスにおいて、ユーザーが時間を使う活動であるWeb ブラウジングに対して、Windows 8.1 では Internet Explorer 11 を提供します。IE11 は、 IE10 からさらに進歩を遂げ、タッチに最適化された唯一のブラウザーです。IE11 ではタッチの操作性の向上に加え、ページ表示が高速化し、いくつかの新しい機能も追加されます。たとえば、新しい UI の IE11 においては、アドレスバーを常に表示したままにしたり、タブをいくつでも開くなど、UI を調整できます。さらに、今開いているタブを同期している他の Windows 8.1 デバイスでも開くことができるようになります。

ウスおよびキーボードでの操作をより簡単に:
PC は、タッチ機能を通じてモバル コンピューティングの世界へと新たなステージに進化しつつあります。そして、Windows 8 がまさにそれを体現しています。しかし、特に企業においては、未だに多くのタッチ非対応 PC が使われていることも当社は認識しています。このような状況を踏まえ、従来のマウスとキーボードを使って操作をするユーザーのために、Windows 8 をより簡単に使用できるよう、いくつかの改良を施しました。

まず、マウスでより効率よく [ スタート ] にアクセスできるように、スタート “tip” をお馴染みの Windows ロゴ マークに変更しました。新しい tip は、画面の左下にマウスを動かすといつでも現れます。またデスクトップ では、いつもタスクバー上にあります。また、スクリーン角の機能についてもいくつか選択肢を設け、ログ イン後の画面を選択できるようにしました。例えば、もしタイルではなくアプリビューで見たい場合は、直接アプリ ビューにアクセスできるスタート画面を選択することができます。

   

 以上は、Windows 8.1 におけるアップデートの一部であり、今後数週間の間に、これらに関する更なる情報とその他の変更点に関しブログを通じてご紹介する予定です。すでに公表しているとおり、Windows 8.1 は今年の後半に、コンシューマー向けのWindows 8に対してWindows ストアを通じて無償提供される予定であり、この提供方法は今日皆様がアプリのアップデートを入手している方法と同じ方法になります。

 米国時間6月26日から始まる開発者向けカンファレンスBuild のタイミングで、Windows 8.1 の Public Preview 版を公開する予定であり、皆様に、アップデートの内容を確認いただくことができるようになります。またBuildでは、Windows 8.1と同じでアップデートを予定している Windows Embedded に関しても情報をお届けする予定です。当社は、プラットホームに合わせることはもちろん、タブレットやPCのみならず、ATMをはじめ、POSやキオスク端末のような成長しているデバイスカテゴリーを含めたすべてのタイプのフォームファクターに対して Windows を適合させています。

 Windows 8 は、PC 業界のモバイル化という流れに対応するための挑戦です。タッチファーストへの取り組みを通して従来のPCを再定義し、当社自身のみならずPC業界を進化させていきます。そして、あらゆるデバイスでいつでも、世界最高のエクスペリエンスを提供して参ります。 Windows 8.1 による Windowsの進化は、当社のビジョンと常に改善に取り組み続けることへのコミットメントを表しています。

 当社はユーザーの声に常に耳を傾けています。

 Windows 8.1 は引き続き、最新のハードウェア、アプリ、クラウドサービスとOSを通じて、皆様に最高のエクスペリエンスをお届けできるよう開発を行って参ります。 今後も更なる情報をお届けする予定です。最後までお読みいただきありがとうございました。

    

Antoine Leblond,
Corporate Vice President, Windows Program Management

Comments (0)

Skip to main content