「アイデアをカタチに!」イノベーション アワード 2013 募集開始


 

 みなさん、こんにちは、技術と開発を担当している加治佐です。

 

 今年で第 6 回目となるマイクロソフト イノベーション アワード の募集を開始しました。マイクロソフト イノベーション アワードは、2007 年に「ソフトウェアによるイノベーション」をキーワードに「独創的なアイデア」をカタチにしたソフトウェアを表彰し、ベンチャーをはじめとするチャレンジ精神旺盛な個人、団体を表彰するアワード プログラムとしてスタートしました。

 日本マイクロソフトは、これまでイノベーション アワード受賞した個人・団体に対して、起業の為の支援、ビジネスを加速させるための支援など様々なサポートを行ってきました。過去の受賞者の中には、度々名前を聞くまでに成長したベンチャーも出てきています。

 今年のマイクロソフト イノベーション アワード 2013 の賞には、一般のユーザー向けのアプリケーション、サービスを対象としたコンシューマー部門、そして様々なビジネスシーンでの活用、企業・公共団体向などによる利用を想定したアプリケーション、サービスを対象としたビジネス部門が設定されています。

 今年の大きなポイントは、応募作品が必ずしもアプリケーション、サービスとして完成されている必要が無い点です。動作、仕組みを紹介できるモックアップによる応募も可能です。ただし、技術的、経済的に実現可能であることが求められます。受賞者には、製品化に必要なスキルの習得を含む、技術支援を行います。

 自分のアイデア、スキルを試したい方、起業を目指している方、更なる飛躍を目指している企業、是非ご応募ください!!

  

      
  
前回のイノベーション アワードの展示の様子

       

選考基準

  • 革新的、もしくは独創的なアイデアをカタチにしたソフトウェア、またはサービス
    (プロトタイプ、モックアップでの応募も可能です。ただし、一定の動作のデモができること。)

最優秀賞

  • コンシューマ部門、ビジネス部門の中から最も優れた作品

コンシューマ部門

  • コンシューマを対象としたアプリケーション、またはサービス
  • 優秀賞 3 作品

ビジネス部門

  • ビジネス活動、もしくは企業・団体による使用を想定したアプリケーション、もしくはサービス
  • 優秀賞 3 作品

報奨

  • 最優秀賞 100 万円相当の報奨
  • ビジネスの可能性を最大化するための製品紹介、マーケティング支援を行います。また、プロトタイプによる応募の場合は、具現化する上で必要となる技術支援を行います。この他、日本マイクロソフトが実施する起業家向けイベントなどでの紹介、講演枠のご提供を行います。

※一般に販売される PC への組み込み、マイクロソフトのイベントにおける特別紹介枠など、受賞作品に合わせたビジネス支援を実施します。また、第一次審査を通過した作品にも様々な特典をご用意しています。

応募条件

  • マイクロソフト テクノロジをプログラム、もしくは実行環境として活用した、革新的、独創的なソフトウェア、サービス 
  • ビジネス展開をしている、もしくは予定している企業
  • 学生

受付期間

 2013年3月15日~5月20日

申込方法

応募書類を以下よりダウンロードし必要事項記入の上、E-mailにて下記事務局宛てにお送り下さい。

    

 

 マイクロソフト イノベーション アワード:http://www.microsoft.com/ja-jp/mic/mia

 

Comments (0)

Skip to main content