流通情報システム総合展である「リテールテックJAPAN 2013」に出展、Windows 8 がもたらす最新のソリューションを紹介します


  
 みなさん、こんにちは。

 2013 年 1 月より新しくエンベデッド本部 ウィンドウズ エンベデッド BG リードに就任したエステガシー ギヨームです。本職に就く前は、レドモンド本社で Windows Embedded 部門のセールス戦略マネージャーをしていました。レドモンドの Windows Embedded チームで長年を過ごした後、日本市場の担当になれたことを大変うれしく思っています。

 本日 3 月 5 日 (火) から 8 日 (金) まで「リテールテックJAPAN 2013」が開催されますが、日本の担当業務を始めるには絶好のタイミングでした。「リテールテックJAPAN 」は、日本最大の小売業向け展示会であり、世界でも最大級です。東京ビッグサイトの会場内には、約 670 社のブースが展示され、およそ 15 万人の来場者が予測されています。今年も、日本マイクロソフトはリテールテックに出展しております。

 今日は、最新の小売業界の世界についてご案内したいと思います。長年にわたる小売業界の進歩、そして、インテリジェントシステムの実現を目撃してきたことは私にとって魅惑的な体験でした。インテリジェントシステムは、私たちの誰もが消費者として、今すぐに、あるいは、近い将来に体験していく現実の世界です。2 年前になじみのスーパーマーケットで買い物していた時のことを思い出してください。ポスターで今週や今月のお勧め商品を宣伝していたでしょう(北海道の夕張メロンも宣伝されていたかもしれません)。しかし、残念なことにメロンが品切れになっていれば、壁のポスターを見てよだれを垂らすしかありません。それが今では、システムの多様化とインテリジェンスの組み込みにより、スーパーマーケットはレジやバックエンドのサーバーと接続したデジタルサイネージを利用することができます。商品の在庫に合わせて表示を変更できるだけでなく、販売の最適なタイミングに表示を合わせることもでき、お客様はシームレスですばらしい体験を得ることができます。小売業向けに、マイクロソフトは、小型のモバイル支払い端末から巨大なサイネージに至るまで、あらゆる形態の接続されたデバイスに対応しています。そして、Windows 8 がもたらす体験により、得られる可能性とシナリオはほぼ無限です。重要な点は、お客様が求めるものを理解し、楽しい購入体験へと誘うことで、お客様を引きつけることです。あなたの年齢や性別を分析し、あなたに合った製品を表示してくれるデジタルサイネージを想像できますか?これは未来の話ではありません。今、東京で実現されていることです!

 私たち Windows Embedded の担当者は、広範なソリューションを提供するだけでなく、グローバルなインテリジェントシステム戦略に関する信頼できるアドバイザーになることで、お客様やパートナー企業が未来を築いていけるよう支援できることを本当にうれしく思っています。今年の「リテールテックJAPAN」では、Windows Embedded 8 Industry のデモも公開される予定です。この製品は、Windows 8 に基づいた固定機能プラットフォームであり、小売業向けのニーズに対して追加作業なしに対応できる専用目的デバイスを提供する Windows Embedded POSReady 7 の後継製品です。

 Windows Embedded 8 Industry の一般提供開始は「リテールテックJAPAN 」の直後になりますが、来場者の皆様はマイクロソフトの日本のパートナー企業が提供するフル機能のデモンストレーションをご覧いただけます。そこでは、マルチタッチ、Internet Explorer 10、強化された電源管理とコネクティビティ、そして、ロックダウン機能を活用したシンプルで美しい業務アプリケーションが紹介される予定です。Windows 8 Embedded Industry を試行されたいお客様向けには CTP (コミュニティテクノロジープレビュー)が Windows Embeddedのウェブサイトからダウンロード可能です。

 今年の「リテールテックJAPAN」は小売業の将来に向けた大きなステップになるでしょう。是非、日本マイクロソフトのブース(# RT1302)にご来訪いただき、皆様の目で見ていただきたいと思います!

 

Comments (0)

Skip to main content