Internet Explorer の自動アップグレードについてのご案内

 昨年 12 月中旬に、Windows® XP、Windows Vista®、Windows 7 が導入されている PC に対する、Internet Explorer® (以下 “IE”) の自動アップグレードが始まることが米国にて発表され、今年の 1 月中旬より順次、世界各国で開始されております。本日、日本においても自動アップグレードを 3 月中旬より開始することを、お知らせいたします。詳細についてはこちらの製品サイトをご覧下さい。  当社ではこれまでも「自動更新」という形で最新版のブラウザーの提供を行ってまいりました。このたびの自動アップグレードでは、自動更新と同じく、既定のホームページや検索エンジン、そして既定のブラウザー設定はアップグレード前のブラウザーのものがそのまま引き継がれます。唯一異なるのが、自動更新ではお客様側でのインストール操作が必要なのに対し、自動アップグレードではインストール操作が不要で、Windows Update を通じて、自動でお使いの  Windows がサポートする最新のブラウザーにバージョンアップされる点です。 自動アップグレードを行う背景 セキュリティ対策 オンラインにおける脅威の中でも、ソーシャルエンジニアリングを利用し、ブラウザーなど古いバージョンのアプリケーションを狙った攻撃が急増しています。ブラウザーという、もっとも利用されているアプリケーションをセキュリティの強化された最新バージョンに更新することで、オンライン上の脅威に備えることができます。   エクスペリエンス向上 IE はバージョンが上がるにつれ、パフォーマンスが大幅に向上しています。加えて、IE8 で導入された新機能であるアクセラレータ、Web スライス、IE9 で導入された Web サイトのピン留め等を活用することで操作性が向上し、より良い Web エクスペリエンスを得ることができます。  Web 開発者の負荷軽減 我々は IE9 で、HTML5 をはじめとする最新の Web 標準への対応と、相互運用性を高めました。最新のブラウザーが普及することで、Web 開発者はコーディングではなく、斬新なアイディアを考えることに、より多くの時間を割くことができるようになります。  業界のトレンド 自動アップグレードと同様の仕組みは、既に他のアプリケーションベンダーやブラウザーベンダーによって導入され、セキュリティ更新や新機能の提供を迅速に行うという点において大きな成果を上げています。   お客様の選択を尊重する  ブラウザーを最新にすることによる恩恵は数え切れないほどありますが、我々はお客様の選択を尊重し、柔軟なアップグレードパスを提供しています。たとえば独自のアップグレード計画をお持ちの企業のお客様は、自動配布の無効化ツールキット (IE8 用 / IE9 用)…


マンデーメモ:”Trustworthy Computing Next” と “A New Age of Personal Computing”

   皆さん、こんにちは。  2 月 29 日にスペイン バルセロナで開催されていた MWC(Mobile World Congress)において Windows® 8 Consumer Previewを発表、公開しました。おかげさまで、既に全世界で 100 万ダウンロードを超えたという報告がされています。今週ドイツで開催される CeBIT においても、引き続き Windows 8 Consumer Preview に関する情報発信が行われますので、The Windows Blog や Building Windows 8(開発チームブログ:英語)などをチェックして下さい。  ところで、Windows 8 Consumer Preview の発表に注目が集まった先週、米国において、以下のような将来の Computing に向けた重要な取り組みを発表、紹介しています。 1. Trustworthy Computing(TWC)Next  2002 年に会長のビル ゲイツが「Trustworthy Computing(TWC)」(信頼されるコンピューティング)を提唱して今年で10年となります。先週米国サンフランシスコで開催された RSA Conference において、TWC 担当コーポレートバイスプレジデントのスコット チャーニーが、“TWC Next”(今後の TWC の方向性)について講演を行いました。  講演のサマリーを少し紹介します。  講演の中でチャーニーは、情報の利用と説明責任にフォーカスしたより効果的なプライバシー基準の構築、障害のモデル化と標準化によるクラウドサービスの総合的な信頼性の改善、そして、脅威対策の改善、検知と抑制への注力などのより包括的なセキュリティ戦略の採用を行うよう、産業界と政府に提言しています。 10 年前に TWC を提唱し、産業界の協力を呼びかけてきましたが、テクノロジと社会との関係性は年々非常に強くなってきて、世界の産業界と政府にとって、ビッグデータによるプライバシー保護への懸念、政府とインターネットの関係の変化、拡大する脅威モデルなどのあらゆる要素が、新しい課題となっています。  特に、多様なデバイスとクラウドサービスの普及が、グローバルな大量データの集積、すなわち、ビッグデータを生み出していて、社会に多くの潜在的メリットをもたらす一方で、特有の問題も引き起こすという懸念があります。セキュリティの観点から言えば、ビッグデータは攻撃者にとって格好のターゲットになり、クラウドや多様なデバイスと社会との融合が進むにつれ、データやサービスの信頼性と可用性への依存度も高まっていきます。この結果、収集、分析、配布の対象となるデータの量と属性の大幅な増加により、従来のルールではプライバシーを保護することが困難になっています。…


Windows 8 Consumer Preview について

現地時間 2 月 29 日、バルセロナにおいて発表された Windows 8 Consumer Preview に関するより詳細な情報については、Windows blog の こちら のポストを参照下さい。なお、以下は該当ポストの日本語訳です。 ◇ Windows 8 Consumer Preview について つい先ほどバルセロナで発表がありましたとおり、本日 Windows 8 Consumer Preview がリリースされました。関心をお持ちの方はどなたでもダウンロードして試していただくことができます。このリリースには、ここ何か月もの精力的な作業が注ぎ込まれており、まだやるべきことは多いものの、新しいオペレーティング システムの進化を最新のプレビューとしてお見せできることを嬉しく思っています。私は Windows チームに所属しているライターです。この Windows Experience Blogでは、これから何週間かにわたって、Windows 8 に盛り込まれる要素、新しいオペレーティング システムの使い方のヒント、新しい Windows のプレビュー版で実現されるエンターテインメントや作業の新しい形などについての記事を投稿していきたいと思います。 刷新された Windows Windows 8 では Windows のエクスペリエンス全体が刷新されています。Windows 8 は、タッチ対応のタブレット、ノート PC、デスクトップ PC、オールインワン マシンなどを含め、さまざまなデバイスで動作するよう設計されています。Windows 8 は、すべてのアプリケーションやファイル、そして関心のある情報に瞬時にアクセスできるように設計されており、ナビゲーションにかかる時間を減らし、本当にやりたいことにより多くの時間を割くことができるようになっています。複数の Windows 8 PC 間を簡単に移動して、自分のファイルや設定にほぼどこからでもアクセスすることができます。優先的な入力方法としてタッチ操作に正式に対応すると共に、マウスとキーボードについても高速で滑らかなナビゲーションを実現しています。そして Windows…


Xbox 日本発売から 10 周年! 2002 年 2 月 22 日を振り返って

   皆さん、こんにちは。  先日米国において、2011 年の全世界での TV ゲーム機の販売台数において Xbox 360® が第一位の販売実績を残したことが公表されました。2001 年秋に初代 Xbox® を発売、ゲーム事業に参入して 10 年目での年間販売台数世界第一位という素晴らしい結果を残すことができました。これは我々社員にとっても非常にうれしいことで、マイクロソフトがイノベーションを追求し続け、市場において多くのユーザーから受け入れられた結果だと思います。特に、現行製品の Xbox 360 は、発売から 7 年目に入っていますが、いまだ継続的に売り上げを伸ばしています。昨年秋のブラックフライデー(感謝祭後の金曜日)の週に、米国内で Xbox 360 の本体セールスが 96 万台を突破し、Xbox 史上過去最高の記録であり、そのうち 80 万台は 24 時間以内に売れたということです。決算発表をみても、ゲーム/エンターテイメント事業は会社の中核事業に成長をしています。  そんな中、本日 2 月 22 日で、日本での Xbox 発売からちょうど 10 周年を迎えます。欧米と比べると市場状況も異なれば、事業規模も異なってはいますが、日本の多くのゲームユーザー、タイトルやサービスパートナー、販売・流通・サポートパートナーなどの様々な皆さまのご支援のおかげで、10 年間事業を継続することができたと思います。本当にありがとうございました。  広報担当として 10 年前の発売日にも携わった経験から、当時の思い出をいくつか紹介いたします。(個人的な思いが強くなっていますが、ご容赦ください。) (1)2 月 21 日の発売前日:ドキドキしたこと! 発売前日ということで各販売店舗や流通会社との調整、発売イベント関連の最終の仕込みに社員・関係者一同全力で準備していました。この発売に向けて、Xbox / ゲーム事業の参入表明(2000 年 3 月)から約 2 年間かけて準備してきましたのでそのテンションも最高潮に達していた記憶があります。しかし、ドキドキしたことがいっぱいありました。 この日はサプライズでビルゲイツ会長が緊急来日、成田空港に夜到着後、都内に移動し、そのまま午後…


あなたの PC に愛を!2 月は「情報セキュリティ月間」です。

 皆さん、こんにちは。チーフセキュリティアドバイザーの高橋です。  私は日本マイクロソフトにおいて、コンピューターのセキュリティやプライバシーに関する理解促進や官民連携など、一般の利用者から企業、政府や自治体まで幅広い対象に「IT を安全に利用していただくための活動」を行っています。  2 月は日本政府の定めた「情報セキュリテイ月間」であることをご存知でしょうか。 本日、当社品川本社オフィスにて、アドビシステムズ様、日本アイ・ビー・エム様、ヤフー様などと共同で 2 月 1 日より展開しているセキュリティ啓発キャンペーン「LOVE PC 2012」の活動報告会を行いました。本キャンペーンは、当社をはじめとする業界各社で構成される団体「情報セキュリティ対策推進コミュニティ」が展開するものです。活動報告会では、このキャンペーンを後援いただいている内閣官房情報セキュリティセンターの花岡一央様、独立行政法人情報処理推進機構 (IPA) の大森雅司様にもゲストとして参加いただき、スピーチしていただきました。  (本日の活動報告会より)  なぜ、ふだんはビジネスの現場において競合でもある各社が、今日は一緒に活動報告会に臨んでいるのでしょうか?  それは、「安心、安全なコンピューティング」は、どこか 1 社の企業で実現できるものではないからです。  JPCERT コーディネーションセンターと IPA などが運営しているセキュリティ情報サイト「Japan Vulnerability Notes(JVN)」では、日々あらゆるソフトウェアやプラットフォームにおける脆弱性が報告されています。 脆弱性対応のプロセスが確立し、業界の連携が進んだおかげで、脆弱性の発見からそれを修正する更新プログラムのリリースまでの時間はどんどん短くなっていますが、このリストをご覧いただくだけでも、脆弱性の問題は、特定の製品や会社だけが抱えているのではないことがお分かりいただけると思います。  当社では、2002 年にビル ゲイツが提唱した「Trustworthy Computing(信頼できるコンピューティング)」の考え方に基づき、セキュリティを製品開発において最も重視されるべき要素のひとつとして位置づけました。これに基づき、安全な製品を開発するための「セキュリティ開発ライフサイクル (SDL)」が生まれ、当社の製品、サービスには、この開発サイクルが取り入れられています。こうして開発されたソフトウェアは、10 年前と比較して非常に堅牢なセキュリティを実現しています。  加えて 1999 年からは、正確な情報をいちはやく日本のお客様にお届けすることを目的に、米国で公開されたセキュリティ情報を、日本でも同時に提供する取り組みを続けています。英語以外の言語で、米国本社と同じタイミングでセキュリティ情報が提供されるのは、実は日本語だけです。これらの活動が評価され、昨年、当社のセキュリティレスポンスチームは日本ネットワーク セキュリティ協会より特別賞をいただきました。  ただ、これらの活動でカバーできるのは、あくまでも当社製品のこと。 IT が生活に浸透した現代において、ソフトウェアに求められるセキュリティも様変わりしています。デバイスやサービスが多様化する現在、お客様の安心・安全なコンピューティング環境を実現するためには、IT 業界の「横」の連携のみならず、政府や大学などの公的機関とも連携した取り組みが不可欠です。そのため当社では 2007 年より「情報セキュリティ対策推進コミュニティ」に積極的に参加し、関係省庁や各社様と連携して啓発を続けています。今回の「LOVE PC 2012」キャンペーンも、そのような官民挙げた取り組みの一環となります。  当社の調査では、システムの更新を適切に行うだけで、ウィルス等からの攻撃のおよそ 99% から身を守ることができます。高度なサイバー攻撃や、スパイ映画さながらのシステムへの侵入を心配するよりも、まずは、 Windows と主要なアプリケーションの自動更新を有効にする。 類推されにくいパスワードを使い、定期的に変更する。 ウィルス対策ソフトを使用し、最新に維持する。 といった基本的な対策を、いまいちど見直されることをお勧めします。  「LOVE PC2012」の Facebook ページでは、あなたのPCの安全度を楽しく診断できる…


マンデーメモ: 日本マイクロソフト 1 周年!この 1 年で「変化」した広報活動

   皆さん、こんにちは。  「日本マイクロソフト株式会社」への社名変更、品川への本社オフィス移転から、明日で 1 年を迎えます。新生「日本マイクロソフト」として様々な企業活動を展開し、皆様からのご支援により非常に充実した年であったと共に、「変化」の多かった 1 年だと感じています。今回は、広報担当者として、社名変更・新本社オフィス開設からこの 1 年で「変化」した広報活動( TOP5 )について紹介します。 「日本マイクロソフト」として記事が掲載されるようになりました。 以前の社名「マイクロソフト株式会社」は、「米マイクロソフト日本法人」という表現で掲載されるケースが多く、間違いではないのですが、米国本社の出先に過ぎないような印象をぬぐえなかった点を非常に残念に感じていました。折に触れお伝えしているとおり、当社は「日本に根差し、日本で信頼される会社」を目指していますので、「日本マイクロソフト」として社名が掲載されるようになったことを大変喜ばしく感じています。     オフィスや社員食堂の PR という新しい活動が生まれました。 オフィス環境において最新のテクノロジをどのように活用しているのか、社員の多様な働き方、また本社移転と共に開設した社員食堂を紹介いただく機会が増えました。現在では、広報活動全体の中でも非常に頻度の高い活動の一つとなっています。タレントさんによる撮影や取材、自治体の PR キャラクターの来社や学生の方々の会社訪問など、幅広い活動を日々実施しています。      当社商品の体験や最新デモをご覧に入れる機会が増えました。 品川本社オフィスでは、お客様フロアである 30F・31F において、様々な商品の展示・体験コーナーや、デモスペースを用意しています。当社に足を運んでいただいた皆様にとって、実際に当社の商品を体験いただく機会が増えたのではと思います。移転前は、PC のプレゼン資料やビデオでご紹介していましたが、よりリアルに体験いただけることが可能になりました。       在宅勤務による広報対応が可能になりました。 全社的に多様な働き方を推進する一環として、当社製品、テクノロジである Microsoft® Lync® などユニファイドコミュニケーション(UC)のソリューションを活用した「在宅勤務」「リモートワーク」の機会が増えています。広報担当者も在宅勤務を行っており、問い合わせのお電話なども、実は「自宅から」対応している機会も増えています。広報部門内や社内での会議もLyncを活用した会議が一般化しています。これは、PC から Lync を活用することで、デスクの固定電話を無くし、離れた場所にいても音声通話を含む全てのコミュニケーションを可能にし、会議もできるような環境を構築しているために実現できたことです。http://www.microsoft.com/ja-jp/mscorp/msjapan/default.aspx     本社オフィスでの PR イベントの機会が増えました。 品川本社オフィスの開設に向けて重視した要素として、「会議室」や外部のお客様をオフィスに招いて様々な活動ができる環境の充実がありました。当社の広報活動においても、メディアの皆様向けの会見や新製品発表会、説明会などを、本社オフィスを活用して実施する機会が大幅に増えました。         このように、この 1 年で広報活動を行う環境にもいろいろと「変化」がありました。今後も「日本マイクロソフト」の広報部門として、皆様にお役に立つ情報発信を心掛けていきたいと思います。      


マンデーメモ: 第二四半期決算発表、過去最高の売上を達成!

   皆さん、こんにちは。  マイクロソフトの会計年度は 7 月開始、6 月終了ということで、ちょうど 2012 年度上期が 12 月で終了し、今月から下期となりました。毎年のことですが、当社にとっての1 月は、新年を迎えると同時に、下期の始まりでもあり、かなりの時間をかけて上期のレビューを徹底的に行い、下期の重点活動や改善項目などを確認する時期となります。ちょうど現在、社内ではその半期のレビュープロセスの真っ最中で、国・地域別、事業部門別、各部門別にレビュー会議などが、本社幹部も交えて行われているところです。  そして、米国時間の 1 月 19 日(日本時間 1 月 20 日)には、第二四半期(2011 年 10 月―12 月)の決算発表がありました。(日本語の参考抄訳資料はこちら)  本社 CFO による第二四半期決算発表会見の資料も Metro デザインです!     第二四半期は、法人向け事業における需要と一般コンシューマー向け事業におけるホリデーシーズンでの販売が推進力となって、過去最高の売上と一株当たりの利益を達成しました。 2012 年度第二四半期の売上が 208 億 9,000 万ドルとなり、これは前年同期比で 5% の伸びです。 営業利益、純利益、ならびに一株あたり希薄化後利益は、それぞれ 79 億 9,000 万ドル、66 億 2,000 万ドル、ならびに 0.78 ドルで、前年同期は、それぞれ 81 億 7,000 万ドル、66 億 3,000…


マンデーメモ:2012年 CES 始まりました! スティーブバルマーCEOキーノートハイライトを紹介します

   皆さん、こんにちは。  米国時間の 1 月 9 日の夜、今年も CES の前夜祭として当社の CEO スティーブバルマーがキーノートを行いました。冒頭では、CES の主催者より、これまでのマイクロソフトの CES への貢献に関して感謝のコメントをいただきました。マイクロソフトでは 15 年間にわたってこの CES でキーノートを担当してきました。ビルゲイツが 11 回、スティーブバルマーが 4 回です。今回のキーノートのオープンニングでも流れた、過去のキーノートの歴史を紹介するビデオはこちらでご覧になれます。  今回のバルマーのキーノートの内容は、フルトランスクリプト(英語)とビデオギャラリーでもご覧になれますが、本ブログで その概要をご紹介します。  今年のキーノートは少しやり方を変え、サプライズ司会者として、Ryan Seacrest が登場し、バルマーにインタビューしていく形式で進行し、デモの担当者はその途中で登壇し、コメントや意見を述べました。  バルマーは、マイクロソフトのコンシューマー向け製品の強力なラインアップについて、そして、コンシューマーにとって便利で使いやすいテクノロジの統合に向けて当社が行なっている取り組みについて話ました。たとえば、Xbox 360®上で Bing®の音声サーチを使ってテレビの人気スポーツ番組を探したり(文字通り、Xbox 360 が探してくれます)、Kinect™を搭載した双方向のテレビ体験により、ただ番組を見るだけではなくエルモの世界に飛び込むことで、子どもたちのセサミストリートでの体験を魔法のように実現させます。  当社は多くのビジネスをパートナーと共に行なっています。そして、今日(米国時間 1 月 9 日)は一日中多くのニュースがありました。まず、水曜日(米国時間 1 月 11 日)には米国の T-Mobile のお客様が Nokia としては米国最初の Windows® Phone 実機である Lumia 710 を購入できるようになります。また、Nokia Lumia 900 そして HTC…