研究で世界を変える

  みなさん、こんにちは、技術と開発を担当している加治佐です。 今回は、マイクロソフトの基礎研究機関であるマイクロソフトリサーチ(Microsoft Research 、以下MSR) について紹介します。 MSRは、世界に7つの拠点があり、850名を超える博士号を持つ研究者が、コンピューターサイエンスおよびソフトウェア工学に関連する研究を行っています。これらの研究者は、開発中の製品に直接関係する技術の研究を行っているわけではなく、3年以上先に製品化される可能性を持ったテーマでの研究活動が行われています。コンピューターサイエンスの基礎的なものから、DNA、交通、気象、宇宙などの膨大なデータを解析しながらの応用的な分野まで、大きく55分野での研究が行われています。 私は、5月下旬に、MSRで米国のRedmondに次いで、2番目に大きな規模になる中国の北京にあるMSR Asia (MSRA) を訪問しましたので、その様子を紹介します。MSRA は、約200名の研究者が、ナチュラル ユーザー インターフェース、次世代のマルチメディアなどの5つの分野での研究活動を行っており、それぞれの研究者は違う分野の研究者や、社外の研究者との学術的な交流を積極的に行っています。さきほど「3年以上先に製品化されるかもしれない」と書きましたが、研究を悠長に行っているわけではありません。私が今回の前にMSRAを訪問したのは、今年の1月ですが、この半年足らずの期間で、大きな成果を収めている研究もたくさんありました。先日、Kinect for Windows SDK ver. 1.5が公開されましたが、顔認識に関連した新機能である Face Tracking は、MSRAで研究された技術の成果の一部です。 MSRAには、日本人の研究者も在席していますが、最も長い経験を持つ研究者は、2003年に研究者となった松下康之です。松下は、現在Visual Computing GroupのLead Researcherを務めており、これまでの研究の成果の一つとして、手振れなどによる映像のブレを軽減するVideo Stabilizationが、次期 OS製品の新機能として搭載されるという大きな成果を出しています。松下はこれにとどまらず、先進的なコンピュータビジョンの研究において国際会議で研究成果を発表し続けています。松下以外では、MSRAには、2009年より、日本人の研究者が続々と誕生しており、現在では、合計で5人の研究者がMSRAで活躍をしています。また、日本からも多くの大学院生がインターンとして、MSRAやそのほかのMSRの拠点で研究を行っています。インターンシップ プログラムは、MSRAをはじめとするMSRでの研究活動を通じて、多くの大学院生の研究者としてのキャリアを後押ししています。その他にもアカデミック連携プログラムがあり、これらを通して、アジアや世界の研究者コミュニティとの連携も広がりを見せています。日本マイクロソフトには、MSRAに籍を置き、MSRと日本のアカデミック界との連携活動を推進するための専任者がいます。   今日の研究手法は、クラウドコンピューティングの出現により、理論とシミュレーションを統合し、巨大なデータを無数のコンピューターで解き明かすという潮流に変化をしました。研究者や研究組織が、特別な計算施設を準備することなく、いつでも巨大なデータとコンピューターを活用できる環境になり、一人一人の研究者が、独創的なアイデアを即座に立証しながら次の研究ステップに移るということが可能になりました。その一方で、研究者同士の繋がりは新しいアイデアを創る上で極めて重要であり続けます。マイクロソフトと日本の研究者コミュニティとの連携をこれからも強化しながら、日本からの世界へのインパクトを加速させるように取り組んでいきたいと思います。  


次世代のクラウドプラットフォームをご紹介する「Windows Server Cloud Day」を開催

    こんにちは、サーバープラットフォーム事業を担当している梅田です。 昨日、お台場のホテル日航東京で、次世代のクラウドプラットフォームを実現する Windows Server® 2012 と System Center 2012 をご紹介するイベント「Windows Server Cloud Day」を開催しました。今回は、私が担当した基調講演の模様を中心に紹介したいと思います。私の講演では、お客様が IT 環境を従来のクライアント/サーバーから、マルチデバイス、クラウドに移行していく中で「マイクロソフトがテクノロジの観点からどのようにお手伝いできるか?」をテーマに、製品紹介や事例を交えてお話ししました。       最近は PC だけでなく、スマートフォンやタブレットを業務で使用する方が増えており、便利な反面、IT 管理者は様々なデバイスの管理に頭を悩ませています。System Center 2012 は、こうした様々なデバイスを管理できる製品です。また、社内のサーバーやプライベートクラウド環境と、パブリッククラウドを組み合わせて利用する、ハイブリッドなクラウド環境もこの System Center 2012 で管理できます。   基調講演では、System Center ファミリーに新たに加わった System Center Orchestrator と、Visual Machine Manger、Service Manager を利用したデモンストレーションで、ノンコーティングでもプライベートクラウド環境を構築できることをご覧いただきました。   次に、企業や組織のIT環境がクラウドに移行する中で「自動化」、「アプリケーションの管理」、「ハイブリッドクラウドの一元管理」などが大きな課題になってきていることから、System Center 2012 を評価/導入されているお客様の中から、三井物産株式会社 IT推進部 技術統括室 林 郁夫室長に登壇いただき、自社のプライベートクラウド環境において、System Center Orchestrator の標準機能を使うことで、仮想サーバー作成作業のうち…


スティーブン シノフスキー 基調講演 @Windows Developer Days

 2012 年 4 月 24 日(火)- 25 日(水)に日本の開発者の皆様を対象とした「Windows Developer Days」を開催しています。24 日には、本社より Windows & Windows Live 担当プレジデントのスティーブン シノフスキーが来日し、基調講演を実施させていただきました。開発中の Windows® 8 や Metro スタイルアプリケーションについて日本の開発者の皆様に紹介しました。そして、開発の次のマイルストーンとなる Windows 8 Release Preview 版を 6 月の第一週目に提供予定であることを発表しました。  下記に、本人の語った講演内容をスクリプト(日本語訳)として紹介します。    こんにちは、シノフスキーです。本日はご足労いただき、本当にありがとうございます。 今日は Windows Developer Days に参加することが出来て、私自身も非常にワクワクしています。開発者の皆さんと一緒に、Windows 8 向けアプリを作るために、様々な取り組みを実施していきます。そして、Windows 8 のワクワク感を開発者の皆さんに理解していただき、共有したいと思っています。  Windows 8 は、まさに Windows の再創造と言えます。チップセットからエクスペリエンスそのものまで、あらゆる要素を検討し、新しい PCの 世界をよりよくするために何が必要かを考えました。そして、アプリの起動や切り替えにおいて、非常に高速かつなめらかに動作するスタート画面を用意しました。これにより、タイルや接続された PC の様々な状態の情報を簡単に読み取ることが可能です。  新しい世代のタッチ操作のみのハードウェアでも動作するように考えられていますが、もちろん、マウスやキーボードを使った場合でも素晴らしい動作ができるようにとも設計されています。つまり、Windows 8 は、全く妥協のない PC エクスペリエンスを提供したいと考えて開発されているのです。PC…


最新ソフトウェアへの移行をご検討ください。Windows XP と Office 2003 のサポート終了まであと 2 年となりました。

 日本マイクロソフトで Windows®ビジネスを担当している、Windows 本部の藤本です。いつもWindows 製品をご愛用いただきありがとうございます。   さて、マイクロソフト本社の運営する「Windows for Your Business」ブログ(英語)でも投稿がありました通り、2014 年 4 月 8 日(米国時間)に予定されている Windows XP、および Microsoft Office 2003 の延長サポート終了まで、あと 2 年となりましたことを、あらためて日本のお客様にもお知らせします。特に企業・団体などでこれらの製品をお使いの皆様には、この機会に最新の Windows 7 と Office 2010 への移行をご検討いただけますようお願い申し上げます。   2001 年に発売された Windows XP は、ちょうど日本でのブロードバンド普及期に登場したこともあり、大変多くのユーザー様にご愛顧いただいたソフトウェアでした。振り返ると私自身、Windows XP が発売された当時は、自宅からはダイヤルアップ回線でインターネットにアクセスしていたことを思い出します。あれから 10 年。ICT の進歩により、クラウドサービスやモバイルデバイスを駆使したワークスタイルが普及する一方、企業側にはデータの保護や、コンプライアンス、万全なセキュリティがより一層厳しく求められるようになっています。従業員にとっての使い勝手と、企業にとっての管理のしやすさ。最新の Windows と Office は、これらのニーズの両立を最優先に設計されています。   Windows 7 は発売以降、全世界で 5 億 3500 万ライセンス以上が出荷されています。日本国内でもテレビ朝日様、三井住友銀行様など、多くのお客様がすでに Windows 7 への移行を開始しており、BitLocker暗号化、Direct Access などの機能を活用することで、生産性の向上と、高いレベルのセキュリティ、そしてコストダウンを両立されています。  また以下リンクのとおり、すでに多くの当社パートナー企業様より、Windows 7、Office…


未来のプロダクティビティの世界

  皆さん、こんにちは。Officeビジネス本部の Roan Kang(ロアン カン)です。  待ちに待ったお花見シーズンが到来し、私も例外にもれず、先週同僚や友人と花見に出かけました。満開の桜の下に座り楽しい時間を過ごしていると、友人の一人の電話が急に鳴りました。取引先からの緊急の連絡だったようで、彼女は書類を確認次第すぐに連絡すると相手に答えると、オフィスにも戻らず、Windows® Phone上でExcel®ファイルを開き編集したのち、クラウド上へ保存しました。彼女に尋ねると、にっこり笑ってWindows PhoneやOfficeのクラウド製品のおかげでいつでもどこでも好きなように仕事ができると自慢気に答えました。  このような例をはじめ、Microsoft® Office 2010やOffice 365といった製品に対して、お客様やパートナー様から高い評価を頂いています。(Office 2010は全世界で毎秒一本のペースで販売されています) 昨年の東日本大震災以降、お客様の多くがBCPやリモートワーク、節電、リスク管理、セキュアデータバックアップなどの観点からOffice 365などのクラウドソリューションへ興味を示しており、Office 365は昨年6月の正式サービス開始後のわずか5ヶ月間で前製品に比べ10倍のスピードで顧客数が伸びています。  ここで素晴らしい事例を一つ紹介します。豊かな自然環境と観光資源に恵まれ、県内全域に光ファイバー網が敷設されるなど先進的な ICT 環境を有する一方、65 歳以上の高齢者が半数以上を占めるいわゆる「限界集落」が全集落の 35% 以上を占めている徳島県では、ICTを活用した庁内業務や遠隔地間コミュニケーションのためOffice 365 のMicrosoft Lync® Onlineを活用、クラウド型のビデオ会議サービスで拠点間を結ぶことで複数拠点での職員の移動に費やされる時間やコストを年間約160時間、約650,000円削減しています。さらに県内の限界集落再生のための首都圏企業のサテライトオフィス誘致でも成果を上げており、Lync Onlineが首都圏本社とサテライト オフィスを結ぶ役割を担っています。(事例詳細)  このような素晴らしい事例に触れるのは、まさに毎朝仕事への意欲が増す瞬間です。私たちはまだ、テクノロジによってもたらされる人々の仕事や生活におけるプロダクティビティの変化の途中にいます。マイクロソフトが研究・開発分野において注力している「ナチュラル ユーザーインターフェース(NUI)」では、Future Productivity Visionビデオにもあるように、人々があらゆるシーンで音声やジェスチャーでデバイスを操作し、さらに自由に効率よくコラボレーションやコミュニケーションを図っています。 これらの世界は遠い夢ではありません。本日、マイクロソフトテクノロジーを基盤としたITソリューションのデモ、ソリューション体験ができる「マイクロソフト テクノロジー センター(MTC)」を、品川本社オフィスへ統合し、新たに開設、運営開始しました。最新のデバイスやデモ環境による、ビジネスプロダクティビティ、フレキシブルワークスタイルといったシナリオを提供しています。   


テクノロジで世界を変えよう~イマジンカップ日本大会開催!~

 みなさん、こんにちは。アカデミック エバンジェリストの渡辺です。  マイクロソフトが主催する学生向けのITコンテストである “イマジンカップ” の日本大会が、4/7(土)に日本マイクロソフト 品川本社 セミナールームにて開催されました。今回はこのイマジンカップの担当者を代表して日本大会の模様をご紹介します。  2003年にスタートしたイマジンカップは、今年で記念すべき10周年を迎え、全世界からの参加学生数も30万人を超える規模にまで成長しました。イマジンカップに参加する学生は、大会のテーマである「想像しよう。地球規模の課題がテクノロジの力で解決される、そんな未来を。」にあわせて、独創的な「アイデア」で、自分たちの「ソリューション」を開発し、そのソリューションを実現するための「ビジネスモデル」を含めて、「プレゼンテーション」でアピールします。IT技術以外にも様々な要素が総合的に評価される大会です。  今回のイマジンカップ 日本大会では、日本マイクロソフトがITベンチャー企業を支援するプログラムである Innovation Award 2011 も併催されました。Innovation Awardは、5年目を迎えますが、今大会から学生の起業を支援するために、一般部門に加えて学生部門が新設されました。  日本大会では、来賓の応援メッセージや審査員紹介などのオープニングに続いて、各チームのプレゼンテーションと質疑応答が行われました。イマジンカップのソフトウエアデザイン部門4チーム、ゲームデザイン部門3チーム、イノベーションアワード学生部門2チーム、イノベーションアワード一般部門3チーム、合計12チームの素晴らしいプレゼンテーションが次々と披露されました。大会の様子は、Ustreamで生中継され、会場に来場できなかった方も、オンラインで大会の様子を視聴しました。まだ、ご覧になっていない方は、こちらで大会の様子をご覧いただけます。      各チームのプレゼンテーション終了後、審査会が行われている間は、別室に設置されたショーケース会場で、全チームのソリューションのデモを実際に体感することができました。        大会の結果は下記の通りです。 ● イノベーションアワード一般部門最優秀賞  オフィスフューチャー株式会社「クラウドコンピューティングによる眼底画像及び予防医療画像遠隔診断支援サービス」 ● イノベーションアワード学生部門奨励賞(最優秀賞は該当なし)  REVENTIVE,Inc. 「SiLINK」 ● イマジンカップ ゲームデザイン部門優勝  トライデントコンピュータ専門学校「ブルーム*ブロック」 ● イマジンカップ ソフトウエアデザイン部門優勝  東京工業高等専門学校「All Lights! ~可視光通信による省電力照明システム~」    東京工業高等専門学校のチーム”Coccolo”による「All Lights ~可視光通信による省電力照明システム~」は、7月にオーストラリアのシドニーで開催されるイマジンカップ 世界大会のソフトウエアデザイン部門の日本代表となります。LED照明と可視光通信ネットワークを活用したインテリジェントな省電力ソリューションである「All Lights!」は、Windows® Embedded、Windows Phone、Windows Azure™ Platformなどのマイクロソフトの最新テクノロジを活用しており、7月のイマジンカップ 世界大会での活躍が大いに期待されます。ぜひ、イマジンカップ日本代表の”Coccolo”を応援してください。  Facebookのイマジンカップ ジャパンページへの応援メッセージもお待ちしています。  


Metro スタイルアプリ開発者イベント ”Windows Developer Days” 開催決定!

 IT技術者の皆様への様々な支援活動および先進プラットフォーム技術の推進を担当しています大場です。  今回はとても嬉しいお知らせがあります。日本の開発者の皆様を対象に、Windows® 8(次期Windowsの開発コードネーム)に関する日本初の公式イベントとして、次世代のMetroスタイル アプリケーションの開発手法をお伝えする Windows Developer Days を4月24日(火)、25日(水)の2日間、ザ・プリンス パークタワー東京にて開催することが決定いたしました。    初日の午前中に行われるキーノートでは、米国本社から Windows OSの開発責任者であるスティーブン シノフスキーが来日し、日本の皆様にWindows 8の大きな可能性を直接お伝えします。また、二日目のキーノートには私が登壇させて頂き、Metroスタイル アプリケーションの魅力をお伝えするのと同時に、本格利用段階に入ったWindows Azure™ Platformをバックエンドとして活用している多くの事例をご紹介しますので、是非ご期待ください。  午後からのブレイクアウト セッションでは80を超えるセッションを取り揃え、Metroスタイル アプリケーションを開発する上で必要な基礎情報から実践的な開発手法まで、じっくりと理解いただける内容となっています。また、昨日記者説明会を行いましたが、現在ベータ版をご提供しているVisual Studio® 11(開発コードネーム)を活用したアプリケーション開発に関するセッションも多数ご用意しています。ぜひこの機会に最先端の開発環境を活用した非常に快適な開発手法にも触れていただければ幸いです。  昨日3月29日のマイクロソフト メディアエクスチェンジ(記者説明会)の様子    日本で初めての開催となる、本イベントにぜひご来場いただき、Windows 8およびMetroスタイルアプリケーションがもたらす大きな可能性と、主役となる開発者の皆様にとっての様々なビジネス機会をご体感ください。(お申し込みはこちらから) 【Windows Developer Days 開催概要】 参加対象:アプリケーションの設計、コーディング、テストなどに携わる開発者の方々 日程: 4 月 24 日 (火)、25日(水)2日間開催 時間:10:00 ~ 18:00 (受付開始 9:30 ~) ※初日はパーティ開催のため20時終了予定 会場 : ザ・プリンス パークタワー東京 (東京都港区) オフィシャルWebサイト:Windows Developer Days  


Windows Phone この半年。「やりたいこと、サクサク。」を一人でも多くの皆様に

 皆さん、こんにちは。コミュニケーションズ パートナー統括本部にて Windows® Phone ビジネスを担当している横井です。  ようやく春の兆しが感じられるようになってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。  個人的には 2 月末にバルセロナで行われたモバイル産業最大級のイベントであるモバイルワールドコングレスに参加し、パートナーの皆様と有意義なミーティングを持つことができました。当イベントでは Windows 8 Consumer Preview や Skype for Windows Phone アプリの発表など将来を感じさせる明るい話題も多く、一足先に晴れやかな春を感じることができました。  Skype for Windows Phone をはじめ、Windows Phone 向けのアプリ開発は加速度を増して活気づいています。すでにアプリの数は全世界で 64,000 を超えており、今も 1 日に 300 アプリ以上のペースで増加しています。これはスマートフォンプラットフォームとしては最速クラスです。日本でもアプリコンテストなどを通してユニークなアプリが数多く登場しており、現在 35,000 以上のアプリがご利用いただけるようになりました。これもひとえに開発者の皆様のご尽力の賜物です。厚く御礼を申し上げます。当社としても、よりいっそう開発者の皆様を支援するため、開発者向けサイトをリニューアルし、あらたに「Android、iOS 開発者のための Windows Phone アプリ開発情報」などの提供も開始しました。  Windows Phone 向けのアプリ開発、すなわちメトロ・アプリへの開発・投資は将来的に必ずより大きなメリットをもたらすことになると確信しています。引き続き積極的なアプリ開発をお願い申し上げます。  さて、Windows Phone の魅力といえば、次世代Windows などにも採用される先進的な「メトロ UI」と、ハードウェアとソフトウェアの最適化によるサクサクな操作感です。Windows Phone と他のスマートフォンの違いを体験していただく「Smoked by Windows Phone」キャンペーンでは、多くの一般ユーザーの皆様が、その“サクサク感”を体験されています。  携帯電話の最大の商戦期でもある 3 月を迎え、その魅力をもっと理解してもらうべく、当社でもウェブや店頭での取り組みを強化しています。  昨今、最近スマートフォン向けのウィルスなどが拡大しており、安全性が注目されてきていますが、Windows Phone プラットフォームは他のプラットフォームと比べて一番セキュリティレベルが高く、安心できるという評価を第…


Windows(R) 8 Consumer Preview のビジネス向け機能について

   現地時間 3 月 6 日、ハノーバーで開催中の CeBIT において、マイクロソフト コーポレーション 最高執行責任者(COO)ケビン ターナーが基調講演を行いました。その中で紹介された Windows® 8 Consumer Preview のビジネス向け機能に関する情報については、Windows blog のこちらのポストを参照下さい。なお、以下は該当ポストの日本語抄訳です。 ◇  こんにちは! 私たちは今ドイツのハノーバーにいます。先週、マイクロソフトは Windows 8 Consumer Preview の提供を発表しました。そして私は今朝、ケビン ターナーによる CeBIT の基調講演において、個人的に最も楽しみにしている Windows 8 のビジネス向け機能 (英語) のデモを行いました。  Windows 8 において、Windows が刷新されていることを耳にされているかもしれません。これは、ビジネス ユーザーにとっても同様です。皆さんが実際に経験されているように、ワーク スタイルの変化 (英語) に伴い、かつてないほどユーザーはデバイスに柔軟性とモバイル性を求め、企業は信頼性、生産性、およびセキュリティを求めています。私たちは、Windows を刷新するにあたり、これらのニーズを考慮しました。Windows 8 の新機能や機能強化によって、基礎的な性能が向上するだけでなく、毎日の仕事はより簡単で楽しくなります。まだダウンロードされていない場合はぜひ Windows 8 Consumer Preview をダウンロードして、ビジネスに必要なモバイル性、パフォーマンス、およびセキュリティ機能を備えた、美しくて速く、滑らかなエクスペリエンスを実際に体験してください。 [View:http://video.ch9.ms/ch9/5f58/7d43906d-b8a2-4509-8622-a00c00045f58/WindowsBlogWin8CPBusiness_med_ch9.mp4]  タブレットで利便性と生産性のどちらかだけを選ばなくてもよいとしたら  PC の生産性かタブレットの利便性のどちらかだけを選ばなくてはならないと感じるという声をよく耳にします。私たちの目標は、生産性と利便性のどちらかだけを選ばなくてもよい、”妥協のない” ソリューションを提供することです。Windows 8…


クラウドコンピューティングが 2015 年に全世界で約 1400 万の新しい雇用を創出!

   皆さん、こんにちは。  マイクロソフトでは、「クラウドコンピューティングが 2015 年までに全世界で新たに 1,400 万の雇用を創出できる」という IDC(調査会社)の調査結果を公表しました。さらに、IDC の調査では、下記のように予測されています。(出典:IDC White Paper, “Cloud Computing’s Role in Job Creation,” February 2012) 2015 年までに、クラウドによる IT イノベーションからのビジネス収入が年間 1.1 兆ドルになる クラウド関連の雇用は、従業員 500 名以下、500 名よりも多い企業と、ほぼ同等に創出される 3 分の 1 以上のクラウド関連雇用は、コミュニケーションとメディア、バンキング、ディスクリート型製造業の業種において創出される 新しいクラウド関連の雇用の約半分が、中国とインドにおいて創出される   また、本調査レポートでは、業種により雇用創出率が異なること、パブリッククラウドへの投資がプライベートクラウドへの投資と比較してより早く雇用創出効果が表れること、クラウドコンピューティングにより創出される雇用に各国の政府が影響を与えられる点についても述べています。(レポート全文を含む追加情報については、こちらをご参照ください。)  マイクロソフトは、クラウドを推進するための幅広いソリューション群を提供しています。消費者、そして、あらゆる法人・組織に向けて、パブリッククラウドとプライベートクラウドの包括的なソリューションを提供しています。 ※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。   本調査によれば、日本は 2012 年には 102,993 の雇用が創出され、2015 年には 262,717 の雇用創出となり155%増加すると予測されています。これは、アジア地域においては最も高い成長率を示すことになります。 ※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。  国別(日本を含む 28 か国)とその他地域のデータ   世界での業種および会社の規模別(従業員 500 名以上・以下)のデータ