次世代のクラウドプラットフォームをご紹介する「Windows Server Cloud Day」を開催


 

 

こんにちは、サーバープラットフォーム事業を担当している梅田です。

昨日、お台場のホテル日航東京で、次世代のクラウドプラットフォームを実現する Windows Server® 2012System Center 2012 をご紹介するイベント「Windows Server Cloud Day」を開催しました。今回は、私が担当した基調講演の模様を中心に紹介したいと思います。私の講演では、お客様が IT 環境を従来のクライアント/サーバーから、マルチデバイス、クラウドに移行していく中で「マイクロソフトがテクノロジの観点からどのようにお手伝いできるか?」をテーマに、製品紹介や事例を交えてお話ししました。  

 

 

最近は PC だけでなく、スマートフォンやタブレットを業務で使用する方が増えており、便利な反面、IT 管理者は様々なデバイスの管理に頭を悩ませています。System Center 2012 は、こうした様々なデバイスを管理できる製品です。また、社内のサーバーやプライベートクラウド環境と、パブリッククラウドを組み合わせて利用する、ハイブリッドなクラウド環境もこの System Center 2012 で管理できます。

 

基調講演では、System Center ファミリーに新たに加わった System Center Orchestrator と、Visual Machine Manger、Service Manager を利用したデモンストレーションで、ノンコーティングでもプライベートクラウド環境を構築できることをご覧いただきました。

 

次に、企業や組織のIT環境がクラウドに移行する中で「自動化」、「アプリケーションの管理」、「ハイブリッドクラウドの一元管理」などが大きな課題になってきていることから、System Center 2012 を評価/導入されているお客様の中から、三井物産株式会社 IT推進部 技術統括室 林 郁夫室長に登壇いただき、自社のプライベートクラウド環境において、System Center Orchestrator の標準機能を使うことで、仮想サーバー作成作業のうち 50% 以上を自動化できたことをお話しいただきました。

続いて、「アプリケーションの管理」をテーマに グリー株式会社様、「ハイブリッドクラウドの管理」をテーマに 株式会社Gloops 様がビデオ出演され、社内システムでの System Center 2012 の活用についてお話しいただきました。

そしていよいよ・・・今年後半に出荷予定の Windows Server 2012 を国内で初めてご紹介しました。

 

今回のバージョンアップでは、クラウド OS としての性格を強く意識した数多くの機能向上が図られていますが、その中から今回は実際のストレージのサイズより大きなストレージサイズが設定できる「仮想ストレージ機能」と、効率良くストレージを利用する「重複排除機能」、共有ストレージを使用せず定期的に同期できる「レプリカ機能」をデモンストレーションでご紹介しました。

 

続いて、Windows Server 2012 の早期導入プログラムに参加されている株式会社インターネットイニシアティブのプラットフォーム本部 立久井 正和 本部長から、Windows Server 2012 の Release Candidate (製品候補版) を使用したホスティングサービスの受付を、本イベント当日の 5 月 31 日 (木)より開始することを発表いただきました。

 

マイクロソフトのサーバー製品群は 4 月に登場した SQL Server® 2012 や、まもなく行われる Windows AzureTM Platform の機能更新も含めて、クラウドコンピューティングに大きく舵を切っています。日本マイクロソフトは、お客様が既存の IT 環境をスムーズにクラウドに移行するための機能拡張や施策を数多くご用意して、クラウドへの移行をお手伝いさせていただきます。ご参加いただいたみなさん、ご清聴ありがとうございました。

 

なお、昨日のイベントではご紹介できませんでしたが、日本時間の本日早朝から、Windows Server 2012 Release Candidate の提供を開始しました。ぜひご評価いただければと思います。

Comments (0)

Skip to main content