スティーブン シノフスキー 基調講演 @Windows Developer Days


 2012 年 4 月 24 日(火)- 25 日(水)に日本の開発者の皆様を対象とした「Windows Developer Days」を開催しています。24 日には、本社より Windows & Windows Live 担当プレジデントのスティーブン シノフスキーが来日し、基調講演を実施させていただきました。開発中の Windows® 8 や Metro スタイルアプリケーションについて日本の開発者の皆様に紹介しました。そして、開発の次のマイルストーンとなる Windows 8 Release Preview 版を 6 月の第一週目に提供予定であることを発表しました。

 下記に、本人の語った講演内容をスクリプト(日本語訳)として紹介します。


 

 こんにちは、シノフスキーです。本日はご足労いただき、本当にありがとうございます。 今日は Windows Developer Days に参加することが出来て、私自身も非常にワクワクしています。開発者の皆さんと一緒に、Windows 8 向けアプリを作るために、様々な取り組みを実施していきます。そして、Windows 8 のワクワク感を開発者の皆さんに理解していただき、共有したいと思っています。

 Windows 8 は、まさに Windows の再創造と言えます。チップセットからエクスペリエンスそのものまで、あらゆる要素を検討し、新しい PCの 世界をよりよくするために何が必要かを考えました。そして、アプリの起動や切り替えにおいて、非常に高速かつなめらかに動作するスタート画面を用意しました。これにより、タイルや接続された PC の様々な状態の情報を簡単に読み取ることが可能です。

 新しい世代のタッチ操作のみのハードウェアでも動作するように考えられていますが、もちろん、マウスやキーボードを使った場合でも素晴らしい動作ができるようにとも設計されています。つまり、Windows 8 は、全く妥協のない PC エクスペリエンスを提供したいと考えて開発されているのです。PC を使う方が、タッチ、マウス、キーボード、あるいはいかなる組み合わせでも自由自在に使用できるようにということを考えて開発しています。

 Windows 8 は広く好評をいただいている Windows 7 を基盤にしています。私は、Windows 7 の発売の際にも来日し、大変光栄でした。本日は、皆さんに対して(私が日本の皆さんに紹介した)Windows 7 からの Windows 8 の改善点を引き続いて紹介したいと思います。

 Windows 8 のどこがクールで、新しくまた素晴らしいかということを説明したいと思います。先にも申し上げたとおり、Windows 8 は Windows の再創造と言えます。もっとも重要な要素をいくつか紹介します。

 Windows 8 では、全ての必要なアプリをすぐ使うことができます。デスクトップアプリ、Metro スタイルの新しいアプリなど、非常に簡単にアクセスすることができます。

 それぞれのアプリ、そしてそれぞれの Windows 8 の PC は、クラウドと統合されています。サインオンした瞬間から、ご自身のアカウントからアプリを使うところまで、文書や設定、好きなアプリも、所有するすべてのPC間で同じように使うことができます。スマートフォンでも同様です。今朝(日本時間 4 月 24 日 )発表したように、Windows SkyDrive® のアップデートは、Windows 8 にも大きく貢献することになります。Windows 8 のアプリは Windows ストアで入手することができます。

 本日(日本時間 4 月 24 日 )は、数多くのセッションが用意されていますが、皆さんは開発者として、世界市場に向けてアプリを提供し、コンシューマー向けに展開することができるわけです。Windows ストアはコンシューマーにとってもアプリを入手するための素晴らしい場であり、そして開発者も素晴らしい成果を見ることができる場でもあります。

 Windows 8 では、再創造したブラウザーとして Internet Explorer® 10(IE10)を搭載しています。IE9 は、最も柔軟性があり、セキュアで、信頼性の高い、最も安全なインターネットブラウジングのプラットフォームですが、IE10 ではより素晴らしい、埋没感のあるブラウジング体験を得ることができます。フル画面で、タッチ操作に対応しており、とてもクールなブラウジング体験が得られるものと思います。

 また、現在お使いの全てのPCに対して、家庭から職場まで、あらゆる場面に幅広く対応します。ひとつのデバイスで、企業ネットワークにアクセスし、VPN を使ったり、また BitLocker® を使ってデータの保護を実現したり、メディアあるいはソーシャルネットワークなどの活用が可能です。

 Windows 8 は、多くの素晴らしいパートナー様と一緒に協力して作り上げ、幅広く様々なハードウェアで展開していきます。パートナー様はエコシステムにおいて、対応ハードウェアの取り組みを、最も拡張性のある、堅牢性のある、そして安全な、セキュアな Windows OS を基盤に進めています。

 なぜ Windows 8 により、素晴らしいコンピューティングを体験できるのかについて説明します。Windows 8 は、高速であり、互換性が高く、データの保護にも優れています。セキュリティおよび信頼性、そして Windows 7 で高く評価いただいた機能など、Windows 8 には素晴らしい基盤があります。起動はより高速であり、スタンバイ、レジュームモードもより速くなっており、アプリをより少ないメモリーで走らせることができます。これらは Windows 8 の素晴らしい基盤となります。

 Windows 8 は、パワーユーザーの皆さんにも対応するよう設計されています。複数のモニターを使っても、タワー PC を使っていても、強力なグラフィックス機能があったとしても、ハードウェア、またデスクトップアプリを最大限に活かすことができます。新しいエクスプローラー、タスクマネージャーや複数のモニターのサポートなど、すべて Windows 8 で強化されています。Windows 7 の認定ロゴがあるWindows 7 搭載 PC、あるいはソフトウェアのパッケージに Windows 7 のロゴが入っていれば、Windows 8 の x86 の PC ではサポートされています。これは、Windows のエコシステムにおけるパートナー様の協力の賜物です。

 素晴らしい強化されたデスクトップエクスペリエンスについても説明します。Metro スタイルに対応した色々なアプリが、Windows の新しいランタイムである WinRT を基盤に提供され、デスクトップエクスペリエンスが強化されています。全く新しいファイルシステムでは、サーバーとの接続などにおいて高い信頼性および性能を発揮することができます。高い堅牢性を持つセキュリティの保護も実現されます。

 アプリについて少し話したいと思います。皆さんは、Windows 8 向けのアプリ開発について知りたいと思っていらっしゃるでしょう。これから、皆さんと一緒に、アプリ開発をどう進め、お客様に提供していくのかについて話をします。

 アプリこそが Windows 8 の中核です。Windows 8 を立ち上げると表示されるスタート画面に、たくさんのアプリが表示されます。開発者の皆さんがプログラミングをする要素がたくさんあります。エンドユーザーに対して何を知らせたいのか、選ぶことができます。我々も様々な標準搭載アプリを開発しました。メール、カレンダー、SkyDrive、Photo、People、そしてメッセージングなど、必須とも言えるアプリです。すべてのアプリが連動することで、より素晴らしいエクスペリエンスが実現します。Windows 8 のアプリにおいては、それが最も重要なポイントの 1 つです。つまり、アプリを開発していただき、Windows ストアからそれをお客様に対して提供すると、PC 上にインストールされた他のアプリと連携して相乗効果を生むのです。皆さんが開発したアプリも他のマシン上のアプリも全部連携して相乗効果を発揮していくことになります。

 チャームと呼ばれる機能により、情報の共有、そしてアプリを連携することができます。共有というのはクラウド対応のクリップボードのようなものかもしれません。開発者として、知らなかったアプリとも連動させることができます。SkyDrive 上にアップロードされた写真を選んで自分のアプリで使う。SkyDrive のことを知らなくてもコードを書けなくてもできます。そしてメールに添付することもできます。どんなファイルやアプリが PC 上にあるかを意識することはありません。その連携が開発のプラットフォームとして重要だと思っています。

 Windows 8 プラットフォームについて技術的な話をしたいと思います。アーキテクチャのプラットフォームの話です。昨年 9 月に開催した BUILD カンファレンスで発表した内容でもあります。Windows 8 プラットフォームはまず第 1 に Windows コア OS をベースとしています。つまり Windows カーネルです。もっとも拡張性、信頼性そして堅牢性のあるものの 1 つです。Windows 7 において、非常に良い拡張機能を実現したため、Windows 8 でも応用しています。システムレベルのサービスをここで提供し、新たな API をサポートしています。WinRT と呼ぶ一連の API で、豊かなアプリモデルを提供します。つまりアプリどうしが連携する、クラウドに連携する、そして非常にリッチなグラフィックスを提供してメディアの機能をプラットフォームに提供するというものです。それらの APIは いずれもデバイスや印刷にも対応できます。それがおそらく Windows の機能のユニークな点だと思います。なぜこれをつなげてワクワクできるかというと、セキュアで信頼性のあるこのモダンな WinRT の API が実現できるからです。ですから開発者はこの WinRT の API を自分の好きな開発ツールや言語で使えるということになります。

 Visual Studio® では様々な開発言語をサポートしています。つまり皆さんが今お持ちのスキルや知識を使えるということです。C、C++ だけでなく、C#、Visual Basic® もサポートされています。そして UI のプログラミングを XAML で行うこともできます。HTML5 になじみがある、あるいは、CSS になじみがあるということであれば、それを使ってコーディングもできます。Java Script も対応しています。皆さんの好きな言語やツールを使って開発できます。Metro スタイルのアプリをこれで素晴らしいものを作っていただきたいと思います。デスクトップアプリはすべてそろっています。そしてどれも改善されています。というのは根底にある Windows 8 プラットフォームの機能が優れているからです。

 では Metro スタイルのアプリをどのように開発すればよいか、どんなことができるのか見てみましょう。Metroス タイルアプリというのは、そもそも Visual Studio 等のツールを使って開発されますが、Windows 8 でサポートしている2つのアーキテクチャをまたぐことができます。つまり、x86 でも x64 でも ARM プロセッサーでも実行するアプリ言語に対応しているということです。シームレスな ARM マシンのプロトタイプをお見せしましたが、アプリは一緒です。それが設計やツールの優れた点だと言えます。そしてまた既知の知識を活用することができます。Windows プログラムとして Silverlight®、XAML あるいは .NET Framework、C# を使ってきたという方は、それらのツール言語をそのまま使うことができます。そしてバックグラウンドのインフラ、既存のものをそのまま使うことができます。そして Windows 8 のアプリを開発できます。一方、 Web プログラマーの方で、なじみがあるのは C#、Java Script、HTML5 という場合は、もちろんそれも使えます。いずれも第 1 級の Windows アプリを Windows 8 で提供することを可能にしています。

 アプリの展開について。より早く簡単に、そしてこれまで以上に信頼性のある形で展開できます。Windows ストアの話もまた後でしますが、そこからアプリを世界中のお客様に対して展開していきます。そこにはブランディングの機会があります。また、企業にとってはそのアプリをストア以外から提供できるようになっています。またいずれのアプリも、インストールではなく、あくまでもダウンロードで、すべて保護された形で、セキュリティ上堅牢に提供されます。アプリはアプリコンテナというものに分離・隔離されていますので、コンシューマーは、Windows 8 を使っていればセキュリティが強化されると言えます。

 先ほど言いましたようにアプリはすべて連携し、お互いに連動するようになっています。アプリ間の通信では、非常に高レベルなインタラクションがアプリ間でリッチにできるということです。C#、Java Script で開発して、自分のアプリを他のアプリと Windows ストアの中で連携させることができます。

 Windows ストアは、Windows 8 での新しい要素であり、Windows 8 のエクスペリエンスにおいては重要な部分をなしています。Windows ストアは、スタート画面から誰もが使えるものです。新しいアプリを発見するための手段であり、いろんなアプリのカテゴリを見たり、素晴らしいプレビューやサンプルを見ることができるなど、素晴らしいエクスペリエンスが用意されています。開発者として最も重要なのは、アプリをどうやって展開するかということになるでしょう。そのため我々は、開発者の皆さんがアプリをマイクロソフトに対して提出するプロセスをオープン化し、透明性を高め文書化し、簡単に提出出来るようにしています。また、非常に柔軟性のあるビジネスモデルを提供しています。ストアで皆さんが顧客関係の管理をしたり、広告の独自のインフラを持つことや、および無償あるいはトライアル版やアップセル版といったいろいろな新しい条件を提供できます。最も皆さん方に納得のいくビジネス条件を選ぶことが可能です。いずれにしてもコンシューマーに対してアプリを展開し、アプリビジネスを最大限に活かすための手段を選ぶことができるわけです。開発者である皆さんの収入を最大化するためのお手伝いをします。さらにアプリの売れ行きを見るために、堅牢性のある分析機能も提供しています。売り上げだけでなく、性能面、あるいは品質面の分析も、世界中のコンシューマーを対象に調べることができます。

 Windows ストアは非常に大きなチャンスを提供します。日本市場での潜在市場はどのくらい大きなものでしょうか。IDC Japan のデータでは、Android ベースのスマートフォンおよびタブレット、iPhone、iPad などの iOS、Mac などを含めた他のプラットフォームの合計よりも、Windows 8 互換のデバイスのチャンスは大きいことがおわかりいただけると思います。日本市場だけでも、最も皆さん方にとってメリットのあるビジネスモデルを確保できるだけでなく、Windows ストアでは簡単に世界市場にアプリを提供することができます。Windows の市場規模は、調査結果から Windows 8 がリリースされた時点から 1 年間の間に 5 億台の Windows 8 対応の PC 市場が作り出されると考えられ、これは Android、iOS、Mac の合計の市場よりも大きいことになります。

 Windows 8 は妥協のない OS です。タブレットでエンターテイメントだけ、ラップトップで仕事だけ、デスクトップでゲームだけ、というように、それぞれで別々の OS、アプリにする必要はありません。Windows 8ではひとつのPCでやりたいことすべてを行えるのです。

 PC メーカー、日本や世界のメーカー各社様が様々な取り組みを展開いただいているおかげで、妥協のないエクスペリエンスを提供できます。キーボードなしのタブレットでも、キーボード付のPC、その中間でのコンバーチブル PC でも、オールインワン型、家族用、大型スクリーンのもの、プロ仕様にも対応します。タッチ、マウス、キーボードを使う、それぞれ単独で、組合せで使うなどにも対応します。パワーを最小限に使ってバッテリーの寿命を延ばすことも、グラフィックカードを多用し大量にパワーを使う、高速ストレージなども、Windows 8 では可能です。

 ここで PC の紹介をしたいと思います。どんなオポチュニティーがあるのか、開発者の皆さんに感触をつかんでいただきたいと思います。パートナー企業様が Windows 8 でもたらす可能性について紹介します。最初に東芝のタブレット WT310D です。現在 Windows 7 を搭載してタブレットで出荷されているPCです。64G SSD, フロント&リアカメラ、USB2.0 HDMI HDHX 対応です。将来のアップデートによって 1366 解像度、スナップ、マルチポイントタッチなどがサポートされる予定です。これで Windows 8 PC としての低電力消費の高性能のパッケージとなります。こういう形で現在のハードウェアも Windows 8 への移行が始まっています。他にも色々なフォームファクター、機能が出てきます。また、いくつかオールインワンのものもあります。HP、富士通の PC もあります。光ドライブが搭載され、ポートもアクセスしやすく、マイクロフォンやヘッドフォンも付けられます。エプソンの小さなフォームファクターのものもあります。ソニーの VAIO L のプロトタイプです。私も大好きで、私はソニーの大ファンでもあります。家庭用の PC としてこのモデルを持っているのですが、このプロトタイプで気に入っているところとしては、ベゼルがないところです。デスクトップ上での指の動きが非常になめらか、素晴らしいオールインワンタイプです。大型HD画面、強力にゲームを楽しむこともでき、テレビ、ブルーレイの再生もできます。それから色々なポータブルなフォームファクターもあります。プロ用の作業のために、ラップトップでキーボード、光ドライブが付くことが重要です。Windows 8 はこういうものもサポートします。

 新しい UltraBook もあります。Windows 7 で出荷されているものもありますが、デル、ASUS のものもあります。これは、最近のインテル アーキテクチャの例です。これはレノボの超薄型ウルトラブックです。SSD を使い、起動も早く、最新のインテル プロセッサーを使っています。この UltraBook はこのように、ここまで曲げることができます。タブレット PC としても使えますし、フルキーボード付のラップトップとしても使えます。このような創造性を発揮することができます。Windows 8 を使ってこれらのことが実現できるわけです。

 他の例としては、秋葉原スペシャルとでも言えるとてもクールなゲーム用のPCがあります。非常に強力なディスクリート グラフィックスの機能があり、最新のインテルの Core i7 のプロセッサーを使っており、光ドライブ、USB 3.0、カードリーダーを備えるほか、HD モニターと接続しています。これを家庭用に使うには、4~5台こういうモニターを接続するなど、様々なハードウェアをサポートすることもできます。Windows 8 PC で最もクールなこととして、新しい世代のハードウェア機能というものを活かすことができるわけです。こちらはシャープ「BIG PAD」です。これは大きな役員室や会議室などで使うことを想定しており、HD の画面でマルチポイントタッチの機能を備えています。Windows をここでも使うことができるわけです。

 Windows 8 の画面をタッチで思うように操作して、いろんなアプリを立ち上げることができます。例えば地図のアプリです。ここは東京です。ズームすることもできますし、他の色々な地域の地図をお見せすることもできますし、検索することもできます。それからオンスクリーンの画面のソフトキーボードを立ち上げ、キー入力も可能です。創造性が発揮された好例と言えます。Windows 8 の最も良いところと、それからハードウェアパートナーの創造性というものが発揮されていると言えます。こういう風に様々なハードウェアで Windows 8 を楽しく使うことに加え、 素晴らしいアプリと一緒に、こういうプラットフォームを最大限使うことができます。例えば白板のアプリとか、あるいは企業の分析機能とか、あるいは学校で教育用のソフトとしていろいろなものが考えられます。創造性を発揮することによっていろいろなチャンスがあります。

 パートナー様の様々な取り組みに感謝を申し上げたいと思います。Windows 8 のプレリリース版で協力していただいている日本のパートナー様と幅広く手を組んでいます。日本の研究開発チームが密接に彼らと手を組んでいます。そしてWindows 8 の開発の際には、非常に強固な協力体制を作り、日本のハードウェアの方とパートナーシップを強化しました。また専任の研究開発のチームを設置し、製品発売のタイミングでは、最高の Windows PC ハードウェアそして周辺機器などが提供できるように努力してきています。

 では Windows 8 に向けてどういうことが準備できるでしょうか。是非 Window 8 Consumer Preview をインストールしてみてください。何百万人もの人たちが毎日仕事の為にこれを使っています。Window 8 Consumer Preview は、Windows 7 のベータよりも2倍も早いスピードでダウンロードされています。それだけ関心が高いわけです。そして開発者としてもそれだけのチャンスというものを期待することができると言えます。それから開発にあたっては、Consumer Preview の後、RC、RTM、GA といくつかのステップがあります。Consumer Preview をインストールしていただいてから、Windows ストアアプリを開発することができます。いろいろなトレーニングキャンプやセミナーを日本でも開催しています。日本のチームが開発者の皆さんを幅広く支援しています。様々な知識を提供し、素晴らしいアプリの開発をお手伝いすることができます。そして Windows 8 、そして IE10 で様々な検証作業が可能です。今から様々な準備ができます。そして、非常に大きなチャンスを狙うことができるとともに、Windows 8 向けアプリを提供することができます。

 私は本当に日本に来るのが大好きです。重要な発表を日本で行うのは大好きです。そこで本日は、ここ日本で開発チームのビックニュースを発表したいと思います。6 月の第 1 週目に Windows 8 Release Preview を提供します。Windows 8 Release Preview は、次のマイルストーンです。従来 RC と呼んでいたものですが、今回は Release Preview と呼んでいます。今年の 6 月の第 1 週にダウンロードできるようになります。もちろん世界各地でも 6 月の第 1 週目にダウンロードすることができます。非常にワクワクしています。全て予定通り、x86 および ARM デバイスのための開発も順調に進んでいます。6 月の第 1 週に Release Preview を提供することを発表できたことは大変大きなことだと思います。

 皆さんに感謝を申し上げたいと思います。Windows Developer Day sに参加していただきましてありがとうございます。本当に皆さんに参加していただき光栄です。今後非常に大きなチャンスがあると考えていますので、Windows 8 に関する情報を共有させていただきたいと思います。日本に戻ってきて皆さんとお話ができて嬉しく思います。素晴らしいデモを用意していただきましたパートナー様、スタッフにも感謝を申し上げます。素晴らしいハードウェアやソフトウェアが揃っています。今回の 80 以上ものセッションは、開発者の皆さんにとって参考になるものになると期待しています。

 ご清聴ありがとうございました。

 

Comments (0)

Skip to main content