Xbox 日本発売から 10 周年! 2002 年 2 月 22 日を振り返って


 

 皆さん、こんにちは。

 先日米国において、2011 年の全世界での TV ゲーム機の販売台数において Xbox 360® 第一位の販売実績を残したことが公表されました。2001 年秋に初代 Xbox® を発売、ゲーム事業に参入して 10 年目での年間販売台数世界第一位という素晴らしい結果を残すことができました。これは我々社員にとっても非常にうれしいことで、マイクロソフトがイノベーションを追求し続け、市場において多くのユーザーから受け入れられた結果だと思います。特に、現行製品の Xbox 360 は、発売から 7 年目に入っていますが、いまだ継続的に売り上げを伸ばしています。昨年秋のブラックフライデー(感謝祭後の金曜日)の週に、米国内で Xbox 360 の本体セールスが 96 万台を突破し、Xbox 史上過去最高の記録であり、そのうち 80 万台は 24 時間以内に売れたということです。決算発表をみても、ゲーム/エンターテイメント事業は会社の中核事業に成長をしています。

 そんな中、本日 2 月 22 日で、日本での Xbox 発売からちょうど 10 周年を迎えます。欧米と比べると市場状況も異なれば、事業規模も異なってはいますが、日本の多くのゲームユーザー、タイトルやサービスパートナー、販売・流通・サポートパートナーなどの様々な皆さまのご支援のおかげで、10 年間事業を継続することができたと思います。本当にありがとうございました。

 広報担当として 10 年前の発売日にも携わった経験から、当時の思い出をいくつか紹介いたします。(個人的な思いが強くなっていますが、ご容赦ください。)

(1)2 月 21 日の発売前日:ドキドキしたこと!

発売前日ということで各販売店舗や流通会社との調整、発売イベント関連の最終の仕込みに社員・関係者一同全力で準備していました。この発売に向けて、Xbox / ゲーム事業の参入表明(2000 年 3 月)から約 2 年間かけて準備してきましたのでそのテンションも最高潮に達していた記憶があります。しかし、ドキドキしたことがいっぱいありました。

  • この日はサプライズでビルゲイツ会長が緊急来日、成田空港に夜到着後、都内に移動し、そのまま午後 10:00 頃から記者会見を開催、という段取りになっていたので、広報担当者もバタバタでした。記者会見の時間に間に合うか、木曜日の夜の渋谷に会長がやってくるということもあり、どこに車を止めるか、どこを歩かせるか、セキュリティ対策などを徹底して事前検証したアクション(1 週間前の同じ曜日の同じ時間に検証のために渋谷の夜の街に行きました)を正しく実行できるかと緊張していました。渋谷駅前のスクランブル交差点を歩かせるということになっていて、私自身はその誘導役でもあったので、人ごみの中を歩くのに非常にドキドキしたのを覚えています。
     
  • 会長は Xbox カラーに合わせて、本人持参の黒いタートルネックのセーターを着た上に特別な Xbox ジャンパーを着る設定になっていましたが、本人がちゃんとタートルネックのセーターを持ってきたかどうか、会場に到着するまでわからず、これも非常にドキドキしました。ちなみに、広報担当も Xbox カラーに合わせて、黒のスーツに黒のシャツ、ネクタイはグリーンというドレスコードで、記者会見に臨みました。
     
  • それと何と言っても明朝の発売に向けて、購入希望のお客様が並んでくれるのか?というのが関係者間では一番心配でしたが、比較的夜の早い段階から発売イベントの店舗周りに列ができ始めて、ほっとしたことを覚えています。
     
  • ゲイツ会長は、夜 10:00 から記者会見を2回実施し、ホテルに移動してから深夜まで会議と取材を行いました。私自身は深夜の取材(それも TV 番組収録で、ゲームをプレイして見せる)という過去に経験のない活動で、本人が機嫌損なわないかな?どドキドキしました。(結局本人はいたってご機嫌で、存分に Xbox の魅力を自分でプレイして紹介していました。日本の深夜は、時差を考えると米国では午前中ですから逆にノッていた様子でした。)
     
  • 深夜 2:00 過ぎに渋谷で広報チームのメンバーと落ち合い、寝ればいいのに、寝ないで食事を取りながら、今までの準備や何とか発売イベントを成功させたいという思いなどを語り合い、発売直前の興奮を満喫したことを鮮やかに覚えています。その後、発売イベント会場で午前4:00には再度集合しなければならず、寝過ごさないかドキドキしながらも、かろうじて 30 分だけ仮眠をとりました。

(2)発売日:感動したこと!

いよいよ発売日。午前 6:00 からの発売開始に備え、多くのお客様に列を作っていただき、イベント会場となる店舗の準備も着々と進み、イベントコンパニオンの皆さんがあったかいコーヒーを寒い中並んでいただいている皆さんに振舞うという光景もあり、感動と緊張感がどんどん高まったことを覚えています。
  
 

 

  • 午前 5:00 にゲイツ会長が渋谷に到着、お客様やメディアの皆さんにもみくちゃにされての会場入りです。

     
  • イベント会場の店舗内には、購入ユーザーと特定のメディア(カメラ中心)の方々しか入れず、広報担当も私ともう1名のみ入店が許されました。本当に店舗内は熱気にあふれ、イベント中は記念すべき瞬間にずっと感動していました。

    発売イベントでスタッフが付けたバッジ
     
     
     
  • カウントダウンが始まり、「5,4,3,2,1,0」発売時間となった瞬間は、今までに感じたことのないほどの感動を覚えました。

     
  • 購入ユーザーと順番に握手・記念撮影を行うゲイツ会長。

     
  • 無事発売イベントを終了したゲイツ会長は、数件の TV インタビュー収録に対応、そのままお昼の TV 番組生放送でゲームをプレイした後、日本滞在の最後のスケジュールとして、当時 Xbox の事業部門のあった笹塚オフィスに立ち寄って、「日本発売のお祝いメッセージ」と「Xbox にかける思い」を直接社員に向けて話しました。ゲイツ会長は、日本市場での Xbox 発売のため十数時間だけ滞在となる来日を急遽決定し、存分に日本での PR 活動を行ったわけですが、時差をうまく使って、帰国後、米国時間の 2 月 22 日に予定していたスケジュールをすべて朝からこなした、ということを聞いて、感嘆したことを覚えています。  

 最後に、以下の写真は 2002 年 2 月 22 日の発売日に自分の手元に届いた Xbox 本体です。ずっと記念にとってあるもので、会社の自分のデスクの横に10年間おいています。10 年前にドキドキしたこと、感動したことをいつも思いだします。

 

 発売から 10 年経ち、今年度からまた Xbox の広報活動も担当することになりました。日本のユーザーの皆様、パートナーの皆様に信頼される情報発信を心掛けていきたいと思います。

 

Comments (0)

Skip to main content