マンデーメモ: 2011 年を振り返って(日本版)-広報担当が選ぶ重要ニュース


 

 皆さん、こんにちは。本年最後のブログ執筆となります。1年間大変お世話になりました。

 先週は、「2011年を振り返って(グローバル版)」をお届けしましたが、今回は、その日本版として「広報担当が選ぶ2011年日本マイクロソフト重要ニュース」をお届けします。

 2011年は当社にとって大変重要な変革の年となりました。2月に日本法人設立25周年を迎え、社名を「日本マイクロソフト株式会社」に変更、同時に本社も新たに品川を拠点とし、新本社オフィスを開設しました。その約1か月後に、東日本大震災が発生し、微力ながら全社挙げて、被災地の復旧・復興に向けた支援活動を展開させていただいています。ビジネスの面でも「クラウド」をベースとした様々な新たなパートナーシップの展開、さらにはコンシューマー事業を強化するための新体制の確立など大きな変化のあった年でした。

1月~6月:こちらのブログで2011年上期(当社会計年度の2011年度下期)の重要ニュースを紹介しています。ぜひご覧ください。今回は、7月~12月までの2011年下期(当社会計年度では2012年度上期)の重要ニュースをお届けします。
 

7月

8月 

  • Windows Phone IS12T発売!:発売店頭イベントを量販店様が実施

      
    ヨドバシカメラマルチメディアAkiba       ビックカメラ有楽町店

9月  

10月

11月

12月

 

 広報部門にとっても様々な変化がありました。社名変更・新オフィス開設後には、新オフィスや新たに設置した社員食堂、従業員の多様な働き方を紹介させていただくような活動の機会が増加しました。また、2011年7月の2012年度開始に合わせて、従来独立して事業部側にあったXbox関連の広報機能をコーポレートコミュニケーション部に統合し、広報機能の一本化をしました。11月には「日本マイクロソフト/Microsoft Japan 公式Facebookページ」を開設し、Facebook上でも様々な企業情報の発信を開始しました。 2011年も皆様には大変お世話になりました。

 来年2012年も様々な新製品・サービスの提供、新たなパートナーシップの展開、日本の復興・再生に向けた企業市民活動の加速など、さらに「日本に根差し、信頼される企業」を目指した企業活動の展開、そして広報活動を通した情報発信をしていきたいと思います。

 来年もぜひよろしくお願いいたします。

 

Comments (0)

Skip to main content