Now, we’re launching Office 365 and accelerating collaboration with partners! (いよいよ Office 365 提供開始!パートナー様との協業加速!)


 (参考和文は、原文の後にあります)

“As our fiscal year is drawing to a close, I am super excited as we are announcing O365 availability WW and in Japan. if I am looking back on the last 12 months I say to myself that this past 12 months have been pretty amazing : We sold 350 Million copies of Windows 7 , 1 copy of Office 2010 every second, our Xbox is the Top Console for 11 of the last 12 months, Kinect is the fastest selling consumer electronic devices, 77% of Servers on this planet are running Windows Server, Bing is growing his share every month . It’s time to tell the truth:-). In the last 12 months, we released IE9 (Internet explorer 9) launched Windows Phone 7 (coming soon in Japan:-)), launched Kinect, closed a partnership with Nokia, bought Skype (still waiting for regulatory approval)…and Office 365. What a year!!!!!

“We are all in” That’s what Steve Ballmer told students at the University of Washington on March 4, 2010. There was Mainframe in 1970s and 1980s, Client/Server in 1990s, Web in 2000s and today…CLOUD.

Today we are announcing Office 365’s availability in Japan (June 29).. It’s not just an upgrade of BPOS, this is our next generation cloud productivity service. People are getting the power of Office with the capabilities of our market leading servers-all in a single cloud service!!!! I like our brand name, it’s catchy and it speaks for itself: “Office 365” starts with productivity and adds the reliability, security and IT controls businesses need 24/7, 365 days a year!!!

Office 365 is an amazing deal: Customers can cut without compromising productivity, this is the most comprehensive service of its kind and delivers the best value. We are “all in” and an army of partners in Japan are coming with us (700 MOSPA). We are heavily investing in partner training and enablement.

Office 365 also would be a great help to present social challenges like Disaster Response and Business Continuity Planning.

Cloud momentum in Japan is amazing, BPOS has been adopted by 300K paid users and 700 partners. One of our cloud partners, Kyoritsu Computer & Communication Co., Ltd. won “Online Services Commercial Partner of the Year” in the 2011 Microsoft Partner of the Year Awards. Kyoritsu has built a successful cloud practice and shown both innovation and results related to selling and to delivering solutions to the Small to Midmarket customers based on Microsoft Online Services.

Our partners are excited about Office 365, too, and they are a big part of our news today. We are building a massive partner ecosystem around Office 365, including systems integrators, software vendors, resellers and others. We are also partnering in new ways with service providers. In Japan, NTT Communicaions, Otsuka and Ricoh Japan provide a one-stop-shop, making Office 365 even easier to get and use.

Also, MS cloud fully leveraged for disaster recovery actions and huge attention to business continuity by cloud.

It’s a time of change and we are making a big bet on the Cloud with Office 365. There have been no better time to team up with Microsoft to help our customers to grow”.  

—–

〔参考和文〕

皆さん、こんにちは。

当社の会計年度末(2011年6月30日)が近づく中、日本を含む全世界でOffice 365の提供開始について、発表できたことに私はとてもエキサイトしています。振り返ってみると、実に驚嘆すべき12か月間でした。(全世界で)3億5千万ライセンスのWindows 7を販売し、Office 2010を毎秒1ライセンスのペースで販売し、過去12か月のうち11か月においてXboxが米国でのゲーム機売り上げのトップを維持し、Kinectが最も急速に売れた消費者向けデジタルデバイスになり、地球上のサーバーの77%がWindows Serverを稼働し、Bingが毎月のようにシェアを拡大してきたのです。さらに、マイクロソフトは過去12か月間に、IE9 (Internet Explorer 9) をリリースし、Windows Phone 7を提供開始し (日本でも近い将来登場します) 、Kinectを提供開始し、Nokiaとのパートナーシップを締結し、Skypeの買収を発表し、そして、本日Office 365をも提供開始したのです。何という1年間だったのでしょう!!!!!

「We are all in」、これは、2010年3月4日にスティーブ バルマーが米国ワシントン大学の学生たちに向けて話した言葉です。1970年代と1980年代にはメインフレームが、1990年代にはクライアント/サーバーが、2000年代にはウェブがありました。そして、今は……そう、クラウドです。

本日、マイクロソフトはOffice 365の日本におけるサービス開始を発表しました。BPOS(Business Productivity Online Suite)の単なるアップグレードではありません。新世代のクラウド プロダクティビティ サービスです。市場で高い評価をいただいているマイクロソフトのサーバー機能とOffice のパワーを、たったひとつのクラウド サービス上で利用できるのです。私はこのブランド名が気に入っています。覚えやすく、特徴をうまく表しています。つまり、「Office 365」はOfficeの生産性向上機能に加えて、ビジネスが1日24時間、1年365日の間、常に必要としている信頼性、セキュリティ、そして、IT統制を提供するのです。


http://www.microsoft.com/online/ja-jp/o365/

Office 365は魅力的なサービスです。生産性を下げることなくコストを削減できます。この種のサービスでは最も総合的であり、最大の価値を提供します。マイクロソフトは「All in」つまり「全員が本気」です。マイクロソフトはパートナーの研修と支援にも多大な投資を行っています。

また、Office 365は今日の社会的課題である災害対策 (DR) と業務継続計画 (BCP) に対しても大きな支えとなるでしょう。事業継続を支援するソリューションはこちらでもご紹介しています。

日本におけるクラウド普及の勢いは驚異的です。BPOSは日本において30万人の有料ユーザーに利用されています。また700のパートナー企業から販売されています。その中で、当社のクラウド パートナーの1社である協立情報通信株式会社は、2011年度の Microsoft Worldwide Partner Award において「Online Services Commercial Partner of the Year」に選ばれました。同社は優れたクラウド プラクティスを確立し、Microsoft Online Serviceをベースとした中小企業マーケット (SMB) の顧客へのソリューションの販売および提供において、イノベーションを生み、好業績を達成しました。

当社のパートナー企業はOffice 365にも強い関心を持っており、本日のニュースの重要な当事者でもあります。マイクロソフトは、Office 365を中心として、システム インテグレータ、ソフトウェア ベンダー、リセラーなどから成る大規模なパートナー エコシステムを構築しています。また、サービス プロバイダー様とも新たな方式による提携を進めています。日本においては、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ様、大塚商会様、リコージャパン様がワンストップ クラウドサービスを提供し、Office 365の利用をさらに容易にしています。

<パートナー様のニュースリリース>

 

今は変革の時であり、マイクロソフトはOffice 365とクラウドに全社挙げて取り組みます。弊社とチームを組み、さらなる成長を遂げるためには、今ほどの好機はないと自負しています。ぜひ日本のパートナー様との協業を加速してきたいと思っています。

 

 

本日の「新世代クラウドサービス Office 365 に関する記者発表会」にて
(左より、 弊社 業務執行役員 インフォメーションワーカービジネス本部 本部長  ロアン カン
米国本社 オフィスプロダクトマネジメントグループ担当コーポレートバイスプレジデント 沼本 健
エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社 理事 サーバマネジメントサービス部長 田中 基夫 様
株式会社大塚商会 取締役 兼 専務執行役員 片倉 一幸 様
リコージャパン株式会社 専務執行役員 ソリューション事業本部 事業本部長  窪田 大介 様
弊社 執行役 常務 ゼネラルビジネス担当 バートランド ローネー
 )

 

 

Comments (0)

Skip to main content