マンデーメモ:2011年度まもなく終了!広報担当が選ぶ2011年度下期重要ニュース


 

皆さま、こんにちは。当社の会計年度は7月始まりの6月末締めなので、今週で2011年度が終了します。

本年度は3月に東日本大震災の発生という大変衝撃的な惨事があり、被災にあわれた方々への支援と日本の復興に向けて当社も微力ながら全力で活動を続けています。また当社にとっては、設立25周年の節目の年で、2011年2月1日付で「日本マイクロソフト株式会社」に社名変更、本社も東京都内の5つのオフィスを統合し、新たに品川に本社オフィスを開設しました。また、「クラウド」への取り組みを加速し、様々なパートナー様とのクラウド分野での協業が拡大され、また2010年11月からはCloud Powerキャンペーンを展開しています。また、当社から提供するクラウドサービスのラインアップもWindows AzureTM PlatformOffice 365(間もなく発表です)、Microsoft Dynamics® CRM OnlineWindows IntuneTMなど拡充されました。

 

昨年末に「広報担当が選ぶ2010年マイクロソフト重要ニュース」ブログを投稿しました。その中で当社の2011年度上期(2010年7月から12月)分を含んだものを紹介させていただきましたが、今回は、2011年度下期(2011年1月から6月)の重要ニュースを紹介します。

1月:CES 2011において、次期バージョン Windows® での Intel や AMD ならびに ARM が提供する
  SoC(System on a Chip) アーキテクチャのサポートを発表

  リコーグループとマイクロソフト、クラウド分野で提携

2月:日本マイクロソフト株式会社 誕生 & 新 品川本社オフィス開設

3月:東日本大震災発生、日本マイクロソフトとしての様々な対応と支援活動開始
  (クラウドをベースとした様々な支援活動、パートナーと連動した支援ソリューション、
   MSN® ペットサーチなどの提供)

4月:マイクロソフトとトヨタ、次世代テレマティクスのプラットフォーム構築に向けた
  戦略的提携について基本合意
  (弊社ステーブバルマーCEOとトヨタの豊田社長によりグローバルに向けて提携発表)


  
 日本企業とのクラウドをベースとしたグローバルレベルの提携ということで、日本マイクロソフトとし ても大きな責任をもってプロジェクトを推進しています。

  Windows Internet Explorer® 9 日本語版の提供開始
  (3月提供開始が東日本大震災への対応の一環で4月末に提供開始時期を延期)

5月:マイクロソフトが Skype を買収へ

  Windows搭載 PC の消費電力検証結果を公開および節電設定を提案
  (継続的に Windows PC および Windows Server® に関する節電対策を情報公開しています)

  Windows Phone の次期メジャーリリース(コードネーム:Mango)をプレビュー
  (日本語版の提供を公式に表明)

6月:次期Windows OS(コードネーム:Windows 8)の新しいユーザーインタフェースの一部を公開

  マイクロソフトの Windows Azure を活用したクラウドサービス 「Fujitsu Global Cloud Platform
  FGCP/A5 Powered by Windows Azure」を富士通のデータセンターより提供開始

 

我々広報担当にとっても大きなチャレンジの年でした。上記でも紹介させていただいたように、会社にとって重要な様々な出来事があったのはもちろんですが、現在の広報部門体制になって初めての勤務地変更(新宿から品川へ)もあり、また東日本大震災の発生した翌週には、3日間在宅勤務として広報業務を遂行するという体験もしました。何度か本ブログでも紹介したユニファイドコミュニケーションのMicrosoft LyncTMを活用することで会議も電話対応などもオフィス勤務時と変わらない形で遂行できました。さらには、新本社には社員食堂ができましたので、その社食の広報という今までにはなかった活動も行っています。

7月1日から始まる2012年度も日本マイクロソフト、そして全世界ベースでのマイクロソフトに関する情報をできるだけわかりやすく、積極的に発信していきたいと思います。引き続き、よろしくお願いします。

Comments (0)

Skip to main content