Yes! We are all in!!


(英文の後に参考和文を掲載しています) 

Hi. I am Nuno Duarte and am in charge of Business, Marketing and Operation of Microsoft Japan. That says, I am basically the front messenger of Microsoft for Japan. Today, I would like to talk about how Microsoft is thinking and doing Cloud in Japan.

I think you already have seen how the market is shifting to Cloud. Many companies are now jumping into the cloud service market, and provide a variety of the service. Now People may wonder, “Is Microsoft serious about Cloud?”. The answer is “YES, We are all in”. Microsoft is fully committed to Cloud service. We will lead the cloud business and will drive the market for the future with strong alignment with partners.

In fact, Microsoft provides the most comprehensive approach to cloud computing, so that customer and partner can harness the full power of the cloud. Whether in customer’s datacenter, with a service provider, from Partner’s datacenter or from Microsoft’s datacenters—and whether in a private cloud, public cloud, or partner cloud environment—Microsoft provides the flexibility and control to consume IT as a service. Customer and partner can choose whichever way best meets the unique business needs.

Our commitment can be seen by the full range of cloud service lineup; Customer who needs more productivity, connection to each other, and efficient management method over their organization under this rapidly changing environment, Office 365, Dynamics CRM online, and Windows Intune™ will help you in new ways. Users get all the productivity and management tool along with the power of cloud services.

Enterprise customer and hosting service providers may find their journey to cloud computing starting with a private cloud architecture. Microsoft solutions for private cloud, built on Windows Server®, Hyper-V™ and System Center, are a key part of our approach to cloud computing, enabling you to build out a dedicated cloud environment to transform the way your team delivers IT services to the business.

Microsoft provides true Platform-as-a-Service for your business (PaaS). With Windows Azure™, you can increase your business flexibility by letting your applications scale up or down depending on the demands of your business. Also we do not limit Windows Azure to the public cloud. As announced last year, Microsoft offers Windows Azure Appliance. This address the customer concern for compliance or local data center. Partner can also buy the Appliance and offer it as a service. This expands the cloud business further and further.

Japan market is now shifting to Cloud era, but there are some uniqueness, such as the world top level customer service quality requirement, highly established partner ecosystem, and expanding service variety in mobile market. Microsoft has been and will continue to address the uniqueness through cooperating with all the partners such as PC makers, System integrators, ISV partners, individual developers, and so on. Microsoft will offer the full range of the products as service platform, help partner to build cloud-era business model, and work together to help customer expand their business.

Microsoft is truly committed to cloud, will keep providing more and better service together with partners, and play the leading role to bring out innovation and realize our company mission, “Help people and businesses throughout the world realize their full potential”.

Thank you.

 

 

 〔参考和文〕

こんにちは。ビジネス&マーケティング担当ヌノ デュアルテです。私の担当は、いってみれば日本におけるマイクロソフトのメッセンジャーのような役割です。今日はマイクロソフトが日本においてクラウドビジネスをどのように考え、どのように取り組んでいるのかをお話ししたいと思います。

日本において、クラウドビジネスが広がる中、多くの企業がクラウドサービスを導入し始めており、すでに多様なサービスが提供されています。一方で、皆さんは疑問に思われているかもしれません。“マイクロソフトは本当にクラウドに真剣なのか?”と。答えは、“Yes! We are all in” です。マイクロソフトは全社を挙げてクラウドサービスに取り組んでいます。我々はクラウドビジネスをリードし、パートナー様との連携により、市場全体をドライブしていきます。

マイクロソフトは、クラウドコンピューティングに対し、最も包括的なアプローチをとっており、お客様やパートナー様は、クラウドコンピューティングの恩恵を最大限に利用いただけます。お客様が保有するデータセンターや、パートナー様の保有するデータセンター、マイクロソフトが保有するデータセンター、またはサービスプロバイダーを介したサービス、つまりプライベートクラウド、パブリッククラウド、パートナークラウドにより、マイクロソフトはITをサービスとして利用するための柔軟性やコントロールする手段を提供します。お客様やパートナー様はそれぞれのニーズに最適な方法を選択できるのです

我々が、どれだけクラウドに真剣かはマイクロソフトが提供するクラウドサービスのラインアップを見ていただくとわかります。急速な変化を遂げるビジネス環境において、生産性を上げお客様との相互連携を強め、かつ、より効率的な管理を行いたい場合、Office 365, Dynamics CRM Online, Windows Intune™が支援します。お客様はクラウドサービスのパワーによって、生産性、管理のための多様なツールを利用することができるのです。

企業のお客様やホスティングサービス提供者の皆さんはクラウドコンピューティングへの移行をプライベートクラウドからスタートされるかと思います。Windows Server® Hyper-V™、System Centerを基盤にする弊社のプライベートクラウドは、お客様に特化したクラウド環境を作り出し、ITサービスの提供、利用方法を変革します。

弊社は真のPaaS (Platform as a Services)も提供しています。Windows Azure™により、ビジネスのニーズに応じてアプリケーションを対応させることで、ビジネスの柔軟性を高められます。さらに、Windows Azureをパブリッククラウドだけにとどめません。昨年、発表をさせていただいたように、Windows Azure Applianceを提供しており、法令順守やローカルデータセンターのニーズをもつお客様のご要望にお応えしています。パートナー様もまたアプライアンスを利用し、サービスとして提供できます。これによりクラウドビジネスはさらに拡大していきます。

日本は今、他の国同様に急速にクラウド環境に移行していますが、日本ならではの特長もあります。それは、世界トップレベルの製品/サービス品質へのこだわり、高いレベルに成熟しているパートナーエコシステム、モバイル市場において拡大し続けるサービスなどです。弊社はPCメーカーやシステムインテグレーター、独立系ソフトウェア会社、開発者の皆様など、多様なパートナー様と連携することで、日本ならではのニーズに対応しており、そして今後もその取り組みを継続し続けていきます。弊社は、クラウドサービスプラットフォームを提供するのみならず、パートナー様が、弊社のクラウドプラットフォームを利用してクラウドビジネスを展開することを支援し、相互に協力することで、お客様のビジネスの成長をサポートします。

弊社はクラウドビジネスに真剣に取り組み、パートナー様とともにより多くの、より良いサービスを提供し、革新をもたらし続ける企業であり続けます。それによりマイクロソフトのミッションである、“世界中の人とすべての人々とビジネスの持つ可能性を、大限に引き出すための支援をする”、を実現できると確信しています。

Comments (0)

Skip to main content