マンデーメモ:日本マイクロソフトが展開する3つのロゴマークにこめている意味


 

 

いよいよ我々広報部門も含めて、品川本社移転を予定していた全部門の引っ越し作業も終了し、本日より新オフィスでの勤務が始まりました。私自身、マイクロソフト入社後に勤務地が変更になるのが初めての経験であり、通勤を含めて新しいリズムでの生活がスタートし、新入社員時代を思い出しました。新社名・新オフィスで、広報部門も全メンバー気持ちを新たにし、「日本に根差し、日本で信頼される」企業として、広報業務を遂行してまいりますので、よろしくお願いします。

既に社長のブログでも紹介させていただきました通り、2月1日の「日本マイクロソフト」誕生に合わせて記者会見を開催させていただきました。多くの方に参加いただき、また報道もしていただき本当に感謝しています。その記者会見の際にも紹介させていただきましたが、「日本マイクロソフトの目指す企業像」を改めて本ブログでも紹介させていただきます。

 

今回の社名変更を機に、この目指す企業像やマイクロソフトのバリュー、社員の行動規範を記した「日本マイクロソフト株式会社 私たちのビジョン」というカードを全社員に配布予定です。この5つの「企業像」を目指して、全社員一丸となり、これから新生「日本マイクロソフト」として企業活動を展開します。

さて、今回は日本マイクロソフトで全社的に活用している「3つのロゴマーク」を紹介したいと思います。

1つ目は、日本法人設立25周年記念ロゴです。2011年、設立25周年を迎えるにあたり、マイクロソフトを成長させて下さったお客様、パートナー様に感謝の気持ちを伝え、日本市場への継続的なコミットメントを改めて表明するということで、本ロゴを活用して様々な活動を予定しています。(前回お知らせしたFacebook内に開設したMicrosoft Japan25周年公式ファンページもぜひご覧ください。)

 

2つ目は2月1日の「日本マイクロソフト株式会社」誕生と共に、日本でも活用を開始した新しいタグライン “Be what’s next.” 付きのマイクロソフトのカンパニーロゴです。以前は、「Your Potential, Our Passion」というタグラインを活用しておりましたが、その後継タグラインとして開発され、全世界のマイクロソフトで活用を開始しています。 新タグラインである ”Be what’s next.” は、新しいテクノロジーによる変革と未来への挑戦を約束する、マイクロソフトの新しい企業ブランドスローガンです。これは、マイクロソフト全社の企業ミッションであります「世界中のすべての人々とビジネスの持つ可能性を最大限に引き出すこと」、これを実現するために、今もこれからもITを通じて、イノベーションへのあくなき挑戦を約束するマイクロソフトのコミットメントをスローガンとして表したものです。

 

3つ目は、昨年11月25日から活用を開始している “Cloud Power” のロゴです。現在クラウドキャンペーンとして展開しており、様々な広告宣伝活動でも露出をしています。

このロゴを活用したクラウドキャンペーンにおいて、「マイクロソフトは、クラウド領域においてもプラットフォームからアプリケーションまで、お客様のビジネスや経営変革に必要な IT ソリューションのすべてを提供することができる唯一の企業です。これまでにない可能性をもたらし、ビジネスを未来へと大きく進化させる。それがマイクロソフトのクラウドの力です。」というメッセージを発信しています。先述の2月1日の社長記者会見において、樋口が着用していたネクタイは、このクラウドパワーロゴをイメージして制作したクラウドネクタイでした。会見に参加いただいた記者の方にも配布させていただきました。

 

この3つのロゴマークの大きなバナーを品川本社オフィスの受付フロアでも展示させていただいています。

以上が、現在日本マイクロソフトで活用している「3つのロゴマーク」です。今後も新生「日本マイクロソフト」について継続的にご紹介したいと思います。それでは、今週もどうぞよろしくお願いします。


 

Comments (0)

Skip to main content