社会インフラを提供しているIT会社としての責任と品質向上を目指します

エンタープライズビジネスを担当している平野です。今後、本ブログを通して、当社のエンタープライズビジネスに関する方針や最新のトピックなどを発信していきたいと思います。 マイクロソフトのイメージと言えばビル ゲイツにはじまってWindows(R)やOffice、またはInternet Explorer(R)といった言葉が最初に思いつく方が多いのではないでしょうか?一方で、エンタープライズビジネス(大企業向けビジネス)が最初に頭に浮かぶ方は少数ではないかと思います。驚かれる方も多いかもしれませんが、実はマイクロソフトの売り上げの大部分は企業のお客様から来ています。もともとマイクロソフトの生い立ちがコンシューマービジネスにあるので、そのイメージが先行しているかもしれません。日本法人においても、私の担当する大手企業ビジネス部門で約500名、コンサルティングや保守サポートを提供するサービス部門で約500名と実に1,000名近い社員が大企業のお客様と向き合っています。(*大企業向け以外にも中堅・中小企業向けで約200名、パブリックセクター向けで約100名体制です。) このエンタープライズビジネスがここ数年で大きな変化を遂げています。かつてはデスクトップビジネスが中心だったのですが、昨今では銀行の勘定系システムやATMの基盤、デジタルメディアの配信システムや、公共機関の運行システムなど人々の毎日の生活に根付いたサービスの情報システム基盤に当社のプラットフォームが使われています。海外に至っては証券取引所のシステムや国防のシステムにまでも深く携わっています。そのためか、最近はお客様との会話の中で「マイクロソフトは水道や電気と同じ社会インフラを提供しているのだからITの会社であっても社会的な責任感を持ってほしい」というご要望の言葉を頂くようになってきました。期待と責任感の両方を強く感じながら日々愚直に頑張ろうとチームに声をかけています。 営業部門ですので、当然お客様にとって最適のソリューションを提案し、お届けすることが役割なのですが、一方で「日本品質を世界に伝える」ことも重要なミッションだと自負しています。お客様にご満足頂くためには、まだまだ改善しなくてはならないことが多々あるのですが、製品品質やサポートに対する改善の継続性に関しては、自部門のみならず米国本社含めて全世界に向けて継続的に発していきたいと思っています。特に今年は「クラウド元年」です。マイクロソフト内でも日本は他国よりもクラウドに対する検証が積極的だと感じます。クラウドは情報産業における新たな社会インフラです。エンタープライズ部門一同、日本品質のクラウドをお客様に満足してお使い頂けるよう日々精進していきたいと思います。 最後に少し宣伝になりますが、企業のお客様に向けた最新のクラウドソリューションや事例などを紹介するイベント「The Microsoft Conference Japan Tour 2010」を11月25日より全国7都市で開催します。私自身もいくつかの会場に足を運ぶ予定です。ぜひご登録、参加いただければと思います。よろしくお願いします。


日本に根付き、お客様に信頼され、お客様のお役に立てる企業を目指して

  はじめまして、マイクロソフトの樋口です。 マイクロソフトのロゴや企業名は様々なシーンでお馴染みかと思いますが、弊社の取り組みについてはご存知ない方も多いと思います。私を含む弊社の経営幹部が、このブログを通して皆さんに生の声を定期的にお伝えすることで、会社としてもっと身近な存在になれればと考えています。また弊社は、来年2011年に、日本でのビジネスを開始してから25周年を迎えます。それを機に、より一層日本に根付き、日本のお客様に信頼され、日本のお客様のお役に立てる企業になることを目指しています。そういった意味でも、本ブログを今後の情報発信の大きな軸として位置付けていければと思っています。 さて、既に発表させていただきましたが、上述の “日本に根付く”というビジョンを体現させる形で、来年2月1日付で社名を「日本マイクロソフト株式会社」に変更します。また同タイミングで本社と東京都内の5つのオフィスを品川グランドセントラルタワーへ統合・移転し、新たなスタートを切ります。移転まで、ちょうどあと3か月。11月中旬には、いよいよビルの壁面にマイクロソフトのロゴが取り付けられ、夜間の点灯も開始しますので、お近くに行かれた際はぜひご覧ください。新しいオフィスでは、ビル最上部の30階と31階の2フロアをお客様専用フロアとして整備して、お客様に最先端のテクノロジーを実際に体験いただける空間も用意するなど、より進化した環境で、日本のお客様・パートナー様とビジネスを推進していけることを目指しています。また、なんと言っても、品川駅は新幹線や羽田・成田からのアクセスも良いので、より多くのお客様をお迎えできることを非常に楽しみにしています。また移転が近づきましたら、このブログでももう少し新オフィスのことは紹介させていただきます。 さて、直近の話題をひとつご紹介します。社内的なイベントとなりますが、先月(10月)中旬に、マイクロソフトの世界各国の現地法人の責任者や米国本社役員、総勢21名が一同に集う、Microsoft International Leadership Meetingといった会議が二日間にわたって開催されました。本会議は、グローバルのビジネス環境および今後のビジネス成長の鍵となる課題の議論を目的として年に一度開催されるもので、過去にはブラジルや中国、昨年はフランスで開催されましたが、今年はなんと日本が開催国に選ばれました。私は各国のリーダーを迎え入れる立場だったので会議が成功するかどうか非常に不安だったのですが、帰国時には皆が口を揃えて、「過去最高のLeadership Meetingだった。日本は素晴らしい!」と言って帰って行きました。会議が中心ではありましたが、日本の食や文化を体験してもらう時間もとり、世界各国のリーダーたちに「日本」をより知ってもらう活動になったと思っています。個人的には、日本人は国際コミュニティーの中で(特に英語での議論において)、文化的な壁を越えてもっと存在感を出していかなければならないなと反省しきりでしたが、非常に大きな収穫のあった二日間でした。 世界各国のMicrosoft現地法人責任者および本社役員と


マイクロソフト日本法人の公式コーポレートブログ開設

    皆さん、こんにちは。 マイクロソフト株式会社では、公式コーポレートブログサイトとして本日、「The Official Microsoft Japan Blog」を開設しました。弊社は、一般コンシューマーから大企業、パブリックセクターに至るまで、非常に幅広いお客様、ならびに多くのパートナー様に支えられて事業を展開させていただいています。事業領域も年々拡充している中で、まだまだお伝えしきれてない弊社の戦略や方針について、その時々の旬なトピックも交えながら、日本法人の経営陣や各事業の責任者から様々なメッセージをこのブログで発信させていただきます。 弊社では、「日本で信頼される企業」を目指し、法人向けおよびコンシューマー向けの各事業の強化に加えて、全社横断的にクラウドへの投資・体制強化、企業市民活動の拡充、ダイバーシティへの取り組み強化を行っています。そして来年2011年には会社設立25周年を迎え、2月には「日本マイクロソフト株式会社」への社名変更も予定しています。このような全社的なトピックも適宜本ブログを通して紹介していきたいと思います。少しでも、マイクロソフトのことを身近に感じていただければと思います。また、広報Twitterも合わせてフォローしていただければ幸いです。 実は、米国本社でも「The Official Microsoft Blog」を開設しています。英語のみのサイトになりますが、より幅広いマイクロソフトの最新トピックが紹介されていますので、ご興味ある方はぜひご覧ください。 今後ともぜひ、本ブログをよろしくお願いします。